ドレスコードの意味とは?ホテルやパーティーごとに違うの?

ドレスコードの意味とは?ホテルやパーティーごとに違うの?

あなたはドレスコードについての知識がどれくらいあるでしょうか。そもそもドレスコードの意味ってご存知ですか?今回はドレスコードの意味と、ドレスコードの種類についてまとめてみました。どんなパーティーやどんなところにドレスコードがあるのかも解説させていただきます。

記事の目次

  1. 1.ドレスコードと言われて慌てないように
  2. 2.ドレスコードの意味とは
  3. 3.ドレスコードの意味◎フォーマルのドレス
  4. 4.ドレスコードの意味◎男性のフォーマルドレス
  5. 5.ドレスコードの意味◎女性のフォーマルドレス
  6. 6.ドレスコードの意味◎セミフォーマルのドレス
  7. 7.ドレスコードの意味◎男性のセミフォーマルのドレス
  8. 8.ドレスコードの意味◎女性のセミフォーマルのドレス
  9. 9.ドレスコードの意味◎インフォーマルドレス
  10. 10.ドレスコードの意味◎男性インフォーマルドレス
  11. 11.ドレスコードの意味◎女性インフォーマルドレス
  12. 12.ドレスコードの意味◎スマートエレガンスのドレス
  13. 13.ドレスコードの意味◎男性のスマートエレガンスのドレス
  14. 14.ドレスコードの意味◎女性のスマートエレガンスのドレス
  15. 15.ドレスコードの意味◎カジュアルエレガンス
  16. 16.ドレスコードの意味◎男性のカジュアルエレガンス
  17. 17.ドレスコードの意味◎女性のカジュアルエレガンス
  18. 18.ドレスコードの意味◎ビジネスアタイヤ
  19. 19.ドレスコードの意味◎男性のビジネスアタイヤ
  20. 20.ドレスコードの意味◎女性のビジネスアタイヤ
  21. 21.ドレスコードの意味◎スマートカジュアル
  22. 22.ドレスコードの意味◎男性のスマートカジュアル
  23. 23.ドレスコードの意味◎女性のスマートカジュアル
  24. 24.ドレスコードの意味◎ドレスコードがあったら、これはNG!
  25. 25.ドレスコードは一般常識です

ドレスコードと言われて慌てないように

フォーマルな仕事での集まりや、結婚式、披露宴、同窓会などでホテルやパーティー会場で行う場合、「ドレスコードがある」と言われることがあります。

ドレスコードって何?と慌てて連絡をしてみたら、着て行こうと思っていた服やドレスでは、そのホテルやパーティー会場へは行けなかった、なんてことで慌てる人もいるようです。

社会人になるとフォーマルな席に出席することも多くなるので、ホテルのドレスコードやパーティー会場のドレスコード、同窓会など集まりの種類によっても違うドレスコードを知っておくことは大切なことです。

どんなドレスコードにもあうスーツやドレスを1着持っているのも便利ですよね。今回は、ドレスコードの意味と、ドレスコードの種類について男性と女性別で解説させていただきます。

ドレスコードの意味とは

ドレスコードとはどういう意味なのでしょうか。なんとなくわかっている人は多いと思いますが、説明してと言われると難しい言葉ですよね。

ドレスコードとは、フォーマルな服装の種類の規定やマナーのことを表しています。

ホテルやレストランによってもドレスコードがあることがあります。また飛行機に乗る時にもドレスコードがある、なんて言われたこともあったようです。

会社に行くときには、制服やスーツ、ジャケットを着るなど、しっかりとルールがあるところもあれば、これといったルールはないけれど、みんなジャケットを着ているから自分もジャケットを着て行くという人もいるかもしれませんね。それもドレスコードです。

ドレスコードとは服装の種類の規定やマナーのことですが、「平服」や「正装で」などという言葉でルールを指定されることがあります。平服って?正装って?と思う人もいるかもしれませんね。

ここからは、ドレスコードの種類を紹介させていただきます。

ドレスコードの意味◎フォーマルのドレス

まずはドレスコードの中でも一番格式が高いと言われているドレスコードの種類です。一番格式が高いドレスコードが、フォーマルのドレスコード、「正礼装」になります。

一番礼のある服装になるので、どんなパーティーにも使えます。「ドレスコードがあります」と書かれている場合、この服装で行けば、どんなホテルやレストラン、パーティーであっても問題がありません。

正礼装のドレスコードを求められるのは、結婚式や披露宴、祝賀パーティーなどのおめでたい席であることが多いようです。

またとても目上の立場の人が参加されるようなパーティーにも、正礼装を求められることがあります。今は正礼装でのドレスコードは少なくなっています。結婚式や披露宴、祝賀パーティーであっても、ゲストであれば正礼装まで求められないこともあるようです。

ドレスコードの意味◎男性のフォーマルドレス

男性のお昼の正礼装は、モーニングコートです。モーニングコートは、結婚式の新郎が着るタイプのスーツです。シンプルなタイプのジャケットで、ボタンが一列しかないジャケットです。

ジャケットのカラーは基本的には黒で、ズボンは黒かグレーが好まれています。もともとはグレーのズボンをあわせるものでしたが、最近では黒ジャケットに黒ズボンというのも定着しているようです。

男性の夜の正礼装は、燕尾服です。後ろの裾がツバメの尾のようになっている服のことですね。最近では結婚式のときの両家の父親が着たり、オーケストラの指揮者が着ているイメージが強い正礼装です。

もともとは、お祝い事の席では白い蝶ネクタイをするというものですが、最近では普通のタイを締めている場合のほうが多いようです。

次のページ

ドレスコードの意味◎女性のフォーマルドレス

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely