自分が情けないと感じる時の対処法13選!【必見】

失敗するといつまでも立ち直れない時や些細なことが原因で眠れなくなる時など、自分が情けないと感じて落ち込むことはありませんか?当記事では自分が情けないと感じて自信が持てなくなった方たちのために、今すぐ実践したい13の対処法をまとめましたのでぜひご覧ください!

自分が情けないと感じる時の対処法13選!【必見】のイメージ

目次

  1. 自分が情けないと感じる時ってどんな時?
  2. 自分が情けないと感じる時の13の対処法をご紹介!
  3. 自分が情けないと感じる時の対処法(1)達成感を得る
  4. 自分が情けないと感じる時の対処法(2)理想にとらわれない
  5. 自分が情けないと感じる時の対処法(3)冷静な判断力をつける
  6. 自分が情けないと感じる時の対処法(4)すぐ妥協しない
  7. 自分が情けないと感じる時の対処法(5)ネガティブにならない
  8. 自分が情けないと感じる時の対処法(6)他人と自分を比べない
  9. 自分が情けないと感じる時の対処法(7)チャレンジを恐れない
  10. 自分が情けないと感じる時の対処法(8)1人で頑張りすぎない
  11. 自分が情けないと感じる時の対処法(9)長所に目を向ける
  12. 自分が情けないと感じる時の対処法(10)前向きな言葉を使う
  13. 自分が情けないと感じる時の対処法(11)生活習慣を変える
  14. 自分が情けないと感じる時の対処法(12)色々な人と話をする
  15. 自分が情けないと感じる時の対処法(13)自分を受け入れる
  16. まとめ

自分が情けないと感じる時ってどんな時?

皆さんは毎日の生活の中で、「自分はダメな人間だ。」「どうして他の人のように出来ないんだろう。」などと自分が情けないと感じてしまうような時はありませんか?

例えば恋愛で相手を怒らせてしまった時やつまらない言い合いをしてしまった時、また仕事がうまくいかなかった時など、ここぞという場面で失敗してしまう時などは自分に対して溜息が出てしまうこともあるでしょう。

毎日の人生の中で自分が情けないと感じる日が多くなると、どうしても気分が滅入ります。何をしても失敗するのではないかという心理になり、やる気や元気が出ない日も出てきます。

人生で自分が情けないと感じる時はとてもしんどい時期です。自分がしていることは何か意味があるのかと悩み、なんとか自分を変えて楽しい人生を取り戻したいと考えている人もたくさんいます。

自分が情けないと感じる時の13の対処法をご紹介!

それでは次は自分が情けないと感じながらもそんな自分を変えていきたいと思っている人のために、自分を変えていけるおすすめの13の対処法をご紹介いたします。

人は自分の欠点をなかなか認めたがらないものですが、自分が情けないと気付けた人は、自分を変えていくためのキッカケを掴むことができるかもしれません。

情けない自分を変えて人生をこれまで異常に充実したものにするために、また仕事や恋愛などで幸せを掴んでいくためにも、これからご紹介する13の対処法は必ず役に立ちます。

1つずつその意味を確認しながらぜひご覧ください!

自分が情けないと感じる時の対処法(1)達成感を得る

自分が情けないと感じる時の対処法の1つめは、達成感を得るということです。達成感というと何か大きなことを成し遂げなくてはならないと感じる人もいるかもしれませんが、そうではありません。

仕事や恋愛など些細なことでも良いので、やればできるという自信をつけることが大切です。どんな些細なことでも毎日達成感を感じていると、何をしてもうまくいかないという自分の意識を変えていくことができるようになります。

人生の中で人の役に立つことができたり、恋愛中に相手に喜んでもらえたりといった成功体験の積み重ねは、自分に自信を持つための貴重なキッカケになります。

「どんなことだったら自分でも出来るのか。」「何をすれば意味があるのか。」ということを常に考え、それを実践していく勇気を持ちましょう。

自分が情けないと感じる時の対処法(2)理想にとらわれない

自分が情けないと感じる時の対処法の2つめは、理想にとらわれないということです。自分を情けないと感じる原因は、多くの場合で理想の自分と現実の自分との違いに悩んでいることが原因です。

人は誰でも仕事や恋愛などの場面で「こんな人になりたい。」という自分の理想像を持っています。そしてその自分の理想に近づくことができない時は、強い焦りを感じます。

この焦りの心理を解消するためには、あまりに現実の自分とかけ離れた理想を持ちすぎないことです。理想だけを高く持っていても現実の自分との違いに苦しむことになってしまいますので、あまり意味はありません。

自分が情けないと感じる時は現実の自分をしっかりと認識し、あまり自分の理想にとらわれすぎないようにしましょう。

自分が情けないと感じる時の対処法(3)冷静な判断力をつける

自分が情けないと感じる時の対処法の3つめは、冷静な判断力をつけるということです。自分が情けないと落ち込む原因の1つは感情的になってしまうことです。

実際は本当に小さな失敗なのに、感情が高ぶることでそれが非常に大きな失敗のことのように感じられてしまうことはよくあることです。

自分が情けないと感情的になってしまう人は、努めて冷静な判断力をつけることが大切になります。

仕事や恋愛で自分は今どんな状況に置かれているのか?その失敗はもう取り返しがつかないことなのか?などと状況やその意味を冷静に判断することができれば、自分が情けないと感じる心理も少し落ち着く可能性があります。

感情的になっている時は冷静になることを意識しましょう。

自分が情けないと感じる時の対処法(4)すぐ妥協しない

自分が情けないと感じる時の対処法の4つめは、すぐに妥協しないことです。自分が情けないと感じてしまう人は、すぐあきらめてしまうクセがついています。

自分に自信がある人なら最後までやりきろうと思えることでも、自分に自信がない人はすぐに妥協してしまいます。そしてそれは恋愛や仕事でも同じです。

すぐにあきらめてしまうクセがついていると、人生においても恋愛においても達成感を得ることは難しくなります。何でもすぐにあきらめるということは、そこで成長を止めてしまうことを意味しています。

自分が情けないと感じる心理になってしまった時は、まず何でも途中であきらめないということをしっかりと意識することが大切になります。あきらめることを当たり前に感じないようにしましょう。


◆関連記事:諦めない心を持つためには

諦めない心を持つための方法とは?諦めない心の意味と名言もまとめ

自分が情けないと感じる時の対処法(5)ネガティブにならない

自分が情けないと感じる時の対処法の5つめは、ネガティブにならないということです。自分が情けないと感じてしまうような人は、ついついいつもネガティブな言動をしてしまいます。

「どうせダメだ。」「やっぱり無理だ。」「自分なんか。」「うまくいくはずがない。」こんな発言が口癖になっている人はいませんか?

ネガティブな言動を繰り返すのがクセになっている人は、その心理が影響して顔つきまで暗く変わっていきます。ネガティブな言動をする人は人生に対してあきらめの心理が働いているため、否定的な言動ばかりしてしまいます。

しかしネガティブな言動をする人は、否定から入ることで自分に甘くなっていることを自覚するべきです。実際に悪いことが起こって自分が傷つくのが怖いために、ネガティブな言動で保険をかけているのです。

自分が変わるためには、この甘えや保険を取り払う必要があります。

自分が情けないと感じる時の対処法(6)他人と自分を比べない

自分が情けないと感じる時の対処法の6つめは、他人と自分を比べないということです。人生を生きていく上で他人と接することなく暮らしていくことは不可能ですが、他人に影響されすぎてしまうのは考えものです。

他人を意識するあまり他人は他人、自分は自分という垣根を越えてしまうと、他人の良いところばかりが目について落ち込む原因になってしまいます。

「隣の芝生は青い」ということわざがあるように、人は自分よりも他人を素晴らしく思ってしまう心理が働きます。自分にも良いところがたくさんあるのに、他人の良いところばかりが気になってしまうのです。

他人の人生と自分の人生は違います。他人と自分をいくら比べても、それはあまり意味がないことです。他人を意識して自分の悪いところばかりに目を向けることは無意味だと理解しましょう。

自分が情けないと感じる時の対処法(7)チャレンジを恐れない

自分が情けないと感じる時の対処法の7つめは、チャレンジを恐れないということです。自分が情けないと感じる人は自己保身に走ってしまうふがいない自分に落ち込むこともあります。

新しいことにどんどん挑戦する他人を見ては、そこまで行動できない自分に「情けない」と自己嫌悪してしまう場合もあるでしょう。

自分が情けないと感じてしまう心理を克服するためには、チャレンジを恐れない強い心を持つことも大切なことです。新しいことにチャレンジするのはとても勇気がいることですが、失敗しても良いと気持ちを大きく持つことも重要です。

恋愛においてもチャレンジできない人は恋を実らせることはできません。新しいことにどんどんチャレンジしていける人は、自分の力で恋愛を実現するパワーがあります。

自分が情けないと感じる理由は失敗することではなく、チャレンジを恐れる気持ちにあるのだと気付きましょう。

自分が情けないと感じる時の対処法(8)1人で頑張りすぎない

自分が情けないと感じる時の対処法の8つめは、1人で頑張りすぎないということです。自分が情けないと感じる人は真面目な性格であることが多いものです。

何でも自分1人で頑張らなければならないと思い込み、自分の限界を超えてしまうことがあります。

このように1人で頑張りすぎてしまう人は、他人に頼ることを苦手に思ってしまう場合が多いものです。人に迷惑をかけてしまうかもしれないと責任を感じてしまい、その結果1人で責任を負うことになり許容量を超えてしまうのです。

1人で頑張ることはとても大切なことですが、時には他人に助けてもらうことも恥ずかしいことではありません。

自分が情けないと感じる時の対処法(9)長所に目を向ける

自分が情けないと感じる時の対処法の9つめは、自分の長所に目を向けるということです。自分が情けないと悲しくなってしまうのは、自分のダメなところばかり見ていることが原因かもしれません。

人は心理的に人生の中でうまくいっている時はあまりそれを意識することはなく、失敗した時のほうが長く印象に残ります。そのため自分の長所よりも短所にばかり注意が向いてしまいがちです。

自分が情けないと感じる時こそぜひ自分の長所に目を向けて、悪いところばかりではないということをしっかりと意識することが大切になります。

人生では自分の長所に目を向けることができると、心理的にとても落ち着くことができます。恋愛中の人で自分が相手にふさわしくないと感じてしまう時なども、同様に自分の長所を意識することで不必要な気分の落ち込みを防ぐことができます。


◆関連記事:責任感の強さを長所にしてしまいましょう!

責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!

自分が情けないと感じる時の対処法(10)前向きな言葉を使う

自分が情けないと感じる時の対処法の10個めは、いつも前向きな言葉を使うことです。

ネガティブな言動をするのは良くないことだと上記でもご紹介しましたが、前向きな言葉を使うと気分が高揚して心理的にやる気が出ることもあります。

前向きな言葉とはたとえば、「きっと大丈夫。」「きっとうまくいく。」「良い結果が訪れるに違いない。」というように明るい未来を意味する言葉になります。

悪いことを考えているとそれが現実になることがありますが、人は無意識に自分が考えた未来へと物事を導いていく心理が働くためだと考えられています。

いつも前向きな言葉を使うことは成功への近道になるかもしれません。前向きな言葉はとても意味があることなのです。

自分が情けないと感じる時の対処法(11)生活習慣を変える

自分が情けないと感じる時の対処法の11個めは、生活習慣を変えることです。

自分が情けないと感じる時は仕事や恋愛などがうまくいかず、毎日が充実していない時期です。自分がしている事が全て裏目に出てしまっている可能性がありますので、その流れを変えるためには生活習慣を変えていく必要があるのです。

生活習慣を変えるのは難しいかもしれませんが、出来ることから少しずつ変えていくのはどうでしょうか?

たとえば寝坊ばかりしている人は早く寝る事を心がけて遅刻しないように意識してみたり、洗濯物や洗い物などを溜めこんでしまう人は毎日決めた時間に家事をすることを決めてみてはどうでしょうか。

小さな生活習慣の変化が、大きな意味を持つ場合もあります。今日から何か1つでも良い習慣を始めてみてはいかがでしょうか。


◆関連記事:気配りができる女性の習慣を心がけてみませんか

気配りができる人になるには?気配りできる女性の習慣は?

自分が情けないと感じる時の対処法(12)色々な人と話をする

自分が情けないと感じる時の対処法の12個めは、色々な人と話をしてみることです。自分が情けないと思い込んでしまう原因は、自分が他人から悪く思われているに違いないという思い込みが原因かもしれません。

そんな思い込みを取り払うためには、色々な人と話をしてみることが大きな意味を持つ場合があります。

色々な人と話をしてみると、自分だけが情けない思いをしているわけではないことがよく分かります。誰もが同じような失敗を経験してそれを乗り越えているということが分かれば、少しずつ自分に自信が持てるようになるものです。

色々な人と出会って凝り固まった自分の意識を変えていきましょう!

自分が情けないと感じる時の対処法(13)自分を受け入れる

自分が情けないと感じる時の対処法の13個めは、ありのままの自分自身を受け入れるということです。

自分が情けないと落ち込んで自分を否定ばかりしていると、自分を変えていこうという前向きな気持ちや、頑張っていこうというやる気が無くなってしまいます。

まずは自分自身の情けなさを認めて、心に受け入れることはとても大切なことです。

自分の欠点や弱さを認めることは自分を変えるためには必要不可欠なことであり、それを認められない人はその欠点や弱さを克服していくことはできません。

情けない自分を受け入れて成長への糧にしていきましょう!

まとめ

自分が情けないと感じる時の対処法を13選ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

弱い自分、情けない自分を変えていくのはとても大変なことです。しかし大変だからといって何も行動を起こさなければ、そんな自分を変えていくことはできません。

上記でご紹介した13の対処法を参考にして、強くて自信あふれる自分に変わっていけるように頑張ってみましょう!

いろんな対処法について知りたいアナタはこちらもチェック

陰湿な人の特徴と性格!陰湿な職場や陰湿ないじめへの対処法は?
感情の起伏が激しい人の特徴と対処法9選!病気が原因かも?
嫌味を言う人の心理7選!対処法も解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ