ダイソーの樹脂粘土の使い方や色の種類は?作品例も紹介!

いま流行の樹脂粘土をご存知ですか?紙粘土や油粘土とは違いとても本格的な作品が作れる話題の粘土ですが、なんとダイソーで購入できます!今回はダイソーの樹脂粘土の使い方や色の種類、また作品例などについてご紹介致します。皆さんもきっと可愛い作品が作りたくなりますよ♪

ダイソーの樹脂粘土の使い方や色の種類は?作品例も紹介!のイメージ

目次

  1. 樹脂粘土って一体なに?その特徴とは?
  2. カラフルで可愛い♡ダイソーの樹脂粘土の種類はカラーも色々!
  3. 誰でも楽しめる!ダイソーの樹脂粘土の使い方のコツをご紹介♪
  4. ダイソーの樹脂粘土の使い方(1)マカロン作り
  5. ダイソーの樹脂粘土の使い方(2)アクセサリー作り
  6. ダイソーの樹脂粘土の使い方(3)レジン不要アクセサリー作り
  7. 真似したい!ダイソーの樹脂粘土の作品例12選♪
  8. ダイソーの樹脂粘土の作品例(1)多肉植物
  9. ダイソーの樹脂粘土の作品例(2)動物フィギュア
  10. ダイソーの樹脂粘土の作品例(3)リアルなスイーツ
  11. ダイソーの樹脂粘土の作品例(4)食べ物キーホルダー
  12. ダイソーの樹脂粘土の作品例(5)お化けデザインピアス
  13. ダイソーの樹脂粘土の作品例(6)インテリア雑貨
  14. ダイソーの樹脂粘土の作品例(7)猫フィギュア
  15. ダイソーの樹脂粘土の作品例(8)お花の置き物
  16. ダイソーの樹脂粘土の作品例(9)人型デザインフィギュア
  17. ダイソーの樹脂粘土の作品例(10)花のデザインのアクセサリー
  18. ダイソーの樹脂粘土の作品例(11)アイスの置き物
  19. ダイソーの樹脂粘土の作品例(12)ミニチュアフィギュア
  20. まとめ

樹脂粘土って一体なに?その特徴とは?

皆さんは樹脂粘土という商品をご存知でしょうか?樹脂粘土とはその名前の通り、樹脂を原材料として作っている粘土になります。樹脂粘土は自然乾燥で固まるという特徴は紙粘土と一緒なのですが、乾燥して固まった後の透明感に違いがあります。

オーブンで乾燥させなければ固まらな樹脂粘土もありますが、ダイソーのものは自然乾燥で大丈夫です。オーブンで焼くとかえってひび割れなどの原因になることもありますので、なるべくオーブンではなく自然乾燥させた方が良いでしょう。

樹脂粘土は紙粘土とは違い、例えば流行のスイーツデコ雑貨を作る時などにも実にリアルな質感や見た目を再現することができるのが大きな特徴です。

ダイソーで販売している樹脂粘土は手で触ってみると油粘土や紙粘土よりも乾いた印象を受けます。ベタベタしたり手についてしまうこともなく、快適に作品作りを楽しめるのも魅力的です。

ダイソーの樹脂粘土は使い方によっては大人用のアクセサリーや可愛い置き物なども作ることができるため、様々なおしゃれ作品がネット上でも披露されています。

カラフルで可愛い♡ダイソーの樹脂粘土の種類はカラーも色々!

大人気のダイソー樹脂粘土ですが、実は色もとっても豊富!ホワイト、イエロー、レッド、ブルー、グリーン、ブラック、イエローオーカー、ブラウンとバラエティ豊かでカラフルな色はスイーツを作ったり動物を作ったりする時もとても使いやすいと評判です。

どれもとても綺麗な色ですので、思わず全色そろえたいと思う人もたくさんいます。ダイソーの樹脂粘土はオーブンで焼かなくても自然乾燥でしっかり固まりますので、焦げやひび割れを気にする必要もなく使い勝手も抜群です。

さらにダイソーでは普通の色の樹脂粘土だけでなく、何とも可愛らしい見た目のパステルカラーの樹脂粘土も販売しています。普通の色の樹脂粘土とはまた違ってとても優しいふんわりとした色合いがとっても可愛らしく、こちらも女性の間で非常に話題になっています。

樹脂粘土はアクセサリーやフィギュアなどを手作りしたい女性にとって、なくてはならない必需品!樹脂粘土は使いたい色がない時は何色か混ぜ合わせて使うこともできます。普通の色の樹脂粘土とパステルカラーの樹脂粘土は、作りたい作品によって使い分けるのもおすすめですよ♡

誰でも楽しめる!ダイソーの樹脂粘土の使い方のコツをご紹介♪

それでは実際にダイソーの樹脂粘土の使い方を順番に見ていきましょう!

ダイソーの樹脂粘土は使い方は簡単に言うと、まず袋から樹脂粘土を取り出して自分の好きな形に粘土を整え、乾燥させるだけといシンプルなものです。そのシンプルな工程の中でどのように可愛くアレンジを付け加えていくかで作品の出来上がりに違いが生まれます。

おしゃれな作品や可愛らしい作品を作るためにはやはりちょっとしたコツが必要になります。

ここではyoutube動画からダイソーの樹脂粘土の使い方をレクチャーしている動画を幾つかご紹介致します。樹脂粘土は使い方が難しいと考えている人にとっても、実際に手作りしている様子を見れば非常に作業工程が分かりやすく、チャレンジしてみたくなること間違いなし!

樹脂粘土の使い方を知りたい方は必見ですよ♪

ダイソーの樹脂粘土の使い方(1)マカロン作り

ダイソーの樹脂粘土の使い方の1つめは、マカロン作りです。

樹脂粘土といえばマカロン!というほど樹脂粘土作品の中では人気があるマカロンですが、とってもキュートなマカロンも非常に簡単に手作りできてしまいます。

まず好みの色の樹脂粘土とマカロンの型を取るためにゴムボールなどを半分に切ったもの、ベビーオイルを準備します。ゴムボールを切ったものの中にベビーオイルを塗り込み、そこへ好きな色に混ぜ込んだ樹脂粘土を入れて型を取ります。

マカロンの間にはさむクリームを作り、最初に型を取った樹脂粘土で挟み、しっかりと乾燥させれば可愛いマカロンの完成です♪オーブンで焼く必要はなく、そのままの状態で数日置いて乾燥させましょう。

樹脂粘土は紙粘土よりも乾燥させる時間がたくさん必要ですので、固くなるまではむやみ触らない方が良いですね。仕上げに100均などで買ったガラス瓶に入れるとオシャレなインテリア雑貨になりますよ♡


◆関連記事:樹脂粘土について知りたいアナタはこちら

樹脂粘土を使ったアクセサリーの作り方!ピアス・花・ネックレスなど

ダイソーの樹脂粘土の使い方(2)アクセサリー作り

ダイソーの樹脂粘土の使い方の2つめは、アクセサリー作りです。

こちらはパステルカラーの樹脂粘土を使った可愛いアクセサリーの手作り方法を紹介しています。こちらはパステルカラーの樹脂粘土とシリコンモールドと粘土型など使ってアクセサリーを作ります。

まず樹脂粘土で動物の型やビスケットなどの型を取ります。粘土を使ったリボンの作り方なども紹介していますが、リボンも型を使えば簡単に作ることができますね。

ビスケット型の樹脂粘土の上に、接着剤などを使って動物やリボンの型を貼りつけます。仕上げにUVレジンを丁寧に塗れば艶感が出てさらに可愛くなります。お好みでネイルストーンなどを貼りつけてもおしゃれですね♪

乾燥させた後は金具をつけてブローチにしたり、穴を開けておいてネックレスなどのアクセサリーにするのもおすすめですよ。パステルカラーの樹脂粘土もオーブンで焼く必要はありませんので注意しましょう。

ダイソーの樹脂粘土の使い方(3)レジン不要アクセサリー作り

ダイソーの樹脂粘土の使い方の3つめは、レジン不要のアクセサリー作りです。

ダイソーの樹脂粘土は使い方によっては、まるでレジン作品のような可愛らしいアクセサリーも手作りできてしまいます!もちろんオーブンを使わず作りますので火傷の心配なども不要です。

オリジナル樹脂粘土アクセサリーは、アクセサリーパーツと樹脂粘土に布、シール、転写シール、マニキュア、デコパージュ紙などを使います。材料は自分の好きなものを利用すればOKです。

ここではアクセサリーパーツに樹脂粘土と布を使った方法をご紹介します。まずアクセサリーパーツに樹脂粘土を入れていきます。ぴったり隙間なく入れるのが綺麗に仕上げるコツです。

オーブンを使わず完全に乾燥させたらパーツから樹脂粘土を外し、表綿と裏面に布を付けます。綺麗に貼り付けが出来たらボンドを使ってアクセサリーパーツに留め、さらに乾燥させれば手作りのオリジナルアクセサリーが完成します。

アクセサリーパーツは100均や手芸屋にありますので、ぜひ好きな形のものを見つけてみてくださいね♪

真似したい!ダイソーの樹脂粘土の作品例12選♪

基本的な樹脂粘土の使い方はお分かりになりましたでしょうか?思っているよりもとても簡単に色々な作品ができることにビックリしている人も多いかもしれませんね。

樹脂粘土はアイデア次第でアクセサリーやフィギュアなど本当に色々なものを手作りすることが可能です。またオーブンを使わないため小さな子供でも楽しめるのも大きな魅力です。

次はダイソーの樹脂粘土を使った色々な手作りの作品を12例ご紹介していきます。樹脂粘土を使ったとてもおしゃれな手作り作品や可愛い作品がたくさんありますので、ぜひ皆さんもそのアイデアをチェックしてみてください。

樹脂粘土の奥深さが非常によく分かりますよ♪

ダイソーの樹脂粘土の作品例(1)多肉植物

ダイソーの樹脂粘土の作品例の1つめは、多肉植物です。

ダイソーの樹脂粘土は乾燥するとオーブンで焼かなくても非常に透明感のある質感になります。そのため手芸作品で植物を手作りする時にもとても便利なアイテムといえます。

こちらはダイソーの樹脂粘土を使って手作りした多肉植物ですが、一見すると本物の植物のように見えてビックリしてしまいすね。

ダイソーの樹脂粘土で微妙な葉の色の違いやバリエーションを出すために、緑の樹脂粘土に白や黄色を混ぜるなど工夫をこらしているのが伺えます。樹脂粘土はそのまま使うよりも何色か混ぜ合わせた方が深みのある色合いになりますね♪

厚みのある葉の1つ1つを丁寧に形作って合わせており、1つの多肉植物を作るのにそれなりの時間がかかっている大作です。

ダイソーの樹脂粘土の作品例(2)動物フィギュア

ダイソーの樹脂粘土の作品例の2つめは、動物フィギュアです。

ダイソーの樹脂粘土は色の豊富さも人気の理由の1つですが、手作りでこんなに可愛い動物フィギュアも出来てしまいます♪こちらはカピバラとシマウマのゆる~い雰囲気がキュートな小物です。

ダイソーの樹脂粘土を使って手作りする動物フィギュアはどれも微妙に顔つきや体つきが異なり、味わい深い作品に仕上がっていますね。

こちらもオーブンを使わず自然乾燥して仕上げている作品です。樹脂粘土は少し重さもありますので、玄関を飾る小物として置くのも可愛いですし、リビングの目立つ棚に飾るのも素敵です。

自分だけのオリジナルフィギュアが欲しい人はぜひチャレンジしてみましょう。

ダイソーの樹脂粘土の作品例(3)リアルなスイーツ

ダイソーの樹脂粘土の作品例の3つめは、リアルなスイーツです。

このとっても美味しそうなバターとはちみつを垂らしたホットケーキも、なんとダイソーの樹脂粘土を使って手作りした作品です。

ふわふわのホットケーキ生地の見た目と、こってり濃厚そうなバターの質感がみごとに再現されていますね。思わずフォークを伸ばしたくなるとても完成度の高い作品になっています。

ダイソーの樹脂粘土はオーブンを使わず乾燥するため優しい質感や自然な色合いがそのまま残ります。使い方1つでプラスチックの見た目からパンケーキの見た目まで自由自在に再現できるのも特徴的ですね。

最初からここまで完成度の高い作品を作るのは難しいかもしれませんが、皆さんもぜひ簡単な作品から挑戦してみてはいかがでしょうか。

ダイソーの樹脂粘土の作品例(4)食べ物キーホルダー

ダイソーの樹脂粘土の作品例の4つめは、食べ物をデザインしたキーホルダーです。

こちらはポテトとハンバーガーを樹脂粘土で作ったまるで小さな本物のような見た目の作品になります。よくよく作品を見るとハンバーガーにはレタスやチーズ、トマトやパテまで丁寧に作られていて、パンとチーズの柔らかそうな見た目は素晴らしくリアルです。

完成した樹脂粘土作品に手芸屋や100均で売っているキーホルダーの金具やアクセサリーパーツなどを差し込み、乾燥して固めればとても面白いキーホルダーやアクセサリーが完成します。

ピアスやペンダントトップにしたい時は樹脂粘土作品の大きさはあまり大きくしない方が良いですね。上手にできた作品はお友達にプレゼントしても喜ばれますよ♪

ダイソーの樹脂粘土の作品例(5)お化けデザインピアス

ダイソーの樹脂粘土の作品例の5つめは、お化けデザインピアスです。

女の子の大好きなピアスも樹脂粘土とアクセサリーパーツを使えばあっという間に作れてしまいます。こちらは可愛いお化けをモチーフにしたピアスで、ダイソーの白い樹脂粘土にペンで目と口を描いただけの超簡単な方法で手作りした作品になります。

不器用さんでも少し頑張ればオシャレな雑貨屋で売っているような可愛い作品を手作りすることができますので、まずはどんなデザインのものを作りたいのか絵や図に描いてみるのもオススメです。

仲良しのお友達や家族とお揃いにしても楽しくなりますよ♪

ダイソーの樹脂粘土の作品例(6)インテリア雑貨

ダイソーの樹脂粘土の作品例の6つめはインテリア雑貨です。

ダイソーの樹脂粘土手作りのアクセサリーよりももう少し頑張って大きい作品を作ると、おしゃれな家にぴったりのインテリア雑貨を作ることも可能です。

絵本で見かけたキャラクターのフィギュアなどを作ると子供大喜びしますし、大人も楽しい雰囲気を味わうことができますね。

ダイソーの樹脂粘土を使ってフィギュアやインテリア雑貨を作る時は、原色カラーの濃いめの色が欲しい時は絵具を少量混ぜて使うのも良いアイデアです。

世界に1つのオリジナル手作り作品を作って、お客さんを驚かせてしまいましょう!


◆関連記事:フェルトで手作りを楽しみませんか?

ダイソーのフェルトの種類や色は?羊毛キットで簡単手作り!

ダイソーの樹脂粘土の作品例(7)猫フィギュア

ダイソーの樹脂粘土の作品例の7つめは、猫フィギュアです。

こちらもインテリア雑貨として飾っておける樹脂粘土作品になります。可愛い猫は顔だけでなく身体まで丁寧に作り込まれているのが素敵ですね。

後ろを見ればなんとしっぽまで作っているという徹底ぶりです♡

猫好きな人はもちろん、犬好きな人は同じような要領で犬バージョンのフィギュアを作ってみるのもおもしろいですね。ダイソーの樹脂粘土はとってもリーズナブルですので、親子で一緒に作品作りを楽しむのもオススメですよ。

ダイソーの樹脂粘土は早く完成させたい時もオーブンを使わず、気長にじっくりと乾燥させるのを忘れないようにしましょう!

ダイソーの樹脂粘土の作品例(8)お花の置き物

ダイソーの樹脂粘土の作品例の8つめは、お花の置き物です。

こちらの美しいお花の置き物もダイソーの樹脂粘土を使って手作りした作品です。柔らかそうな花びらをみるとダイソーなどでよく見かける造花かと思いきや、触ってみると固い粘土の質感でビックリしてしまう人も多いかもしれませんね。

樹脂粘土で上手に花を作るコツは、面倒がらずに花びらを一枚一枚作って重ねあわせていくことです。中心の花びらを包み込むように樹脂粘土のパーツをつけていき、茎や葉をつければおしゃれな花の置き物が完成します。

トイレや洗面所などを飾るアイテムとしても素敵ですね。

ダイソーの樹脂粘土の作品例(9)人型デザインフィギュア

ダイソーの樹脂粘土の作品例の9つめは、人型デザインのフィギュアです。

ダイソーの樹脂粘土では動物だけでなく人型のデザインのフィギュアを作る人もたくさんいます。人型デザインのフィギュアは作るパーツがとても多いため少し難易度が上がりますが、そのぶん完成した時の満足感は高くなります。

テレビのキャラクターのフィギュアを作ったり、家族みんなのフィギュアを作って飾るのも面白いかもしれませんね。

人型のフィギュアは1つだけ飾るとあまりおしゃれに見えませんが、同じ作り方でたくさん作るとかなり見栄えがする作品が出来上がります。

ダイソーの樹脂粘土はオーブンで焼く必要もありませんので、どんどん作品を作って楽しめるのも魅力ですね♪

ダイソーの樹脂粘土の作品例(10)花のデザインのアクセサリー

ダイソーの樹脂粘土の作品例の10個めは、花のデザインのアクセサリーです。

置き物とはまた違った雰囲気の可愛い花のデザインのアクセサリーもダイソーの樹脂粘土を使って手作りしています。アクセサリーは少し艶感があった方が豪華に見えておしゃれになりますので、自然乾燥させる前にレジン液などでコーティングしておくとキラキラした見た目になりますね。

樹脂粘土で花のデザインのアクセサリーを作る時は、手芸屋などで販売しているビーズやパールなどをつけるとより可愛くなります。ダイソーにあるネイルストーンなどを使うのも良いかもしれませんね。

慣れてくると売り物に出来るような可愛い作品を作ることも可能です。欲しいデザインのアクセサリーがなかなか見つからない時は、ダイソーの樹脂粘土を使って自分で手作りしてみるのもオススメですよ♪

ダイソーの樹脂粘土の作品例(11)アイスの置き物

ダイソーの樹脂粘土の作品例の11個めは、アイスの置き物です。

夏にぴったりの涼しげなアイスをモチーフにした置き物樹脂粘土を使って作っています。ダイソーの樹脂粘土は乾燥後は独特の透け感のある仕上がりになるため、アイスの氷の質感がよく再現されていますね。

オーブンで焼かずに仕上げるのもこの涼しげな見た目を作り上げる1つのポイントになります。

アイスをモチーフにした樹脂粘土の置き物は、ガラスの器に入れたりコップに入れておくだけで非常に可愛らしいインテリアになります。果物入りアイスにしたい時は転写シールなどを使うともっとリアルになります。

あまりにリアルに出来てしまった時は、家族が間違って食べてしまわないように注意が必要かもしれませんね♪小さい子供がいる家庭では十分気を付けるようにしましょう。

ダイソーの樹脂粘土の作品例(12)ミニチュアフィギュア

ダイソーの樹脂粘土の作品例の12個めは、ミニチュアフィギュアです。

ダイソーの樹脂粘土はサラリとした質感で指にくっつきにくいという特徴があるのですが、そのおかげで非常に細かい作品を作りたい時にも使いやすいという魅力もあります。

人形のための色々なアイテムを作りたい時や、または子供のおままごとの野菜や道具を作りたい時にもダイソーの樹脂粘土はとても重宝します。

ミニフィギュアを作る時はなるべく目や口などのパーツがバラバラにならないようにしっかりと接着剤で付けることが大切になります。細かい作業の時はピンセットなどを使っても良いですね。

また何かの型を取りたい時にはわざわざ粘土専用の型を買わなくても、自宅にある物を代用して使うことも可能です。たとえば綺麗な丸を作りたい時はペットボトルのキャップのフタを使っても良いですし、不要になったクッキー型などを使うのも可愛い型を取ることができます。

手先が器用な人は色んな道具を使ってぜひ様々なミニフィギュア作りに挑戦してみてくださいね。

まとめ

ダイソーの樹脂粘土の使い方や色の種類、またダイソーの樹脂粘土を使って作る作品例をご紹介しました!とても100均の粘土を使ったとは思えない可愛らしい作品に驚いた方も多いのではないでしょうか?

これまで学校の工作などで使っていた油粘土や紙粘土とは違い、ダイソーの樹脂粘土はかなり本格的な作品作りが楽しめる画期的な商品です。皆さんがオシャレなレストランやお友達の家で見た可愛らしい雑貨も、もしかするとダイソーの樹脂粘土を使った手作り作品の可能性もありますね♪

ダイソーの樹脂粘土はオーブンを使わないため手間がかからず、また自宅にオーブンが無い人でも気軽に手作りを楽しむことができます。

皆さんもダイソーのカラフルな樹脂粘土を使って、自分だけのオリジナル作品やオリジナルアクセサリー作りに挑戦してみてくださいね♡

もっと手作りについて知りたいアナタはこちら

ダイソー・セリアのリボンを手作りアレンジ!【100均】
レジンアクセサリーの作り方!初心者でも簡単に作れる!
ダイソーのピアス・イヤリングが可愛い!【100均アクセサリー】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ