ダサい女の私服7選!ダサいファッションの特徴とは?【要注意】

老若男女問わず、おしゃれな服を来ても何故かダサいファッションになってしまう方は少なくありませんよね。ではダサいと言われるファッションにはどのようなものがあるのでしょうか。男女共にダサいと思われがちな服装についてまとめてみました。

ダサい女の私服7選!ダサいファッションの特徴とは?【要注意】のイメージ

目次

  1. 男女共通のダサいファッションの特徴とは?
  2. 男女共に不人気?過度な露出ファッションはダサい以前の問題!
  3. 年不相応の私服コーデはNG!男女別、年不相応の格好とは?
  4. 田舎のヤンキーっぽい?主張だらけのダサいファッションとは
  5. TPOをわきまえない服装はファッションとはいえない
  6. ブランド服だらけのコーデは一歩間違えればダサいファッションに
  7. 男女共に季節感のないファッションもNG 暑いの?寒いの?
  8. 自分の体型・体質に合わない服を着こなそうとしてもダサいだけ!
  9. 英字プリントの服は男女共にダサい!
  10. ファッション誌丸写しは服装はダサい!男女別に見た量産型タイプ
  11. ダサいと言われる男女にありがちな失敗はバランスの悪さにある
  12. 女から見るとNortonのファッションアイテムはダサい?
  13. メンズ服を取り入れた女性ファッションは不人気
  14. 男女共に色が多すぎる服はダサい!メインカラーは3色以内に抑えて
  15. 男性に不人気の女性の私服・ファッション小物とは
  16. 女性に不人気の男性の私服・ファッション小物とは
  17. ダサいと言われないファッションには服のシルエット選びがポイント
  18. 地味な服=ダサいではない 私服のコーディネート診断に挑戦!

男女共通のダサいファッションの特徴とは?

何を着ても何故かダサいと言われる方は意外と多いものです。身近にそんな人がいる、自分がまさにそうだという方もいらっしゃるでしょう。
普段制服やスーツ姿の時はそんなことは思わないのに、私服を着た時、そのコーデにガッカリしてしまうこともありますよね。

男女共にダサいと言われる方に共通するのがまず、バランスの悪さです。服ばかり気になって全体のバランスがとれていないという方が殆どです。バランスといっても、カラー、形状、スタイル、素材など様々なものがありますよね。ダサいと言われないようにするためには、トータルでバランスを考えなければなりません。

また、清潔感がないとどんなにおしゃれな服を着ていても途端にダサく見えてくるものです。ヨレヨレのシャツ、毛玉だらけのセーター、シワシワのスカートはその人の印象も悪くなってしまいます。
きちんと洗濯して清潔感のある服を身につけるように心がけましょう。もちろん服に気を取られてばかりで自分が疎かになっていては本末転倒です。ヘアスタイルや髭などもファッションコーデに欠かせませんよね。「あの人、服はおしゃれなのに髪型がダサい」と言われないようにしていきましょう。

男女共に不人気?過度な露出ファッションはダサい以前の問題!

自分のボディラインに自信がある人の中には派手で露出の多い服装を好む方もいらっしゃいますよね。しかし、過度な露出は男女共に煙たがられるということを念頭に置いておく必要があります。露出が多くてダサいと言われがちなファッションにはどのような特徴があるのでしょうか。男女別にみてみましょう。

男性の中で、自分の筋肉やボディラインに自信がある方に特徴的なのが筋肉をアピールしまくっている服装です。やたらピチピチのTシャツを着ていたり、春や秋でもタンクトップ1枚飲みだったりする方は結構多いですよね。
シャツのボタンを2個も3個も開けているのも考えものです。アピールが露骨過ぎて嫌がる女性は想像以上に多いので注意が必要です。

男性の中には「露出の多い女子が好き!」という方も多いですよね。でもそれが自分の彼女や友達だったらどうですか?身近な女性の露出は目のやり場に困るものです。自分の彼女が他の男性から性的な目で見られるのが嫌だという方も少なくありません。頭が悪そう・軽そうといったマイナスの印象を持たれることもあり、ダサい以前の問題になってきます。特にデートの時は過剰な露出は控えるようにする方がいいでしょう。

年不相応の私服コーデはNG!男女別、年不相応の格好とは?

年格好に合わない私服コーデは『ダサい』の代名詞とも言えるでしょう。いつまでも若々しくあろうとすることは素敵ですが、一歩間違えれば幼稚でイタいと捉えられがちです。

ハーフパンツは小学生みたい?スカルや羽根、迷彩柄は要注意!

春〜夏の暑い季節は通気性の良いハーフパンツが人気ですよね。しかしこのハーフパンツ、デザインによってはとても幼くてダサいコーデになってしまう危険性があります。スネ毛のはえた成人男性のハーフパンツは人次第ではとても嫌悪されるものです。
ロールアップパンツも子供っぽくてダサいと言われがちです。特に折り返し部分にチェック柄が施されているパンツなどは途端に小学生度がアップしてしまいます。
襟、ボタン切替部分など、一部にのみチェックがあしらわれているものも子供っぽくなりやすいので注意が必要です。

また、スカル(髑髏)や羽根のバックプリント入りシャツや、迷彩柄といった中学生がよく身に着けるようなデザインの服も幼稚な印象を与えがちです。エナメル調の靴や財布といった小物も要注意です。

ミニは20代まで?フリルやリボンはダサいコーデになりやすい

可愛いデザインが多く、女子力が高いミニスカートは人気のファッションアイテムですよね。しかし、30代以上の女性が丈の短いミニスカートを履いているのはやや年不相応だと思われがちです。ある程度の年齢になってきたら、ボリューミーなスカートや丈の短いスカートは控えた方がベターです。

レディース服にはフリルやリボンをあしらったものも多いものです。服に限らず、バッグや帽子といった小物にもよく使われていますよね。リボンやフリルは、上手く使えば上品で女子力の高いアイテムですが、使い方を間違えば途端に子供っぽく幼稚に見えてしまいます。ワンポイント使いにしてみたり、色を抑えたりして工夫するようにしましょう。

田舎のヤンキーっぽい?主張だらけのダサいファッションとは

黒地にゴールド、黒地にピンク、派手なラメ、スパンコールといった自己主張の激しい服装を見ると田舎のヤンキーを連想してしまう方も多いのではないでしょうか。一つ一つのアイテムが派手過ぎて全体的にチカチカした服装はかえって野暮ったくダサい印象を与えがちです。

また「ラフ」と「だらしない」を履き違えている方も多いものです。私服が常にスウェットの方や、部屋着かパジャマかよく分からない服装をしている方がまさにこのタイプです。

若い男女に人気のダメージジーンズやシワ加工シャツも、組み合わせ方を間違えると危険なアイテムです。だらしない印象を与えないようにするためには、上下のバランスに気をつけて清潔感を失わせないように注意するのがポイントです。

TPOをわきまえない服装はファッションとはいえない

ファッションコーデはTPOも非常に大切な要素です。特に冠婚葬祭などでは注意が必要です。例えばお葬式でカラースーツを着たり、結婚式で真っ白な衣装を着るなど言語道断ですよね。
いくらスタイリッシュに決めていても、マナー違反をしていればおしゃれとはいえません。

私服の場合でもTPOは大切です。
遊園地デートの時にハイヒールやミニスカートを履いてくる女性や、暗くなっているのにサングラスを掛けている男性もよく見かけますが、決してその場にふさわしい服装とはいえませんよね。


◆関連記事:おかっぱもダサくなりがちだけど…

おかっぱボブの可愛いヘアスタイル特集!もうダサいとは言わせない!

ブランド服だらけのコーデは一歩間違えればダサいファッションに

知名度が高いブランドや、人気のあるブランドの服に憧れる方も多いですよね。実際にデザイン性や商品自体の質も高いので、コーデに取り入れることでバシッと決めることが出来ます。
しかし中にはブランドロゴが大きく、主張の強いデザインのものも少なくありません。いかにもブランド品を身に着けています!といったコーデはかえって下品な印象を与えてしまうこともあります。

ブランドにはそれぞれの特色があります。同一ブランドで揃えれば全体的なバランスも取りやすく、とてもおしゃれに決まります。しかし、全く異なるブランドの服をそれぞれ取り込むと統一感が失われ、途端にダサくなってしまいます。

また、ダサいと思われるコーデの一つとして、身の丈に合っていないというものがあります。社会人になって、ある程度の収入があるにも関わらず、おもちゃのような腕時計を着けている人や、逆に中高生なのに高級ブランドの財布を持ち歩いているというのがこのタイプです。決して悪いことではありませんが、『ふさわしさ』というのもダサいと思われないために大切なポイントですよ。

男女共に季節感のないファッションもNG 暑いの?寒いの?

季節感のないコーデは男女共にダサいと思われがちです。
男性の場合、夏場にブーツ、冬なのにサンダルやハーフパンツルックというのをよく見かけますよね。各々の体質によって体感温度が異なるのは当然ですが、あまりにも周囲から浮くような季節感のなさは禁物です。機能性インナーなどを利用して上手く体温調節できるようにするのもお洒落への第一歩ですよ。

女性に多いのがノースリーブの上にもこもこのコートや、真冬のミニスカートといったコーデです。暑いのか寒いのか分かりません。中には完全に夏物を着用した上で厚手のコートを羽織っている方もいらっしゃいますよね。かと思えはスカートの下にジャージを履いて自転車を漕いでいる子も良く見かけます。
季節感を取り入れるというのもお洒落なコーデのポイントですよ。

自分の体型・体質に合わない服を着こなそうとしてもダサいだけ!

人それぞれ身長・体重も違えば体格も違いますよね。自分の体型を客観的に見た上で服を選ぶのも大切です。肥満体型の方の場合、身体のラインがくっきり出るような服や膨張色はおすすめしません。痩せ型の方がスリムタイプの服を着るとかえって細さを強調し、貧相な印象を与えてしまうことがあります。

女性の場合、体型をカバーするために長いチュニックばかり選んでしまう方もいますが、チュニックはかえって太って見えることもあるので注意が必要です。
出来れば自分の体型をカバーするのではなく、その特徴を活かしたコーディネートに努めてみましょう。

汗っかきの方の場合、薄いグレーやピンクの服を着ると汗ジミが目立ちやすくなるので控えた方がいいでしょう。汗を吸収するパッドを使用するのもいいかもしれません。
人に不快感を与えないようにするのも大切ですね。

英字プリントの服は男女共にダサい!

特に夏場の私服コーデに多いのがTシャツです。豊富なデザインとカラーバリエーションのものがあり、誰もが1枚は持っているアイテムではないでしょうか。
特徴的なデザインのものはメインコーデとしても使えるので人気のTシャツですが、実はなかなかの地雷アイテムなのです。まず、キャラクターイラストが入っているものは子供っぽく見えてしまうことがります。キャラクター入りを上手に着こなすのであれば、アウターやボトムスを大人っぽい服にして全体のバランスを中和させてあげるのがポイントです。

デザインとして多いのが英字プリントですね。一見格好良く見えるものもありますが、中にはとんでもない言葉が書かれていることも少なくありません。英語が分かる人が見たら思わず吹き出してしまうような言葉や、かなり危険な単語がプリントされていることも多いのです。

また、ダサいと言われるコーデの一つに元ネタが分からないまま着用しているというものがあります。映画や海外アーティストのロゴ、スポーツチームグッズなどに多いですよね。古着屋などで並んでいるものも多く、つい手に取ってしまいます。それを本当に好きな人から見るとつい「お!」となるアイテムであることも少なくありません。しかし当の本人が元ネタ不明のまま着用していると「え?何でそれ着てるの?」となってしまいます。
何処かで見たことあるような気もするけど、どこで見たかよく分からない…というデザインの服に多いので要注意ですよ。


◆関連記事:彼氏がダサい場合の対処法はこちら

彼氏がダサい!服のセンスのない彼のファッションを変革する方法!

ファッション誌丸写しは服装はダサい!男女別に見た量産型タイプ

コーデの参考にするために、ファッション雑誌を読むという方も多いでしょう。プロがその時のトレンドを取り入れたおしゃれなコーディネートをしているため、とても勉強になりますよね。同じような格好をすれば自分もお洒落になれるような気もしてきます。
しかし、同じようなことを考えている方も非常に多く、ファッション雑誌丸写しの服装は人とかぶりやすく、特徴のない無個性ファッションになりがちというデメリットがあります。いわゆる『量産型』といわれるタイプですね。
男性の場合、一時期皆同じようなジレを着用している時期、ありませんでしたか?登山するわけでもないのにトレッキングシューズを履いている方が増えたりもしましたよね。

量産型は特に大学生〜20代後半の年代の方に多く、特に女性の場合、グループ全員同じような格好・ヘアスタイルであることも少なくありません。特徴がなく、最早誰が誰だか区別がつきませんよね。
トレンドを取り入れつつ、自分らしさを忘れないよう心がけましょう。

ダサいと言われる男女にありがちな失敗はバランスの悪さにある

ダサいと言われる方の特徴として、上下のバランスが崩れがちというものがあります。ゆったりしたトップスにゆったりとしたボトムスを合わせるとだらしなく見えてしまいますよね。逆に上下ともにピチピチ過ぎるのも考えものです。

また素材のバランスが悪いという特徴もあります。デニムにデニムを合わせたり、麻にツイードを合わせたりすると途端にダサくなります。

また、スーツにリュックサックというスタイルもアンバランスですね。リュックは自転車通勤などで重宝している方も多いアイテムです。使う時は素材やデザインにこだわってみるといいかもしれません。

女から見るとNortonのファッションアイテムはダサい?

Nortonはイギリスで生まれたアパレルブランドで、元々オートバイメーカーだったこともあり、ライダースジャケットやゴルフウェアなどに力を入れています。もちろん、日常使いのファッションアイテムも多く取り揃えており、男性に人気のブランドです。

しかしこのNorton、女性から見るとダサいと感じる方が多いようです。理由は大きすぎるブランドロゴや、派手なバックプリントなどが挙げられます。デザイン的に中高生っぽいというのがネックのようです。
また、値段の割に安っぽく見えるといった意見もあります。Norton好きの方は、組み合わせ方を工夫する必要があるかもしれません。

メンズ服を取り入れた女性ファッションは不人気

ボーイッシュな服装を好む女性の中にはあえてメンズ服を取り入れるという方もいらっしゃいます。メンズシャツ、メンズTシャツ、ボーイフレンドジーンズなどがありますよね。
しかしこういったメンズアイテム、男性から見るとそれほど魅力的に見えないという意見が多いものです。

「女子力が感じられない」「ダボッとしてだらしなく見える」といった意見が見られます。
メンズアイテムを取り入れる場合は、対象的にガーリーなアイテムを追加するなどの工夫が必要です。

男女共に色が多すぎる服はダサい!メインカラーは3色以内に抑えて

チェック服などを除き、あまりにも多くの色を使ったファッションは男女共に不人気です。メインカラーが分かりづらい、奇抜過ぎると思われがちですね。カラフルなファッションは奇抜さ・幼稚さと紙一重です。度が過ぎないように気を付けましょう。

お洒落な人は、全体のカラーを3色以内に抑えて上手くバランスをとっています。特徴的なアイテムやメインカラーを決めて、そこから全体のコーデを決めていくのがおすすめですよ。

男性に不人気の女性の私服・ファッション小物とは

女性から見るとそれほどではなくとも、男性から見るとダサいと思われる私服コーデの特徴として、派手すぎるアイテムが挙げられます。リゾートのようなツバの広いハット、大きすぎるサングラスなどは不評です。

冬場に人気のムートンブーツも男性から見ると子供っぽいと捉えられがちです。
ネイルにこだわっている方もたくさんいらっしゃいますが、派手なネイルは大変不評です。「凶器?」「家事できるの?」といった辛口意見も多いので、やり過ぎには注意しましょう。

女性に不人気の男性の私服・ファッション小物とは

チェックアイテムは女性受けがそれほど良くありません。まずチェックシャツ×チノパンコーデは典型的な量産型私服コーデです。
襟そで部分のみがチェック柄のシャツ、裏地がチェックになっているアウターは子供っぽく見られがちです。チェック柄をおしゃれに着こなすためには、チェックの使い所を工夫するのがポイントです。

ゴツいウォレットチェーンや、ジャラジャラとしたシルバーアクセサリーも不評です。アクセサリー類の着け過ぎは厳禁です!あくまでもさりげないアクセントして使うようにしましょう。

ダサいと言われないファッションには服のシルエット選びがポイント

私服をダサいと言われないようにするためには、シルエットでバランスをチェックするのも大切です。
大きすぎるハットなどで逆三角形になっていたりしませんか?ウェストがダボッとしすぎてひし形になっていたりしませんか?

シルエットは特に体型をカバーしたい時に有効です。出かける前は鏡の前で全体のシルエットをチェックするようにしましょう。

地味な服=ダサいではない 私服のコーディネート診断に挑戦!

地味な服=ダサいと思っている方も少なくありませんが、地味目の服も上手く組み合わせることで非常にお洒落にコーディネートすることが可能です。ダサいと思われがちなシャツのパンツインでも、何故かお洒落に見える人もいらっしゃいますよね。

自分ではどんな服が似合うのかわからない!と悩んでいる方は、コーディネート診断がおすすめです。体型チェック診断、パーソナルカラー診断など、オンライン上で簡単に似合う服装がチェックできるので、是非チャレンジしてみて下さい。
また、仲の良い友達に思い切って私服を辛口チェックしてもらうというのもいいでしょう。客観的に服装チェックするというのはダサい私服から脱却する近道ですよ!

もっとお洒落になりたいあなたへ

丸メガネのコーデまとめ!【レディース編】お洒落女子必見!
ワンレンロングのお洒落スタイル13選!お色気ムンムン!
ベレー帽のコーディネートとかぶり方!春夏秋冬別に解説!【お洒落】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ