真ん中っ子の恋愛あるある9選と性格の特徴11選!

真ん中っ子の恋愛あるある9選と性格の特徴11選!

何かと変わってるとか、マイペースと思われがちな真ん中っ子。でもその訳には、兄弟構成や育てられ方に大きな影響があるのかも。恋愛面や性格の特徴をあげてみると、身に覚えのある真ん中っ子も多いのでは?三人兄弟・姉妹な人にも、事情が理解できるかも。

記事の目次

  1. 1.【はじめに】真ん中っ子は大変?
  2. 2.真ん中っ子の恋愛傾向は?あるある9選
  3. 3.真ん中っ子の性格の特徴
  4. 4.性別によって特徴が違う?
  5. 5.【終わりに】真ん中っ子気質を活かそう!

【はじめに】真ん中っ子は大変?

兄弟・姉妹構成の真ん中っ子。中間子なだけに、家族の中でわりと微妙な立場に置かれたり、結構苦労したという人も多いのでは?

だから真ん中っ子は、性格的に、自立心が強く一番マイペースと思われることも!どこか悟ってるように見える真ん中っ子、今回はその特徴についてじっくり見ていきましょう♪

真ん中っ子の恋愛傾向は?あるある9選

真ん中っ子といっても男兄弟または女の三姉妹など、男女構成でもまた変わってきそうですが、ここではよくいわれがちな真ん中っ子の恋愛あるある傾向と性格の特徴をあげてみました。

自分が真ん中っ子であるという場合は「あるある!」と思わず興奮してしまう人もいるかもしれませんし、恋人や友人が真ん中っ子である場合は相性を考える上でも、参考になるかもしれませんね♪

①合わせる傾向

真ん中っ子の恋愛あるあるな特徴として、よく言われやすいのが、相手に合わせる傾向があるということでしょうか。

上にも下にも挟まれて育つと、妹でもありお姉さんでもある立場で基本的にどっちつかず、結局はどちらかに合わせるしかなくなってしまいますよね。あまり自分のわがままが通らないのでしょう。

それが普通の感覚になってしまうと、やはり恋愛にも影響は出てくるわけで…。男性の趣味や、行きたい所や食べたい物に、合わせてしまうことが多々あるかも。

特に、好きな男性には好かれたいと思う心理から、合わせることで愛情を得ようとしてしまうのかもしれません。あるある!な人、あまり合わせすぎていると、疲れてしまいますよ。

たまには自分の気持ちをちゃんと言ったり、わがままを通してみたり、バランスを取るといいでしょう。

②愛情に飢える

真ん中っ子の恋愛あるある特徴には、愛情に飢えているというものがありますね。ちょっとここが恋愛面での難関かも?

それはもう小さい頃から、親からはあまり構われずに放っとかれて育っていく場合が多く、真ん中っ子にとっては愛情を感じにくいと思うのかもしれません。

これは、男・女の兄弟構成でも多少変わってくるのでしょう。

一番大変と言われやすいのが、男だけの三人兄弟・女だけの三人姉妹!

同性同士が三人となると、親は経済的なことを考えてのことか、着るものはいつも上からのお下がり…という人も多かったのではないでしょうか。

「いつも私にはおざなり」という寂しい思いをしてきてる心理から、恋愛になると愛情表現があまりうまくいかないのかも。

本当は、愛されたいのに…なぜか空回り。だから相手から「よくわからない」と思われてしまうこともあるのでは?

③執着しない?

真ん中っ子の恋愛あるある傾向として、あまり一つの恋愛事に執着しないというのも特徴的かもしれません。

そもそも、育てられ方が放任的だったために、他の兄弟姉妹に比べて愛情感が薄いといえるかも?

親からあまり構ってくれないと、自分一人でやり過ごすしかないから、人に依存することもなく自立心旺盛な性格になっていくのでしょうね。

だから、恋愛でも、相手から必要以上に構われすぎるのは逆に嫌がります。毎日連絡してくる男性にとっては、ちょっと心理的に寂しいけど、適度な距離感を取った方がうまくいくかも。

もしかしたら、真ん中っ子同士の恋愛なら、その辺のお互いの心理がわかるから、相性的にはしっくり行きそうな感じもしますね。そんなケースがあるあるな人には、ご参考までに…。

④サバサバ系

真ん中っ子の恋愛あるあるな特徴には、基本的に付き合い方がサバサバしてるともいえるでしょう。

元々、あまり構われずに放任的に育っているから、恋愛でも、相手に対して求めることをしないのです。

だから、誕生日とか、記念日などのイベントにはさほどこだわらず、おねだりをすることもなければ、逆に自分から何かをプレゼントするということもないかも。

連絡も、用がない限りは、そんなにマメではないでしょう。男性からしたら、ちょっと普通の女性とは変わっていて、あまりかわいくないと思うかもしれませんね。

だからと言って、自分のことしか考えてないわけではなく、結局は、ベタベタとした関係が嫌な心理なのですね。

いくら好きな男性でも、何をするのもいつも一緒だったり、プライベート感がないのは心地悪いのでしょう。

これが芸能人の場合なら、どうなのでしょうか。サバサバ系な恋愛感覚でないと、やっていけないのかも?

⑤溶け込みやすい

真ん中っ子の恋愛あるあるな特徴として、最初はどんな男性とも話したり、相手に溶け込みやすい方かもしれません。

どちらかといえば、厄介事は面倒という心理から、うまく相手に合わせたり、平和主義な感覚で付き合うのでしょう。

だから、よほど嫌ではない限り、相手がスポーツをしたいといえば一緒にやるし、ここに行きたいといえばついてくるという感じです。

真ん中っ子というのは、そういう意味では付き合いやすい面はあるのかも。

あまり自分のわがままが通る環境ではなかったために、他の女性に比べれば強い自己主張をしてこない傾向にあります。これは本当に、よくも悪くもあるあるな感じかも!

逆に言えば、溶け込みやすい代わりに、深入りしたりされたりすることもないともいえそうですね。

⑥掴み所がない

真ん中っ子の恋愛あるあるな特徴には、いくら好きな男性でも、深くのめりこんだりしないせいか、相手からは「掴み所がない」と思われがちなことにあるでしょう。

もしかしたら、言われたことあるあるな人!やっぱりそうでしょうか?自分のわがままや本当の気持ちを言えずに育ってきてしまうと、致し方ないのかも。

こと恋愛でも、何か押し通そうとすると「相手が嫌がるかも…」などと気にし過ぎてしまって、何も言えないままやり過ごすことが多いかもしれません。

それが続くと、男性からは「何を考えてるかわからない」と思ってしまうのでしょう。これがかえって相手を追わせる心理にさせてしまう場合も。

ある意味、真ん中っ子生まれの多い?芸能人でも、こんな性格面は持ってる感じもします。恋愛事情などを突っ込まれても、肝心な所はサラっと割愛した言い方してることが多いですよね。

⑦相手の出方を見る

次のページ

真ん中っ子の性格の特徴

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely