• lovely
レギンスとスパッツ、タイツ、トレンカの違いは?何が違うの?

レギンスとスパッツ、タイツ、トレンカの違いは?何が違うの?

みなさんはトレンカやレギンス、スパッツなどの違いはわかりますか?
今回は、トレンカやレギンス、スパッツやタイツの違いについてご紹介していきたいと思います。
これらは、TPOによって使い分けられるのでその点もご紹介したいと思います。

記事の目次

  1. 1.【レギンス・スパッツ】初めに
  2. 2.【レギンス・スパッツ】レギンスとは
  3. 3.【レギンス・スパッツ】レギンスのメリット
  4. 4.【レギンス・スパッツ】レギンスのデメリット
  5. 5.【レギンス・スパッツ】スパッツとは
  6. 6.【レギンス・スパッツ】スパッツのメリット
  7. 7.【レギンス・スパッツ】スパッツのデメリット
  8. 8.【レギンス・スパッツ】タイツとは
  9. 9.【レギンス・スパッツ】タイツのメリット
  10. 10.【レギンス・スパッツ】タイツのデメリット
  11. 11.【レギンス・スパッツ】トレンカとは
  12. 12.【レギンス・スパッツ】トレンカのメリット
  13. 13.【レギンス・スパッツ】トレンカのデメリット
  14. 14.【レギンス・スパッツ】スキニーとは
  15. 15.【レギンス・スパッツ】スキニーのメリット
  16. 16.【レギンス・スパッツ】スキニーのデメリット
  17. 17.【レギンス・スパッツ】最後に

【レギンス・スパッツ】初めに

みなさんは普段「レギンス」「スパッツ」「タイツ」「トレンカ」を服に合わせて取り入れたりしていますか?
服装に「レギンス」「スパッツ」「タイツ」「トレンカ」を取り入れることで、いつもと違った雰囲気の服装にすることもできます。

今回は、「レギンス」「スパッツ」「タイツ」「トレンカ」の違いをご説明していきたいと思います。
また、その使い分け方や着こなしも一緒にご紹介していきたいと思います。

【レギンス・スパッツ】レギンスとは

レギンスとは、ボトムスに分類されるものです。
名称はレギンスだけでなく「レギンズ」「レギング」「レギングス」という名称もあります。
一般的にアウターウェアとして着られているものを、「レギンス」と呼びます。
素材は冬場になるとみなさんがよく服装に取り入れている、タイツなどの素材と同じものが多いです。
また、服装としてはカジュアル寄りの服装として取り入れられることがほとんどです。

レギンスは、2006年ごろに誕生した名称です。
そして、2008年ごろからはコレクションにも用いられています。
レギンスの多くは、メンズスカートやアウトドアの登山やスポーツのサッカー、バスケットボールとウェアと合わせて使われます。
例えば、よくみかけるハーフパンツに足首まである10分丈のレギンスを合わせている服装などです。

■参考記事:レギンスのコーディネート、コチラも参照!

レギンスコーディネート春夏秋冬別特集!海外で流行中! | Lovely[ラブリー]のイメージ
レギンスコーディネート春夏秋冬別特集!海外で流行中! | Lovely[ラブリー]
レギンスコーデを季節別にセレクトしてまとめてみました!海外では、セレブやブロガー、ストリートスナップなどに登場するお洒落な人の間でレギンスが大人気なんです。タイツがわりに着こなすコーデから、パンツがわりに1枚ではくコーデまで色々とご紹介します♪

【レギンス・スパッツ】レギンスのメリット

タイツと似ているレギンスですが、メリットとは果たしてどのようなものがあるのでしょうか。
レギンスのメリットとは、10分丈でも足首から下はおおわれていません。
なので、夏場の暑くて汗を良くかいてしまう場面でも蒸れることがありません。

また、スポーツのサッカーやバスケットボール、アウトドアの登山などに用いる場合は、長いボトムスを履くよりもぴったりと足に密着してくれるため、邪魔になりません。

【レギンス・スパッツ】レギンスのデメリット

スポーツやアウトドアの服装として活躍するレギンスですが、デメリットもあります。
レギンスのデメリットとは、肌にピタっと密着するので肌荒れを起こしやすい人には、不向きな服装です。
また、レギンスの切れ目の部分で日焼けの方がついてしまうのもデメリットと言えるでしょう。

【レギンス・スパッツ】スパッツとは

スパッツとは、1980年ごろにボディラインを強調した服装が流行ったときに、アウターウェアとして注目され始めました。
着こなしとしては、ミニスカートやショートパンツ、お尻が隠れるほどの丈が長めのTシャツと合わせて服装に取り入れられています。

次のページ

【レギンス・スパッツ】スパッツのメリット

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely