別れる理由ランキング21!恋人と別れる心理ときっかけって?

出会った時には「いつまでも」と誓い合った2人であっても、別れるという選択を余儀なくされることがあります。ここでは誰にとっても辛い別れという道を歩むことになった理由をランキング形式でご紹介。アナタの恋に別れる理由が訪れないようにぜひ参考にしてみて!

別れる理由ランキング21!恋人と別れる心理ときっかけって?のイメージ

目次

  1. 失恋よりも「別れの痛み」が長引くのはなぜ?
  2. 【恋人と別れる理由①】どちらかに他の異性の影がある
  3. 【恋人と別れる理由②】致命的な嘘をつかれた
  4. 【恋人と別れる理由③】ただ、なんとなく
  5. 【恋人と別れる理由④】結婚という未来が描けない
  6. 【恋人と別れる理由⑤】長年一緒にいすぎた
  7. 【恋人と別れる理由⑥】逆に「別れない」理由がない
  8. 【恋人と別れる理由⑦】異性関係がだらしなさすぎる
  9. 【恋人と別れる理由⑧】遠距離にお互い疲れた
  10. 【恋人と別れる理由⑨】部屋が汚い、生活習慣がだらしない
  11. 【恋人と別れる理由⑩】仕事との兼ね合いが無理だった
  12. 【恋人と別れる理由⑪】収入格差が大きくなりすぎた
  13. 【恋人と別れる理由⑫】復縁してみたもののやっぱり無理
  14. 【恋人と別れる理由⑬】相手の家族や兄弟に問題がある
  15. 【恋人と別れる理由⑭】どうしても許せないクセがある
  16. 【恋人と別れる理由⑮】束縛が強すぎる
  17. 【恋人と別れる理由⑯】友達との付き合いを制限させられる
  18. 【恋人と別れる理由⑰】金銭感覚や経済観念の違い
  19. 【恋人と別れる理由⑱】売り言葉に買い言葉のケンカの果て
  20. 【恋人と別れる理由⑲】「もう好きじゃない」と感じた
  21. 【恋人と別れる理由⑳】恋人としてより友達でいた方が良かった
  22. 【恋人と別れる理由㉑】「すれ違い」が多すぎた
  23. どんな別れも「次」へのチャンスに生かせるようになろう!

失恋よりも「別れの痛み」が長引くのはなぜ?

失恋も別れも「相手を失う」痛みという点では同じはずなのに、「失恋」は日にち薬でいずれ治っていくのに対して「別れ」の痛みは何年たっても思い出すとズキッとした痛みのまま残されることがあります。

この差が生まれる原因の1つは「失恋」は乱暴な言い方をすれば、文字通り「恋を失った」だけのことなのに対し、「別れ」はその期間が長かろうと短かろうといったんはうまくいったはずの2人が「別れる」選択をしなければならなかったことに他なりません。

自分ではその時点では「最良」の選択をしたつもりでも、選択というからには当然もう1つの道があったはず。

なので、いつまでも「もし(別れることを選択しなければ)」とか「あの時違う選択をしていたら」という疑問が
いつまでも尾を引くことになるのです。

そこで今回は、世の中のカップルたちが「別れる」ことを選択した「理由」を21項目ランキング形式でご紹介していきます。あなたの「選択肢」と比べることで「自分の選択」をもう一度見直してみるきっかけになるかも?

【恋人と別れる理由①】どちらかに他の異性の影がある

中学生や高校生での恋愛なら「今カレ・今カノが真剣な恋愛としての初カレ・初カノ」ということもありえますが、社会人や大学生ともなると、元カレ・元カノがお互いに数人(数十人?)はいるのが当たり前とも言えますよね。

そうした相手の「過去」をいつまでもとがめていたり気にしていたのでは、一歩も前に進みようがありませんが、そもそも相手の中で「過去」になっていない元カレ・元カノがいる場合は全く別の話。

それでなくても目の前にいない相手のことはどんどん自分の中で美化しがちなものなのに、そんな相手と四六時中心の中で比較されていたのではこちらに勝ち目はありません。

そうした場合は無理やり付き合いを続けて言っても、結局はお互いを傷つけあうという結果に終わりがち。まだ相手のことが「好き」で「憎む」ほどの傷には至っていないうちに別れる、というのがどちらにとっても最上の選択かも。

【恋人と別れる理由②】致命的な嘘をつかれた

何気ない嘘、相手を思ってついた嘘、嘘だと気付かないでついた嘘、嘘にもいろいろある以上「私は嘘をつかない」という嘘をついてみんな生きている、と言い換えてもおかしくないのが現実です。

でもそれだけ日常にあふれているともいえる嘘の中でも「これだけはダメ」という嘘は絶対に存在するもの。それがどれだけ熱愛中の2人であっても絶対に踏み越えてはいけない「最低限の嘘」というラインがあるのです。

そうした嘘を平気で、あるいは多少は後ろ暗い思いをしながらも結局は相手につく、という人は、その嘘が発覚していったんは謝罪したとしてもなかなかそういう性分は治りません。

嘘つきは「これぐらいのこと(別れる理由になんてならないよ)」と言うかもしれませんが、自分が大切で自分の未来を守りたいなら自分の中の「嘘のデッドライン」を踏み越えた相手とは例え結婚話を視野に入れるような相手であっても別れる、という選択しかないことも。

【恋人と別れる理由③】ただ、なんとなく

高校生、あるいは大学時代から長年付き合ってきていて周囲からも当然結婚するもの、と思われていたカップルがある日突然別れた、と聞いて驚いた経験、ありませんか?

顔を突き合わせればお互いの悪口や愚痴の言い合いで、「仲がいいんだか悪いんだか」分からないようなカップルが結局は結婚へとゴールインすることに比べて、周囲からも「公認」のようなカップルが別れるときの理由に多い「ただ、なんとなく」というセリフには正直すんなり納得できないことも。

でもそういう「ただ、なんとなく」という理由で別れるカップルの多くに共通するのは、お互いに対して「本音やエゴをぶつけあったことがない」という事実。「波風無く穏やかに」と言えば聞こえはいいですが、長年深く付き合っていこうと思うのなら、お互いの「素」の部分も受け止めあわなければ先々やっていけません。

「ただ、なんとなく」のセリフに続く言葉は「ただ、なんとなく(相手にとっても自分にとってもその人だなくてはいけない理由、がなかった)」ということだっただけなのかも。男女どちらのアンケートでも別れる理由のランキング上位にあがる「ただ、なんとなく」にはそうした隠れ理由がある場合を念頭においておくのが賢明です


◆関連記事:別れのサイン?彼女の行動の意味は?

彼女が音信不通になった!急に連絡が取れなくなる心理は?別れたい?

【恋人と別れる理由④】結婚という未来が描けない

高校生や大学生の恋愛では、相手が「好き」という気持ちだけで交際を続けていくことができますが、仕事を始めて、結婚や出産を意識する年齢になってくると「好き」という気持ちだけでは、付き合っていくことができない、という問題に男女問わず直面することがあります。

その原因は、相手や自分の仕事関係や収入、人生観の違いなどさまざまな理由が考えられますが、特に共通しているのは「結婚」という形態を最終的にとる、とらないに関わらず、「相手との未来をうまく想像できない」という時点で「別れる」という結論は出ているも同じということ。

「好き」な気持ちが褪せていない場合は男女どちらにとってもつらい選択になるかもしれませんが、「別れる」一択の道をごまかしごまかし歩いていっても結局は自分に嘘をつき続けていくことになるだけです。

【恋人と別れる理由⑤】長年一緒にいすぎた

中学・高校生時代からの付き合いや、幼なじみからカレカノへの昇格カップル、などの長年付き合っているカップルがパッタリ別れる、時の理由は、「相手への不平不満が静かにふりつもって臨界点を超えた」パターンと「長年一緒にいすぎて相手が異性ではなくなった」のパターンに分かれます。

前者に多いのは、本人自身も無意識の内に「あれ?」と思う小さな不平不満がどんどん積み重なっていたときに、最後の一押し、的なきっかけが起こって「ああ、この人とはやっていけない」と気付くケース。

この場合は相手には「別れる理由」が「理解できていない」ことが多いので、いざ別れるとなってもモメることが多くあります。

それに対して後者の場合は、長年の付き合いの中で相手も同様に「異性と見れない」とうすうす感じていることが多いため、意外とあっさり別れるという選択を受けて入れてくれることが多いそう。

【恋人と別れる理由⑥】逆に「別れない」理由がない

どれだけ「肩書き」的には自分とつりあう相手でも、長年一緒に過ごしてきた時間や歳月が輝いていても「嫌なものは嫌」でしかないこともあるのが人の感情の難しさ。

そうした場合の別れ際には泥仕合となることも多いですが、なるべくなら「ぐっとこらえて」相手のことを必要以上に傷つけない、という方法をとるのが結局は最良の道。

特に長年の付き合いで相手の家族や友達、仕事先にまでカレ・カノとして公認となっているようなカップル状態からの別れを選択する場合などは、ある程度までは相手の顔をたてて別れるのも結局は「損して得取れ」式解決です。

下手にそこでこじらせると、例え中学・高校生であっても一気にストーカー化してしまったというような事例などもトラブルランキングなどで多くランクインしているので要注意。


◆関連記事:彼氏のこの行動の意味は!?

彼氏が既読無視する心理11選!別れたいの?

【恋人と別れる理由⑦】異性関係がだらしなさすぎる

男でも女でもカノカレが人気者なのはいいとしても、誰彼区別なくベタベタしたり口説いたりということまでは普通黙認できません。ましてや、隠れてこそこそセフレをキープしていたり、元カレ・カノとずるずる男女関係を続けているような相手とは、いくら相手のことが「好き」でも長続きはしません。

なぜならそういう異性関係のだらしなさをどういう形であれ自分というカレ・カノがいる状態で続けている、ということは、そのカレ・カノはそうした二股や異性関係の乱れでこちらが傷ついてもかまわない、と心の奥底では思っているということだからです。

「それでも好きだから」と痛む自分の心にフタをして、傷つく自分から目をそらしていても、「自分が自分につく嘘」は長続きはしないもの。また、そうしただらしなさは仕事関係にも先々影響してくることも多いものです。

世の中には別れるしかない「理由」というものもある、ということも覚えておいて損はないかもしれません。

【恋人と別れる理由⑧】遠距離にお互い疲れた

高校生なら大学や専門学校進学時、または就職時などにいったん遠距離になってしまうと、それまで長年一緒にいて少しずつ愛情を育ててきた、というようなカップルでも「別れ」の危機に直面することはしばしばです。

特に高校生時代など、それまでは会いたいときはいつでも会えていたのに(今はダメ)、というストレスは大変なもの。それに加えて仕事や進学による環境の激変に自分が対応していくのが精一杯の相手に寂しさから来るわがままをぶつけてしまうと、言われた方も相手の寂しさやつらさが理解できても自分もいっぱいいっぱいで、つい傷つけあうことになってしまいがちです。

しかしその一方で、遠距離を乗り越えたカップルは、より絆をしっかりとしたものにできる、といった意見が「結婚を決めたきっかけは何ですか」といったランキングにしばしばランクインするのも事実。

高校生や大学生、就活や進学を前に今別れの危機にあるという人も、もし「遠距離」を別れの理由やきっかけにしたくない、という気持ちがまだ残っているのなら、もう一度がんばってみる価値はアリです。


◆関連記事:スピード離婚したくないならこちらをチェック!

スピード離婚の原因17選!すぐ別れる夫婦の特徴はなに?

【恋人と別れる理由⑨】部屋が汚い、生活習慣がだらしない

最近では普通の会話でもひんぱんに出てくるキーワードの1つとなった汚部屋。自宅住みだった高校生や大学生のときには気付かなかったのに、社会人デビューなどで一人暮らしを始めたカノジョの部屋を見てげんなり、といったことも「嫌いになる」きっかけとしてよくささやかれる理由の1つです。

また、汚部屋だけでなく、洗濯の頻度や冷蔵庫の中身などもうっかり見られてカレにドン引きされる遠因になった、という人も。

さらに意外と盲点なのが会社や学校の机やロッカー、加えてバッグの中身。

どれだけメイクもナチュラルで好感度の高い女子でも、合コンやデートの時にたまたま目にしたバッグや化粧ポーチがぐちゃぐちゃで幻滅した、という男子や、「ちょっとした文具を借りようと会社のデスクの引き出しを見たら、食べかけのお菓子やガム、のど飴などが散らばっていた」、「机の下に履き替えたストッキングが丸めて放ってあった」、というような目撃談も。

どこで誰に見られているか、誰の口から噂になるかわからない世の中。「だらしない女子」が「嫌いな異性のタイプ」に常時ランキング入りしている現実を考えれば、長年の恋も冷めるようなだらしない生活習慣はなくす努力が大切です。

【恋人と別れる理由⑩】仕事との兼ね合いが無理だった

男子だけでなくバリキャリとして働く女子にも当てはまることですが、「仕事への理解度が低い」カレ・カノジョとは長続きしない、のがセオリー。

特に仕事の繁忙期が違う職種同士のカップルなどでは、相手の立場への理解がないと「どうしてデートもままならないの」「どうして連絡の頻度が低いの」などと責め立ててばかりいることになり、言われた側のストレスはもちろん、言う方も常にフラストレーションを抱えている状態になってしまう負の無限ループに陥ってしまいます。

また、男女どちらかが高校生や大学生といった年の差カップルの場合はこうした仕事の面でのすれ違いがより深刻になるケースも。

「仕事」を巡るトラブルが恋愛や結婚・離婚・婚活の相談ランキングに長年ランクインしていることも考え合わせて、「相手の立場に立つ」努力を忘れずに!

【恋人と別れる理由⑪】収入格差が大きくなりすぎた

長年付き合っていたカップルがせっかくゴールインしたのに、数年で別れてしまった、というようなときにちらほら耳にするのが「収入格差が響いた」という別れの理由。

「そんなこと結婚前から分かりきっていたハズなのに」とは外野のせりふですが、実は当事者である本人たちもそれが最終的に別れのきっかけとなるとまでは最初は思っていなかったこともしばしば。

なぜなら、低い方は「今は負けているけど、いずれ並べる」と心ひそかに思っているものですし、高い方は「いずれ相手が追いつけ、追い越せ、してくるだろう」と安易に構えていることが多いのですが、年功序列制のほぼ崩壊した今、そうした希望的観測が実現するのは至難のワザで、むしろ格差が拡大することも十分起こりうるから。「離婚の理由」ランキングやアンケートの常連なのもそうしたことが原因です。

収入格差のあるカップルが結婚というゴールインを果たす前には、一度きちんと「このままの格差が続いても2人ともうまくやっていけるかどうか」を話し合う必要が大。

【恋人と別れる理由⑫】復縁してみたもののやっぱり無理

大ゲンカして「相手の顔を見るのも嫌」で別れたのならともかく、何かのきっかけで復縁するというカップルも意外と多くいるもの。元サヤでうまくいけばいいのですが、2度目もやっぱり破綻した、という場合に多いのが「思い込みと過剰評価」です。

このうち「思い込み」は「あんなに辛い思いまでして別れたのだから、以前の悪かった点は反省してくれているだろう」と無意識の内に考えていたのに、悪い意味でお互い以前とまったく変わっておらず、結局同じきっかけで別れることになるパターン。



それに対して「過剰評価」は誰しもがハマりやすい落とし穴として「過去の美化」が原因となっているものが大多数を占めます。

それも中学や高校生のときの交際相手といったような、別れてある程度年月が経ている場合のカップルにこの傾向は強く、男女差もないのが特徴で、ひたすら記憶の中の相手を美化し続けてしまった結果、いざ元サヤに戻ってみたら現実の相手と記憶の中の相手に大きすぎるギャップがあったというパターンが多く「失敗した復縁」などの原因別ランキングなどにもこうした理由が多く見られます。


どちらもせっかく縁があって元サヤに収まるというのなら、きちんと現実と向き合い、過去を反省すれば回避できたハズ。

【恋人と別れる理由⑬】相手の家族や兄弟に問題がある

「長年の付き合いで相手のいいところも悪いところもよくわかっている」、「仕事のことも相互理解済みだ」、というカップルでもいったん直面するとなかなか解決できない別れのきっかけが「相手の兄弟、家族問題」です。

例え事実上の結婚であっても法定婚の相手でもまったく相手の家族との付き合いをせずに生きていくことはほぼ不可能なのが日本社会の現実なので、ずっと一緒に生きていく、となると「相手さえいい人ならそれでいい」とはなかなかいかないことも。

それが相手の親族と「性格的にあまり合わない」程度なら同居での結婚でもない限り、年に何回かのこと、と割り切ることも出来るかもしれません。

しかし、それが「借金や異性問題の尻拭いを家族に押し付けてくる」兄弟姉妹であったり、「熟年離婚に関する財産問題が勃発している」家族であったり、「自分たちの信じる宗教を無理やり押し付けてくる」親族一同であったりすると、事はそうカンタンには片付きません。

男女問わず、こうした「相手の家族」を巡る問題は結婚や離婚にあたっての問題などのランキングにも頻出する身近で深刻な問題と言えます。

【恋人と別れる理由⑭】どうしても許せないクセがある

「無くて七癖」と言うようにどんな人にも多かれ少なかれ「クセ」はつき物ですが、それが「こだわり」と言い換えられるようなものならまだしも、周囲に不快感を与えるようなものや、人格上問題があるというような「クセ」の場合は問題大アリ、です。

最低でも中学、高校生ぐらいまでなら何とか本人も自覚して「治したい」と思うクセなら改善の余地がありますが大学生や社会人というようなすでにそれが長年のクセ、となっている場合は根本的には治らないことの方が大半を占めます。

その場合は、「仕方ない」と諦められるかどうかが別れのきっかけとなるかどうかのジャッジライン。いくら好きでも不快感しか覚えないクセの持ち主の場合は、結論を先延ばしして結婚でもしてしまった後に「やっぱり無理」となっても後の祭りということも。

【恋人と別れる理由⑮】束縛が強すぎる

多少の束縛は愛情の裏返し、といったようなことが時折、男社会で喧伝されることもあって、「自分以外の男のアドレスは全部消させる」や、「カノジョが男の参加メンバーもいる飲み会に行くなんて許せない」という人もいます。

恋は盲目、の始めのうちは確かに「自分のモノ」扱いが嬉しいかもしれませんが、「仕事絡みの忘年会や新年会、残業帰りのちょっとした食事の席もダメ」というようなところまで行くとさすがに「精神的束縛」となって洒落にならない場合も。

また、反対にカレに対してこうした束縛行為を繰り返していると、「単に付き合っているうちならまだしも結婚なんてしたら(束縛の度合いが)どうなることか」と怖気をふるったカレから別れを切り出されるきっかけともなりかねません。

特に対面的に面子を大事にしないといけない職種や性格の男子には「束縛されている」と周囲に知られるだけでもダメージが大きいもの。「復縁したくない元カノ」ランキングなどでも「束縛がひどい」は常に高位を占めるだけに「現在の付き合いを大切にしたい」と思う人は要注意です。

【恋人と別れる理由⑯】友達との付き合いを制限させられる

社会人となると高校生や大学生時代のような幅広い人に出会うチャンスもなくなり自然と交友関係も限られてくるものですが、「親しい友達はとりたてていない、カノジョだけが自分のプライベートを知る人」というようなカレカノジョの場合、自分と共有できるもの以外の世界」を相手がもつことを極端に嫌がるタイプの人が少なからずいます。

そうしたカレ・カノジョの場合は「(相手には)自分さえいればいい」と信じきっているので、自分の行動が相手から自分への恋心や愛情を削ぎ落としていく行為につながると気付かない人がほとんど。

「カノジョのココが嫌い」といったようなランキングでも上位にランクインするこうした傾向に心当たりがある場合は、十二分に気をつけましょう。

【恋人と別れる理由⑰】金銭感覚や経済観念の違い

百歩譲って高校生や大学生などの「生活とお金」の関係の深刻さにまだまだ気付かないで過ごせているうちはいいものの、社会人デビューした後のカップルが直面する「別れのきっかけ」となる1つが「金銭問題」や「経済観念の違い」です。

特に遠くない将来の結婚や出産といったライフイベントが視野に入ってくる年齢のカップルにとってこうした問題は避けて通れない死活問題。

さらに最近では、ギャンブルやブランド品などのぜいたく品購入といったある意味わかりやすい金銭問題だけでなく、「結婚資金にできる貯金がない」「学生ローンの残高が莫大すぎる」といったような、生活態度を改めればなんとかなる、と言う問題ではないようなものも別れるきっかけの大きな部分を占めてくるようになってきています。

【恋人と別れる理由⑱】売り言葉に買い言葉のケンカの果て

普段は思いやりぶかく優しいカレであっても、仕事がうまくいかない時や仕事の繁忙期で疲れてなかなか会えないような時などにわがままを言われたり、そのことで嫌味を言われたり、あげくは浮気を疑われたりすればカチンと来るもの。

最悪そこで気付けばまだマシですが、読み違えてますます相手を追い込むようなことや男のプライドを逆なでするようなことを言ったりすると売り言葉に買い言葉のひどいケンカに発展することも。

いくらケンカのときのセリフとは言え、あとからハッとなってもいったん口にしたものはデリートできないのが現実。例え何とか修復できても、そのことが「しこり」となって結局は別れる遠因になったり、疎遠になるきっかけとなった、という事例も。

【恋人と別れる理由⑲】「もう好きじゃない」と感じた

残酷なようですが「好き」になるのに理屈が必要ないのと同じで「嫌い」になるのにも理屈はない、というのが現実。

あばたもえくぼ、の例えではありませんが、「好き」という気持ちが自分の心を占めていたときはすべてカノジョの美点に見えていたことも、ちょっとした何かのきっかけで「嫌い」という気持ちが芽生えてみると、「今まではなんだったんだ」と思えるほどすべてがカノジョの欠点に見えてくる逆転現象が起こることもしばしば。

特に男性側にはこうした傾向は強く、別れに関するランキング以外の復縁や離婚といったランキングにおいても「いったん冷めたらとことん相手の欠点が見えてうんざり」といった声が多数寄せられています。

さらに高校生や中学生のように知り合う相手の範囲が狭いうちはうまくいっていたのに、進学などで環境が激変したとたんに冷めた、ということも。

こうした場合は、気持ちが残っているほうにはつらいですが「縁がなかった、縁が浅かった」と諦めるしかありません。

【恋人と別れる理由⑳】恋人としてより友達でいた方が良かった

長年気の置けない友達付き合いをしてきた間柄だった2人がカレカノの関係に移行するのはよくあることですが、すんなりうまくいく、と思われがちなこうした恋愛関係が案外壊れやすい、というのも周知の事実です。

「あんなにいい友達関係だったのに(恋人としてうまくいかないなんて)なぜ?」と思うかもしれませんが、友達として見る目と自分のカレ・カノとして見る目は自ずと違ってきても当たり前。

例えば酒に弱くよく悪酔いする女性でも友達として見ている分には「もー、しょーがないな」と許してくれるカレでも、いざ自分のカノジョとして見る場合は「そんな酔態誰彼かまわず見せるな、みっともない」とんってしまうのも仕方ないことかもしれません。

いくら友達として長年付き合ってきて気心は知れている、と思っていても、恋愛関係になったのならある程度の「ケジメ」は必要不可欠。そこを無視して甘えてばかりいると、恋人としてはおろか友達としても愛想を尽かされる羽目になりかねません。

【恋人と別れる理由㉑】「すれ違い」が多すぎた

「別れるきっかけ」というランキングなどで必ず上位に入る理由の1つ「すれ違い」。

実はこの「すれ違い」には遠距離であったり仕事柄出張がちであったりといった物理的な「すれ違い」の他にも、価値観の「すれ違い」や世界観の「すれ違い」といった精神的なものも多く含まれます。

よくありがちなのが、高校生や大学生同士のカップルのように、「同じ環境下」にあったときには感じずにすんでいた物の考え方や好み、行動パターンなどの違いが、仕事を始めたことや進学などによってお互いの属する環境が変わったことで、よりハッキリとしてしまったことによる「すれ違い」。

この場合は、男女どちらかが一方的に悪いというわけでもない分、別れると決断するまでに時間がかかる場合も。

どんな別れも「次」へのチャンスに生かせるようになろう!

どんなに考えて、どんな選択をしても、後からまるっきり後悔しない、という人はいないはず。

たとえ後から「あの時ああすれば」と振り返ることがあっても「だけど、あの時はそうするしかなかった」と、自分で自分をきちんと説得できる自分になることが、「別れ」の痛みの1番の処方箋かもしれません。

どんな痛みも想い出もバネにして「次の恋はハッピーエンドに!」と思える自分になりたいですね。

もっと別れに関して知りたいあなたへ

離婚の原因ランキング!夫婦が別れる理由で一番多いのはこれ!
別れの原因になりがちな「価値観の違い」。解決する方法は?
喧嘩しないカップルは別れる?長続きする?カップルの特徴とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ