ネイルポリッシュとは?マニキュアとの違いは何?

ネイルアートが好きな人にとっては、仕事中や家でくつろいでいるとき、ふとネイルアートが目に入るだけで明るい気持ちになれるものです。そこで今回はネイルアートの1つであるネイルポリッシュの塗り方やおすすめのネイルポリッシュについてご説明したいと思います。

ネイルポリッシュとは?マニキュアとの違いは何?のイメージ

目次

  1. ネイルポリッシュの意味は?
  2. ネイルポリッシュとマニキュアとの違いは?
  3. ネイルポリッシュとジェルネイルの違いは?
  4. ネイルポリッシュに必要な物は?
  5. ネイルポリッシュのやり方は?
  6. ネイルポリッシュを長持ちさせる方法は?
  7. ネイルポリッシュのデザインを保つ方法①爪やすりをする
  8. ネイルポリッシュのデザインを保つ方法②塗るときは利き手から
  9. ネイルポリッシュのデザインを保つ方法③冷水に浸す
  10. おすすめのネイルポリッシュは?
  11. ネイルポリッシュを使ったアレンジ方法!
  12. ネイルポリッシュのまとめ

ネイルポリッシュの意味は?

最近は簡単にネイルに必要な道具を購入出来ることからネイルアートが人気になり、自宅でセルフネイルを楽しむ人が増えています。
しかしネイルポリッシュやスカルプネイル、ジェルネイルなど様々なネイルデザインの種類があって、それぞれにどんな違いがあるのかあまり分かっていないという方も多いです。
そこで今回はネイルポリッシュと他のネイルの違いとは何なのか、ネイルポリッシュのやり方についてご説明したいと思います。

ネイルポリッシュとマニキュアとの違いは?

ネイルポリッシュのポリッシュとは、爪に色を塗るカラー剤を総称した呼び方です。
ポリッシュは店舗や品名によってはネイルエナメルやネイルラッカー、ネイルカラーとも呼ばれますが、一般的にはマニキュアと呼ばれていることが多いです。

一方、「マニキュアをする」というと爪にカラーを塗るイメージがありますが、マニキュアの本来の意味とは、爪のお手入れ全般に関することを指します。
マニキュアとはラテン語のmani(手)、cure(ケア)が語源になっている言葉です。
つまり爪にカラーを塗っていなくても、ハンドケアや爪の甘皮のお手入れも「マニキュアをする」という意味に含まれるということになります。

つまりネイルポリッシュとは爪にカラー剤を塗ることを意味するので、普通のセルフネイルをすること、という意味になります。

ネイルポリッシュとジェルネイルの違いは?

ポリッシュとマニキュアの本来の意味についてご説明しましたが、今度は最近人気のジェルネイルとポリッシュは何が違うのか、それぞれの意味をご説明します。

ネイルポリッシュとは自分の爪に直接ポリッシュを塗るネイル方法です。
ポリッシュは簡単に爪に色を塗ることができ、除光液を使えば簡単に落とすことが出来ますが、手を使う作業を行うことが多い人は、2~3日で爪からポリッシュが剥がれ落ちやすくなっていきます。

一方ジェルネイルとは液体ジェルを爪に塗り、UVライトでジェルを硬化させて完成させるネイル方法です。
ジェルネイルはポリッシュに比べて2~3週間は美しい状態のままネイルを保つことが出来ることから人気のネイル方法になっていますが、ネイルの施術やジェルネイルを落とす際に費用が掛かるデメリットもあります。
気軽に様々なネイルアートを楽しみたい場合は、ポリッシュを使うのがおすすめです。

ネイルポリッシュに必要な物は?

ネイルポリッシュでネイルアートを始めるために必要なものをご説明します。

【用意するもの】
・ポリッシュ
自分の好きな色のポリッシュを用意してください。
初心者であまり塗り方に自信がないという方は人気のクリアカラーや淡いピンク、ベージュなど肌に近い色のポリッシュがおすすめです。
また、ラメが入っているポリッシュは塗りムラが目立ちにくくなるので初心者の方にもおすすめのポリッシュです。

・ベースコート
ポリッシュを塗る前に爪に塗る下地です。
ベースコートを塗っておくと爪の凹凸が平らになり、ポリッシュをきれいに爪に塗ることが出来ます。

・トップコート
ポリッシュを爪に塗った後にトップコートを塗ることでポリッシュが剥がれ落ちにくくなります。
また、トップコートを塗るとポリッシュの塗りムラをキレイに補修してくれるので、ネイルデザインの見た目や持ちが格段に良くなります。

・リムーバー
ネイルをする前にリムーバーをコットンや綿棒に含ませて、爪の汚れや油分を落とすために使います。

・綿棒かコットン
リムーバーを付けるときや、ネイル作業中にはみ出してしまったポリッシュを拭き取るために使います。


◆関連記事:除光液がない!そんなときは…

除光液がない!代わりに代用できるもの9選!これでネイルを落とせる!

ネイルポリッシュのやり方は?

それではネイルポリッシュの塗り方についてご説明したいと思います。

【ネイルポリッシュの塗り方】
①リムーバーを綿棒かコットンに付けて、爪の表面の油分や汚れをキレイに拭き取ります。
②ベースコートを塗ります。
③ベースコートが乾いたら、ポリッシュを塗っていきます。
④ポリッシュが乾いたら、トップコートを塗ります。
⑤④で塗ったポリッシュが爪からはみ出た場合はリムーバーでキレイに拭き取ったらネイルポリッシュの完成です。

ベースコート・ポリッシュ・トップコートは薄く塗るように心がけましょう。厚く塗ると乾くのが遅くなり、塗りムラや表面の凹凸が出てきてしまう場合があります。
ポリッシュの発色を濃くしたいときは、ポリッシュを薄く塗り、乾いたらまた塗るという手順でポリッシュを塗り重ねていきましょう。

ネイルポリッシュを長持ちさせる方法は?

ネイルポリッシュの塗り方について一通り説明しましたが、せっかくポリッシュを塗ったからにはキレイなデザインのまま長持ちさせたいですよね。
そこで、セルフネイルでポリッシュのデザインを保つために大切なポイントをご説明したいと思います。

ネイルポリッシュのデザインを保つ方法①爪やすりをする

ポリッシュを塗る前に爪やすりで爪の表面や爪の形を整えておきましょう。
爪の表面の凹凸を少なくしておくことで、ネイルポリッシュを塗ったときの仕上がりがキレイになります。


◆関連記事:ネイルファイルについて知りたいアナタはこちら

ネイルファイルとは?使い方や種類を解説します!

ネイルポリッシュのデザインを保つ方法②塗るときは利き手から

ポリッシュを塗るときは自然と聞き手を使って反対側の手の爪にポリッシュを塗っていることが多いです。
しかし利き手の爪からポリッシュを塗るのがおすすめです。
先に利き手の爪にポリッシュを塗っておくことで、無意識に動かすことが多い利き手の爪のポリッシュを早く乾かすことができ、作業中にポリッシュが剥がれ落ちる心配を減らすことが出来ます。

ネイルポリッシュのデザインを保つ方法③冷水に浸す

ポリッシュを塗った後は乾くまでに時間がかかりますが、冷水に浸すだけでポリッシュの乾く時間を短縮することが出来ます。
ポリッシュを1~2分自然乾燥させてから、洗面器などに水を溜めて爪先をそっとつけて、そのまま1~2分浸しておきます。
冷水に浸すことを止めてからもしばらくは爪の水気を取らずに、反対側のネイルを塗って乾くのを待つと効率良く作業を進めることが出来ます。

おすすめのネイルポリッシュは?

ネイルポリッシュには100円ショップで入手出来るものから高品質なものまであり、具体的に何が違うのか見た目ではよく分からない物がほとんどです。

しかしネイルポリッシュは、価格によって仕上がりの美しさや持ちの良さが大きく変わってきます。
サロンのような仕上がりにするためには、品質の良いネイルポリッシュを使うことも大切です。
そこで、初心者にもおすすめの人気ネイルポリッシュをいくつかご紹介します。

資生堂 | インテグレート グレイシィ ネールカラー ピンク232 4mL | ネイル | 化粧品 | 定形外郵便対応不可 02P03Dec16
302円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

こちらのポリッシュは一度塗りでほんのり爪が色付きます。
二度塗りすれば発色してキレイなピンク色になります。
仕事の都合で派手なネイルが出来ない方も人塗りするだけで爪を磨いたような発色になる人気のポリッシュです。
指先を上品に見せてくれるピンク色で、速乾タイプなので時間のないときにも便利なポリッシュです。

KBShimmer*Oh Splat! レインボーネイル
1,680円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

可愛く凝ったネイルデザインをしたいけれど、忙しくてなかなか出来なかったり、面倒くさいという人におすすめのポリッシュです。
ベースのホワイトにホログラムとラメが含まれています。
そのままポリッシュを塗るだけで簡単にポップで可愛らしい雰囲気のネイルアートが完成します。
速乾タイプなのでホログラムやラメがよれる心配もない使いやすいポリッシュです。
控え目にしたい場合は一度塗り、派手なデザインにしたい場合は多めに重ね塗りするなど、塗り方を工夫するだけで様々なアレンジが楽しめることから、初心者にも人気のポリッシュです。

HOMEI スパンコールネイル HM-2P 12ml [グルーブ]
455円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

クリアカラーにラメとパステルカラーのハート型ホログラムが入った人気のポリッシュです。
爪や肌の色がそのまま現れる透明な色なので、ベースに好きな色付きのポリッシュを塗ってから重ね塗りするのもおすすめです。
ホログラムが剥がれやすいですが、トップコートをしっかり塗れば長持ちします。

ネイルポリッシュを使ったアレンジ方法!

気軽に楽しくネイルアートを楽しめるネイルポリッシュは、爪に塗る意外にも様々な活用方法があります。
例えばネイルポリッシュを使って靴のヒールを補修する方法があります。
ヒール部分が傷んでしまった靴に同じ色のポリッシュを塗布するだけで、簡単に補修が出来てしまいます。

また、ハンドメイドでレジン作品を作るときにレジンにポリッシュを混ぜて色を付ける方法などもあります。
ポリッシュはアイデア次第で様々なものに使えるので、ポリッシュをたくさん持っているけど余っていて使い道がないという方は、ネイルアート以外のものにポリッシュを使ってみるのはいかがでしょうか。

ネイルポリッシュのまとめ

ネイルポリッシュの塗り方についてご説明しました。
ネイルポリッシュは事前の準備やキレイに保つためのポイントをしっかり理解していれば、簡単に出来るネイルアートです。
慣れてくればフレンチネイルやグラデーションなど様々なデザインのネイルアートも出来るようになるので、この記事を参考にまずはシンプルなネイルポリッシュの塗り方をマスターしてくださいね!

もっとネイルアートについて知りたいアナタへ!

水滴ネイルのやり方・デザインまとめ!セルフで簡単にできる!
塗りかけネイルのやり方11選!セルフでできるおしゃれデザインは?
水彩風たらしこみネイルのやり方は?フラワーデザインがおしゃれ!
新着一覧
最近公開されたまとめ