別れ話はLINEでいい?切り出し方や既読無視された時の対処法解説!

LINEで別れ話をするなんてありえない?いえ、上手に使えばLINEでの別れ話の切り出し方はとても良い方法なのです。今回はLINEでの別れ話の切り出し方や、既読無視されたときの対処法についてまとめます。後腐れなく、しっかりと別れ話をしたい人は参考にしてください。

別れ話はLINEでいい?切り出し方や既読無視された時の対処法解説!のイメージ

目次

  1. 別れ話をLINEでするのってあり?
  2. LINEで別れ話を伝えるメリット
  3. 別れ話はLINEで◎すぐにブロックしない
  4. 別れ話はLINEで◎気持ちをしっかりと伝える
  5. 別れ話はLINEで◎理由も必ず伝える
  6. 別れ話はLINEで◎相手が会いたがったら
  7. 別れ話はLINEで◎女性から男性への例文・優しすぎて
  8. 別れ話はLINEで◎女性から男性への例文・もっと努力したい
  9. 別れ話はLINEで◎女性から男性への例文・異性としてみられない
  10. 別れ話はLINEで◎男性から女性への例文・悪いのは自分
  11. 別れ話はLINEで◎男性から女性への例文・1番ではなくなった
  12. 別れ話はLINEで◎男性から女性への例文・感謝を伝える
  13. LINEでの別れ話NGワード◎別れても友達
  14. LINEでの別れ話NGワード◎もっと良い人がいる
  15. LINEでの別れ話NGワード◎嫌いなわけじゃない
  16. LINEでの別れ話NGワード◎もっと大事にされたかった
  17. LINEで別れ話をするまえに◎それとなく態度で伝えて
  18. LINEで別れ話をするまえに◎何日か連絡を取らない
  19. LINEで別れ話をしたら既読スルーに
  20. LINEで別れ話をするときには、後腐れがないように

別れ話をLINEでするのってあり?

大好きな彼氏や彼女とも、ちょっとした気持ちのすれ違いから別れがくることもあります。別れ話をするのはとても辛いですよね。切り出すほうも切り出される方も、別れ話をするというのは難しいものです。

そんな辛い別れ話の切り出し方には、LINEを使うという方法もあります。

別れ話なんて大切なことを、LINEでしてもいいのかと思う人もいるかもしれません。しかし別れ話の切り出し方としては、間違っていない方法です。

そもそも別れ話を切り出すということは、あなたは彼氏か彼女と別れたいと思っているから別れ話を切り出すのですよね。別れ話を切り出す時点で、あなたは相手から最低の人間だと思われるわけです。

会って別れ話を切り出して最低だと思われるか、LINEで別れ話を切り出して最低だと思われるかの違いです。

どちらにしても辛い別れ話の切り出し方としては、LINEを使うという方法はアリなのです。

LINEで別れ話を伝えるメリット

LINEでの別れ話の切り出し方のメリットは、相手の悲しむ顔や、自分の辛い顔を見せずに別れ話を切り出すことができるというメリットがあります。

相手の顔を見なくてもいい方法には電話もありますね。しかし電話の場合も、相手の感情やこちらの感情はつたわってしまいます。

LINEを使っての別れ話の切り出し方は、一番ドライに別れ話を切り出すことができる方法だと言えます。

別れ話をLINEでするメリットには、じっくりと言葉を選べるというところもあります。電話や直接あって別れ話を切り出す場合、相手の反応によって考えてきた別れ話ができなくなってしまうことがあるかもしれません。自分の言った言葉によって、相手が逆上してトラブルになるという場合もあるかもしれません。

LINEでの別れ話の切り出し方は、相手の顔を見なくてもいいことと、言葉を選んで伝えられるというメリットがありますが、注意をしなくてはいけないこともあります。

LINEで別れ話をするときには、十分に注意をするようにしましょう。

別れ話はLINEで◎すぐにブロックしない

別れ話をLINEでするときに注意をしなくてはいけないのは、別れ話を切り出したあと、すぐにブロックをしてしまわないということです。

LINEにはブロック機能があり、自分が相手をブロックしてしまえば自分への返事のメッセージを送っても自分の目にははいりません。相手からの返事をみたくないから、とすぐにブロックをしてしまう人もいるようですが、別れ話の場合はトラブルになってしまうこともあるので注意が必要です。

別れ話のメッセージを送って、まだ未読なのにブロックしてしまったり、既読になったら相手の返事を待たずにブロックしてしまうというのはやっぱり失礼です。

返事に自分への悪口が書いてあるのが怖くて、返事をみることができないという人もいるようですが、嫌われることを怖がっていては、別れることなんてできません。相手にとことん嫌われる覚悟で、別れ話は切り出さなくてはいけません。

未読から既読になり、既読から返事がきて、相手も別れることに納得した場合は、ブロックをしてしまってもかまいません。「じゃあ、ブロックするね」なんて相手に断る必要もありません。

相手が別れ話に了承した後であれば、LINEをブロックするのは構いませんが、相手がまだLINEの別れ話に気が付いていない未読のときや、既読になっても返事がこないうちは、ブロックしてしまうのはやめましょう。

別れ話はLINEで◎気持ちをしっかりと伝える

LINEでの別れ話の切り出し方で注意をしなくてはいけないのは、気持ちをしっかりと伝えるということです。

LINEで別れ話を切り出す時には、文章をしっかりと考えられるというメリットがあります。しかしそれがかえってデメリットになる場合もあります。

別れ話を書いている自分に酔ってしまい、最終的に何を伝えたい文章なのかがわからなくなってしまうことがあります。

よくあるパターンの例文が、過去の思い出を書いているうちに、話の本筋がわからなくなってしまうものです。

「昔はよく水族館にいって楽しかったね。あのころの髪型とか服装はとても可愛かったです。ありがとう」というような文章が書かれていた場合、別れ話だとは思わないですよね。「そうだね。また水族館にいきたいね」という返事が返ってきてしまうかもしれません。

別れ話のLINEでの切り出し方は、「このメッセージは別れ話である」ということがわかるように書くということが大切です。

別れ話はLINEで◎理由も必ず伝える

LINEで別れ話を切り出すときの切り出し方で注意をしなくてはいけないのは、別れたい理由もしっかりと伝えるということです。

「これは自分の問題だから、理由とかはない」という人がいますが、別れ話を切り出している時点で、あなただけの問題ではなくなっています。あなたと彼氏か彼女との問題なので、相手が望めば別れたい理由を知る権利があるはずです。

最初に書きましたが、別れ話をする時点であなたは最低な人になっています。別れる人なので、好かれようなんて考える必要はありません。

他に好きな人ができたならそういえばいいでしょう。他に理由があるなら、それを伝えてあげてください。最後までいい人でいようなんて、ムシの良いことを考えていたら別れることなんてできません。

別れ話はLINEで◎相手が会いたがったら

別れ話をLINEで切り出した後に、相手から会って話したいと言われた場合、会うか会わないかはあなたと相手の関係次第です。

多くの場合、後腐れがないように会って話をしたほうが良いと言われています。会って話をしても、あなたの決意が揺らがないのであれば、会って話をしてあげるというのは相手にとっても良い方法です。

また相手の出方次第では、復縁をしてもいいとあなたが考えている場合も、LINEで別れ話を切り出した後に会って2人で話し合いをするというのは大切なことです。

しかし会っても会わなくても、別れたいという気持ちが変わらない場合は、会うことで変に相手に期待をさせてしまう場合もあります。

「最後に話もさせてくれなかった、最低のクズ」として別れてしまうことで、相手はあなたのことをすっぱりと諦めることができる場合もあります。あなたと相手の関係性を考えて、会うか会わないかは決める必要があるでしょう。

別れ話はLINEで◎女性から男性への例文・優しすぎて

それではここからは、LINEで別れ話の切り出し方の例文を紹介させていただきます。

女性から男性へのLINEでの別れ話の切り出し方は、「理論的に伝える」という切り出し方を使うといいでしょう。最初にご紹介する例文は、自己険悪パターンの例文です。彼氏のせいではなく自分が悪いのだけれど、という内容です。

「あなたは本当に優しいから、自分はどんどんあなたに甘えてわがままになってしまう。このまま甘やかされていたら、自分がだめになっていくのがわかるから嫌なの。あなたがいないとダメな自分が嫌いだから、もう一緒には居たくない」というような例文です。

「そんなことないよ」なんて返事が返ってくる可能性もありますが、「自立した女性になりたいから」と別れ話に納得してもらえるように努力をしなくてはいけません。

別れ話はLINEで◎女性から男性への例文・もっと努力したい

女性から男性への別れ話の切り出し方には、もうひとつ自己険悪パターンの例文があります。もしもあなたに叶えたい夢や、なりたい職業があるなら、ぴったりの例文だと思います。

「私はあなたのように何でもできるわけではないけど、自分の夢は諦めたくない。このままあなたに甘えていたら、きっと夢を叶えることができなくなってしまうから、別れて欲しい」という例文です。

夢や目標のために、勉強をする時間をつくりたい、もっと真剣に夢や目標と向き合いたい、という理由も書き添えるといいかもしれません。

彼氏があなたの夢や目標に反対している場合は、そのことも伝えれば納得をしてもらえるかもしれませんね。「自分もあなたの夢を応援しているから、別れるなんて言わないで」という返事が返ってきても、あなたの気持ちが変わらないことはしっかりと伝える必要があります。

別れ話はLINEで◎女性から男性への例文・異性としてみられない

男性にもあるかもしれませんが、付き合っている相手との恋愛期間が長すぎてしまって、相手を異性として見られなくなってしまうこともあります。

努力をしてもどうしてもその考えを変えることができないときにも、別れを考えますよね。そんなときに使える例文です。

「異性としてみることができない」というのは、まあまあパンチのある言葉です。おそらく相手はとても傷つきます。それを覚悟してLINEで別れを切り出す必要があります。

パンチがある分、「そんな事言わずに復縁しよう」なんて返事は帰ってこないでしょう。異性としてみられないというのは、別れ話の切り出し方の最終手段でもあります。

例文としては「あなたのことはもう好きでも嫌いでもなくなりました。男性としてみることができない。こんな関係を続けていても、お互いに良くないから別れましょう」という例文になります。

別れ話はLINEで◎男性から女性への例文・悪いのは自分

女性から男性へのLINEでの別れ話の切り出し方の例文を紹介してきましたが、ここからは男性から女性への別れ話の切り出し方の例文を紹介させていただきます。

女性への別れ話は、理論的ではなく「感情的に伝える」ほうが効果があると言われています。

男性から女性への別れ話の切り出し方の例文としては「きみと別れたい。きみのどこかが悪いというわけではなくて、きみのことを好きだと思えなくなった自分が悪いんだ」という例文です。

彼女のことを好きだと思えなくなった、だから別れたいという理由は、正直に言えば納得できませんが、好きになる気持ちや嫌いになってしまう心理というのは理解できないわけではありません。さすがにこう言われたら「どうして?」なんて返事は送れないですよね。

別れ話はLINEで◎男性から女性への例文・1番ではなくなった

恋愛をしていれば、ついうっかり別の人を好きになってしまうこともあります。彼女がいても別の人に心を奪われてしまうこともあるかもしれません。そんなときに、ちゃんと清算をしたい、ひとりの人を愛したいと考えたときには、どちらかの女性に別れ話を切り出さなくてはいけません。両方の女性と恋愛を続けようなんて思うクズよりは、どちらかにクズだと思われるほうがよっぽどマシです。

そんなときの別れ話の切り出し方は、素直に相手に伝えることです。「ずっときみだけを好きだったけれど、今はきみが1番ではなくなってしまった。ごめん。別れて欲しい」という例文です。

ポイントとしては、今までは確かに彼女だけを愛していたのだということを伝えることです。その1言を添えるだけでも、少し救われるのが女性です。

もちろん女性からは「納得ができない」という返事がくるでしょう。当然です。それでも1度別れを決めたのであれば、強く押し通す必要があります。1度別れを決めておきながら、やっぱり別れられないからと、二股になってしまうのは最悪です。

さらに後から付き合い出した彼女に別れ話を切り出して、先に別れられたほうと別れよう、なんて考えを持っているようであれば、本当に最低です。あまりひどいことをしていると、しっぺ返しにあうかもしれませんよ。

別れ話はLINEで◎男性から女性への例文・感謝を伝える

男性から女性へのLINEでの別れ話の切り出し方は、相手への感謝の気持ちを伝えるということです。これはある程度、相手も別れが近いことを悟っていて、別れ話がスムーズにできそうだというときに送る例文になります。

「きみの気持ちも考えずに別れを決めてしまってごめん。今まで優しくしてくれてありがとう」という例文です。

注意をしなくてはいけないのは、長々と文章にしないということです。文章が長くなればなるほど、女性には未練が残ります。

別れ話を覚悟していたのに、「やっぱり別れたくない」なんて返事を送ってしまうこともあるかもしれません。「ありがとう。あなたも優しかった」という返事がほしければ、少しドライ目に、短い文章で別れと感謝の気持ちを添えましょう。

LINEでの別れ話NGワード◎別れても友達

LINEでの別れ話の切り出し方には、使ってはいけない言葉もあります。顔が見えず、お互いの感情を100%伝えることができないLINEだからこそ、相手が勘違いをするような言葉は、避けて使わなくてはいけません。

例えば「別れても友達でいようね」というような言葉です。円満に別れるカップルには使うことがありそうな言葉ですが、少なくとも別れ話を切り出す方からの言葉ではありません。

客観的に考えて「別れよう、でも友達ではいてね」というのはムシが良すぎる話ではないでしょうか。顔も観たくないし、いっそ既読無視か未読無視でもしようかという相手と、友達なんてありえないでしょ、と考えてしまうのではないでしょうか。

しつこく書きますが、別れ話を切り出した時点で、あなたはかなり最低な人だと相手からは思われています。たとえ円満に別れることができたとしても、笑顔で「さよなら」と言ってくれていたとしても、もう二度と会いたくない相手だ、と思われていると思ってください。

「別れても友達でいてね」と言ってもいいのは、別れ話を切り出された相手で、あなたではありません。

LINEでの別れ話NGワード◎もっと良い人がいる

別れ話で言われる言葉の定番でもありますが、「あなたにはきっと、自分なんかよりもっと良い人がいると思う」という言葉、これもLINEでの別れ話の切り出し方としては使ってはいけない言葉です。

「もっと」良い人がいるという言葉には基準として、あなたも自分のことを「良い人」だと思っていることになります。いやいや、全然良い人ではないから、と反感をかってしまうかもしれません。

「もっと良い人がいるに違いない」という言葉も、使っていいのは別れを切り出された方であって、あなたではないのです。

「自分なんかより素敵な人がいるよ」という言葉も、同じ意味で使うべき言葉ではありません。たとえ相手のために言った言葉であったとしても、それをあなたが言う資格はありません。素敵な人との出会いを願ってあげているのであれば、胸の中だけで思ってあげるようにしましょう。

LINEでの別れ話NGワード◎嫌いなわけじゃない

「嫌いになったわけじゃない」という言葉も、別れ話ではよく聞く言葉ですよね。この嫌いになったわけじゃないという言葉も、LINEでの別れ話のときには使わないほうが良い言葉です。

個人的な意見としては、普通に別れ話を切り出す時にも嫌いなわけじゃないという言葉は使うべきではないと思います。嫌いなわけじゃないというのは、相手を傷つけないための言葉なのだろうと思います。でもそれって、自分も傷つきたくないからですよね。

「嫌いじゃないのに、何故別れなくてはいけないの?」と返事がきたら、なんと答えますか?なんて答えていいかわからずに、無視するしかなくなりますよね。別れるという判断をしたということは、嫌いになったか、どうでもよくなったのです。どうでもよくなったと伝えるよりは、嫌いになったと伝える方が、相手を傷つかることが少ないでしょう。

別れ話を切り出す時には、いい人になろうなんて思わないことです。嫌われる覚悟で、むしろ嫌われるように別れ話はするべきです相手からも嫌われないと、別れることなんてできません。

LINEでの別れ話NGワード◎もっと大事にされたかった

女性によくありがちですが「もっと大事にされたかった」と愛情不足を理由に別れを切り出す人もいます。本当に愛情をあまり感じなかったのかもしれません。

浮気をされたり、二股をかけられていたり、約束を守ってもらえなかったりしたときには、「もっと自分だけを見て欲しかった」と愛情が足りなかったことをぶつけることは悪くないでしょう。

しかし普通に愛してもらっていたのにもかかわらず、「なぜもっと大切にしてくれなかったのか」と相手を責めるのは良くありません。

あなたがそう思っていただけで、相手はたくさんの愛を与えてくれていたかもしれません。あなたからの「どうして」というメッセージをみて、愕然とするかもしれません。既読無視や未読無視になってしまうかもしれませんよ。

LINEで別れ話をするまえに◎それとなく態度で伝えて

LINEで別れ話を切り出すときには、少し準備が必要です。昨日までラブラブだったのに、突然別れ話のLINEが届いたら、驚きますよね。「何の冗談?」なんて返事が返ってくるかもしれません。

相手にもなんとなく、愛情が冷めてきていることを感じさせるために、ちょっと冷たい態度をとってみたり、LINEで2時間ほど未読無視や既読無視をするなど、少し連絡の頻度を減らしていく必要があるでしょう。

それとなく態度で別れたいという態度を示して置けば、LINEで別れ話を切り出してもそれほど大きくは驚かないでしょう。「やっぱり別れたかったんだ」と納得すらしてくれるかもしれません。

LINEで別れ話を切り出すときには、突然別れ話を切り出す、手のひら返しのようなことをするのはやめておいた方がいいでしょう。

LINEで別れ話をするまえに◎何日か連絡を取らない

LINEで別れ話を切り出す前には、いっそ何日か連絡を取らないという方法もあります。

LINEの未読無視や既読無視を使う、という方法です。察しが良い人なら、向こうから「別れたいの?」とメッセージをくれることもあります。未読無視や既読無視をすることで、相手に考えたり、気持ちの整理をしてもらう時間をつくってもらうこともできます。

既読無視や未読無視をして、相手から返事がこなくなったとしても、別れ話はしっかりと切り出しましょう。「別れたつもり」になっているだけになっていることもあります。

お互いが「私たち、別れたね」と言える関係になるまで、別れ話は終わっていません。

LINEで別れ話をしたら既読スルーに

LINEで別れ話を切り出したら、連絡が取れなくなってしまった、という場合もありますよね。いわゆる既読スルーと言われる既読無視や、未読スルーといわれる未読無視です。

LINEには既読機能があるので、相手がLINEをひらいてメッセージを読めば、「既読」のサインがついて、相手もメッセージを送る事で返事を返すことができます。

しかしそれとなく別れ話を相手が察知している場合、別れ話のメッセージを読みたくなくて、LINE自体を開かずに未読無視をしていたり、通知機能でだいたいの内容を把握していることで未読無視の状態になっている可能性があります。

また既読のサインは付いているけど返事がない、既読無視の状態になっているのは、別れ話が冗談だと思われているか、自然消滅で良いと思っているか、別れ話に納得していないかの3パターンです。

未読無視になっている理由には、あなたは付き合っているつもりでいたけれで、相手は付き合っていたつもりがなかったという場合もあります。短い付き合いで別れを決めた場合には、未読無視になってしまう場合もあります。

既読無視の場合も未読無視の場合も、どちらも中途半端な状態であることにかわりはありません。急いで別れる必要がないのであれば、しばらく返信を待ってみるという方法もありますが、もし早めに結論を出したいと思っているのであれば、2・3日後に電話で話をするようにしましょう。


◆関連記事:別れ話をするにはどうすればいい!?

別れ話の切り出し方11選!彼氏と穏やかに別れる方法とは?
別れ話をする場所のおすすめ9つ!【彼氏と別れたい女子必見!】

LINEで別れ話をするときには、後腐れがないように

今回は別れ話をLINEで切り出すときの切り出し方や既読無視された時の対処法についてまとめてみました。LINEでの別れ話の切り出し方は、使い方によっては効果的です。まだ短い付き合いの2人であれば、スムーズに別れることができることもあります。

しかし使い方を間違えると、地雷を踏んで大きなトラブルになってしまう場合もあります。別れ話というのはデリケートなものです。後腐れがないように、しっかりと別れておきましょう。別れ話を切り出したときには、別れることになったことについて、ちゃんと謝罪をすることも忘れずに。

もっと別れについて知りたいあなたへ

別れ話は電話でするべき?直接会うのとどっちがいいか解説!
彼氏と別れてよかったと思う9の理由!復縁したくない男の特徴とは?
別れ話中に別れたくない彼女が彼氏を説得する31の方法とは!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ