派遣の抵触日って何?抵触日を迎えたらどうなるの?

派遣の抵触日って何?抵触日を迎えたらどうなるの?

「派遣スタッフとして働き始めたいけど、抵触日ってなんだろう?」「派遣期間が過ぎた後はどうすればいい?」そんな疑問をお持ちの方のために、ここでは派遣の抵触日や抵触日を迎えるまでにできることについて解説していきます!この記事を読んで、派遣の3年ルールや抵触日についての理解を深めてみてくださいね。

記事の目次

  1. 1.派遣社員として知っておきたい抵触日
  2. 2.派遣の抵触日って何?
  3. 3.派遣の抵触日の種類
  4. 4.抵触日を迎えたらどうなる?
  5. 5.抵触日を迎えるまでにできること
  6. 6.まとめ

派遣担当者に相談をする

派遣会社にとって働いてくれている人がいなければ自社の儲けにならないので、長く働いてくれている人ほど大切にされます。そのため、抵触日を迎える半年くらい前から少しずつ担当者に次にどうしたいのか、どういう働き方を希望するのかを相談すると良いです。

担当者は派遣社員が安定して働けるように手助けするのが仕事なので必ず相談に乗ってくれます。また、派遣会社で無期雇用されたいという場合は詳しい話を知るためにも必ず担当者に相談するようにしてください。

派遣先との信頼関係を築く

これからも今の職場で働き続けたい!正社員として雇ってもらいたい!という場合は今からでも遅くはないので派遣先との信頼関係を築いてください。いくら仕事ができる人でも相性が悪かったり、信頼できない人であれば正社員として雇ってもらうことは難しくなります。

いきなり媚びを売るような態度になるといやらさしさが出て悪印象になるので、あくまで自然にいつもよりも少し周りとのコミュニケーションを取るところから始めてみてください。

また、飲み会などに積極的に参加すると周りの人とより仲良くなれるので今まで避けていた人も1時間だけでも参加してみると良いかもしれません。

まとめ

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2021/01/talk-1024x682.jpeg

出典:Unsplash

抵触日を迎えたらそれで終わり、というわけではなく自分の希望次第で様々な選択肢があります。この会社でこれからも働きたい、3年で辞めてしまうのは嫌という場合は正社員やアルバイトとしての勤務を希望したり、クーリング制度でリセットすることも可能です。

聞き慣れないものではありますが、しっかりと知っておかないと自分の可能性を減らしてしまう原因になるかもしれません。

わからないことや疑問に思うことがあれば、派遣担当者に確認して自分がよりよく働ける環境を作れるようにしてみてくださいね!

Lovely編集部
ライター

Lovely編集部

編集部レポや最新情報など皆さんの「知りたい」をお届け!よろしくお願いします♡

Related article /

関連記事
Copyright (C) Lovely