離婚したい夫が知るべき11のこと!原因は自分かもしれない?

離婚したい夫が知るべき11のこと!原因は自分かもしれない?

パートナーから「離婚したい」と突然切り出されたらショックですが、実際問題、離婚したい夫や離婚したくない妻側が前もって、その決意や意思に気付いているというケースは少数派。そこで今回は「離婚したい夫」側からのその原因やそうした決意に至る心理状態を分析していきます!

記事の目次

  1. 1.自分が「離婚したい」と思っていることに気付いたら?
  2. 2.【世の離婚したい夫の理由①】ただただうんざりしている
  3. 3.【世の離婚したい夫の理由②】物の価値観が違う
  4. 4.【世の離婚したい夫の理由③】他に女性がいる
  5. 5.【世の離婚したい夫の理由④】DVに耐えられない
  6. 6.【世の離婚したい夫の理由⑤】妻との金銭感覚のズレ
  7. 7.「離婚に向けて踏み出そう!」とした時にNGな11の行動とは
  8. 8.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン①】妙に優しくする
  9. 9.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン②】帰省に帯同しない
  10. 10.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン③】別口座を作る
  11. 11.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン④】よく所在不明に
  12. 12.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑤】家飲みを減らす
  13. 13.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑥】賃貸サイトを検索
  14. 14.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑦】職場で打ち明け話
  15. 15.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑧】気付くと妻を伺う
  16. 16.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑨】明細を隠す
  17. 17.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑩】写真を撮らない
  18. 18.【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑪】アカウントを作る
  19. 19.「離婚したくない!」と思う妻と円満に別れたいなら
  20. 20.【離婚したくない妻へとるべき行動①】金銭の流れは明確にする
  21. 21.【離婚したくない妻へとるべき行動②】万一の為の証拠固め
  22. 22.【離婚したくない妻へとるべき行動③】腰を据えて話す
  23. 23.【離婚したくない妻へとるべき行動④】義実家を巻き込む
  24. 24.【離婚したくない妻へとるべき行動⑤】専門家に相談
  25. 25.いったんは「縁」があった相手、離婚の痛手は最小限に

【妻バレする離婚したい夫の行動パターン②】帰省に帯同しない

「離婚したい」と決意した時、心理的に言えば自分の親兄弟よりできれば会いたくないのが、妻の親兄弟です。いったんその決意を明らかにした時には、一度は対面することは覚悟しなくてはいけないとしても、できれば先延ばしにしたいのが人情というもの。

しかしだからといってまだ「離婚したい」と内心思っている時点で、それを妻や義両親に感づかれるのは絶対に避けなくてはいけません。

内心気まずいからといって、仕事を言い訳にできる盆暮れの帰省だけならともかく、冠婚葬祭の義理まで欠くようなことをすれば感づく、感づかれないというよりも、むしろ離婚調停や裁判になったときにも「妻の側の親戚づきあいなどをないがしろにした」と非難される原因にもなりかねません。

【妻バレする離婚したい夫の行動パターン③】別口座を作る

いざ「離婚したい」と内心決意した時にまっさきに思い立つのが「金銭問題」。離婚に備えての軍資金を作るためにも「まずは金融機関に妻の知らない別口座を作って」と思うかもしれませんが、ちょっと待って。

マネーロンダリングなどが厳しくなって以来、金融機関で新規に口座を開くのはかなり面倒くさくなっているのが実情。特にキャッシュカードは郵送などで口座開設手続きをとっても、必ず自宅に郵送されることになっています。自宅に自分がいるときならいいですが、不在のときに妻に受け取られれば逆に怪しまれる原因にもなりかねません。

まずは独身時代に使っていた口座が休眠口座状態かどうかを調べ、使えるようであればその口座を使用することをおススメします。

【妻バレする離婚したい夫の行動パターン④】よく所在不明に

「離婚」に向けて、法テラスなどに事前に相談に行っていたり、引越しに備えての下調べなどをしていたり、気の置けない友人に相談してみたり、究極は離婚と同時に人生リセット、と考えて転職するために転職エージェントと面談してみたり、と妻に内緒での行動が増えるのもこの時期です。

しかし、あまりその頻度が高かったりすると妻からすれば「仕事でもオフでもない」所在がわからない時間が増えたように見えてしまい、「何か怪しい」と思われる原因に。

そのような時は、どうしても出かけなくてはいけない時以外、すぐバレる嘘はつかないようにして、やりすごしましょう。

【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑤】家飲みを減らす

飲むとどうしても口が軽くなる、という人は男女を問わず多いもの。まして「離婚したい」と内心思っている時などは酔った弾みでうっかりそれを口走ったりするのが怖くて、妻との晩酌など「家飲み」を避けてしまうという人も多いようです。

心理的には「酔いたくても酔えない」シチュエーションであまり飲みたくない、というのもわからないではないですが、余りあからさまに「家飲み」を避けているとかえって「夫婦円満と思われたくない相手が会社や身近にいるのでは?」といった疑いを受ける心配も。

【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑥】賃貸サイトを検索

別居に備えて、あらかじめ通勤に支障がでないような場所に転居先をキープしておきたいのはやまやまですが、そのために不用意に賃貸物件のチラシをしげしげ見たり、スマホの不動産アプリを頻繁に検索したりするのはNG。

特に夫婦共有のPCなどで不用意にこうした検索をすると履歴から感づかれる原因になりかねません。どうしても、という場合は、使用の度にgoogleやAndroidといったブラウザから履歴をきちんと消すようにしましょう。

【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑦】職場で打ち明け話

妻と全く関係ない職場の場合、つい気を許して「離婚したい」と周囲に相談してしまった、という人も少なくないようですが、離婚に関しては常にどこにいても「壁に耳あり」だと思っていて間違いないほど。

特に離婚したい理由が夫の側の浮気などの場合、妻と面識がない女性同僚の不興を買って、こっそり妻にご注進されてしまった、という笑えない話も。

次のページ

【妻バレする離婚したい夫の行動パターン⑧】気付くと妻を伺う

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

記事はありません。

Copyright (C) Lovely