• lovely
ファッションセンスを磨く方法35選!センスがない人必見!

ファッションセンスを磨く方法35選!センスがない人必見!

ファッションセンスに自信がないと言う方は多いはず。そんな方でも大丈夫。ポイントを押さえれば、ファッションセンスはいくらでも磨かれます。センスを磨くコツを紹介していきます。まずは「自分のファッションセンスがいまいち」と思う原因は何か探っていきましょう。

7090View

記事の目次

  1. 1.ファッションセンスとは
  2. 2.ファッションセンス【診断】
  3. 3.ファッションセンスに自信がないあなたに
  4. 4.服のセンスが悪いとは?【女】
  5. 5.ファッションセンスを磨く方法35選!①~⑩
  6. 6.センスを磨く方法35選①好みを知る
  7. 7.ファッションセンスを磨く方法②雑誌を見る
  8. 8.センスを磨く方法③~⑫有名人を参考にする
  9. 9.センスを磨く方法35選⑬ショップを見る
  10. 10.センスを磨く方法35選⑭色彩を学ぶ
  11. 11.センスを磨く方法⑮~⑳自分のスタイルを見極める
  12. 12.ファッションセンスを磨く方法㉑服を少なく持とう
  13. 13.センスを磨く方法㉒小物は最後に買う
  14. 14.センスを磨く方法㉓衝動買いをしない
  15. 15.センスを磨く方法㉔周りに意見を聞く
  16. 16.センスを磨く方法㉕迷ったら何日か置く
  17. 17.センスを磨く方法㉖試着をする
  18. 18.センスを磨く方法㉗街の人を観察する
  19. 19.センスを磨く方法㉘アクセサリーを使う
  20. 20.センスを磨く方法㉙髪型を変える
  21. 21.センスを磨く方法㉚メイクを変える
  22. 22.センスを磨く方法㉛立ち振る舞いを変える
  23. 23.男性のファッションについて
  24. 24.ファッションセンスが悪い【男】
  25. 25.センスのいい有名人【男】㉜~㉝
  26. 26.センスを磨く方法【男】㉞海外雑誌を読む
  27. 27.センスを磨く方法35選㉟楽しむ!
  28. 28.おわりに

ファッションセンスとは

ファッションセンスとは
服装に関する美的感覚や意識を意味します。

一般的にファッションセンスがいいとは
「自分に似合う服装・形を知っている」人を指します。

また、「流行を取り入れつつも
自分流にオリジナルを交えて上手く着こなしてる」という特徴もあるようです。

ファッションセンス【診断】

自分のファッションセンスはいいの悪いのか
チェックをしてみましょう。


①服にあまり関心がない
②流行をとにかく取り入れる
③店員さんのおすすめを買う
③マネキンのコーディネートを一式まねする
④髪型に関心がない
⑤メイク・美容に関心がない
⑥服の合わせ方がよく分らない
⑦自分に似合う服が分らない
⑧自分に似合う色や形が分らない
⑨本当に自分の好きな系統が明確でない
⑩あれもこれもと服を買ってしまう
⑪雑誌はあまり読まない
⑪自分の身体で自慢できる(好きな)パーツがない
⑬靴にこだわりがない
⑭バックにこだわりがない
⑮アクセサリーや小物はあまり身につけない
⑯1つのアイテムを古くなるまで(汚くなるまで)使う
⑰服を着るときにTPOをあまり考えない


上記で当てはまる項目が多いほど
”服のセンスが悪い”傾向にあると言えます。

ファッションセンスに自信がないあなたに

ファッションセンスの診断はいかがでしたか?

悪い結果になっても落ち込むことはありません。

ファッションセンスは才能かどうかでなく、
自分の好みや似合うものを知れば「お洒落な人」に
誰でもなれます。


◆関連記事:ファッションについてもっと知りたいアナタはこちら

おしゃれな服・ファッションのコーディネートのルール13選! | Lovely[ラブリー]のイメージ
おしゃれな服・ファッションのコーディネートのルール13選! | Lovely[ラブリー]
おしゃれな服や服装の着こなしはファッション大好きな女子にはいつでも気になる話題。ファッションのコーディネートを変えるだけでおしゃれに見える服装や逆に野暮ったく見えてしまう服ってありますよね。そんなおしゃれ女子必見のコーディネートのルールをご紹介します!
女子ウケのいい・悪いファッション!モテるコーディネートは? | Lovely[ラブリー]のイメージ
女子ウケのいい・悪いファッション!モテるコーディネートは? | Lovely[ラブリー]
女子ウケするならこのコーディネートに決まり! あなたはNGファッションになっていませんか? 女性は思っているよりも細かいところまで男性のファッションをチェックしているんです。 今回はどんなファッションが女子ウケするのかご紹介します。

服のセンスが悪いとは?【女】

まず、一般的に「服のセンスが悪い」と見なされる
項目をやめましょう。

服のセンスが悪いと見られる例を紹介します。

服のセンスが悪いとは?【女】①

【①服が汚れている。】

・毛玉だらけ
・服が汚れている
・服の寿命がきているのに着ている
・色あせている
・汚れた靴を履いている
・バックは古くなっている

服のセンスの前に
古くなった服を着ているパターンです。

服を大切に着ることは大変良いことですが、
着れる寿命というのがあります。
いくらお気に入りの服でも
寿命のきた服を着るだけでみすぼらしく見えてしまうものです。

こまめに服の手入れをしたり
それでも駄目な場合は潔く諦めましょう。

意外と人から見られているものです。

服のセンスが悪いとは?【女】②

【②配色が地味】

服の色が地味すぎて暗くなるパターンです。

「茶色・黒」のみのコーディネートでは
印象が暗くなります。

バックや鞄などに差し色(明るい色・鮮やかに映える色)を入れて
目が行くポイントを作りましょう。

オールブラック(全身黒)などであえて暗くしたい場合は
ゴールドやシルバーをさりげなく取り入れたり、
アクセサリーを工夫するとお洒落に見えるものです。

次へ

関連記事

人気記事

Copyright (C) Lovely