付き合って2ヶ月のカップルがすべきこと9つ!別れないように!

付き合って2ヶ月が経とうとしているカップルのみなさん。付き合い始めたころと比べて、どのような変化を感じますか?付き合って2ヶ月というのはいろいろと節目を迎える時期でもあります。この頃に注意しておくべきことや、すべきことを、是非マスターしておきましょう!

付き合って2ヶ月のカップルがすべきこと9つ!別れないように!のイメージ

目次

  1. 付き合って2ヶ月って、どんな時期?
  2. 付き合って2ヶ月ですべきこと9選!
  3. 付き合って2ヶ月以降のおすすめの過ごし方
  4. 付き合って2ヶ月のケンカ対策
  5. 付き合って2ヶ月以降もラブラブでいよう♡

付き合って2ヶ月って、どんな時期?

付き合って2ヶ月といえば、どのような時期だと思いますか?まだまだ付き合い始めて間もない時期とも言えますから、まだ初々しさの残るラブラブな毎日を過ごす時期でしょうか。

それとも、2ヶ月も経てばそろそろ2人の関係にも慣れてきて、冷静さを取り戻してくる時期でしょうか。

付き合って2ヶ月というのはまだまだ未熟なイメージがありますが、この2ヶ月というのは色々と節目を迎える時期でもあるのですね。

まだラブラブな毎日を過ごすカップルもいれば、徐々に倦怠期に入っていき不安を感じてしまうカップルも見受けられます。

また、初々しさが無くなり出す時期でもありますので、小さな事でケンカになってしまうこともある時期なのですね。

付き合って2ヶ月で早くも別れてしまうカップルも存在してしまうのも、それが原因なのかもしれません。

この付き合って2ヶ月という時期をどう過ごすかによって、今後の2人の関係が大きく左右される可能性があります。

今後も不安を感じずに長く付き合っていくためにも、付き合って2ヶ月のカップルがすべきことについて見ていきましょう!

せっかく付き合って2ヶ月が経つのに、小さな蟠りが原因で別れてしまうなんてことにならない為にも、今回ご紹介する内容を是非マスターして下さいね!

付き合って2ヶ月で訪れる、男女の感性の差に注意!

付き合って2ヶ月経つと、実は男性の感性と女性の感性に大きな違いが生まれてきてしまうのです。

これは、お互いの相性の問題などではなく、男性と女性の価値観の違いによるものなのですね。

この付き合って2ヶ月に生まれる感性の違いは、どのようなものなのか。それは、付き合ってから「楽しい」「幸せ」と感じる時期のピークの違いなのです。

一般的に、男性は付き合い始めた当初がピークに幸せを感じ、そして付き合って2ヶ月頃に差し掛かってくるとそのピークは落ち着きを見せ始めます。

それに対して、女性は付き合い始めた頃はそこまでまだ2人の関係に熱を感じられないのですが、付き合って2ヶ月ごろから今の関係を楽しい、幸せだと感じ始めるようになるのです。

この楽しさや幸せを感じ始めるタイミングのズレが、倦怠期を招いてしまったり、別れる原因になってしまう事があるのですね。

しかし、この違いについてあらかじめ理解しておく事が出来れば対処ができるはずですので、まだ付き合って2ヶ月に達していないというカップルの方がいれば、この違いは覚えておくべきでしょう!

付き合って2ケ月で感じる倦怠期

男女の関係というのは、お互いを知り尽くして新鮮さがなくなった時期に倦怠期を感じると言われています。

しかし実は付き合ってから2ケ月程度と長く付き合っていなくても倦怠期が訪れる可能性があるというのをご存知でしょうか?

早い時期に倦怠期が訪れないようにするためには、以下で紹介するカップルですべきことや過ごし方などを参考に行動することが大切です。

倦怠期を上手に避けて素敵な関係を維持したいですね♡

付き合って2ヶ月ですべきこと9選!

では実際に付き合って2ヶ月のカップルがすべきことを詳しくご紹介していきましょう!

ここでご紹介する9つのポイントを意識しておくだけで、きっと倦怠期とは無縁なまま仲良しカップルでいられますよ♪

①気を遣いすぎない

付き合い始めって、お互いにすごく気を遣いあってはいなかったでしょうか?

まだ相手のことがよく分かっていない状態ですから、お互いに探り探りに相手を傷つけないように、怒らせないようにと不安を感じながらも必死だった部分があったかと思います。

しかし付き合って2ヶ月になってくると、そろそろお互いのこともわかってきますよね。2ヶ月も気を遣い続けてきたのに、これからも気を遣い続けてしまうのは精神力が持ちません。

せっかく付き合い始めたのに、気疲れしてしまって別れてしまうなんてことにもなりかねません。

ですので、2ヶ月が過ぎればそろそろ気を遣いすぎるのをやめて、ありのままの自分をもっとさらけ出していってみましょう。

嫌われないようにと不安がっていい顔ばかりするのではなく、たまにはわがままも言ってみてくださいね!

②思ってることは言う

これは気を遣い過ぎないということとも直接関わってくることなのですが、2ヶ月も経てば腹を割って本音で話すということもしていかなければなりません。

本当はこう思っているのに、どうしても相手の顔色を伺ってしまって、なかなか本音を事を言い出せない。これではお互いにいい関係性を築いていけません。

本音を言うのって、どうしても不安な気持ちが伴いますよね。相手を怒らせてしまうかもしれませんし、もしかしたらケンカに発展してしまうかもしれません。

しかし、それを恐れて本音を言い合えないのは、2ヶ月付き合っていたとしても上辺の関係を続けているのと同じなのですね。

ですから、ある程度の月日を共に過ごしてきたのであれば、本音で話し合うということも避けてはいけません。

もしケンカに発展してしまったとしても、その対策方法も後ほどご紹介しますので、そちらも参考にしてみて下さいね!

③緊張感を忘れない

付き合って2ヶ月経つと、2人で過ごすことにだんだん慣れてきたというカップルもいるかもしれませんね。しかし、この2人の関係に慣れてきた頃が一番注意してほしい時期なのです!

2ヶ月も一緒に過ごすことで、2人の間に緊張感というものがなくなっていってしまう傾向があります。付き合い始めた頃は、デートの時には身だしなみにも力を入れて、メイクもバッチリ決めて。

またデートの最中も女性らしく振舞うよう気をつけていたのではないでしょうか?

ですが、付き合って2ヶ月経つことでそのような緊張感が溶けていき、身だしなみなどに手を抜いてしまう場合があるのです。

付き合い始めた頃とは変わってしまった彼女を見てゲンナリ…なんて男性も多いのだそう。

いくら2人の関係に慣れてきたとはいえ、そういった身だしなみなどにおいては女子として緊張感を忘れてはいけませんね!

④マンネリ化対策をする

付き合って2ヶ月経てば、様々なことに対してマンネリ化の不安を覚えるというカップルも少なくないかもしれませんね。いわゆる倦怠期といったところでしょう。

たった2ヶ月で倦怠期?!と思う方もいるかもしれませんが、付き合い始めたばかりの頃のようには行かなくなるものなのですね。

2人での時間の過ごし方も、倦怠期に入ると少しルーティン化してきてしまう時期にもなってくるでしょう。この倦怠期は早めに対処しなければ、別れる原因になってしまう可能性が高くなってしまいます。

ですので、いつもと違う行動やデートプランで倦怠期を乗り越えていきましょう!

いつもだったら行かないような場所に出かけたり、ちょっとイメチェンしてみたり…いつもと違う何かがあるだけで、倦怠期というのは乗り越えやすくなります。

倦怠期というのはどのカップルにも訪れるものですが、放置しておくと倦怠期が原因で別れるということにも発展します。

倦怠期には早めに手を打って、いつまでも仲良しなカップルでいて下さいね!

■参考記事:倦怠期を乗り越える方法は?コチラも参照!

彼氏との倦怠期の乗り越え方7選!カップルの危機をさけるには?

⑤束縛はほどほどに

付き合いってしばらく経つと、倦怠期などの不安にかられてしまって、どうしても束縛したくなってしまう事もありますよね。

倦怠期で2人での時間に面白みを感じられなくなってしまって、他の女の子のところへ行ってしまうんじゃないか…。そんな不安を感じてしまう事があるでしょう。

しかし、その際に束縛をしてしまうのは今後の2人の関係を良いものにしていくためには良くありません!

まだ付き合って2ヶ月の状態で束縛をし過ぎてしまうと、相手はあなたとの関係を窮屈に感じてしまいます。

まだまだこれからというときに束縛されてしまうと、相手に自由な時間がなくなってしまいますよね。

もし他の女の子のところへ行かなかったとしても、束縛が原因で別れてしまう事も十分にあり得ます。

倦怠期なども不安もあるかもしれませんが、まだ付き合って2ヶ月ですのでここは束縛したい気持ちをぐっと抑えて、ちゃんと相手に自由な時間も与えてあげて下さいね。

⑥相手に多く求めすぎない

やはり彼氏ができると、たくさんやりたい事があったり、彼氏にはこういう人でいて欲しい…などという欲が出てきてしまいますよね。

しかしそのようなが欲は倦怠期の時にしてしまう束縛と同じように、相手に窮屈な思いをさせてしまいます。

相手だって自然体でいたいと思っているのに、彼女から「もっとこうして!」「1日◯回は連絡して!」などと言われるのはいい気がしません。

付き合って2ヶ月が経ち、ある程度の初々しさもなくなって打ち解けあってくると、気づかないうちに相手に多く求めてしまっている時があります。

ですので、付き合って2ヶ月が経った頃には時々自分を客観的に見てみてください。自分は彼氏に求め過ぎていないかどうか、冷静になって考えてみる時間も必要です。

不安な時は相手に多くを求めて不安を解消するのではなく、直接会う時間を大切にする事で不安を解消するようにしましょうね。

⑦共同作業をしてみる

付き合って2ヶ月に訪れる倦怠期などによる不安を解消するためには、共同作業をするというのが効果的です。

2人で一緒に時間を過ごす事があっても、一緒に何かをするという機会はなかなか無いのではないでしょうか?

付き合って2ヶ月経ってなにか新しい刺激が欲しいなと感じた時には、ぜひこの共同作業を試してみて下さい!

一緒になってなにか一つの作業をすることで、2人の絆も強くなるという効果が期待できるのですね。

ただ隣にいるだけではなく、共同作業は協力して助け合うということをリアルに体感できる最高の機会なのです。

彼氏との距離に不安を感じてしまう時などにも、この共同作業は効果的です。彼氏との絆をぐっと深めて、付き合って2ヶ月の節目で別れてしまうかもしれないなんて不安を吹き飛ばしましょう!

⑧お家デートをしてみる

付き合い始めてから2ヶ月の間に、お家デートはもう経験しましたか?もしまだだという場合や最近はしていなかったなという場合でしたら、是非お家デートを楽しんでみて下さい!

お家デートは、お互いの距離をぐっと縮めるのにもってこいのデートなのですね。

お家デートでは2人きりで誰にも邪魔されない時間を過ごす事ができますし、さらに家ということでリラックスしてデートを楽しむ事ができます。

このお家デートで倦怠期対策の共同作業などをすれば、効果倍増ですね!また、家に上がる事でお互いの生活感に触れる事もできますから、よりお互いのことを分かり合える事ができます。

浮気の不安があるときも、家に上がれば浮気の心配がないかどうかをさりげなく調べる事ができますから、そう言った面でもたまにはお家デートも挟んでみるのがいいでしょう!

⑨ペアアイテムを買う

付き合って2ヶ月経てば、そろそろペアアイテムの一つくらい持っていてもいい時期かもしれませんね。

ペアアイテムといえば、ペアリングやネックレスなどアクセサリー、マグカップなどの雑貨など、いろいろなものがありますよね。

ここは思い切って、ペアアイテムを揃えることを彼氏に提案してみましょう!

よく別れた後に思い出したくないからペアアイテムは持たないという人も見かけますが、付き合っている最中に別れた時のことを考えるのは良くありません。

2ヶ月経ってすこし倦怠期を迎えそうだな…という時には、ペアアイテムを持ってお互いの愛の象徴を作ってみましょう!

付き合って2ヶ月の記念日のプレゼントなどにペアアイテムを用意するのも良いかもしれませんね。

付き合って2ヶ月以降のおすすめの過ごし方

次は付き合って2ヶ月以降のカップルにおすすめの過ごし方についてもご紹介しましょう♪付き合って2ヶ月以降は一緒にいる時の過ごし方次第で2人の関係が急接近することも♡

彼ともっと仲良くなりたい人はぜひコチラもしっかりチェックしてみてください!

①会う頻度を増やす

まずは、2ヶ月の時を共にして以降は、徐々に会う頻度を増やしていく事です。

普通は減らしていくんじゃないの?!と思うかもしれませんが、先ほどもご紹介しましたように付き合って2ヶ月という時期は男女の感性の違いからすれ違いも起こりやすく、別れやすい時期でもあるのですね。

ですから、この敏感な時期にはちゃんと直接会う時間というのを設ける必要があります。

やはり、直接会ってスキンシップをとったり、お互いの顔を見なければ、いくらにカップルだと言っても自然と関心が薄れていってしまいます。

なので、すれ違いが起こってしまいそうな時ほど、直接会う機会を大切にして欲しいのです。

もちろん無理やり会うことを強要するのは束縛になってしまいますから、無理のない程度に自然に会う頻度を増やすよう仕向けましょう。

②記念日は大切にする

付き合って2ヶ月以降は、付き合い始めた記念日などについてあまり関心がなくなってきてしまう時期でもあります。

最初の1、2ヶ月は、「交際◯ヶ月記念日!」などといって2人で盛大に喜んでいたものも、この2ヶ月を過ぎてくるとだんだん記念日をお祝いしなくなっていってしまうのです。

記念日に関しては、「記念日はちゃんと祝いたい!」という人と、「記念日は特に気にしない」という2つの感性が人によってありますから、記念日を祝いたいタイプの人と記念日を気にしないタイプのカップルである場合は、すれ違いが生まれてしまうかもしれませんね。

しかし、記念日を気にしない相手に引きずられてはいけません!付き合って2ヶ月を過ぎた以降も、できるだけ記念日事はお祝いするようにして欲しいのです。

かといって、毎回盛大に記念日をお祝いをしたり、豪華なプレゼントを用意するというのは大変なことですし、1回1回の記念日に力を入れすぎるのは今後の記念日が重荷になっていってしまいます。

ですので、記念日には2人で外食する、一緒に過ごすなどといった行動でお互いが記念日を認識し合う程度に留めて、細やかな記念日のお祝いを心がけましょう。

プレゼントを用意するにしても、ちょっとした小さなものにしておきましょうね。盛大に祝う必要はないとはいえ、決して記念日を無視してしまわないように注意してください!

この記念日を実感するかしないかで、お互いの存在価値が今後増していくのか、薄れていくのかが違ってくることでしょう。

③プレゼントは力を入れて

先ほどはあまりプレゼントに力を入れすぎないようにということをご紹介させて頂きましたが、力を入れるべきプレゼントも勿論あります。

「付き合って◯ヶ月」など毎月訪れる記念日には特別なプレゼントを用意する必要はありませんが、相手の誕生日のプレゼントには力を入れて欲しいのです!

毎月の記念日には大層なプレゼントを用意できない分、1年に1度しか訪れないこの特別な誕生日というのは、プレゼントも含めて盛大に祝ってあげて下さい。

言えば、この誕生日を盛大に祝うために毎月の記念日はプレゼントなども控えめにしているようなものなのですね。

やはり、この特別な日のプレゼントの内容は、あなたの相手への愛情を示すものになります。このプレゼントに手を抜くということは、あなたの愛もそこまでという事になってしまうのですね。

関係が長く続けば続くほど、記念日やプレゼントには疎くなっていってしまうかもしれませんが、プレゼントに手を抜き出したらそれは別れの前兆だと思っておいた方が良いでしょう。

関係が続いてもいつまでも初心を忘れないカップルで居続けるためにも、力を入れるべきところはプレゼントも手抜きしないようにして下さいね!

④結婚の話を安易にしない

付き合って2ヶ月は色々な節目を迎える時期ではありますが、それでもまだ付き合って2ヶ月です。この時期に結婚を仄めかす話題は持ち出さない方が無難なのですね。

結婚というのは女性の夢である場合が多いですが、男性にとって結婚は相当な覚悟が必要なものなのですね。

結婚すれば家庭を養わなければならない、妻が妊娠すれば家族を守っていかなければならないなど、男性は女性よりも結婚の際に負わなければいけないものが多いのです。

もちろん、結婚すれば今までのような自由も無くなってしまいます。

もしお互いに結婚を意識していた上での交際であれば問題ないのですが、特に結婚を前提としたお付き合いでない場合は、無理に結婚の話を持ち出さない方が良いでしょう。

結婚のことはまだ考えていないのに相手から結婚の話をされてしまうと、先ほどもご紹介した結婚の際に負うべきものや必要な覚悟がある事から、結婚という言葉にすごく圧力を感じてしまう可能性があります。

安易に結婚の話を持ち出してしまったことがきっかけで、この人とは合わない…と察せられて別れてしまうなんてことも珍しくありません。

早とちった考えで別れてしまわないように、結婚の話に関しては慎重にタイミングを見計らってするようにしましょうね。

⑤望まない妊娠に注意して

まだ結婚を考えていない段階である場合が多い付き合って2ヶ月というこのタイミングで、望まない妊娠をしてしまわないようには注意して下さいね。

妊娠すれば出産するのが必然的です。せっかく妊娠して授かった命を無駄にしてしまうなんて事は、してはいけません。

望んで妊娠するのはおめでたい話ですが、予期せぬ妊娠というのは混乱を招きます。妊娠すれば出産にむけて準備を始めるのと同時に、結婚をするのかどうかの話もしなくてはなりません。

そして妊娠して子供が出来るということは、先ほどもご紹介したように男性は子供と妻を養う覚悟を決めなければなりません。

しかし、それは容易な事ではない事は、みなさんお分かりですよね。

予想もしていなかった妊娠によって、何事も準備不足のままにゼロからのスタートを切るのは想像を絶するほどの困難です。

妊娠を機にすんなり結婚を決めることが出来ればそれで良いのですが、そうでなかった場合、妊娠した後では取り返しがつきません。

妊娠が原因で別れてしまうなんていう無責任な男性も時々いますから、そうなれば妊娠後の生活はあなた1人で戦っていかなくてはならなくなります。

ですので、夜の営みの際には妊娠してもいいのか、それとも妊娠はまだ望まないのかをきちんと確認して、望まない妊娠をしてしまわないようにくれぐれも注意して下さいね。

付き合って2ヶ月のケンカ対策

付き合って2ヶ月のカップルは、文中にもご紹介しましたように男女の感性の差によるすれ違いが多くなってきます。

それが原因で、付き合って2ヶ月あたりからケンカも増えてきてしまう場合が多いのですね。次はケンカに発展してしまった場合の解決策をご紹介したいと思います!

①まずは原因を考える

ケンカに発展してしまったら、まずはその原因を考えましょう。

ケンカしてしまったことに対してただただ謝るというのではなく、今後同じようなケンカを繰り返さないためにも、ちゃんとケンカの原因に目をむけましょう。

根本をしっかり見つめて、再発をここで未然に防ぐことが大切ですね。

■参考記事:ケンカするほど仲がいい、って本当?コチラも参照!

「喧嘩するほど仲がいい」は嘘?本当?恋愛における喧嘩の意味!

②自分の反省点を探す

ケンカの原因がしっかりと明確になったとことで、次にやるべきこと。それは、自分の悪かったと思うところをちゃんと見つけることです。

相手の欠点ばかりを見つけるのではなく、まずは自分が反省すべき点を挙げましょう。

ケンカをしている時ってどうしても感情的になってしまいますから、相手のことを責めたくなってしまいますよね。

しかし、たった一回のケンカでも、悪化すればまだ付き合って2ヶ月なのにもうお別れ。なんて事にもなりかねません。ここはまず冷静になって、自分の欠点を見つめましょう。

そして、そこをしっかりと反省した上で相手にも「あなたにももう少しこうして欲しい」ということを伝えてみましょう。

まだ付き合って2ヶ月、ケンカ別れなどしてしまわないよう、感情的な発言には気をつけて下さいね!

③少し距離を置く

ケンカをしてしまった際、どうしても収拾がつかないという場合もあるかもしれませんね。そのような場合は、無理に話し合いを続行するのはかえって逆効果になってしまいます。

相手もあなたも、今はお互いの話を聞きたくない!そのような心理状態になっている可能性が高いですから、そんな時に冷静なお話をするのは難しいです。

ですので、このような時には一度距離を置いてみましょう。

付き合って2ヶ月で距離を置いても大丈夫なの?と不安もあるかもしれませんが、無理して近づき過ぎても関係は悪化してしまいます。

少しだけ距離を置いて、怒りが冷めた頃にすぐに連絡を取り合って会う約束をしましょう。そうすれば、自然消滅にもならず事が丸く収まるでしょう。

ここで距離を置きすぎると、本当に距離が離れてしまって別れに繋がってしまう場合もありますので、距離を置く期間には注意して下さいね。

付き合って2ヶ月以降もラブラブでいよう♡

いかがでしたでしょうか?付き合って2ヶ月というのは、色々な感情や感性が入り混じる、カップルが越えるべき最初の壁の様な時期なのかもしれませんね。

しかし、この2ヶ月の壁を越えた先には、さらに絆の深まった2人がいる事でしょう。

今回ご紹介した「付き合って2ヶ月のカップルがすべきこと」を参考に、いつまでも仲良く幸せなカップルで居続けて下さいね!

付き合って何ヶ月?もっと情報を知りたいアナタに!

付き合って1ヶ月記念の注意点!プレゼント以外にすべきことは?
付き合って3ヶ月で別れるカップルが多い理由!危機を乗り越えよう!
付き合って4ヶ月のカップルに起きがちなこと!注意点とは?
付き合って半年の注意点!結婚・プロポーズ・同棲などについて!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ