失恋して辛い・死にたいと思っている人が知るべき9つのこと

失恋して辛い・死にたいと思っている人が知るべき9つのこと

大好きな彼に失恋して、毎日死にたいほど辛い思いをしていませんか?
失恋をすると辛い気持ちになるのは当然のことですが、死にたいと思う前に知っておいてほしいことがあります。
ここでは、失恋して辛いときに知るべきことについて紹介します!

記事の目次

  1. 1.失恋して死ぬほど辛い!
  2. 2.失恋して辛いときに知るべきこと1.1人じゃない
  3. 3.失恋して辛いときに知るべきこと2.苦しいのは今だけ
  4. 4.失恋して辛いときに知るべきこと3.泣いてもいい
  5. 5.失恋して辛いときに知るべきこと4.失うばかりじゃない
  6. 6.失恋して辛いときに知るべきこと5.外出する
  7. 7.失恋して辛いときに知るべきこと6.もっと辛い人もいる
  8. 8.失恋して辛いときに知るべきこと7.次の出会いがある
  9. 9.失恋して辛いときに知るべきこと8.やるべきことがある
  10. 10.失恋して辛いときに知るべきこと9.立ち直る日が来る
  11. 11.死にたいほどの失恋は乗り越えたら強くなれる!

失恋して死ぬほど辛い!

大好きな彼に失恋してしまって、立ち直ることがなかなかできず、死にたいとまで考えてしまっていませんか?

確かに大好きな人に失恋することは、自分を半分失った気分にもなりますし、彼を忘れることなんてできないと思ってしまうでしょう。

付き合っていた人に失恋してしまうと、今までの思い出も全部辛い思い出として残ってしまいそうですし、片思いをしていた彼に失恋をすると、これ以上いい男には出会えないと失望的になってしまうでしょう。

彼と一緒にいられないなら、「死にたい、死にたい」と考えてしまうこともあるでしょうが、死にたいほど人を好きになれた事実をもっと大切にしませんか?

失恋はとっても悲しくて深い傷を負うものですが、死んでしまってはリベンジすることも、幸せになることもできません。

死にたいと思う前に、知っておくべきことをしっかり知って、また新しいスタートを切りましょう!

■失恋で辛い時は、こちらもチェック!

別れて辛い気持ちを乗り越える方法!辛い女子はこれを見て! | Lovely[ラブリー]のイメージ
別れて辛い気持ちを乗り越える方法!辛い女子はこれを見て! | Lovely[ラブリー]
大好きな彼氏と別れて、辛い気持ちはとても分かります。 でも、いつまでも悲しむよりも、別れを乗り越えて辛い気持ちを取っ払い次に進みたいとも思いますよね。 今回は、別れて辛い気持ちを乗り越える方法を紹介します。 別れが辛いと落ち込んでしまう時に見てください。

失恋して辛いときに知るべきこと1.1人じゃない

失恋すると、これまで彼が支えだったあなたは、急に世界で自分だけが孤立したような気になりますし、あんないい男はもう絶対現れないと思ってしまうでしょう。

孤独感がどんどん大きくなって、死にたい気持ちが出てくるかもしれませんが、男は彼1人ではありませんし、あなたを思ってくれる男性はきっとどこかにいるはずです。

失恋したばかりの頃は、「絶対に彼じゃなきゃだめなんだ」とか、「彼じゃなきゃ私は幸せになれない」と、依存してしまうのですが、絶対に彼以外にあなたを幸せにしてくれる人は現れます!

また、死にたいと思っているあなたは、本当に1人ですか?

あなたの周りにはあなたをとっても大切に育ててくれた家族や、あなたのことが大好きな友達、あなたに甘えてくる可愛いペットがいませんか?

あなたがいなくなると、とても悲しくて辛い思いをする周りの人を残してまで、あなたは死にたいですか?

「彼の穴は誰にも埋められない」と思うかもしれませんが、家族や友達と一緒に過ごす時間は、確実にあなたが失恋から立ち直るきっかけになるので、周りにいてくれる人を大切にしてください。

失恋して辛いときに知るべきこと2.苦しいのは今だけ

失恋をしたばかりのときは、本当に辛いし、苦しいし、彼を忘れることなんてできないと思うでしょう。

しかし、苦しいのが永遠に続くことはありませんし、あなたにも絶対に幸せが訪れる日がきます。

ただ、失恋したことに固執しすぎたり、彼以外の男は見れない!と思っているうちは、苦しい時間も続くことでしょう。

失恋から立ち直るには、苦しい思いを乗り越えなければなりません。

「こんなに苦しい思いをするなら、死にたい」という気持ちになるかもしれませんが、死んだらあなたはもう一生幸せになれなくなります。

時間が経てば必ず、「男1人のことで死ななくてよかった」と、思えるものですので、苦しいのはきっと今だけだと思って、時間が心を癒してくれるのを待ちましょう。

失恋して辛いときに知るべきこと3.泣いてもいい

失恋をしたときに、友達に迷惑をかけたくないし、落ち込んでるのはかっこ悪いからといって、無理して笑顔を作っていませんか?

心では大号泣をしているのに、無理して笑っていると、とても疲れてしまい、1人になったとき死んでしまいたいと思ってしまうのです。

失恋は、かっこ悪いことではありません。むしろ、一途に人を愛した証なのですから、とてもかっこいいことなのです。

失恋して泣いているあなたを見て、笑う人なんていませんし、泣いて泣いて、涙が枯れるまで泣ききったら、意外とケロッとして、立ち直るのも早くなるのです。

元気がでないときは、無理して元気にならず、思いっきり泣いて、落ち込んで、また這い上がってくれば良いだけのことです。

失恋して辛いときに知るべきこと4.失うばかりじゃない

失恋したときは、「なんで振られちゃったんだろう」とか、「明日からもう一緒にいれないんだ」とか、「携帯に連絡がくることももうないんだ」と、失くなっていくことばかりを考えてしまいがちですよね。

しかし、冷静になって考えると、彼を愛したことで得たものがあるはずなのです。

「人を愛する意味を知れた」とか、失恋で傷つくことで、「人の優しさを知れた」など、失恋から得るものってとても大きく、あなたを人間的に成長させてくれます。

また、失恋をすることで気持ちに整理がついたら、新たな出会いが待っています。

そのときは、片思いからスタートするかもしれませんが、失恋の経験があるあなたは、相手を思いやる気持ちを身につけているので、きっと今までよりも良い恋愛をすることができるのではないでしょうか。

そんなあなたのことを、男性は絶対に放っておきませんし、あなたをとても大切にしてくれる男性が現れるでしょう。

そう考えると、死にたいなんて言っている場合ではありませんよね!次の出会いに向けて、やることがたくさんあるはずです。

次のページ

失恋して辛いときに知るべきこと5.外出する

関連記事

人気の記事