小指の靴擦れが起こる原因とは?靴擦れ防止策と予防アイテム5選!

小指の靴擦れが起こる原因とは?靴擦れ防止策と予防アイテム5選!

小指の靴擦れに悩んでいませんか?そのまま歩き続けなければいけない場合もあり、痛くて辛いですよね。今回は小指の靴擦れの原因や対処法、靴擦れ防止グッズについてご紹介します。原因を知りしっかりと対策することで、靴擦れが怖くなくなりますよ♪

記事の目次

  1. 1.小指の靴擦れが起きる原因
  2. 2.小指の靴擦れを起こしてしまった時の対処法
  3. 3.靴擦れ防止グッズで予防も効果あり!靴擦れ防止グッズ5選!
  4. 4.痛い小指の靴擦れを起こさないために

小指の靴擦れが起きる原因

小指の靴擦れが起きて痛くなった経験はありませんか?そのまま歩き続けるのは、痛くて辛いですよね。デート中などに痛くなり、言い出せずに我慢してしまった…という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

正しい対処法や防止グッズで、靴擦れの悩みから解放されましょう。まずは、靴擦れの原因からご紹介します!

サイズの合わない靴を履いている

小指が靴擦れしてしまう方に最初に確認して欲しいのが、靴のサイズが合っているのかどうかです。サイズが合っていないと靴と足の摩擦が大きくなり、辛い靴擦れに繋がります。

ネットで購入する方も多いので、実際履いてみると大きかったり、小さかったりということも多いようです。交換が可能な場合には、購入先にお願いして自分に合ったサイズに変えてもらいましょう。

特にヒールのある靴は、足がつま先の方へ力がかかり痛くなりやすいです。ヒールを履くことの多い女性の方が、靴擦れに悩まされている傾向があります。

店頭で購入する場合は、しっかり試着することが大事です。少し歩いて確認してみて下さい。

サイズはあっていても幅が細い靴を履いている

靴を選ぶ際、靴の縦のサイズを重要視すると思いますが、実は横の幅も大事です。自分の足の横幅よりも細い靴は、足との摩擦が強くなります。足の側面が圧迫されて痛むのが想像できますよね。

横幅が細い足の方が、横幅の大きい靴を履いてしまった場合も、足と靴の擦れが大きくなってしまいます。足の縦のサイズ同様に、自分の足にあった横幅の靴を選ぶのが重要です。

試着しても判断が出来ないという方や自分に合った靴が見つからない方は、オーダーメイドの靴を買ってみるのもおすすめです。3D計測器を使用する店では、簡単に足のサイズが計測可能です。自分にピッタリの靴を購入することが出来ますよ。

歩き方にクセがある場合も

自分に合っている靴を履いていても靴擦れしてしまう場合は、歩き方が原因かもしれません。是非一度、靴底の減り方をチェックしてみて下さい。正しい減り方をしていますか?

正しい減り方とズレている場合や左右で差があった場合、正しく歩けていない可能性が高いです。内股歩きの方は内側が減りやすく、ガニ股歩きの方は外側が減りやすいです。

正しい歩き方を学ぶには、YouTubeが役に立ちます。正しい歩き方を説明してくれている動画で学び、日頃から意識して歩いてみて下さい。

正しい歩き方は姿勢が良いので、周りから見ても美しいです。歩き方を改善することで、印象アップにも繋げることが出来ますよ♪

小指の靴擦れを起こしてしまった時の対処法

靴擦れが起こってしまった場合、一刻も早く痛みを和らげたいですよね。小指の靴擦れを起こしてしまった時の対処法をご紹介します!

靴擦れしてしまったら絆創膏を貼る

急に小指が靴擦れになってしまった時には、応急処置として絆創膏を貼るのがおすすめです。靴擦れしてしまった部分を靴との摩擦から守り、痛みを減らすことができます。

女性の方は、日頃から絆創膏を持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。持っていなくても、絆創膏ならコンビニや薬局ですぐに手に入れることが出来ます。

手元に絆創膏がなく、購入する時間もない時には、ティッシュを靴擦れ部分に挟んでみて下さい。靴と小指が直接触れないように、間にクッションを入れることが大切です。

爪の痛みには靴下やストッキングで痛みを抑える

爪が靴の内側と当たると、爪の痛みに繋がってしまいます。爪の下が内出血してしまうことも。そのような場合には、厚めの靴下を履きましょう。

薄手のストッキングを履いている場合には、厚めのストッキングに履き替えることでクッション性が高まり、痛みを抑えることが可能です。

靴下や厚手のストッキングはクッションになってくれるだけでなく、大きめの靴を履いている場合に足がズレにくくなりますよ。靴擦れに悩んでいる方は、素足で靴を履かないようにするというのもひとつの手です。

水ぶくれは破かないように

酷い靴擦れの場合には、水ぶくれになってしまうことがあります。かさぶたを剥がしたくなってしまう方が多いように、水ぶくれも破いてしまいたくなる方が多いかもしれません。

水ぶくれを早く治すためには、破かないように気を付けて下さい。ぶつけてしまわないようにすることも必要です。破いてしまうと痛いだけではなく、感染症になる可能性があります。

水ぶくれ部分を綺麗に洗い、キズパワーパッドなどで保護して下さい。症状が軽度でなく酷い場合には、病院へ行きましょう。

次のページ

靴擦れ防止グッズで予防も効果あり!靴擦れ防止グッズ5選!

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely