CCクリームの正しい使い方・順番!選び方も解説します!

化粧下地は何を使っていますか?CCクリームやBBクリームなど、イロイロな下地が出ていますが、そのクリームの特性にあった使い方をしていますか?今回はCCクリームの正しい使い方やCCクリームの使い方の順番、CCクリームの選び方を解説させていただきます。

CCクリームの正しい使い方・順番!選び方も解説します!のイメージ

目次

  1. CCクリームの正しい使い方って?
  2. 使い方の前に、CCクリームとは?
  3. 使い方の前に、CCクリームの良いところ
  4. 使い方の前に、CCクリームの悪いところ
  5. 使い方の前に、CCクリーム以外のクリームは?
  6. 使い方の前に、CCクリームの効果・役割
  7. CCクリームの使い方の順番①スキンケア
  8. CCクリームの使い方の順番②日焼け止め
  9. CCクリームの使い方の順番③CCクリーム
  10. CCクリームの使い方の順番④ファンデーション
  11. CCクリームの正しい使い方①適量を手に取る
  12. CCクリームの正しい使い方②下準備
  13. CCクリームの正しい使い方③丁寧に塗る
  14. CCクリームの正しい使い方◎すっぴん肌風メイクに仕上げる
  15. CCクリームの正しい使い方◎きちんとメイクに仕上げる
  16. CCクリームの正しい使い方◎重たく感じるときは?
  17. CCクリームを選び方のポイント◎色味に合わせて
  18. CCクリームを選び方のポイント◎スキンケア効果
  19. CCクリームを選び方のポイント◎乾燥肌・敏感肌には
  20. CCクリームの正しい使い方・順番!まとめ

CCクリームの正しい使い方って?

毎日メイクをしている人は、イロイロな化粧品を使っている人もいるかもしれません。
でも今使っているクリームがBBクリームなのかCCクリームなのかご存知ですか?
BBクリームとCCクリームの違いってなんでしょうか?
そもそもクリームの使い方は、その使い方で正しいのか知っていますか?
実はいらない努力をしていることもあるようです。

毎日なんとなく使っているクリームやフェイスパウダーなどメイク道具の、特徴や正しい使い方を知ることで、メイクがとっても簡単になることがあります。
いらない作業を省けば、メイクの時間の短縮にもなっておすすめです。
また気になっていた部分のカバーも、上手にできるようになるかもしれません。
今回はCCクリームについて、正しい使い方や選び方をご紹介させていただきます。

使い方の前に、CCクリームとは?

CCクリームとは、化粧下地のことでリキッドファンデーションとしての使い方をする人も多いクリームです。
軽めの仕上がりになるので、ナチュラルなメイクをする人にはおすすめの化粧下地です。
仕上げにフェイスパウダーを使う人も多いですね。
中にはクレンジングがいらないCCクリームがあるほどナチュラルであることが特徴です。

実際にクリームは滑らかなものが多く、みずみずしいクリームになります。
CCクリームは特にカラーコントロールをすることを意識して作られているものが多いそうです。
血色が悪い人や、メイク崩れが気になる人にはおすすめの化粧下地になります。

使い方の前に、CCクリームの良いところ

CCクリームでおすすめなのは、メイクが厚塗りにならないという点です。
メイクをする時には、コンシーラーやファンデーションなど、たくさんの化粧品を使いますよね。
でもCCクリームを使う人は、他の化粧品はいらないという人も多いのです。
肌のトラブルを隠すカバー力の強い化粧品を使う人もいると思います。
でもそういう強いものは、お肌に馴染まないという人もいますよね。
そんな人のおすすめなのが、CCクリームなのです。

CCクリームは、お肌の本来の性質を活かして調整してくれる働きがあります。
自分のお肌にあったCCクリームを選べば、お肌を均一に見せてくれる上に、フェイスパウダーを使うだけのナチュラルにメイクに仕上げることができるのでおすすめです。
メイクをするということは、自分の顔をコンシーラーやファンデーションで塗りたくるようなものはいらないのです。
自分の持っている、素敵な部分を出すことに意味があります。
CCクリームを使うことで、自分本来の美しさが出せるメイクをすることができるのです。

使い方の前に、CCクリームの悪いところ

CCクリームは化粧下地ですが、ファンデーションの1つと考えて間違いありません。
ですから、CCクリームはしっかりとクレンジングで落とさなければ肌に負担がかかるという点があります。
たまにCCクリームにはスキンケアの成分が入っているから、クレンジングがいらないと考える人がいるようですが、それは大きな間違いです。
お肌のためには、他のファンデーションと同じくしっかりとメイクを落とす必要があります。
商品によってはクレンジングはいらないものもありますが、洗顔は必要になります。

またCCクリームは、カラーコントロールができるという点でおすすめですが、コンシーラーのような、部分的なカバーをする時には向いていないクリームになります。
コンシーラーがいらないタイプのCCクリームもありますが、多くの場合はコンシーラーは別で必要になるようです。
どちらかというとナチュラルに見せるクリームで、あなたのお肌本来のものを出すところに特化しているため、万が一目の下にクマができていれば、コンシーラーを使わなければそのままになってしまいます。
部分的にしっかりとしたカバーが必要な場合は、コンシーラーなどを併用することがおすすめです。

使い方の前に、CCクリーム以外のクリームは?

CCクリーム以外の化粧下地には、BBクリームやDDクリーム、EEクリームというものもあります。
CCクリームと良く比較されるのが、BBクリームですね。
BBクリームとは、オールインワンの化粧下地になります。
CCクリームよりも、しっかりとしたクリームでおすすめですが、のびはCCクリームより悪いです。
どちらかというと、厚塗りになってしまうのがBBクリームの特徴です。

しっかり感が出てしまう分、化粧下地や日焼け止め、コンシーラーの役割まで果たしてくれるので、BBクリームがあれば他の化粧下地はいらないという利点があります。
1本でコンシーラーを含めたベースメイクが終わってしまうので、メイク時間の短縮にはおすすめです。
BBクリームを塗った後、ファンデーションやフェイスパウダーで整えれば、メイクを完成することができるのです。
フェイスパウダーは、化粧が崩れないようにするためには、大切なアイテムですね。

使い方の前に、CCクリームの効果・役割

CCクリームは、BBクリームと同じ化粧下地として使われるクリームです。
BBクリームよりもクリームの感じが軽く水っぽいので、物足りないと感じる人がいるかもしれません。
本当に、CCクリーム以外に化粧下地がいらないのかと不安に思う人もいるかもしれませんね。
そもそもCCクリームは、BBクリームとは役割が違うのです。
CCクリームは、顔に馴染ませることでスキンケア効果や美容効果を得られることができるのでおすすめです。
キレイなお肌にしてくれる上に、色ムラも抑えてくれるのがCCクリームなのです。

CCクリームは化粧下地ですが、メイクをナチュラルな仕上がりにしたいという人は、CCクリームとフェイスパウダーだけでメイクを終わる人もいます。
カバーが必要なところはコンシーラーを併用しても良さそうです。
またナチュラルなメイクにしたい場合でも、メイク崩れを防ぐためにフェイスパウダーなどで軽く押さえておくことで、CCクリームが落ちにくくなります。
CCクリームを化粧下地として使う場合は、その上にファンデーションを塗ります。
ファンデーションを塗った後に、フェイスパウダーを塗ることで、よりメイクが崩れにくくなるのでおすすめです。

■参考記事:プチプラでおすすめのCCクリームは?

CCクリームプチプラおすすめ人気ランキングTOP13!

CCクリームの使い方の順番①スキンケア

それでは、CCクリームはメイクをする時にどの順番で使うのかを見ていきましょう。
まず順番として最初にするのは、スキンケアをすることです。
CCクリームにスキンケアの成分や美容成分が含まれているので、CCクリームを使う時にはスキンケアの必要が無いと考えている人も多いようですが、スキンケアはスキンケアでしっかりとしておくのがおすすめです。

スキンケアを行って、しっかりとお肌に潤いを与えてあげてください。
お肌の潤いがないと、CCクリームもキレイに馴染みません。
CCクリームの使い方の順番で大事なのは、基本となるスキンケアをしっかりと行うことです。
スキンケアの段階でお肌の保湿をして、お肌の奥まで潤ってから次の順番へと進んでいきます。

CCクリームの使い方の順番②日焼け止め

BBクリームとは違い、CCクリームには日焼け止めの成分が含まれていないものが多いようです。
紫外線が強いときには、お肌のためにスキンケアの後は順番的に、日焼け止めを塗るようにしましょう。
CCクリームの中には、日焼け止めの成分が入っているものもあります。
使用するCCクリームに、どんな成分が含まれているのかはあらかじめ確認をしておきましょう。

もしもCCクリームに日焼け止めが入っている場合は、逆にお肌に悪い場合もあるので、スキンケアの後の日焼け止めはいらないでしょう。
もしも外回りの順番で並んだり、旅行などで外にいる時間が多いから日焼けが心配だという場合は、スキンケアの後に日焼け止めを塗ってください。

CCクリームの使い方の順番③CCクリーム

スキンケアをして日焼け止めを塗ったら、いよいよCCクリームを塗っていきます。
CCクリームには、カラーコントロールの効果が期待できるので、ファンデーションやフェイスパウダーの前に丁寧に塗っておくとメイクをよりキレイに仕上げることができます。

CCクリームは、正しい使い方をすると、すっぴんメイクが楽しめたり、化粧崩れを防ぐことができます。
しかし、なかなか正しい使い方ができないのが現実です。
詳しくは後で書きますが、まずはCCクリームを塗る量、そして塗り方、さらには、指の使い方が重要になってきます。
CCクリームの正しい使い方を実践して、メイクの幅を広げるようにしましょう。

CCクリームの使い方の順番④ファンデーション

スキンケアをして、日焼け止めを塗り、CCクリームでベースを仕上げたら、あとはファンデーションを塗っていきます。
もしも目の下のクマや、ニキビや吹き出物の痕が気になる人は、その前にコンシーラーを使ってカバーしておきましょう。
ファンデーションは、リキッドタイプでもパウダータイプでも問題ありません。
ファンデーションを塗った後に、フェイスパウダーを使うとより化粧崩れをしにくくなります。

またすっぴんメイクにしたい人は、ファンデーションを塗らなくてもCCクリームだけで問題ありませんが、その場合でもフェイスパウダーだけは塗っておいた方が、メイクが崩れるのを防いでくれます。

■参考記事:乾燥肌に合うファンデーションは?

乾燥肌ファンデーションおすすめ人気ランキング15選!【保湿】

CCクリームの正しい使い方①適量を手に取る

CCクリームの正しい使い方を見ていきましょう。
CCクリームを正しく使うには、順番があります。
まずはCCクリームを適量手に取ります。
適量というのは、商品によっても異なりますが、だいたいパール粒大くらいの量が基本だと言われています。

多くとりすぎてもムラになってしまいますが、少なすぎても伸びきらずに、お肌を無駄にこすってしまうことになります。
万が一、CCクリームが少なくて途中で手に取った分が無くなってしまった場合は、無理にのばそうとせず、改めて手に取って塗るようにしてください。

CCクリームの正しい使い方②下準備

CCクリームを塗る時の理想は、手で塗った後に、スポンジを使って馴染ませるという方法です。
手で塗るだけでも、CCクリームは柔らかいクリームなので問題はありません。
よりしっかりとCCクリームを塗りたい、メイク崩れを抑えてたいと考える人は、あらかじめスポンジを用意しておくといいでしょう。

用意ができたら、手に取ったCCクリームを顔にのせていきます。
チューブから直接顔につけるという方法だけはやめておきましょう。
手で取ったものを、顔の5ヶ所に均等にのせていきます。
まずはおでこ、そして両目の下、あごの先、鼻筋の5ヶ所です。

CCクリームの正しい使い方③丁寧に塗る

顔にCCクリームをのせることができたら、丁寧にCCクリームを塗っていきます。
指先というよりは、指の腹を使ってCCクリームを伸ばしていきましょう。
縦や横ではなく、顔の丸みにそって、内側から外側に塗るようにします。
CCクリームは優しい滑らかなクリームです。
ぐいぐいと押さなくても伸びるはずなので、優しく伸ばしていきます。
もしも伸びないのであれば、量が足りないか、クリームが冷えている可能性があります。
足りない場合は、CCクリームを足してください。
CCクリームが冷えている場合は、もう一度手に戻して温めてから、再度伸ばしてみてください。

あごの先においたCCクリームは、首と顔の色があまりにも違う、という状態にならないように、グラデーションにするように伸ばしていきます。
おでこや鼻筋、小鼻なども丁寧にCCクリームを伸ばしましょう。
残ったCCクリームで、まぶたや目の際に軽く塗ります。
全て塗り終えたら、スポンジを使って馴染ませるようにします。
スポンジを使うことで、化粧崩れを防いでくれるそうです。
特に、小鼻の周辺はメイクが浮きやすいので、しっかりと押さえておくと良さそうです。

CCクリームの正しい使い方◎すっぴん肌風メイクに仕上げる

何度も書いていますが、CCクリームを使ってすっぴん肌風のメイクに仕上げたい場合は、スキンケアをして日焼け止めをした後に、フェイスパウダーを使うことで、すっぴん肌風のメイクに仕上げることができます。

このすっぴん肌風メイクをする場合、ファンデーションを塗らないので、コンシーラーなどで一部をカバーしなくてはいけない場合、このメイク方法は向いていません。
コンシーラーを塗って、フェイスパウダーをつけるという方法もありますが、コンシーラーを上手に塗らないと、コンシーラーの部分だけ、なんだか浮いたメイクになってしまいます。
目の下のクマ、ニキビや吹き出物の痕が気になる人は、きちんとメイクにしたほうが良さそうです。

CCクリームの正しい使い方◎きちんとメイクに仕上げる

きちんとメイクに仕上げたい人や、コンシーラーを使いたいという人は、CCクリームを塗った後にパウダーファンデーションを重ねていきます。
CCクリームを化粧下地にする方法です。
スキンケアをしっかりとしていれば、お肌も潤っているので、メイクのノリがいいはずです。
パウダーファンデーションは、力をいれずに、ふんわりと置くように塗っていくのがポイントです。

ファンデーションは、ほっぺからおでこ、鼻筋の順番で塗っていきます。
そしてスポンジで目元や口元などを押さえます。
ポイントは、輪郭の境目をぼやかすことです。
CCクリームだけでも、リキッドファンデーションのような効果があるので、パウダーファンデーションはそこまで力をいれて塗る必要はありません。
CCクリームにぼかすように塗ると、それほど厚塗り感が出ないで仕上げることができます。
さらにフェイスパウダーを使うことで、化粧崩れのしにくいメイクになります。

CCクリームの正しい使い方◎重たく感じるときは?

CCクリームは軽い仕上がりであることが人気のクリームですが、中にはそんなCCクリームでも重たく感じる人がいるかもしれません。
CCクリームはその軽さゆえに少しべたつきが気になる、という人もいるようです。
脂性肌や混合肌の人は、お肌の部分的にCCクリームが合わない、という人もいるようです。

そんな時には、CCクリームに化粧水を混ぜて、乳液状にして使用する方法もおすすめです。
化粧水を混ぜることで、さっぱりとした使い心地になるそうです。
お肌のカラーコントロールの効果があるので、メイクをする時にとても便利なクリームですが、顔全体に同じように塗ってしまうと、のっぺりとした印象に感じる人もいるかもしれません。

そんな時にも、CCクリームと化粧水を混ぜて乳液状にしたものを併用するといいでしょう。
お肌のくすみが気になる部分にはしっかりとCCクリームを塗って、それ以外の部分は乳液状にしたクリームを使うという方法です。
CCクリームの後にパウダーファンデーションを塗る場合も、パウダーファンデーションで重たくなってしまうことがあるので、できるかぎり薄付きのタイプのパウダーファンデーションやフェイスパウダーを選ぶようにしましょう。

CCクリームを選び方のポイント◎色味に合わせて

それでは実際にCCクリームを使ってみよう、と思ったらどんなCCクリームを選べばいいのでしょうか。
イロイロな選び方があると思いますが、まず考えなくてはいけないのは色です。
選び方の順番としては、自分のお肌の色にあうCCクリームを選ぶということです。
あまりにも自分の肌より明るい色のものを選ぶ選び方をしてしまうと、肌が白くなりすぎているようなメイクになってしまいます。
逆に暗い色のものを選ぶ選び方をしてしまうと、自分のお肌がくすんでしまったようになります。
丁度いい色を選ぶ選び方をするのは難しいかもしれませんが、購入するときはできるだけテスターで色を確認してから選ぶようにしましょう。

基本的には、健康的な肌色の人はイエローベースの色のCCクリームを選ぶといいと言われています。
日本人は黄色人種なので、この色がぴったりくるそうです。
ちょっとかわいい、血色のある感じのお肌であればピンクベースの色を選びましょう。
もともと色白の人であれば、透明感のあるパープルベースの色を、ニキビ跡が気になる人はグリーンベースのものを選ぶと良さそうです。
どの色が自分にぴったりくるかわからない、という場合はイエローベースのCCクリームを選ぶと失敗が少ないと言われています。

CCクリームを選び方のポイント◎スキンケア効果

最初にCCクリームには、スキンケアの成分や美容成分の入っているものが多いと書きましたが、CCクリームの選び方には、成分を確認するというのも選び方のポイントになります。
自分のお肌にあった色のCCクリームが何個もあった場合、次に選び方の順番としては、CCクリームの効果ということになります。
保湿効果が高いものや紫外線カットに力を入れているもの、エイジングケアができるものもあるようです。

自分のお肌にとって、何が必要な成分なのかを考えて購入すると、お肌のためにもいいですよね。
お肌のためによいCCクリームは、結果的にメイクのノリも良くなりますし、メイクが崩れにくお肌にもなります。
カラーコントロールとしてだけのCCクリームではなく、お肌のために使えるCCクリームを選んでください。

CCクリームを選び方のポイント◎乾燥肌・敏感肌には

乾燥肌や敏感肌の人であれば、クレンジング剤のいらないCCクリームを選ぶ選び方をすることも大切です。
CCクリームの全てがクレンジングがいらないわけではありません。
クレンジングはいらないですが、洗顔は必要です。
クレンジング剤ではなく、石鹸で落とせるCCクリームも販売されているのです。

乾燥肌や敏感肌の人は、強い薬剤が入ったクレンジング剤でお肌に刺激を与えたくないと考える人もいると思います。
CCクリームとフェイスパウダーだけのすっぴん肌風のメイクであれば、商品によってはクレンジングがいらないものもあります。
クレンジングがいらない分、お肌への刺激が減るので、乾燥肌や敏感肌の人にはおすすめのクリームもあります。
石鹸で落とせるものかどうかを確認して、CCクリームを選ぶ選び方をすることも良さそうです。

CCクリームの正しい使い方・順番!まとめ

今回はCCクリームの正しい使い方やCCクリームを使う順番、CCクリームの選び方などをまとめてみました。
すっぴん肌風のメイクをしたい人や、ナチュラルなメイクに仕上げたい人にはおすすめのCCクリームですが、正しい使い方をしないと、他のクリームと変わらない効果しか出ないようです。
しっかりとCCクリームの特徴を活かして、かわいくキレイになるようにメイクを楽しんでください。

化粧下地についてもっと情報を知りたいアナタに!

BBクリームとCCクリームの違いとは?おすすめはどっち?順番は?
化粧下地ランキング!20代におすすめの13選を紹介します!
化粧下地おすすめ11選!カバー力抜群で大人気!
化粧下地毛穴カバー力ランキングTOP17!おすすめメイク方法も!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ