高温期17日目の症状!体温が下がる時や生理がこない時の妊娠可能性は?

高温期17日目に起こる症状について解説します。高温期17日目に基礎体温が下がる、もしくは出血がある場合でも、妊娠の可能性が0になったわけではありません。たとえ妊娠検査薬が陰性を示しても、その後に陽性へ変わるケースもあるのです。

高温期17日目の症状!体温が下がる時や生理がこない時の妊娠可能性は?のイメージ

目次

  1. 高温期17日目・妊娠の可能性は高い?
  2. 高温期17日目・こんな症状はありませんか?
  3. 高温期17日目に起こる「妊娠初期症状」とは?
  4. 高温期17日目・出血や体温が下がる症状は生理?
  5. 高温期17日目の出血・原因は「絨毛性出血」?
  6. 高温期17日目に体温が下がる・原因は「計測ミス」?
  7. まとめ①高温期17日目・出血や体温低下でも妊娠の可能性有り
  8. 基礎知識・高温期17日目とは、どのような時期?
  9. 高温期17日目=妊娠の可能性・大!?
  10. 高温期17日目でも妊娠していない理由(1)生理不順
  11. 高温期17日目でも妊娠していない理由(2)体調不良
  12. 高温期17日目・妊娠検査薬は陰性を示しやすい
  13. 高温期17日目・妊娠検査薬が陰性にならない原因は?
  14. まとめ②高温期17日目・妊娠の可能性を知るのは難しい
  15. 終わりに・高温期17日目は自分の体と向き合おう

高温期17日目・妊娠の可能性は高い?

高温期17日目は、生理の予定日を3日過ぎている状態です。妊娠の期待が高まりますが、可能性はどれくらい大きいのでしょうか?

実は、高温期17日目には普段と違う様々な症状が起こる時期でもあります。出血がある人や、基礎体温がいきなり下がる人など、ケースはまちまちです。
妊娠が期待される時期に、そのような症状が現れたら不安ですよね。

「病気の前触れ?」
「生理になってしまったの?」
「妊娠の可能性は消えたの?」

今回は、このような心配ごとを少しでも解決できるよう、高温期17日目に起こる症状について解説していきます。


◆関連記事:高温期20日目についてはこちら

高温期20日目に陰性だと妊娠可能性ゼロ?病院で胎嚢をチェック!

高温期17日目・こんな症状はありませんか?

妊娠が確定していれば、高温期17日目は赤ちゃんのモトになる「胎嚢」が作られ始める時期です。最後の生理開始日を「妊娠0週0日」として計算すると、高温期17日目は「妊娠4週3日」となります。
当然、体内のホルモンバランスは大きく変化するため、様々な症状を引き起こしやすいのです。この症状を、総括して「妊娠初期症状」と呼びます。

高温期17日目に起こる「妊娠初期症状」とは?

妊娠初期症状は、主に次の5つです。
(1)胸の張り・痛み
(2)体全体のだるさ
(3)眠気
(4)下腹部の痛み
(5)熱っぽさ

高温期17日目にこのような症状が現れたときは、妊娠の可能性が大きくなっている証拠です。
早い人では、高温期17日目にしてすでに「つわり」の兆候が見られる場合もあります。食べ物の嗜好が変わったり、吐き気の症状に悩まされたりすることも多いようです。

妊娠の可能性があり、体調にも変化を感じたら、妊娠検査薬を使ったり、婦人科を受診することを検討しましょう。早い段階で妊娠を自覚することは、赤ちゃんのよりよい発育のために大切なことです。


◆関連記事:高温期10日目についてはこちら

高温期10日目に体温下がるのは着床しているから?妊娠してるかも!

高温期17日目・出血や体温が下がる症状は生理?

妊娠が確定している場合は、高温期17日目には妊娠初期症状が現れることがある、と述べました。しかし、人によっては、妊娠の兆候ではない別の症状が現れることがあるのです。

その中でもよく例として挙げられるのが、高温期17日目に出血や、基礎体温が下がるという症状です。
高温期17日目を迎え、妊娠の期待が高まっていたときにこのような症状が起きると、途端に不安になってしまいますよね。

たしかに、出血や基礎体温が下がる症状は、生理のしるしと見なされることがほとんどです。しかし、生理以外の原因によって出血や基礎体温が下がることもあります。
高温期17日目に出血や基礎体温が下がる症状があっても、結果的に妊娠していた、というケースは意外に多いのです。

高温期17日目の出血・原因は「絨毛性出血」?

実は、高温期17日目の出血は、妊娠したことが原因で起こる場合があります。それは、赤ちゃんのモトになる細胞が子宮内の血管を傷つけることがあるためです。この症状は「絨毛性出血」と呼ばれます。

この原因によって出血する量はごくわずかです。高温期17日目にごく少量の出血があった場合は、この症状の可能性を疑ってみましょう。
もし、出血が多かったり、何か他の体の不調を感じたりした場合は、婦人科系の疾患も考えられます。早急に医師の診断を仰ぎましょう。

高温期17日目に体温が下がる・原因は「計測ミス」?

高温期17日目に基礎体温が下がる原因として一番に考えられるのは、単なる計測ミスです。
基礎体温は、測り方や気候によって簡単に変動してしまう、デリケートな数値です。1日だけ基礎体温が下がる可能性は大いにあります。

高温期17日目に基礎体温が下がったとしても、それが生理の前触れであると決め付けるのは早すぎるかもしれません。生理が来る可能性を考えるのは、翌日の計測でも体温が下がるかどうかを見てからで遅くないと思います。

実際、高温期17日目に突然基礎体温が下がっても、翌日には再び高温期に戻るという人は多いのです。体温が下がる=生理とは限らないことを覚えておきましょう。

まとめ①高温期17日目・出血や体温低下でも妊娠の可能性有り

このように、高温期17日目に出血や基礎体温が下がる症状があっても、妊娠の可能性が0になったわけではありません。単なる計測ミスや、妊娠の兆候であることも充分ありえるのです。

高温期に生理を思わせるような症状があったとしても、焦ってはいけません。体に異変が無いかぎり、翌日まで様子を見て、高温期が続くかどうかを見極めましょう。

基礎知識・高温期17日目とは、どのような時期?

ここまで、高温期17日目に起こる症状をまとめましたが、そもそも、高温期17日目とはどのような時期なのでしょうか?

高温期17日目は、生理予定日である高温期14日目から、3日が過ぎている状態です。妊娠している可能性は大きくなっているため、基礎体温の変化に敏感になる人も多いでしょう。

高温期17日目=妊娠の可能性・大!?

高温期17日目を迎えた女性は、たしかに妊娠の可能性が大きくなっています。
しかし、これはあくまで基礎体温のデータに基づいた推量でしかありません。産婦人科でエコーを撮って調べるまでは、「可能性」の域をでることは無いのです。

実際、高温期17日目を迎えた女性であっても、妊娠検査薬が陰性を示し、結果的に妊娠していなかったことは少なくありません。
高温期17日目でも妊娠していなかった場合、その理由は大きく分けて2つあります。

高温期17日目でも妊娠していない理由(1)生理不順

もともと生理不順に悩まされている人は、生理の開始日が後ろにずれ込むことがあります。すると、高温期17日目の後に生理が来て、結果、妊娠の可能性は無くなることになります。

生理の予定日から3日ほど遅れることは、成人女性でもよくあることです。妊娠を希望する人にとって生理不順は見過ごせない問題かもしれませんが、ほんの数日なら異常ではありません。

高温期17日目でも妊娠していない理由(2)体調不良

普段は生理不順ではないのに、今月だけ、高温期17日目を迎えたという場合もあるでしょう。この場合、たしかに妊娠の可能性は大きくなりますが、その他の理由に、体調不良による生理の遅れも考えられます。

女性の体は、肉体的な疲労や精神的なストレスによって、ホルモンのバランスが崩れることがあります。すると、生理が遅れたり、来なくなったりする可能性が大いにあるのです。
充分な休息をとれば、ホルモンバランスも回復して生理不順も治りますが、時には医師の治療を要する深刻な症状に発展する場合もあります。

高温期17日目を向かえ、妊娠の可能性が無いにもかかわらず体に異変があるときは、医師の診察を受けるべきです。自分の異常を一番察知できるのは自分自身です。妊娠を希望している女性ならなおのこと、体調管理に気を配りましょう。

高温期17日目・妊娠検査薬は陰性を示しやすい

妊娠が確定している状態で、高温期17日目に妊娠検査薬を使ったとしましょう。実はこの場合でも、検査薬の結果が陰性反応になる可能性があるのです。

本来、妊娠検査薬は生理予定日から1週間後、つまり高温期21日目に使うのが正しい使用方法です。つまり、高温期17日目に妊娠検査薬を使うのは「フライング検査」と呼ばれ、正確な検査結果が出ない場合が多いのです。

ですから、たとえ妊娠していたとしても、高温期17日目の妊娠検査薬の結果は陰性になることが多いのです。

高温期17日目・妊娠検査薬が陰性にならない原因は?

高温期17日目に妊娠検査薬を使ったとしても、正確な検査結果は出ないというふうに述べました。妊娠していても、陰性反応を示すことが大半でしょう。
しかし、高温期17日目にはっきりとした陽性反応を起こす人も、中には存在します。これは、女性の体内で分泌されるホルモンの量の個人差が原因です。

そもそも、妊娠検査薬は、着床後に分泌し始めるhCGホルモンに反応して、陽性か陰性化を検査する医療機器です。市販の妊娠検査薬は、生理予定日1週間後のホルモン量を想定して製造されるため、高温期17日目の検査ではホルモン量が足りず、正確な検査結果を出すことが難しいのです。

しかし、hCGホルモンの分泌量が多い人の場合は別です。高温期17日目であっても、市販の妊娠検査薬が充分反応するほどのホルモンが分泌されていれば、当然、結果は陽性になるのです。

まとめ②高温期17日目・妊娠の可能性を知るのは難しい

高温期17日目に妊娠検査薬を使っても、正確な検査結果は出しにくい、という結論が出ました。市販で手に入る妊娠検査薬では、高温期17日目の検査結果は陰性になってしまうことがほとんどでしょう。

しかし、どうしても高温期17日目に妊娠の可能性を知りたいということであれば、フライング検査薬と呼ばれる早期妊娠検査薬の使用をオススメします。
これは、妊娠予定日から使える妊娠検査薬であるため、高温期17日目でも、非常に高い精度で妊娠の可能性を検査することができるのです。

高温期17日目に妊娠の可能性を知るには、早期妊娠検査薬の使用も視野に入れましょう。

終わりに・高温期17日目は自分の体と向き合おう

高温期17日目は、妊娠の可能性が大きくなる重要な時期です。普段と違う症状が現れたとしても、必要以上に心配することはありません。ただしい知識を持てば、婦人科に行くべきか、様子を見るべきか、判断できるようになります。

自分自身の体とよく向き合うことは、妊娠を希望する女性にとって重要なことです。元気な赤ちゃんを迎えられるよう、自分の体を第一に考えましょう。

もっと「高温期」についての情報が知りたいアナタへ

高温期11日目の症状!体温が下がる?フライング陰性でも妊娠の可能性
高温期16日目の症状!陰性の妊娠可能性は?体温下がる理由は生理?
高温期19日目に体温が下がる・陰性の時の妊娠可能性は?出血は生理?
高温期14日目の症状!体温が下がるなら妊娠してない?陰性なら?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ