付き合って2ヶ月のカップルがすべきこと9つ!別れないように!

付き合って2ヶ月のカップルがすべきこと9つ!別れないように!

付き合って2ヶ月が経とうとしているカップルのみなさん。付き合い始めたころと比べて、どのような変化を感じますか?付き合って2ヶ月というのはいろいろと節目を迎える時期でもあります。この頃に注意しておくべきことや、すべきことを、是非マスターしておきましょう!

記事の目次

  1. 1.付き合って2ヶ月って、どんな時期?
  2. 2.付き合って2ヶ月ですべきこと9選!
  3. 3.付き合って2ヶ月以降のおすすめの過ごし方
  4. 4.付き合って2ヶ月のケンカ対策
  5. 5.付き合って2ヶ月以降もラブラブでいよう♡

付き合って2ヶ月って、どんな時期?

付き合って2ヶ月といえば、どのような時期だと思いますか?まだまだ付き合い始めて間もない時期とも言えますから、まだ初々しさの残るラブラブな毎日を過ごす時期でしょうか。

それとも、2ヶ月も経てばそろそろ2人の関係にも慣れてきて、冷静さを取り戻してくる時期でしょうか。

付き合って2ヶ月というのはまだまだ未熟なイメージがありますが、この2ヶ月というのは色々と節目を迎える時期でもあるのですね。

まだラブラブな毎日を過ごすカップルもいれば、徐々に倦怠期に入っていき不安を感じてしまうカップルも見受けられます。

また、初々しさが無くなり出す時期でもありますので、小さな事でケンカになってしまうこともある時期なのですね。

付き合って2ヶ月で早くも別れてしまうカップルも存在してしまうのも、それが原因なのかもしれません。

この付き合って2ヶ月という時期をどう過ごすかによって、今後の2人の関係が大きく左右される可能性があります。

今後も不安を感じずに長く付き合っていくためにも、付き合って2ヶ月のカップルがすべきことについて見ていきましょう!

せっかく付き合って2ヶ月が経つのに、小さな蟠りが原因で別れてしまうなんてことにならない為にも、今回ご紹介する内容を是非マスターして下さいね!

付き合って2ヶ月で訪れる、男女の感性の差に注意!

付き合って2ヶ月経つと、実は男性の感性と女性の感性に大きな違いが生まれてきてしまうのです。

これは、お互いの相性の問題などではなく、男性と女性の価値観の違いによるものなのですね。

この付き合って2ヶ月に生まれる感性の違いは、どのようなものなのか。それは、付き合ってから「楽しい」「幸せ」と感じる時期のピークの違いなのです。

一般的に、男性は付き合い始めた当初がピークに幸せを感じ、そして付き合って2ヶ月頃に差し掛かってくるとそのピークは落ち着きを見せ始めます。

それに対して、女性は付き合い始めた頃はそこまでまだ2人の関係に熱を感じられないのですが、付き合って2ヶ月ごろから今の関係を楽しい、幸せだと感じ始めるようになるのです。

この楽しさや幸せを感じ始めるタイミングのズレが、倦怠期を招いてしまったり、別れる原因になってしまう事があるのですね。

しかし、この違いについてあらかじめ理解しておく事が出来れば対処ができるはずですので、まだ付き合って2ヶ月に達していないというカップルの方がいれば、この違いは覚えておくべきでしょう!

付き合って2ケ月で感じる倦怠期

男女の関係というのは、お互いを知り尽くして新鮮さがなくなった時期に倦怠期を感じると言われています。

しかし実は付き合ってから2ケ月程度と長く付き合っていなくても倦怠期が訪れる可能性があるというのをご存知でしょうか?

早い時期に倦怠期が訪れないようにするためには、以下で紹介するカップルですべきことや過ごし方などを参考に行動することが大切です。

倦怠期を上手に避けて素敵な関係を維持したいですね♡

付き合って2ヶ月ですべきこと9選!

では実際に付き合って2ヶ月のカップルがすべきことを詳しくご紹介していきましょう!

ここでご紹介する9つのポイントを意識しておくだけで、きっと倦怠期とは無縁なまま仲良しカップルでいられますよ♪

①気を遣いすぎない

付き合い始めって、お互いにすごく気を遣いあってはいなかったでしょうか?

まだ相手のことがよく分かっていない状態ですから、お互いに探り探りに相手を傷つけないように、怒らせないようにと不安を感じながらも必死だった部分があったかと思います。

しかし付き合って2ヶ月になってくると、そろそろお互いのこともわかってきますよね。2ヶ月も気を遣い続けてきたのに、これからも気を遣い続けてしまうのは精神力が持ちません。

せっかく付き合い始めたのに、気疲れしてしまって別れてしまうなんてことにもなりかねません。

ですので、2ヶ月が過ぎればそろそろ気を遣いすぎるのをやめて、ありのままの自分をもっとさらけ出していってみましょう。

嫌われないようにと不安がっていい顔ばかりするのではなく、たまにはわがままも言ってみてくださいね!

②思ってることは言う

これは気を遣い過ぎないということとも直接関わってくることなのですが、2ヶ月も経てば腹を割って本音で話すということもしていかなければなりません。

本当はこう思っているのに、どうしても相手の顔色を伺ってしまって、なかなか本音を事を言い出せない。これではお互いにいい関係性を築いていけません。

本音を言うのって、どうしても不安な気持ちが伴いますよね。相手を怒らせてしまうかもしれませんし、もしかしたらケンカに発展してしまうかもしれません。

しかし、それを恐れて本音を言い合えないのは、2ヶ月付き合っていたとしても上辺の関係を続けているのと同じなのですね。

ですから、ある程度の月日を共に過ごしてきたのであれば、本音で話し合うということも避けてはいけません。

もしケンカに発展してしまったとしても、その対策方法も後ほどご紹介しますので、そちらも参考にしてみて下さいね!

③緊張感を忘れない

付き合って2ヶ月経つと、2人で過ごすことにだんだん慣れてきたというカップルもいるかもしれませんね。しかし、この2人の関係に慣れてきた頃が一番注意してほしい時期なのです!

2ヶ月も一緒に過ごすことで、2人の間に緊張感というものがなくなっていってしまう傾向があります。付き合い始めた頃は、デートの時には身だしなみにも力を入れて、メイクもバッチリ決めて。

またデートの最中も女性らしく振舞うよう気をつけていたのではないでしょうか?

ですが、付き合って2ヶ月経つことでそのような緊張感が溶けていき、身だしなみなどに手を抜いてしまう場合があるのです。

付き合い始めた頃とは変わってしまった彼女を見てゲンナリ…なんて男性も多いのだそう。

いくら2人の関係に慣れてきたとはいえ、そういった身だしなみなどにおいては女子として緊張感を忘れてはいけませんね!

④マンネリ化対策をする

付き合って2ヶ月経てば、様々なことに対してマンネリ化の不安を覚えるというカップルも少なくないかもしれませんね。いわゆる倦怠期といったところでしょう。

たった2ヶ月で倦怠期?!と思う方もいるかもしれませんが、付き合い始めたばかりの頃のようには行かなくなるものなのですね。

2人での時間の過ごし方も、倦怠期に入ると少しルーティン化してきてしまう時期にもなってくるでしょう。この倦怠期は早めに対処しなければ、別れる原因になってしまう可能性が高くなってしまいます。

ですので、いつもと違う行動やデートプランで倦怠期を乗り越えていきましょう!

いつもだったら行かないような場所に出かけたり、ちょっとイメチェンしてみたり…いつもと違う何かがあるだけで、倦怠期というのは乗り越えやすくなります。

倦怠期というのはどのカップルにも訪れるものですが、放置しておくと倦怠期が原因で別れるということにも発展します。

倦怠期には早めに手を打って、いつまでも仲良しなカップルでいて下さいね!

■参考記事:倦怠期を乗り越える方法は?コチラも参照!

彼氏との倦怠期の乗り越え方7選!カップルの危機をさけるには? | Lovely[ラブリー]のイメージ
彼氏との倦怠期の乗り越え方7選!カップルの危機をさけるには? | Lovely[ラブリー]
彼氏と付き合って長くなって来たら、倦怠期という嫌な時期がやってきます。 倦怠期は、お互いの嫌なところが目についたり、イライラしたりしてカップルを破局に陥れやすいもの。 今回は、大切な彼氏と倦怠期を乗り越えていくための7つの方法を紹介させていただきます。

次のページ

付き合って2ヶ月以降のおすすめの過ごし方

関連記事

人気の記事