ダイソーの圧縮袋が便利!衣類も布団に簡単にコンパクトに!

布団や衣類をコンパクトに収納できるグッズとして人気が高い圧縮袋ですが、ダイソーの圧縮袋が使えると人気になっています。100均のダイソーなのに十分な性能もあり、旅行でも大活躍するというダイソーの圧縮袋。どんなサイズがあって、どんな使い方ができるのでしょうか?!

ダイソーの圧縮袋が便利!衣類も布団に簡単にコンパクトに!のイメージ

目次

  1. ダイソーの圧縮袋が使えて便利!
  2. ダイソーの圧縮袋にはどんな種類やサイズが?!
  3. ダイソーの掃除機いらずの衣類用圧縮袋の使い方は?!
  4. ダイソーには布団用のサイズの圧縮袋もある!
  5. ダイソーの圧縮袋は本当にお得なの?!
  6. 圧縮袋を使う時にはこれもあると完璧!
  7. ダイソーには圧縮袋以外にも便利な生活雑貨が!
  8. ダイソーの圧縮袋をしっかり活用して便利な毎日を!

ダイソーの圧縮袋が使えて便利!

使わない布団や衣類をコンパクトに収納できると人気が高い圧縮袋。よく通販番組でも取り上げられているので、家の中で活用している人も沢山いるのではないでしょうか。

使わない布団や毛布は、ただただかさばるだけで押入れやクローゼットの中を占領してしまい、そのスペースがもったいないですよね!

布団をぺちゃんこに圧縮して収納できる布団圧縮袋は、そんな場所ばかりかさばってしまう布団をコンパクトに圧縮して収納できるようにしてくれると、本当に人気が高いグッズになっています。

以前は布団圧縮袋しかありませんでしたが、最近ではサイズもいろいろなサイズのものが登場するようになり、衣類や小物類も圧縮できるようになりました。

また旅行カバンの中身を圧縮して、旅行カバンをコンパクトにしてしまう、圧縮袋を活用した旅行の達人も沢山現れているようです。

そんな便利な圧縮袋ですが、通販やホームセンターではちょっとお値段が張ると思いませんか?!実は100均のダイソーで圧縮袋を購入することができるんです!

ダイソーの圧縮袋にはサイズや種類がいろいろとあって、便利に使い分けができます。この記事ではダイソーのお得な圧縮袋についていろいろとまとめてみました。

ダイソーの圧縮袋にはどんな種類やサイズが?!

ダイソーの圧縮袋には、どんなサイズのどんな種類のものがあるのでしょうか?!ダイソーの圧縮袋には衣類用と布団用があります。

100円で買える衣類用の圧縮袋のサイズは、普通の衣類用が42cm×35cm、厚物衣類用が60cm×45cmになります。布団用の圧縮袋のサイズは60cm×90cmになります。

大きなサイズはちょっと残念なことに100円では購入できない300円商品なのですが、それでも通販やホームセンターで購入することを考えると、かなりお得な値段で買えるので、布団圧縮袋が気になっている人は一度ダイソーの圧縮袋を試しに購入してみるのはいかがでしょうか?!

掃除機いらず!35×47cm衣類用圧縮袋Mサイズ(2枚)

掃除機を使わなくても衣類を圧縮することができる袋がありますよ。掃除機をわざわざ使うと面倒なので、とっても便利ですよね!

Mサイズなので少し大きめの洋服を圧縮することもできるでしょう。

かわいいディズニー柄!手巻き圧縮タイプ

ディズニー柄の圧縮袋があるとテンションが上がると思いませんか?ディズニー柄のものは、手巻きタイプのものになりますよ。

可愛い柄がタンスや旅行バッグから出てくると嬉しいですよね。

35×47cm衣類圧縮袋Mサイズ(2枚)

おしゃれなミッキー柄が素敵ですよね。子供っぽくないですが、子供にも使えますし子供っぽくないからこそ大人でも使うことができますよね!

50×60cm衣類圧縮袋Lサイズ(1枚)

こちら、Lサイズのミッキー柄になります。先ほどとは違うタイプのミッキーもあって可愛いですよね。Lサイズがあるというのも嬉しい情報ですね!

おしゃれなストライプ柄!手巻き圧縮タイプ

キャラクターものには抵抗があるけど、透明のものも味気ないなと思っている人におすすめなのがストライプ柄ですよ!

かなりおしゃれなので持っていると一目置かれそうですよね!

35×40cmうす物衣類用圧縮袋(1枚)

黒白の普通のストライプ柄ですが、この組み合わせがおしゃれですよね。少し小さめですが、きちんと衣類を入れることができますよ!

42×35cm衣類用圧縮袋(1枚)

手前は厚物衣類用ですが、奥にあるのが厚物より薄めの衣類を入れる用の圧縮袋です。セーターが1枚程度入る容量となっています。

60×45cm厚物衣類用圧縮袋(1枚)

かなり大きめの圧縮袋ですね。朱色のストライプ柄がとてもおしゃれに見えますね。最近は、朱色っぽい赤が人気カラーにもなっているので、注目されそうですよね!

ダイソーの圧縮袋は衣類用の小さいサイズは掃除機いらず!

ダイソーで買うことができる衣類用の小さいサイズの圧縮袋の一番の特徴というと、掃除機いらず!ということですね。

圧縮袋と言えば、基本的に掃除機を使って中の空気を抜かなければ、圧縮することはできません。

でもこの掃除機を使って圧縮する、っていう使い方が面倒臭かったり、ちょっと大変だったりするんですよね。

大きな布団を圧縮するときには、掃除機のパワーを借りなければ、なかなか圧縮はできませんが、小さな小物や衣類を圧縮するときには、掃除機のパワーが強すぎて心配になることも!

小物を圧縮するときには、掃除機のパワーで小物が傷んでしまいそうな気もします。

そんな時に便利なのが、ダイソーの掃除機がいらない圧縮袋です。使い方のコツを覚えたら、誰でも簡単に洋服や小物を圧縮できるようになるので、本当に便利ですよね!

ダイソーの掃除機いらずの衣類用圧縮袋の使い方は?!

それでは、掃除機いらずのダイソーの圧縮袋は、どんな使い方をすればいいでしょうか?!

掃除機がいらないダイソーの衣類用の圧縮袋の使い方は、まずは洋服をきれいにたたんで圧縮袋に入れます。次に、湿らせた布でファスナーを拭いてホコリを取り除いてから、ファスナーをしっかりと閉めます。

ファスナーを閉めたら、ファスナーの方から空気を抜くように巻いていきます。すると底の方が逆止弁になっていて、空気が抜けるようになっているので、抜けた空気が逆流して入ってくることがありません。

ちょっと慣れるまでは使い方が面倒くさいとか上手に空気を抜くコツがわからない、という人もいるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単にできます!

ぜひ使い方をしっかりと覚えて、ダイソーの圧縮袋を活用しましょう。

ダイソーの圧縮袋は旅行で大活躍!

ダイソーの、掃除機いらずの衣類用圧縮袋の使い方で、特に便利な使い方だと評判になっているのが、旅行で使う、という使い方です。

旅行に行くときには、旅行かばんはできるだけコンパクトなサイズで収納したいものですよね。特に温かい地域から寒い地域へ行くときには、セーターやコートなどかさばる物も旅行かばんに入れなければならないので、荷物が大きくなってしまいがちです。

そんな旅行かばんのコンパクト化にとても便利な雑貨が圧縮袋なんです!

今や旅行の達人の多くが、旅行の必須アイテムの雑貨に圧縮袋を挙げるくらい、旅行に行く人にとっては、かさばる衣類を圧縮袋でコンパクトに旅行かばんに収納する、というのは当たり前のことになっています。

頻繁に出張があるとか、海外旅行が好きだ、という人はぜひ旅行に必要な雑貨の1つに、圧縮袋を加えて見てはいかがでしょうか?!

でも他旅行の時に飛行機に乗る時には、出来るだけ旅行かばんや荷物を小さくして、節約したいものです。

ダイソーの圧縮袋で旅行鞄はどのくらいコンパクトに?!

実際にダイソーの衣類用の圧縮袋を使うと、旅行かばんはどのくらいコンパクトに収納できるのでしょうか。

圧縮袋を使う前と使った後の旅行かばんを見比べてみると、旅行かばんに衣類が目いっぱい入っていた状態から、4分の1から3分の1程度のスペースが空く程度には圧縮されました。

帰りのお土産を入れるスペースが十分に生まれますね!

また、出張などでお土産をそれほど考える必要が無い場合には、旅行かばんのサイズを1サイズ小さくできるかもしれません!

旅行かばんに詰める荷物の量に悩んでいる人は、ぜひダイソーの人気雑貨の掃除機いらずの圧縮袋を探してみてはいかがでしょうか?!

ダイソーには布団用のサイズの圧縮袋もある!

ダイソーには、掃除機いらずの衣類用の圧縮袋のほかに、布団用の圧縮袋もあります。

布団用の圧縮袋のサイズは上の方でもお伝えしたように、60cm×90cmで、掃除機で空気を吸い出すタイプになっています。

布団から空気を抜くのはちょっと手だけでは大変なので、やはり掃除機のパワーを借りたいものですよね!


◆関連記事:洗濯グッズもダイソーで!

100均ダイソー・セリア・キャンドゥのハンガー・洗濯グッズ特集!

ダイソーの布団用の圧縮袋の値段は?!

ダイソーの布団圧縮袋の値段は、ちょっと残念なことに100円ではありません。税抜300円の商品になっています。

しかし、通販番組の布団用圧縮袋の値段が980円とかなので、300円でほぼ同じものが購入できるダイソーの布団圧縮袋はやはりお得な商品ではないでしょうか?!

手巻き圧縮 ストライプ柄 うす物布団用圧縮袋

こちら、布団用のストライプ柄圧縮袋です。布団もストライプ柄のものでおしゃれに収納できると、次出すときのテンションも上がりそうですよね!

簡単に空気を抜いて手巻きで圧縮できるタイプですよ。

手巻き圧縮 ふとん圧縮袋M/羽毛ふとん圧縮袋

こちらは、とてもシンプルですが清潔感がありますね。Mサイズのものなのでふっくらした布団も入れやすいのではないでしょうか。

バルブ式 ふとん一式まとめて圧縮袋(300円)

こちらは、バルブ式の圧縮袋ですよ。300円しますがかなり安い圧縮袋になりますね。バルブ式なのであっという間に圧縮されるスピード感がいいですよね。

バルブ式の圧縮袋に布団一式をいれると、ここまで圧縮することができますよ!これだけ小さくなってくれたら、押入れにも余裕が出るでしょう!

ダイソーの布団用の圧縮袋の使い方は?!

布団圧縮袋の使い方には2通りあります。袋の中に掃除機を入れて空気を抜くポケットタイプと、圧縮袋の外側に付いたバルブに掃除機を押し当てて空気を抜くバルブタイプがあります。

ポケットタイプはどうしても掃除機を抜き取る時に空気が入ってしまうという欠点があるのですが、ダイソーの布団圧縮袋の使い方はどちらなのでしょうか。

現在販売されているダイソーの布団圧縮袋の使い方は、空気を抜き終わった後に空気が入りにくいバルブタイプになっています。

使い方は袋の外側についているバルブに、掃除機を押し当ててスイッチを言えるだけで空気が抜けていくので、簡単に空気を抜くことができますよね!

手巻き圧縮タイプは掃除機が必要なし!

手巻き圧縮タイプは、手で空気を抜いて、そのまま端から巻いていくだけでいいものです。そのため、掃除機を使わなくていいというメリットがありますよ!

電気代いらずで、本当に安く収納ができますよね。

ダイソーの布団用の圧縮袋は空気漏れしない?!

布団圧縮袋というと、一度袋の中から抜いた空気を、逆流させないという、ちょっと高度な技術が必要になる製品です。

ある程度のしっかりとした技術力が必要になるので、ダイソーの格安の布団圧縮袋で、本当に大丈夫なのかと不安に思う人も少なくないようです。

実際に、以前のダイソーの布団圧縮袋は、逆止弁の性能が悪く、2ヵ月から3か月ほどすると空気が入ってしまうという欠点があったようですが、最近のモノはしっかりとその点も改良されていて、しっかり空気を抜けば1年くらい軽く持つように鳴ったので、性能の面も安心して使うことができます。

何年も放置しておくのはお勧めしませんが、次の年の同じシーズンに使うまでは十分に空気を抜いたまま保っておくことが出来るだけの性能があるので安心して使いましょう!

でも何年も空気を抜いたまま放置しておきたいのであれば、念のために、もっと値段の高いものを使った方が安心かもしれません。

ダイソーの圧縮袋は本当にお得なの?!

ダイソーなどの100円ショップの商品の中には、耐久性がなかったり、入っている量が少なかったりして、安いようで実は使ってみると高上りだった、という商品もあるのが現実です。

この記事でテーマにしている圧縮袋はお得な商品と言えるのでしょうか?!

以前のダイソーの圧縮袋は、どうしても途中で空気が入ってしまうなど、性能の面でちょっと不安があったのは確かです。

しかし、現在ではその点も改善されて、その上、耐久性も何度も繰り返して使っても大丈夫です!

とはいえ、圧縮袋自体が、数年で買い替えなくてはいけないものなので、コスパを考えたらやはりお得な商品と言えるのではないでしょうか!


◆関連記事:もっと賢く収納したい方へ

100均の収納アイデア!部屋がおしゃれになる収納術解説【場所別】

圧縮袋を使う時にはこれもあると完璧!

ダイソーの圧縮袋だけではありませんが、圧縮袋を使う時に衣類や布団と一緒に入れた方がいいものがあるってご存知ですか?!

防虫剤を一緒に入れる人がいますが、防虫剤は色や臭いが服や布団についてしまうので、あまりお勧めしません。

どうしても入れたい場合には、紙などに包んで、直接、服や布団に触れないようにして入れましょう。

圧縮袋の中に入れた方がいいものというのは、脱酸素剤です。

しっかりと空気を抜いたつもりでも、どうしても圧縮袋から100%完全に酸素は抜けないものです。わずかに残った酸素を吸い取ってくれる脱酸素剤を入れておけば、完ぺきに酸素が無くなり密封状態になるので、布団も長持ち!

ダニやカビも防虫剤を入れなくても全滅してしまいます!

ダイソーには圧縮袋以外にも便利な生活雑貨が!

ここまで、ダイソーの圧縮袋についてお伝えしてきましたが、ダイソーには圧縮袋の他にも便利な生活雑貨がたくさんあります。

ここからは圧縮袋以外にも生活に役立つ、便利なダイソーの生活雑貨をいろいろとご紹介していきます!

ランドリーバスケット

最近話題になっている、ダイソーの生活雑貨には、ランドリーバスケットがあります。

1人暮らしの人には、本格的な洗濯かごではなくても、100均のランドリーバスケットで十分なサイズですよね!

ダイソーのランドリーバスケットが人気の理由は、何といってもそのオシャレなデザインです。

シンプルで男前なデザインがクールでカッコいい!男の一人暮らしでも十分に使えるとハマる人が続出中です♪

ランドリーバスケットとしてではなくて、家の中の収納にも工夫すれば使えるので、ぜひあなたなりの使い方を考えて見てはいかがでしょうか?!

レンジフードフィルター

こちらは、デザイン性ではなくて実用性で人気が高い生活雑貨ですが、レンジフードフィルターもダイソーで話題になっている生活雑貨の1つです。

年末の大掃除の悩みの1つに、換気扇の油汚れがありますよね。1年に一度はきれいに洗わなければいけないのですが、こびりついたしつこい油汚れに格闘することに疲れ果ててしまっている人も多いものです。

そんな人に、ぜひおすすめしたいのが、ダイソーに打っているレンジフードフィルターです。

不織布で出来ているこのフィルターを換気扇の前に貼っておけば、空気は通してくれますが、油汚れやごみやほこりはフィルターがキャッチしてくれるので、換気扇の汚れ方が全く違ってきます!

換気扇を全く洗わなくて済む、という訳ではないのですが、しつこい油汚れとの格闘が楽になるのは本当にありがたいものですよね!

ガスレンジ用下敷き

年末の大掃除で、換気扇の次に油汚れと闘わなくてははいけないのが、ガスレンジの下です。

ガスレンジを思い切って動かしてみると、その下には思う存分溜まった1年分の油汚れが…

もちろん油汚れなので、しっかりと強力洗剤で洗えば落ちるのですが、やはり掃除は大変です。

そんな時に便利なのがダイソーに売っている生活雑貨のガスレンジ用の下敷きを敷いておくことです。

するとカスレンジの下の汚れを使い捨て出来る下敷きが全ての汚れをキャッチしてくれるので、ガス台が汚れなくなります。

軽く拭き取ればキレイになってしまい、今までの掃除の苦労はいったい何だったのかと思うほど大掃除が楽になります。

洗顔用泡だて器

ダイソーの美容系の生活雑貨で、話題になっている雑貨が、洗顔料を泡立てるための雑貨のほいっぷるんです。

洗顔料は、しっかりと泡立てて、泡で顔を進むようにして洗うのが良いというのは、誰もが知っている常識ですよね。

でも、まるでケーキの生クリームのような泡を作り出すのはなかなか大変なことです。

専用のネットもありますが、洗顔料も選ばなくてはきれいな泡はできません。

しかし、誰でも簡単にまるでホイップクリームのような泡の洗顔料が作れると話題の雑貨がほいっぷるんです。

使い方は少量の水と適量の洗顔料をほいっぷるんの中に入れて、蓋をして蓋についてる棒を上下するだけ!

たったこれだけで、今まで味わったこともないような凄い泡が作れると、話題の雑貨です!

排水溝用ヘアキャッチャー

ダイソーで便利だと話題になっている生活雑貨に、排水口で髪の毛をキャッチするヘアキャッチャーです。

お風呂場の掃除をする時のお悩みの1つが、排水口にたまる髪の毛ですよね。手で触るのも汚いけれども、こまめに捨てないと排水口が詰まってしまいます。

そんな時に便利なのが、ダイソーの排水口ヘアキャッチャーです。

排水口の髪の毛をしっかりとキャッチしてくれて、簡単に捨てられるので、手もあまり汚すことがありません。

毎日の掃除を少しだけ楽にしたいのなら、絶対におすすめの雑貨です!

風呂フタ用掃除ブラシ

ダイソーで、便利だと話題の生活雑貨には、お風呂のフタ用の掃除ブラシがあります。

お風呂のフタって、あまり普段はしっかりと洗わないものですが、気が付くと細かい汚れが溜まっていますよね。

しかも、簡単に折りたためるようになっているのはいいのですが、折りたたむところのコマかい隙間には普通のスポンジが入らない上に、歯ブラシなどで掃除をするには、ちょっと大きすぎて大変です。

そんなお悩みを完結してくれるのが、風呂フタ用の掃除ブラシです。

お風呂のフタを隅々までしっかりと掃除できるように作られているこの掃除ブラシを使えば、今までなかなか洗えなかった細かいところまで、しっかりとブラシの先が届いて汚れをかき出してくれるのは、本当にいいですね!

洗濯バサミ収納ネット

ダイソーで便利な生活雑貨として人気が高い雑貨には、洗濯バサミ収納ネットがあります。洗濯をしていると、洗濯バサミの片付けに苦労しませんか?!

洗濯バサミ収納ネットを使うと、片付ける時にちょっと悩みがちな洗濯バサミをしっかりと収納してくれるので、本当に便利ですね!

片手で使える布団ばさみ

ダイソーで便利だと話題になっている雑貨には、片手で使える布団バサミもあります。布団を干すときに、布団が落ちないように布団バサミを使っている人も沢山いますよね。

布団ばさみって、力を入れないと広げられないので、両手を使う必要があります。

しかし、片手で使える布団ばさみを使うと、布団を片手で抑えながら、もう片方の手で布団ばさみを使えるので、今までよりも楽に布団を干すことができるようになるのがうれしいですね!

【ダイソーの圧縮袋以外の生活雑貨9】ご飯冷凍タッパー

ダイソーで便利だと話題の生活雑貨には、ご飯を冷凍するためのタッパーもあります。

ご飯用のタッパーは、1膳ずつ冷凍することができるので、ご飯を一度に焚いて、冷凍しておきたい、という人には便利ですよね!

そのまま電子レンジで温めればすぐに食べられるのも嬉しいものです!

なるほど米とぎ

ネイルをしている人にとっては、お米を研ぐという作業はとても難しい作業になります。ネイルを傷めないように、硬いお米を研ぐというのはなかなかハードルが高いものですよね。

そんな、自分の手を使ってお米をとぎたくないという人のために便利な雑貨が、なるほど米とぎです。

お米をとぐため爪のようなものが先端についていて、その部分をお米の中に入れてかき混ぜるとお米が研げるという優れものです。

側面は細かい穴の開いたネット上になっていて、お米を落とさずに水切りできるのも嬉しいですね!ネイルをしていない人でも役立ちそうなお米とぎグッズです!

ふんわりバターナイフ

ダイソーで人気が高い生活雑貨に、ふんわりバターナイフもあります。

パンにバターやマーガリンを塗りたいと思った時に、バターやマーガリンが固すぎて、うまくやわらかいパンに塗れないということがよくありますよね。

そんなお悩みを解決できるのがふんわりバターナイフになります。

ふんわりバターナイフでバターやマーガリンの表面を削り取るようにすると、ナイフの側面に空いた細かい穴でバターがふんわりした状態に削り取られます。

そのバターをパンに塗ると、いつもよりもふんわりとした状態で塗ることができると、話題になっています。

電子レンジでパスタ

パスタって、簡単に作れる料理の1つですが、パスタを食べたいと思ったときに、お湯を沸かしてパスタをゆでるのって、ちょっとめんどくさくありませんか?!

そんな時に便利なグッズが、電子レンジでパスタがゆでられる容器です。使い方は水とパスタを容器に入れて、ゆで時間プラス4分で電子レンジに掛ければOK!

洗いものが少なくて済むのは本当に助かりますね!!

ダイソーの圧縮袋をしっかり活用して便利な毎日を!

この記事では、ダイソーで話題の圧縮袋についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

ダイソーの衣類圧縮袋や布団圧縮袋は、以前は性能の面で不安があったようですが、今はちゃんと使えるものが売っているということで、コスパを考えても安心して使えるようですね。

ぜひダイソーで話題の圧縮袋を上手に生活の中で活用して、楽しくて便利な生活を実現してみてはいかがでしょうか?!

もっと100均について知りたい方はこちら

▼関連記事:セリアのリメイクシートの活用術とは?

100均セリアリメイクシートのインテリア活用アイデア!貼り方は?

▼関連記事:ダイソー、セリアの文房具をチェック!

100均ダイソー・セリアの文房具おすすめ17選!

▼関連記事:セリアをパトロールしよう!

セリアパトロールに行こう!100均セリアのおすすめ商品まとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ