彼女が好きじゃない男のサイン!好きじゃなくなったのに付き合う理由は?

付き合う内にお互い恋愛安定期に入った、と思っていたのになんだか態度がおかしい、と思うことありませんか? もしかしてそれ「彼女が好きじゃない」と気付いたかカレからの無言のサインかも? そこで今回は彼女に対しての男の「好きじゃない」サインの特徴をご紹介します。

彼女が好きじゃない男のサイン!好きじゃなくなったのに付き合う理由は?のイメージ

目次

  1. もしかしてコレって好きじゃなくなったのサイン?
  2. 「彼女が好きじゃない」時の態度あるある①上の空
  3. 「彼女が好きじゃない」時の態度あるある②既読スルー
  4. 「彼女が好きじゃない」時の態度あるある③会話が途切れる
  5. 「彼女が好きじゃない」時の態度あるある④記憶の混同
  6. 「彼女が好きじゃない」時の態度あるある⑤第三者目線
  7. 男が「好きじゃない」彼女と付き合う理由は
  8. 好きじゃないのに彼女と付き合う理由①現状維持
  9. 好きじゃないのに彼女と付き合う理由②嫌いと言う程でもない
  10. 好きじゃないのに彼女と付き合う理由③別れるメリットもない
  11. 好きじゃないのに彼女と付き合う理由④とりあえずキープ
  12. 好きじゃないのに彼女と付き合う理由⑤次への捨て駒
  13. 「彼女が好きじゃない」無意識に見せる態度に隠れたサインは
  14. 彼女が好きじゃない男のサインあるある①ドタキャンが増える
  15. 彼女が好きじゃない男のサインあるある②SNSでつぶやかない
  16. 彼女が好きじゃない男のサインあるある③先の予定を組まない
  17. 彼女が好きじゃない男のサインあるある④贈り物を避ける
  18. 「好きじゃなくなった」サインを感じた時にとるべき態度は
  19. 「好きじゃない」か「好きじゃなくなった」かを確かめる
  20. 彼氏彼女として付き合うメリットとデメリットを考える
  21. やり直す気持ちが自分にあるかどうか確かめる
  22. 「好きじゃない」が一過性なのか決定なのかを確かめよう

もしかしてコレって好きじゃなくなったのサイン?

付き合い始めのラブラブ期の情熱はなくてもワタシたち安定したイイ関係を築けているよね?と思っていたのに、ある日ふと気付くとなんだかカレとの間に少し距離を感じたり、どことなくビミョーな違和感を感じることってありませんか?

それが仕事で忙しい時期などの一過性のものなら大きな問題ではありませんが、気付いてから以降ずっとその隙間が広がり続けているようなら、もしかするとカレの心の中に「もう好きじゃなくなった」という気持ちが芽生えているのかも知れません。

そんな隙間風を感じた時に実はこちらもカレに対して冷めかけている、というのならいざ知らず、こちらのカレに対する「好き」という気持ちは付き合うことになった最初の時から少しも変わりはない、というのなら事態は深刻。

「カレの一時的な気の迷い」と気付かないフリを押し通すにしても、「好きじゃなくなったのならもう一度好きにさせてみせる」とガンバるにしても「彼女のことを好きじゃない」と自覚?してしまった男の本音をキチンと見定めることが、次の展開への第一歩になることは間違いありません!

そこでまずはカレがこんな態度に出始めたら要注意、の「彼女が好きじゃない」時の態度あるあるから見ていきましょう。

■参考記事:彼氏とうまくいかない…、原因と対処法をチェック!

彼氏とうまくいかない原因5選!うまくいかない時期の対処法とは!

「彼女が好きじゃない」時の態度あるある①上の空

仕事帰りなど、オンオフの切り替えができないタイミングの時ならともかく、せっかくの休日のデートの時などにもカレがどこか上の空で注意力散漫だったり、予定より早めに切り上げようとしたりすることが続くようならそれは「もう彼女として好きじゃないよ」というサインかも知れません。

さらにこうした上の空的な態度をとる男性の中には、自分自身でも明確に「彼女に対して付き合う前の頃のように思えなくなった」「もう好きじゃなくなった」と結論を出しているワケではなく、無意識のうちに上の空になったり、どこか冷淡になってしまっただけという人もいるのでこちらがカレの本心に早く気付いたのなら今後の成り行きに注意が必要です。

「彼女が好きじゃない」時の態度あるある②既読スルー

付き合う前に比べて「減った増えた」がトラブルの元になりやすいLINEなどのSNS関係。頻度はともかく特別の理由もないのに「既読スルー」が相次いだり、返信までのタイムラグがどんどん長くなる傾向にあるようであれば「もう好きじゃなくなったんだ」のサインかも知れません。

もちろん中には元々マメではない、という人や「釣った魚にはエサはやらない」方式の男性もいるかもしれませんが、病気であったり夜遅くの帰宅の連絡の時などカレカノの仲ではなくても普通心配するのが当たり前のシチュエーションにも関わらず「大丈夫?」のひとこともないようではかなり危険度が高い証拠。

もちろん仕事や授業が忙しい、などといったただ単に「時間がない」という理由のせいでそうした態度に出ただけ、ということもあるのですぐにカレをなじったり非難したりすれば、「いくら彼女だからってそういう態度に出ること自体が好きじゃない」と逆ギレされることも。

「既読スルー」が頻発し始めたら、まずは「何の」せいで「既読スルー」になっているのか慎重に見極めましょう。

「彼女が好きじゃない」時の態度あるある③会話が途切れる

サッカーや野球観戦、ゲームや好きなバンドなど共通の趣味などがあるカップルの場合、他のことで多少ギクシャクするようなことがあったとしても、その趣味に関してはいつものように盛り上がったり会話が弾んだり、というのが普通。

それなのに趣味を楽しむ場でもなんだか会話が続かないし、どうかすると沈黙が続くというのであれば、それは彼からの「悪いけどもう一緒にいても楽しくない。もう好きじゃないんだ」というメッセージであり「この態度から察してくれよ」というサインかも知れません。

「彼女が好きじゃない」時の態度あるある④記憶の混同

目に見えて冷めた態度をとったりしない代わりに、どんどん彼女に対して無関心になっていくタイプの男性もいるもの。そうした男性の「好きじゃなくなった」サインが顕著にあらわれることの1つが、「記憶の混同」ぶりです。

正式に彼氏彼女として付き合う前のどんな小さなイベントのこともキチンと記憶してくれていたようなカレが、2人で出かけた旅行先でのエピソードや、一緒に過ごしたクリスマスやバレンタインといったカップルのイベント事について忘れてしまっていたり、他の誰かとのエピソードと混同してしまっているようでは要注意。

また前のデートの時の会話内容を覚えてくれていなかったりするのもそうした危険なサインの1つ。もちろん単純な物忘れのこともあるかも知れませんが、相談ごとなどの大切な会話まで忘れているようではカレの中で「彼女としての自分」の立ち位置が変わってきてしまっている証拠かも。

「彼女が好きじゃない」時の態度あるある⑤第三者目線

記憶の混同とも通じることですが、仕事の上での悩みなど彼氏彼女として相手を信頼しての相談ごとなどの時にとりあえず耳を傾けてはくれるものの、返ってくる言葉があくまでも第三者目線のものばかり、であれば要注意。

公立中正なフラットな立場でのアドバイスが必要な場合は別にしても、普通彼氏彼女の間柄での相談ごとや悩み事を打ち明けるのは、無意識でも「相手は自分の味方になってくれる」と信頼しているからこそ。それを「そう思うんならそうすればいいんじゃないの」といったような半ば投げやりな返答しかしてくれないのは打ち明けた側には辛いことです。

ましてそうした突き放した態度にでる理由が「返答に責任をとりたくない」といったような逃げ腰の態度のあらわれであれば、カレの中では2人の関係にそろそろ終止符を打つタイミングということかも知れません。

■参考記事:彼氏との倦怠期を乗り越えるには?

カップルでの倦怠期の乗り越え方は?来る時期は?【彼氏・彼女必見】

男が「好きじゃない」彼女と付き合う理由は

いつまでもグズグズと煮え切らない態度をとり続ける男性に対して「自分の中で別れるという結論が出ているなら暗示みたいなサインなど出さずにきちっと言葉にすればいいのに」と思うのは、生殺しにあっている側の理屈です。

ではそうしたズルい態度をとり続ける男性側の言い分や理由としてはどういったものがあるのでしょうか?彼女が好きじゃないと気付いた、あるいは好きじゃなくなったにも関わらずズルズル結論を後回しにする男性心理を紐解いてみましょう。

好きじゃないのに彼女と付き合う理由①現状維持

彼女のことが付き合う前と同じように「好きじゃない」にしてもスパッと「別れる」ほど嫌いというワケでもないというまだどっちつかずの時に男性がとりがちな態度の1つが表面上は変化のない「現状維持」。

もちろんこうした態度の裏側にはまだ彼女に対しての好きという気持ちがいくらかは残っているから、ということも多いのですが、中には「自分から別れを切り出したくない、面倒くさい」という人も。

そうした「現状維持」でなんとか当面やり過ごそうとしているタイプの男性の場合、1ヶ月ほど先のイベントなら誘ってもホイホイのってくるものですが、6ヶ月、1年先のこととなるとのらりくらりと返答をかわしたり、話をそらしてみたりして言質をとられないようにすることもしばしばです。

好きじゃないのに彼女と付き合う理由②嫌いと言う程でもない

ちょっとしたいさかいやケンカはどんなラブラブカップルでも避けては通れないこと。そうしたことの積み重ねの内に恋心が愛情と信頼へと変化すればいいのですが、時にはだんだん白けてきたり冷めてきたりすることの原因になることがあるのも事実です。

そうした「アレのせいで彼女のことが好きじゃなくなった」という決定打というほどの大きな出来事がないにしろ、ちょっとずつのズレなどで「もう彼女のこと好きじゃないかも」と思い始めた男性の場合、付き合いが長ければ長いほど、「でも嫌い! と言い切るほどでもないし」との理由でそのまま表面上は変わりない付き合いを続ける人も。

もちろん、そうした付き合いの内に「やっぱりなんだかんだいっても彼女が一番だから」となれば問題ないのですが、中には「彼女のことが好きじゃないかも」というタネがどんどん育っていってしまい、ついにある日「別れよう」となってしまう人もいるので、なんとなくでも彼の中に自分に対してのシコリやわだかまりがあるような気がする人は早めの解決が大切です。

■参考記事:彼氏に「俺の女だ」と思わせるには?

彼氏に「俺の女だ」と思わせる態度・行動7選!

好きじゃないのに彼女と付き合う理由③別れるメリットもない

付き合い始めはどちらもハッピーで何事もスムーズに運ぶものですが、いざ別れるとなると大変なのはそれが彼氏彼女といった恋愛関係のことであれ、夫と妻といった夫婦関係であれ同じこと。それなりに体力も神経もクタクタになります。

そうした別れに際しての面倒ごとに直面したくない、というものぐさタイプや好きじゃなくなったのは自分なのに別れを切り出す役はしたくない、というズルいタイプの男性の中には付き合い続けることにメリットはなくても、別れることのデメリットをとりたくないばっかりにズルズル付き合いを続けるタイプも。

こうしたズルいタイプが自分から「彼女に対してもう愛情が持てない、好きじゃない」という事実に真剣に向き合うことはあまり期待できず、別れることの方にメリットが出てこない限り冷めた関係を引きずられてしまいます。

こちらにとっても大切な時間をムダにしたくないのなら、カレがこうしたズルズル男かどうかキチンと把握することも大切です。


◆関連記事:失敗したくない方へ

好きじゃない人と付き合うのはアリ?失敗するのはこんなパターン!

好きじゃないのに彼女と付き合う理由④とりあえずキープ

「とりあえずキープ」は男性にだけ適用される恋愛テクではなく、特にモテるタイプの男性が女性に対しても使うもの。付き合う前の段階でならともかく、いったんは本命の彼女として付き合ったにも関わらず、自分の側では好きじゃなくなったからといった臆面もなくキープ扱いをするような男性はヨリが戻ったとしても、いつまた同じことを繰り返すかわかりません。

こうした「好きじゃなくなった」相手でも「とりあえずキープ」するような態度にでる男性はよく言えばフレンドリーなタイプに特に多く、歴代の元カノとの連絡も密なタイプがほとんど。非難すれば逆にこちらを「心が狭い」と責め立てる人が多いのも特徴で、「なんだかここのところキープ扱いされているような?」と感じることが増えたようなら「続けるか別れるか」を決める潮時かも知れません。

好きじゃないのに彼女と付き合う理由⑤次への捨て駒

彼女のことが好きじゃなくなったから別れる、というのは言い訳で、実は他に気になる人や好きな人が出来た男性の中には、一石二鳥?を狙って今カノを次のターゲット女性を口説くための捨て駒や当て馬扱いする人も。

こういうタチの悪い男性はいったん自分の中で「もう彼女のことが好きじゃない」となると彼女の気持ちを傷つけることも平気でやってのける人も多く、いざ別れる際も普通以上に精神的にも肉体的にもこちらの受けるダメージが大きくなる傾向があります。

カレの態度にこうした疑惑がある時は早急な見極めと、2人のこの先をどうしたいかの結論をこちらから切り出せる準備が必要です。

「彼女が好きじゃない」無意識に見せる態度に隠れたサインは

「もう好きじゃない」という態度をキチンと意識的にこちらにちらつかせるのは残酷なようでも、彼女側としても覚悟や、それに対してのなんらかのリアクションのとりようがあるという点では有益と言えます。

しかし、本人自身が明確に「好きじゃなくなった」と意識していないうちに見せるサインの中にも、こちらがアンテナを張り巡らせていればそれと気付くものも多いもの。ここからはそうした無意識のうちにみせる「彼女がもはや好きじゃなくなった」時にみせるサインについてご紹介します。

彼女が好きじゃない男のサインあるある①ドタキャンが増える

元々約束を守らないルーズなタイプの男性であっても、ラブラブ期などは遅刻の際にも一応のフォローなどの気遣いをみせるもの。それが約束を守らなかったり、遅刻したりするだけでなくドタキャンを頻発するようでは要注意です。

つまりドタキャンが頻発する裏側としては、無意識の内にも「彼女とあまり顔を合わせたくない」、かといって「約束を最初からしないといった明らかに冷淡な態度をとれるほどでもない」という優柔不断さがあるからこそのその態度だからなのです。

これと言った理由もないのに急にドタキャンばかりして悪びれたようすがなかったり、フォローも気遣いも一切ないような態度ばかりをカレが繰り返すようであれば、カレが自分に対してどういう気持ちでいるのかをキチンと見つめなおす機会かも知れません。


◆関連記事:好きじゃなくても付き合える?

彼氏として好きじゃない男性と付き合って失敗しない方法とは?

彼女が好きじゃない男のサインあるある②SNSでつぶやかない

付き合う前の友達期からずっとことあるごとにFBやインスタ、ツイッターなどに2人の写真や動画などをアップしていたカレが、いつのまにかイベントが合ってもそうした投稿を一切しなくなっていたり、あるいは2人で参加したイベント自体の写真やつぶやきは載せても、彼女のことにまったく触れていないようであれば要注意です。

そうしたまるで彼女がその場にいなかったかのごとくの行動は、もはやカレの中で自分という存在が意識的ではないにしてもそっくり「なかったこと」として消去されてしまっていることのあらわれかも知れません。

彼女が好きじゃない男のサインあるある③先の予定を組まない

意識的に彼女のことを何かと遠ざけているわけではないにしても、アレコレ口実を見つけてはこれまで一緒に過ごしていたイベントなどの予定を立てたがらなかったり、スケジュールが難しいと早々言い出し始めたりするのは「もう好きじゃなくなったんだ、一緒にいたくないんだ」というカレの気持ちのあらわれかも知れません。

特にそれがお互いの誕生日やクリスマス、交際記念日といったプライベートなイベントにまつわることなら、もしかすると単純に仕事関係などで忙しいせいかも知れませんし、そうした場合には埋め合わせなどのなんらかのフォローがあるはず。

しかしそれがBBQや仲間内の飲み会などのお互いの友達を交えてのある意味オープンな社交の場のイベントの場合はもしかすると「好きじゃなくなった=いずれ別れる相手をいつまでもパートナーとして周りに認識させておきたくない」という気持ちから出た行動かも知れません。

彼女が好きじゃない男のサインあるある④贈り物を避ける

誕生日やクリスマス、バレンタインデーなどカレカノの間での贈り物のチャンスは案外多いもの。相手が喜ぶ顔が見たくて、アレコレ見立ててみたり選んだり、というのは一番楽しい時間かも知れません。

しかしそうして選んだプレゼントを一応は受け取ってくれるものの、これまでとは違ってテンプレのお礼しか言ってくれない、あるいは身に付けるものを贈ったのに使ってくれている節がない、ということならもしかすると「好きじゃなくなった」のサインかも知れません。

もちろんシンプルに「せっかくだから大切にしている」ということも考えられなくはないですが、それでも贈ってくれた相手の気持ちに敏感なら一度はデートの場にでも付けて来てくれるのが常識。そうした気配も感じられないようであれば、こちらの気持ちを汲み取ってくれない=こちらの気持ちなんてどうでもいい、関心がない、証拠かも知れません。

「好きじゃなくなった」サインを感じた時にとるべき態度は

実は自分の側からもカレに対して少し冷めたものを感じていたというのなら別の話ですが、こちらはすべてうまくいっているもの、と思っていたのにカレからの「好きじゃない」サインを受け取ったときのショックはかなり大きいものになってしまいがち。

ですがそのショックはさておいても、いったんはサインを受け取ったのなら「彼女として」キチンと見極めたり考えたりしなくてはいけないことがいくつか出てきます。

カレからの有形無形のサインを受け取ったとき「彼女として」次に打つべき手とは何かを見ていきましょう。

「好きじゃない」か「好きじゃなくなった」かを確かめる

いったんはカレカノとして付き合った相手を別れという形で切って捨てるのは切る側にしても痛みを伴うこと。そこでまったく迷いがない、という人は案外少ないものです。

カレの態度に自分に対して「好きじゃないよ」というサインを読み取った時、もう1つ踏み込んでそれが「好きじゃない」という現在進行形なのか「好きじゃなくなった」という過去形なのかを見極めなくてはいけません。

そこを見極めないと「別れを受け入れる」しかないのか「別れないですむように努力する」余地があるのかがわからず、こちらのとるべき次のリアクションがわからなくなってしまいます。

彼氏彼女として付き合うメリットとデメリットを考える

付き合いのメリットデメリットというと非常にビジネスライクな響きがするかと思いますが、キレイごとだけで恋愛は語れません。特に肉体的にも精神的にも恋愛関係のイザコザでより大きなダメージを受けやすいのは女性という点を考えれば、自分に対しての愛情が冷めかけている相手との付き合いを継続することにメリットがあるのかどうかを考えることは決して打算的とは言えません。

やり直す気持ちが自分にあるかどうか確かめる

カレの中で自分に対しての気持ちが冷めてしまっていると知るのは少なからずショックなこと。でもその事態がもはや動かしがたい事実なら、目をそむけていては結局自分の首を絞めることになりかねません。

「好きじゃなくなったんだよ」サインを受け取ったのなら、「自分は」どうしたいのかを考えることが必要不可欠。

カレの側はどうであれ自分の側の愛情に変わりはないのか、それとも冷めたカレを相手に一方通行の愛情を持ち続けたくはないのか。カレからのサインを受け取ったときはカレの気持ちをどうこういうより、まずは自分のカレに対する愛情と真剣に向き合うことが大事かも知れません。

「好きじゃない」が一過性なのか決定なのかを確かめよう

いかがでしたでしょうか。
カレカノの間柄といっても、すべて相手のことが理解できるわけではありません。付き合いを深めていくにはそれなりにお互いに対しての歩み寄りや思いやりが大切です。

そうした中でカレが「もう好きじゃなくなった」というサインをこちらに意識的あるいは無意識の内に示してきた時はショックな気持ちは別にして、カレのその気持ちが一過性のものなのかあるいはもはやカレの中での決定事項なのかを確かめなくては次に進めません。

勇気を持って、キチンとカレの自分への気持ちを見極めることが長い目でみれば幸せへの第一歩。臆せず向き合う気持ちを持ちましょう!

彼氏の気になる態度、もっと情報を知りたいアナタに!

彼氏のスキンシップから彼氏の心理や気持ちがわかる!
「俺のこと好き?」と聞く彼氏の心理は?女性にはわからない男性心理!
別れるべきか迷ったら!彼氏と別れるべきか確認するポイント11選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ