高温期16日目の症状!陰性の妊娠可能性は?体温下がる理由は生理?

高温期16日目は、妊娠を希望する人にとって重要な日です。検査薬を使って陽性か陰性か確かめる人も多いでしょう。しかし、高温期16日目には、基礎体温が下がったり出血があったり、様々な症状が起こる場合があります。その場合、妊娠の可能性は薄れてしまうのでしょうか?

高温期16日目の症状!陰性の妊娠可能性は?体温下がる理由は生理?のイメージ

目次

  1. 高温期16日目には、様々な症状が起こります
  2. 高温期16日目。妊娠の可能性はある?
  3. 高温期16日目は、およそ妊娠4週目に当たります
  4. 高温期16日目。体の異変があったら妊娠検査薬を!
  5. 高温期16日に使うべきは、早期妊娠検査薬
  6. 高温期16日目。検査薬が陰性でも、妊娠の可能性有り?
  7. 高温期16日目に陰性でも、数日後に再検査の価値有り!
  8. 高温期16日目に陽性ならば、妊娠確定?
  9. 高温期16日目に陽性でも妊娠しないケース(1)化学流産
  10. 高温期16日目に陽性でも妊娠しないケース(2)子宮外妊娠
  11. 高温期16日目に陽性が出たら、婦人科を受診しよう
  12. 高温期16日目に体温が下がるのは、生理の前触れ?
  13. 高温期16日目の出血は、妊娠に関係有り?
  14. まとめ:高温期16日目は、早期検査薬の使用がオススメ

高温期16日目には、様々な症状が起こります

高温期16日目を迎えても生理が来ない場合、妊娠の可能性が高くなっています。しかし、その場で妊娠検査薬を試しても陽性が出なかったり、体温が突如下がってしまったりする人も多いそうです。

高温期16日目に検査薬で陽性が出ず、体温も下がるときは、妊娠の可能性は無くなってしまうのでしょうか?
今回は、高温期16日目に現れる症状の解説や、妊娠検査薬の有効な使い道をご紹介します。

高温期16日目。妊娠の可能性はある?

高温期は、排卵日の翌日~生理の前日までの間に続きます。体温が一定の温度から下がることなく、高めをキープする期間です。
一般的に、高温期の14日目が生理予定日にあたります。そのため、高温期16日目は生理予定日から2日が経過した日ということになります。この日になっても体温が下がる気配が無い場合、妊娠の可能性が大きくなる、ということですね。

しかし、生理不順だったり、その日の体調が悪かったりする場合は、生理が後日にずれてしまっているケースがあります。高温期16日目に生理がこないからといって、すぐに妊娠と判断してしまうのは早計というものです。自分自身の体の状態をよく把握してから、判断するようにしましょう。

高温期16日目は、およそ妊娠4週目に当たります

妊娠している場合は、高温期16日目には着床が完了し、「胎嚢」という赤ちゃんのモトが作られ始めています。
高温期に入る前、最後に生理が始まった日を「妊娠0週0日」として計算し始めれば、高温期16日目は「妊娠4週2日」となります(生理周期が28日の人の場合)。つまり、すでに妊娠2ヶ月目に入っているということです。

この時期は、女性の体内のホルモンバランスが変化し、様々な症状が現れるようになります。主な症状としては、胸の張り、痛み・だるさ・眠気・腹痛・ほてりなどが挙げられます。いずれも、妊娠初期症状として有名です。

高温期16日目。体の異変があったら妊娠検査薬を!

次のような症状がある場合は、妊娠の可能性が高くなっており、妊娠検査薬を使うチャンスです。

妊娠の可能性が高い、高温期16日目の症状

(1)体温が下がる気配がない
(2)生理が来ない
(3)以下の妊娠初期症状が出ている
(胸の張り、痛み・だるさ・眠気・熱っぽさ・腹痛)

自分の体の変化を逸早く察知し、妊娠の可能性がある場合は検査薬を使いましょう。妊娠の早期発見、早期対応は、赤ちゃんの順調な発育のためにとても重要です。

高温期16日に使うべきは、早期妊娠検査薬

高温期16日目を迎え、生理が来ず、なんとなく体の調子が悪い。そんなとき、妊娠検査薬を使って自分の体を把握する人も多いでしょう。

高温期16日目に使える検査薬は、「早期妊娠検査薬」という呼び方をします。一般的な妊娠検査薬に比べ、早い期間から妊娠の判定をすることができる医療機器です。生理予定日(高温期14日目)から使用できるので、高温期16日目なら、より精度の高い検査結果を得ることが出来るでしょう。

高温期16日目。検査薬が陰性でも、妊娠の可能性有り?

高温期16日目に早期妊娠検査薬を使ったところ、陰性の結果が出たとします。「妊娠ではなかった」と感じる人がほとんどかと思いますが、実は、妊娠していても妊娠検査薬の結果が陽性にならない場合もあるのです。

そもそも妊娠検査薬とは、女性の体内で分泌するhCGというホルモンを検出して妊娠判定を行います。このhCGホルモンは、着床してから分泌が始まります。早期妊娠検査薬は、このhCGホルモンの分泌量が低い、着床後すぐの段階でも陽性の反応が出る仕組みになっているため、早期での妊娠判定ができるのです。

つまり、高温期16日目に検査薬で陽性が出なかったとしても、それは体内のhCGホルモンが検査薬に反応する充分な量を分泌していなかったことが原因とも考えられるのです。妊娠していても、まれにこういったケースが起こることがあります。hCGホルモンの分泌量には個人差があるのです。

高温期16日目に陰性でも、数日後に再検査の価値有り!

高温期16日目に陰性結果が出たとしても、その後も高温期が続いたり、妊娠初期症状が現れたりする場合は、妊娠の可能性を捨てきることができません。その場合は、高温期16日目から数日期間をおいて、再度妊娠検査薬を使ってみましょう。陰性の結果が陽性になった、という経験をしている人はたくさんいます。

高温期16日目に陽性ならば、妊娠確定?

早期妊娠検査薬の結果が陽性=妊娠というふうに説明しましたが、まれに、陽性結果でも妊娠の可能性が低い場合があります。これは、妊娠検査薬がhCGホルモンの分泌量を知るためだけの機器であることが原因です。

もう少し詳しく説明しましょう。妊娠検査薬は、着床によって分泌されるhCGホルモンを検出して、陽性反応を現します。しかし、着床後の体内の変化によって、妊娠が上手くいかない場合があるのです。その原因は次の2つあります。

高温期16日目に陽性でも妊娠しないケース(1)化学流産

化学流産とは、受精後に着床したものの、赤ちゃんが上手く育たずに流産してしまう症状です。これは受精卵に染色体異常などの原因があって起こるものなので、母親側で予防することはできません。
この場合、妊娠していなくても着床は済んでいるため、hCGホルモンが分泌され、検査薬では陽性が現れてしまうのです。

高温期16日目に陽性でも妊娠しないケース(2)子宮外妊娠

子宮外妊娠とは、受精卵が子宮以外の場所で着床してしまう症状です。子宮以外の場所として挙げられるのは、卵巣・腹腔内・子宮頸管などです。子宮以外の場所で着床した受精卵は、正常に育たず、妊娠を継続することは不可能です。
しかし、この場合でも着床自体は完了しているため、hCGホルモンは分泌されます。その結果、正常な妊娠でなくても、妊娠検査薬は陽性を示すのです。

高温期16日目に陽性が出たら、婦人科を受診しよう

上記のように、高温期16日目の検査薬の結果が陽性であっても、まれに妊娠していないケースもあります。
いずれにせよ、高温期16日目に早期検査薬が陽性を示した場合は、生理予定日の1週間後(高温期21日目)以降に婦人科を受診しましょう。エコー検査をしてもらえば、赤ちゃんを妊娠しているかどうかはすぐに分かります。

早期に医師の診断をあおげば、万一妊娠に異常があっても、すばやい対応を取ることができます。赤ちゃんとお母さんの体の両方を守るため、妊娠検査薬と婦人科の利用は計画的に行いましょう。

高温期16日目に体温が下がるのは、生理の前触れ?

高温期16日目に基礎体温が下がると、その後に生理が遅れてやってくるというケースがあります。しかし、基礎体温が下がった後も出血が見られなければ、基礎体温の計測が間違っている場合があるので、注意が必要です。

そもそも、高温期と低温期の基礎体温の違いは0.3~0.5度ほどです。体調の浮き沈みや、天候の影響を受ければ簡単に変化してしまいます。高温期16日目に体温が下がるのは、計測が上手くできていなかっただけかも知れません。翌日、またすぐに高温期に戻る場合もあるのです。

つまり、「高温期16日目に体温が下がる=生理が来る」とは100%言い切ることはできません。早期妊娠検査薬の使用も検討しつつ、出血が見られるまで、少し様子を見ることが大切です。

高温期16日目の出血は、妊娠に関係有り?

まれに、高温期16日目に不正出血が起こる場合があります。この不正出血の原因は、大きく分けて4つです。

(1)排卵期出血

低温期と高温期の境目、つまり排卵日前後に出血が起こることがあります。
これは生理現象なので、特に心配はありません。

(2)婦人科系の疾患

子宮筋腫やポリープなど、重大な疾患が原因で不正出血が起こる場合があります。高温期に不正出血が続くようであれば、早めに婦人科を受診しましょう。

(3)妊娠が原因の出血
受精卵が着床するとき、子宮壁が傷ついて出血が起こる場合があります。これは「着床出血」と呼ばれ、50分の1の確率で起こる症状です。

(4)ホルモン治療中に訪れる生理
不妊治療のためにホルモン分泌を高める薬を服用している女性は、体温が下がることの無いまま生理が訪れ、出血するケースがあります。
ホルモン治療が原因の出血が考えられる場合は、主治医に今後の治療法について相談しましょう。

このように、高温期16日目に出血があった場合は、妊娠の可能性のほかにも様々な原因が考えられます。重篤な病気の初期症状であることも考えられるため、医師による診断をあおぐことも考えましょう。

まとめ:高温期16日目は、早期検査薬の使用がオススメ

もしもアナタが妊娠を希望しているのであれば、高温期16日目は早期検査薬を使用するタイミングとしてオススメです。もし陽性が出なくても、妊娠初期症状が続いたり、体温が下がる気配が無いのであれば、また期間を置いて検査薬を使ってみましょう。

自分の体の変化を、一番察知できるのは自分自身です。赤ちゃんの発育のためにも、常に自分の体に気を配るよう心がけましょう。

もっと「高温期」についての情報を詳しく知りたいアナタへ!

高温期10日目の症状!フライングで陰性なら妊娠してない?陽性だと?
高温期12日目の症状!出血や下腹部痛など!陰性でも妊娠の可能性?
高温期15日目の症状!体温が下がる時や検査薬陰性の妊娠可能性は?
高温期20日目に陰性だと妊娠可能性ゼロ?病院で胎嚢をチェック!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ