赤ちゃんの平熱は何度?測り方は?高い・低いの基準を月齢ごとに解説!

赤ちゃんの体温・平熱について詳しくご紹介します。一般的に、赤ちゃんは体温・平熱が高いことが多いです。新生児の月齢によって体温が大きく変動することはないので大まかな平熱を把握することは可能です。新生児の健康維持のためにも、体温・平熱の知識を勉強しましょう。

赤ちゃんの平熱は何度?測り方は?高い・低いの基準を月齢ごとに解説!のイメージ

目次

  1. 赤ちゃんの体温が高い!これって危険?
  2. 新生児の平熱について、詳しく紹介します
  3. 新生児の平熱は、具体的にどれくらい?
  4. 赤ちゃんの平熱が一定しない理由とは?
  5. 自分の赤ちゃんの平熱を把握しておこう
  6. 新生児の平熱の測り方を学びましょう!
  7. 新生児の体温の測り方(1)スケジュール
  8. 新生児の体温の測り方(2)検温のポイント
  9. 新生児の体温の測り方(3)体温計を正しく選ぶ
  10. 体温計別・赤ちゃんの体温の測り方
  11. 新生児用体温計のおすすめ(1)電子体温計
  12. 新生児用体温計のおすすめ(2)赤外線式体温計
  13. 月齢別で新生児の平熱は変わる!?
  14. 月齢1ヶ月未満の赤ちゃんの平熱調節方法
  15. 月齢1ヶ月を過ぎたら、「泣いたら体温チェック」
  16. 赤ちゃんは、体温が平常でも泣き止まないときがある
  17. 赤ちゃんが月齢1ヶ月を過ぎたら、外出もできるようになる
  18. 赤ちゃんのお腹や背中で体温を把握しよう
  19. まとめ:赤ちゃんの平熱は少し高いけれど、心配不要

赤ちゃんの体温が高い!これって危険?

yaa_hibiさんの投稿
29740086 430044034135777 8148803161067356160 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

子育て中、赤ちゃんを抱っこしたとき、とても温かく感じたことはありませんか?
「もしかして微熱!?」
「体の調子が悪いのかな・・・」
「病院に連れていくべきなの?」
そんな心配をしたことがある人も多いかもしれません。

しかし、赤ちゃんの平熱はわたしたち大人よりも高いのが普通です。新生児の体が少しぽかぽかしていても、心配することはありません。
特に新生児は、眠りに落ちるときや、食事をするとき、そして泣くとき、更に体温が上がるといわれています。発熱しているわけではありませんが、知識がないと不安になってしまいますよね。

ritsuyutaさんの投稿
29416279 1402219063258340 4285850437640257536 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

新生児の平熱について、詳しく紹介します

この記事では、新生児の平熱の平均を紹介し、子育て中の目安にできるよう解説します。また、赤ちゃんの月齢別の体温の差や、正しい検温の測り方についてもご紹介。
新生児の子育てに不安が無いよう、体温・平熱・検温について詳しく勉強しましょう。

mii_s214さんの投稿
29090893 1691095150984345 4601103584082264064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

新生児の平熱は、具体的にどれくらい?

momment_photographyさんの投稿
29415083 1869239889814247 3321643705756024832 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

子育てする上での基礎知識として、赤ちゃんの平熱を把握しておくことは非常に大切です。検温するにしても、目安となる平熱がわからないと意味がありませんからね。

まず、生後28日以後までの赤ちゃんの平熱は、個人差はありますが、36.5~37.5度の範囲内です。
つまり、わたしたち大人と同じくらいの平熱の赤ちゃんもいれば、すこし高い平熱の赤ちゃんもいる、ということです。

また、生後28日未満の赤ちゃん(乳児・新生児)の平熱は、36.8~37.3度くらいといわれています。新生児といえど、1歳以上の赤ちゃんより体温が低いこともありえます。

こればかりは、定期的に検温して、赤ちゃん個人の平熱を把握するほかありません。37度以上の少し高い平熱の赤ちゃんでも、体に異常がなければ心配することはありません。

赤ちゃんの平熱が一定しない理由とは?

赤ちゃんの平熱は、時に大きく変動することがあります。36.5~37.5度の範囲内ならほぼ心配ありませんが、それでも、体温が一日の間で大きく変わると不安になりますよね。
赤ちゃんの平熱が一定しないのは、ちゃんとした理由があります。

junio_honeytrapさんの投稿
29094617 353379538500869 3713562263244767232 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

体温を上げるための基礎代謝が追い付かない

赤ちゃんが、自分の体の機能を維持するために必要なエネルギーは、成人の2倍以上ともいわれています。小さな体で、一生懸命エネルギーを生産しなくてはならないため、時に体温を維持するパワーが追い付かなくなってしまうのです。

しかし、それも生後1ヶ月を過ぎれば落ち着いてきます。必要なエネルギーを安定して供給することができるようになるのです。

自分の赤ちゃんの平熱を把握しておこう

hug12ysyさんの投稿
29416876 251819175219161 5439796734328832000 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

新生児が風邪を引いたり体調を崩したりしたとき、体温の高い・低いをすぐに察知できれば、対処も早く行えます。
赤ちゃんの体を守るためにも、平熱の温度の把握をしておくことは非常に重要です。毎朝、赤ちゃんの体温を測ることを習慣付けているママさんもいます。

子育ての基本として、体温の高い・低いを把握する検温は定期的に行いましょう。

takakey_43さんの投稿
28766061 2055754114438247 162413453858832384 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

新生児の平熱の測り方を学びましょう!

新生児の平熱を知るための正しい測り方とは?

検温で赤ちゃんの平熱を測るためには、体温計で正しい測り方をしなければいけません。実は、基本的な測り方ができていないママさんは結構多いのです。間違った測り方をすると、時によって大きく体温が高い・低い値にある原因になります。

正確な平熱を知るためには、検温のスケジュールや、体温計の知識を学んでおく必要があります。
ここで一度、赤ちゃんの体温の測り方を見直しましょう。意外な見落とし点があるかもしれません。

youdai0106さんの投稿
28430365 160407398000925 2443307371712217088 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

新生児の体温の測り方(1)スケジュール

時間を決めて赤ちゃんの平熱を測りましょう

赤ちゃんの平熱を把握するために最適な検温のタイミングは、朝の起床時・午前中・午後・夜の4回です。この4回のうち、高い体温になりがちな食後や、赤ちゃんが眠りに入る前を避けて検温するようにしましょう。

子育て中の体温の測り方のスケジュールは、朝・昼・夜のご飯(授乳)前がベストです。
ただし、泣いているときや眠っているときは、普段よりも高い体温になることが多いので注意が必要です。

harunookyさんの投稿
36113679 253925742051317 8605462728431108096 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

新生児の体温の測り方(2)検温のポイント

赤ちゃんの平熱は、1回の検温では把握できません

赤ちゃんの平熱の高い・低いを把握するためには、何日かに渡って検温を続けることが大切です。
赤ちゃんは体温の調節機能が発達途上のため、体温は大人よりも変わりやすいのです。朝は体温が低いことが多く、夜になるにつれ高い体温になります。

子育て中、1日の決まった時間に正しい測り方で検温することを習慣づけて、赤ちゃんの平熱を把握するようにしましょう。

kanan1025さんの投稿
29094211 342655709579941 11285237023637504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram


◆関連記事:知っておきたい新生児の熱

新生児が熱を出した!38度以上なら病院にいくべき?発熱の原因は?

新生児の体温の測り方(3)体温計を正しく選ぶ

体温計の種類はたくさんあります。脇の下に挟むスタンダードなものや、耳・おでこにかざして検温するものなど、売り場では色々目移りしてしまいますね。

忙しい子育て中、体温計はできるだけ測り方が簡単なものを選びたいものです。おすすめは「検温時間が短い体温計」です。赤ちゃんが検温を嫌がって泣いてしまったり、暴れたりしてしまうと、正しい測り方ができません。
赤ちゃん専用の体温計を用いれば、その悩みから開放されます。大人用の体温計しか持っていないママさんは、一度新生児用の体温計の購入も検討しましょう。子育てが一気に楽になりますよ。

20170701knさんの投稿
28153918 2070192699929656 7546846194404687872 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

体温計別・赤ちゃんの体温の測り方

体温の測り方は、体温計の種類によって異なります。ここでご紹介するのは、(1)電子体温計と(2)赤外線式体温計の2種類です。
忙しい子育て中、使いやすい体温計を選びたいですが、それぞれの精密性も気になります。体温の高い・低いを正確に測れて、しかも検温が素早くできるものはどちらでしょうか?

電子体温計と赤外線色体温計。それぞれの測り方について、詳しくご紹介します。

cocohayuuさんの投稿
29415702 2051059431808820 3717729502508351488 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

新生児用体温計のおすすめ(1)電子体温計

赤ちゃんの平熱を測るには「予測式」がおすすめ

電子体温計は、赤ちゃんの脇の下に挟んで検温する測り方をします。体温計の先にあるセンサーが体温を測り、デジタル表示するものが一般的です。

電子体温計の中にも、測り方に種類があります。
1つめは「実測式」。体温の最高値を把握するまで合図のアラームがならないタイプです。正確な体温を測ることができますが、実測には時間がかかります。
2つめは「予測式」。こちらは、体温の最高値を予測して表示する体温計です。赤ちゃんに用いる場合は、検温時間が各段に短いこの「予測式」を選ぶほうが良いでしょう。

ただ、現在販売されている体温計は「予測式」と「実測式」の両方の機能を持つものがほとんどです。まず短時間で予測式の体温を表示し、その後、時間をおけば実測式の正確な体温が表示されます。

赤ちゃんの脇の下を拭いてから体温を測る

新生児の脇に体温計を挟んで検温する場合は、まず、脇の部分の汗を拭くことから始めます。水分の残っている部位に体温計をあてると、低い体温が表示されてしまいます。
特に、赤ちゃんはとても汗っかきです。冬の場合でも、脇の下は湿っていることが多いはず。コットンタオルやガーゼで、優しく脇の下を拭いてから検温するのが、ただしい測り方です。

赤ちゃんの腕を優しく押さえて体温を測る

一番簡単なのは、赤ちゃんをベッドに寝かせたままで検温する測り方です。赤ちゃんの脇の下に体温計を挟みこんで検温しましょう。赤ちゃんが動かないよう、腕全体を優しく抑えつけて固定することが大切です。

もし、赤ちゃんを寝かせたまま検温するのが難しい場合は、膝の上に赤ちゃんを抱っこしましょう。ママさんの腕に抱きかかえれば、赤ちゃんも安心してくれるはず。優しく腕を抑えて、体温計が落ちないよう固定しましょう。

shiori160625さんの投稿
27892826 412287415891773 6030408708087873536 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

新生児用体温計のおすすめ(2)赤外線式体温計

数秒で赤ちゃんの体温を測ることができるが、精密性は劣る

harunookyさんの投稿
35617503 519530885131845 3817185547625955328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

赤外線式体温計は、赤ちゃんの肌の上に体温計をかざす、という一風変わった測り方をします。赤ちゃんの皮膚から放射される赤外線の熱量を察知して、体温を計測する仕組みです。
予測式の電子体温計よりもさらに短時間で検温することが可能なので、忙しい子育て中の検温に非常に役立ちます。

ただし、電子体温計に比べると検温結果に誤差が生じやすいのが難点です。

mizkagramさんの投稿
28154367 222098741684147 2779802571701747712 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

月齢別で新生児の平熱は変わる!?

1歳までの乳幼児の平熱の平均は36.8~37.3度と解説しました。
「月齢によって体温は変わるのか?」
という疑問を持つママさんも多いと思いますが、1歳までの体温に高低差が見られることはほぼありません。

つまり、月齢による体温が変化がないということは、赤ちゃん個人の平熱を把握することができるということです。赤ちゃんの成長にともなって体温がころころ変わることはないため、むしろ、1日の検温スケジュールを守って平熱を把握することを考えるほうが重要です。

月齢別の平熱、というものはありません。あまり神経質にならず、おおまかな平熱の範囲だけを覚えておきましょう。1歳を過ぎれば、1日の間の体温の誤差もだんだん落ち着いてきます。

unclove128さんの投稿
29402977 419223361875485 9140336957379837952 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

月齢1ヶ月未満の赤ちゃんの平熱調節方法

(1)月齢1ヶ月未満の新生児は、なるべく外出させない

生まれたばかりの赤ちゃんは、体温調節機能が発達途上のため、ほんの少しの環境の変化にも対応できないことがあります。
とくに、月齢1ヶ月くらいの新生児の赤ちゃんは特別の注意が必要です。外の気温に対応する抵抗力も少ないことからも、外出は避けることが望ましいです。
月齢1ヶ月目の「1ヶ月検診」までは、家のなかでゆっくり過ごすのがよいでしょう。

ただし、赤ちゃんの具合が悪くなった場合は、一ヶ月検診を待たずにすぐ病院を受診しましょう。
外出する際は、自家用車やタクシーなどを使って、できるかぎり赤ちゃんにかかる負担を少なくしましょう。バスや電車などの公共機関は、なるべく避けてください。

タクシーを利用する際は、「月齢1ヶ月未満の新生児が利用する」ことを伝え、環境に配慮してもらうようお願いするとより安心です。
診療所も、できるかぎり自宅から近いところを探しておきましょう。

fuwahoppeさんの投稿
29402381 1822314168061837 6688209419353718784 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

(2)月齢1ヶ月未満の新生児は、家の温度にも配慮する

neko0320yさんの投稿
29401518 184246532214668 9123943217534861312 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

体温調節がうまくできない赤ちゃんのために、子育て中の自宅は1日中快適な温度に保ちましょう。

夏、冷房する場合は室温26~28度を目安にします。寒すぎても暑すぎても、月齢1ヶ月未満の赤ちゃんには負担になります。また、冷房の風が直接当たらないよう気をつけて子育てしましょう。

冬、暖房する場合は室温18~20度を目安にします。特に、冬の室内は乾燥しやすいので、加湿器も導入して赤ちゃんを守りましょう。

mee.alohaさんの投稿
29418084 252081325334571 5827405060207804416 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

月齢1ヶ月を過ぎたら、「泣いたら体温チェック」

月齢1ヶ月を過ぎると、赤ちゃんは起きている時間が多くなります。それはつまり、周りの環境を見て、感じることが多くなるということです。不快なことがあると、すぐに泣いて知らせてくれます。

赤ちゃんが泣く理由は、ミルクが欲しかったり、オムツが気もち悪いときだけではありません。体温が高い・低い場合も、体の異変を感じて泣くことがあります。
オムツを替えたりミルクをあげても泣き止まない場合は、一度体温を測ってみることをおすすめします。そのとき、普段よりも体温が高い・低い場合は、一度周りの環境を見直すことが必要です。

harukamanaさんの投稿
29093690 186051958678087 3750082155414290432 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

赤ちゃんは、体温が平常でも泣き止まないときがある

月齢1ヶ月くらいの赤ちゃんは、体温が平常でまったくの健康体でも、泣くことを止めない場合があります。なぜなら、赤ちゃんにとって泣くことは「全身運動」の一つだからです。泣き声をあげ、体を動かすことによって脳も刺激されます。赤ちゃんの「泣く」という行為は、普段の私たちの生活と同じくくりで見なすことができるのです。

赤ちゃんが泣き止まないからといって、「体調不良」と決め付けるのは早計です。検温して、オムツも替えて、ミルクもたっぷりあげているのであれば、あとは優しい言葉がけをして赤ちゃんを落ち着かせることを考えましょう。

ichi_i7さんの投稿
29717918 623707044644913 1620892478229970944 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

赤ちゃんが月齢1ヶ月を過ぎたら、外出もできるようになる

赤ちゃんが泣き止まなかったり、子育てのリフレッシュをしたい場合は、月齢1ヶ月以後だったら外出も可能です。外の空気に触れされることは、赤ちゃんに抵抗力をつけることにも役立ちます。
まずは自宅の中で窓を開け、外の景色を見せてあげます。それから徐々に、5~10分ほどの近場での散歩を始めましょう。

このときももちろん、体温を維持するための防寒・避暑対策は欠かさず行ってくださいね。


◆関連記事:肌着で体温調節!

ベビー肌着のおすすめ15選!赤ちゃん・新生児の肌着はこれで決まり!

赤ちゃんのお腹や背中で体温を把握しよう

月齢1ヶ月未満の赤ちゃんの手足は、時に冷たいときがあります。そんなとき、必要以上に防寒させるのではなく、一度赤ちゃんのお腹や背中の体温を確認しましょう。手を当ててみて、赤ちゃんの肌がほんのり温かかければ、それは赤ちゃんが快適に過ごせている証拠です。

月齢の少ない赤ちゃんを温めすぎると、かえって汗をかいて、風邪を引いてしまうことにもなりかねません。体温は、手足ではなくお腹や背中の部分を目安とすることを覚えておきましょう。

madoka511さんの投稿
29095338 2140773166208868 6224480228446568448 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

まとめ:赤ちゃんの平熱は少し高いけれど、心配不要

ここまで、月齢の少ない新生児・赤ちゃんの平熱について詳しくご紹介しました。
正しい検温の測り方や、月齢による体温の違いなど、理解は深めて頂けたでしょうか。

正しい知識があれば、赤ちゃんが体温の高い・低いときも慌てることがありません。体調管理の一環として検温を習慣づけ、異変に逸早く気づくことができるよう努めましょう。

happyfreephotoさんの投稿
29095995 366800027169532 3849201578175102976 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

もっと「赤ちゃん」についての情報が知りたいアナタへ!

赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?新生児はいつからするの?
赤ちゃんの風邪の症状!鼻水や咳が出るなら病院に行くべき?
赤ちゃんに保湿はいつから必要?新生児におすすめのクリーム11選!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ