ノーズシャドウの入れ方は?鼻筋を手に入れて団子鼻にはさようなら!

くっきりとした鼻筋って素敵ですよね。顔の中心にある鼻は大切なパーツですが、団子鼻の人は少しでも鼻筋を通すため、ノーズシャドウを入れている人もいるでしょう。しかし、曖昧なメイク術で入れ方も難しいため、ノーズシャドウの入れ方をじっくりとご紹介していきます。

ノーズシャドウの入れ方は?鼻筋を手に入れて団子鼻にはさようなら!のイメージ

目次

  1. 鼻筋を作る無敵のノーズシャドウ
  2. ノーズシャドウの入れ方によって美しい顔立ちに
  3. 団子鼻は特にノーズシャドウの入れ方を把握しよう
  4. ノーズシャドウの入れ方の前に必要なメイクアイテムは?
  5. 選ぶノーズシャドウのカラーはワントーン暗め
  6. ノーズシャドウの入れ方の前に眉毛を濃くする
  7. 鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方①描く箇所を確認
  8. 鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方②眉頭の下に陰を描く
  9. 鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方③眉頭から鼻根を繋ぐ
  10. 鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方④鼻の骨まで陰を描く
  11. 鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方⑤小鼻にも陰をIN
  12. 鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方⑥陰をぼかす
  13. 鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方⑦ハイライトをON
  14. 参考にしたいノーズシャドウの入れ方ビフォーアフター①
  15. 参考にしたいノーズシャドウの入れ方ビフォーアフター②
  16. 参考にしたいノーズシャドウの入れ方ビフォーアフター③
  17. ノーズシャドウは入れ方に気を付ける!入れすぎ注意!
  18. ブラシがないときのノーズシャドウのやり方
  19. 上手なノーズシャドウの入れ方をしたあとは横向きで確認
  20. ノーズシャドウの入れ方をマスターしてきりっと美人になろう!

鼻筋を作る無敵のノーズシャドウ

鼻筋が通った女性ってとっても素敵ですよね。鼻筋が通っているだけで大人の雰囲気がアップしますし、何より他のポイントメイクをより引き立ててくれます。しかし、女性が皆鼻筋が通った鼻の作りをしているかというとそうではありませんよね。

実際、女性の中には団子鼻と言ってまるでお団子のような鼻の作りをしている人もいます。団子鼻の女性はポイントメイクをしても何だか引き立たない様に普段からガッカリしている人も多いのではないでしょうか。

団子鼻の人にとって理想の鼻というものは鼻筋がきちんと見えて小鼻が控えめの鼻ですよね。まさに可愛い鼻とはこのことで、小さければ小さいほど女性らしさを感じるという人も多いようです。顔のパーツの中で鼻は中心にあります。そのため、正面から顔を見た際に目がいく箇所が鼻なのです。

しかし、正面で顔を見られることは団子鼻の人にとって苦痛でしかありません。横向きの状態で顔を見られるならまだしも、正面からでは隠しようがありませんから、他人と対話するときにコンプレックスに感じることもあるでしょう。そんな団子鼻などの形が悪い鼻であっても綺麗にあたかも鼻筋か通っているように見せてくれるのがノーズシャドウです。アイメイクやリップメイクなどと比較するとあまり浸透し切れていないポイントメイクですが、このノーズシャドウは整形のように皮膚にメスを入れて傷つけることもないため、安心して高く、鼻筋の通った形の鼻になれるというわけです。

ノーズシャドウの入れ方によって美しい顔立ちに

ノーズシャドウはポイントメイクとして認識されているため、もちろん基本となるやり方は存在します。また、団子鼻などの形が悪い鼻などは女性だけが悩む問題ではありませんよね。女性だけではなく、男性も同様に団子鼻で悩んでいる人がいますから、そういった団子鼻で悩む男性にとってもノーズシャドウは救世主のような存在なのです。

女性のメイクはフルだと顔全体をメイクしますが、男性は女性のようにフルメイクというものはありません。しかし、ノーズシャドウは入れ方によって男性がしていてもおかしくないほど自然でナチュラルに仕上げることができます。もちろん入れ方次第で見え方が全く異なってくるため、女性もなるべく目立たせたくないという人はナチュラルにノーズシャドウを入れることも可能です。

そのため、ノーズシャドウというメイク術は便利で見た目の良さも格段に上がるだけではなく、男女関係なく取り入れられているワザの一つです。しかし、ノーズシャドウは曖昧な点も多く、既にノーズシャドウを取り入れている人の中には間違った入れ方をしている人がいるのも事実です。間違ったノーズシャドウの入れ方をしてしまうと見た目が大変なことになるので入れ方は熟知してからスタートを切っていきましょう。

団子鼻は特にノーズシャドウの入れ方を把握しよう

ノーズシャドウが特に必要だと言える団子鼻の人はまだノーズシャドウを試したことがないという人もいるかもしれません。地肌よりも少し暗いカラーを鼻の横に乗せてぼかしていく…程度の認識はあるかもしれませんが、細かい入れ方を熟知している人は意外と多くないようです。

しかし、団子鼻の人こそ上手なノーズシャドウの入れ方を心得ていれば怖いものはありませんので、あなたの鼻に合った入れ方を探っていきましょう。ノーズシャドウは団子鼻であってもそんなもともとの団子鼻をなかったことにしてくれるほど見た目が映えるメイクです。ノーズシャドウだけ取り入れずに他のポイントメイクだけ取り入れるとなっては損をしていると言えますから早速ノーズシャドウの入れ方や使い方、そして必要な道具について見ていきましょう!


◆関連記事:憧れの顔になりたい!!

オードリー・ヘップバーン風メイクの方法!髪型も紹介します!
森絵梨佳のメイク方法と道具解説!目・リップ・眉毛のメイク術は?

ノーズシャドウの入れ方の前に必要なメイクアイテムは?

ノーズシャドウを始める前にまずは必要な道具を揃えていきましょう。と言っても、ノーズシャドウを入れるために必要な道具は多く必要なものは要りません。基本として必要になってくる道具はノーズシャドウのパウダーやそれを塗布していくためのブラシなどです。

ノーズシャドウを専用として販売しているメイク道具もありますが、今までノーズシャドウをやったことがあるという人はアイシャドウで代用していた人もいるのではないでしょうか。アイシャドウでももちろんノーズシャドウの代用として使うことはできますが、ラメやパールが入っているものは避け、暗すぎるカラーが揃っているものばかりの道具もやめましょう。

また、ノーズブラシに使うブラシですが、ブラシはなるべく細いものを選びましょう。最終的には小鼻などの細部もノーズシャドウをやっていくことになるのでブラシの先端は細い方が使い勝手が良いです。また、余裕がある人は揃えるブラシを細いものとそれよりも少し大きめのブラシなども揃えておくと後々ノーズシャドウを理想の形でできると言えます。

また、最後の仕上げとしてあった方が良いハイライトも準備しておくと良いでしょう。ハイライトがあれば平坦な顔でもまるで外国人の骨格のように見せることができます。ハイライトは他のパーツにも使えるアイテムですから揃えた方がより良いメイクライフを楽しめます。

選ぶノーズシャドウのカラーはワントーン暗め

ノーズシャドウに使うブラシも必要な道具として着目したいですが、実際に鼻に乗せていくノーズシャドウのパウダーは色にも注意してください。まだノーズシャドウを行ったことがない人にとってノーズシャドウ=濃い色を鼻に入れてぼかす程度のイメージでしょう。しかし、そのイメージで濃い色を選んで鼻筋に乗せてしまうとぼかしきれなくなる恐れがあります。

ぼかしきれずに肌に馴染まなかったノーズシャドウは正面から見て「入れすぎ」と判断されます。ベストなノーズシャドウの色は地肌よりワントーン暗い色ですから、あなたの地肌に合ったカラーのノーズシャドウを選択し、入れすぎを防ぎましょう。

地肌に合うノーズシャドウの色を選ぶことによって間抜けな顔付きに見えてしまう入れすぎを阻止してくれますよ。

ノーズシャドウの入れ方の前に眉毛を濃くする

必要な道具が揃い、いよいよノーズシャドウへ…といきたいところですが、ノーズシャドウは女性たちの間でお馴染みのシェーディングと同様の役割を果たすため、眉毛は普段より濃いめにしておくことをおすすめします。外国人は特に鼻筋が通っているメイクをしていますが、眉毛も比例するかのように濃く、はっきりとしていますよね。

ナチュラルにノーズシャドウを入れるからと言っても、薄い眉毛ではノーズシャドウだけが浮いて違和感を感じる顔付きに見えてしまいます。また、ノーズシャドウは眉頭付近の濃さが上手で自然に見えるノーズシャドウのカギを握っていますから、眉毛は普段より気持ち濃いめにしておきましょう。

鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方①描く箇所を確認

では実際にノーズシャドウの使い方に移っていく前に、まずはノーズシャドウをどの辺りに入れていくのか確認していきましょう。計画もなしにいきなり使い方としてラインを入れていっても失敗するだけですから、顔全体が良く見える大き目の鏡で正面から鼻をじっくりと見ます。

顔の作りが平坦でのっぺりとしている人は目印になる箇所がないので確認しずらいこともあるかもしれませんが、ノーズシャドウの基本は鼻の筋が通るであろう箇所の縦を意識して入れていくため、そんなところを意識しながら何となく「こんな鼻筋にしたい」というイメージを持ってみましょう。イメージをがっちりと掴むことができれば理想の鼻筋が通った鼻の形になることができるでしょう。

鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方②眉頭の下に陰を描く

使い方としては、どの部分にノーズシャドウを入れるのか決まったらまず眉頭の下辺りに陰を描いていきましょう。早速ブラシが必要になるため、ブラシを準備した人はブラシを使って横の三角形になるように陰の形を描いていきます。

分かりにくい人は眉頭の少し下辺りから向かうように三角形を作ると考えると良いでしょう。三角形は正面から見たときに三角なのではなく、眉頭の方向から見て三角ということです。後々眉頭から繋げてノーズシャドウを入れていくので眉頭下の三角形の陰は控えめのカラーでぼかしながらの使い方や入れ方をしていきましょう。

鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方③眉頭から鼻根を繋ぐ

眉頭の陰を三角形に描き終わったら、次は眉頭から鼻根の辺りまで繋げる使い方でノーズシャドウのラインをスーッと入れていきます。いよいよノーズシャドウの本番と言っても良いほどの工程ですから、緊張して手が震えるといったこともあるかもしれませんが、手はなるべく動かさずに固定する意識で鼻下へと向かって一直線のラインを引いていきましょう。

鼻根辺りまでは細いラインで描いた方がよりスマートで綺麗な鼻筋に見えるため、細いブラシを使って描いていくとgoodです。ブラシの使い方は眉頭から小鼻に向かって真っすぐ下に下す感覚の使い方で行うとやりやすいでしょう。やり方は難しいと感じる人が多いかもしれませんが、最も難易度が高いのはこの眉頭から鼻根を繋げる工程ですから、ここを過ぎれば問題ありません。

鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方④鼻の骨まで陰を描く

ノーズシャドウの中では最も緊張する眉頭から鼻根までの工程をクリアしたら、次は鼻の中心より少し上にある骨まで繋げていきましょう。ノーズシャドウは鼻筋を意識したいからと縦まで伸びるラインを途切れなく描いてしまうと、鼻筋が通った鼻の形と言うよりは長いだけの鼻の形に見えてしまうため、上手なノーズシャドウのやり方は鼻の中心部分は塗らないということです。

指で触ってみると分かりますが、鼻の中心より少し上の箇所に骨があるのを確認できます。その辺りまでノーズシャドウを入れるのは良いですが、それよりも下にノーズシャドウを入れる入れ方をしてしまうと綺麗な鼻筋には見えなくなってしまうため、下までノーズシャドウを入れるやり方は厳禁です。

鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方⑤小鼻にも陰をIN

ある程度ノーズシャドウを入れたあとは、そのまま真っ直ぐノーズシャドウを入れるのではなく、骨の少し上辺りを残して一旦途切れさせてから再度小鼻に柔らかい円を描くようにノーズシャドウを入れていきます。入れ方としては、小鼻の出っ張りが左右にありますが、この部分を包み込むようにしたやり方をすると良いでしょう。

しかし、団子鼻が目立つ人は小鼻の出っ張りが確認できないということもあります。そんなときは上記で眉頭~鼻根まで入れたノーズシャドウの線をガイドとして、線と線で繋げられるようにして小鼻をメイクで作っていきましょう。

小鼻をノーズシャドウで作ることによって、見た目は団子鼻から非常に遠ざかります。くっきりとした線でなくても、そこに目で見える程度の色が線の形になって伸びていれば鼻筋の通った形に見えるので心配することはありません。

鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方⑥陰をぼかす

ノーズシャドウの入れ方が終わったらいよいよ最終段階で重要になる「ぼかし」を入れていきましょう。ぼかしのやり方は指で行っても良いですし、ブラシで丁寧に行ってもどちらでも構いません。あなたが上手にノーズシャドウをぼかすことができそうなやり方を取り入れていきましょう。

ぼかす工程のやり方は難しいものではありません。難易度で言えば上記の鼻筋を作っていく工程の方が大変ですから肩の力を抜いていきましょう。ぼかすやり方はアイシャドウをぼかすのと同様に色が皮膚に馴染むようにしていけば問題ないでしょう。

しかし、鼻の骨辺りで途切れているやや上のラインは途切れた箇所とグラデーションのように繋げることが大切です。ここをおざなりにするやり方をするとノーズシャドウを入れていることがバリバリと伝わる入れすぎに発展するで注意しましょう。

鼻筋が通るノーズシャドウの入れ方⑦ハイライトをON

ノーズシャドウを一通り入れ終えたら最後の仕上げとしてハイライトを入れてみるのも高い鼻に見せるために効果的です。シェーディングが存在すればハイライトが存在するのも理に叶っていると言えますから、ハイライトでより高い鼻筋を目指すというのも良いでしょう。ハイライトはメイク売り場で販売しているどのようなタイプのものでも問題ありませんが、発色の良いハイライトだと尚良いです。ハイライトを鼻筋にたった一筋加えるだけで見た目の印象はかなり違います。

しかし、パールやラメといったものが多く含まれるハイライトではハイライトを塗った部分だけが浮き出てしまい、違和感を感じることもあるため、使いながら合う合わないを判断していき、相性の良いハイライトを見つけていきましょう。

ノーズシャドウありきでハイライトを入れる場合は、ノーズシャドウを崩さないように指で取ったハイライトを上から下にスーッと入れていくだけです。ノーズシャドウのハイライトの入れ方は非常に簡単なので、仕上げとして効果絶大なハイライトの工程は忘れずに行うと良いですよ。

また、団子鼻の人はもともと鼻筋が通っている人と比較すると小鼻の頂点となる部分に艶が足りない状態です。凸凹とした形が認識できなければ人は平坦な形だと認識します。そのため、そんな平坦に見えてしまう団子鼻にはノーズシャドウで陰を入れ、ハイライトで強調することによって立体感を出すことができます。

参考にしたいノーズシャドウの入れ方ビフォーアフター①

ノーズシャドウの重要性が実際にあまり分からない人はノーズシャドウの入れ方によってどのように顔付きが変わるかまだ良く分かっていない人もいることでしょう。そんな人に分かりやすいようにビフォーアフターの画像もご紹介します。自分の鼻で実際にノーズシャドウを入れてもビフォーアフターの違いはあまり分かりにくいですよね。そのため、ビフォーアフターが変わらないという気持ちが強いためにノーズシャドウの魅力が分からず終いになってしまうのです。

しかし、ノーズシャドウを入れる前と入れたあとの顔付きは画像で分かる通りビフォーアフターは全く異なりますよね。左と右の画像はまさにビフォーアフターと言えるほど雰囲気が異なります。のっぺりとした鼻がビフォーアフターで比較することによってより立体的に存在感を出していることがお分かり頂けるでしょう。ビフォーアフターは他人の変化を見れば非常に分かりやすいですよ。

参考にしたいノーズシャドウの入れ方ビフォーアフター②

ノーズシャドウはビフォーアフターの違いを感じることによって初めて必要性のあるメイク術だと言えるでしょう。そのためにはノーズシャドウのビフォーアフターをたくさん見て目を肥えさせておくと自身の鼻をより良い形にする手助けになります。また、下の画像はビフォーアフターではないですが、顔を若干上に向けてくれているため、どのようなノーズシャドウの入れ方をしているのかが分かりますよね。眉頭からそのまま流れるようにぼかしながらのやり方をしているため、非常にナチュラルに仕上がっています。

下の画像もビフォーアフターと呼べるほど大きな変化が見られるわけではありませんが、ライトで顔全体が照らされているため、ノーズシャドウのやり方がじっくりと見られる一枚となっています。こちらのビフォーアフター画像の人は鼻の骨辺りにも少しノーズシャドウが入っていますが、ごく自然で少量の入れ方なので違和感を感じることもありません。

参考にしたいノーズシャドウの入れ方ビフォーアフター③

ノーズシャドウの入れ方は一見すると難易度が高く、メイクが上手でなければできないと思っている人も多いようですが、下のビフォーアフターが分かりやすい画像を見てみるとそこまで難易度が高いようには思えませんよね。しっかりと枠取りがしてあり、ポイントメイク箇所によって入れ方が分かりやすくなっています。ノーズシャドウも眉頭の下と鼻の中央に手をかけることが分かるため、ビフォーアフター画像として参考にしたいところです。

また、下のビフォーアフター画像もフルメイクしている状態ですが、やはのノーズシャドウをしているお蔭で鼻が一回りも小さく見えますよね。団子鼻であっても見事に鼻筋の通った理想の形に仕上がっているため、ビフォーアフターとして参考にしやすいのではないでしょうか。こういったビフォーアフターを見て分かるほど鼻筋が通っている顔というのは美しいと判断されるのです。

ノーズシャドウは入れ方に気を付ける!入れすぎ注意!

綺麗な入れ方ややり方をすれば見とれるほど美しい顔立ちにしてくれるノーズシャドウですが、注意したいのは入れすぎです。ノーズシャドウを何度も入れてきている人にとっては「自分は入れすぎと言われるようなやり方は絶対しない」と考えている人も多いですが、そういった人ほど他人から見たときにノーズシャドウを入れすぎだという見方をされています。入れすぎているノーズシャドウはナチュラルなメイクを基本としている人の顔には言うまでもなく不自然ですし、入れすぎているノーズシャドウはときに「やっこさん」のようにも見えてしまいます。

また、ノーズシャドウを入れすぎることによって生じる問題は、舞台メイクに見えてしまうことにもあります。濃いメイクが舞台用のように見えてしまう原因となるのはアイメイクだけではなく、鼻筋も同様です。良く舞台に出演している人を見れば分かりますが、皆鼻筋がこれでもかというほど浮き出た鼻の形に見えます。

宝塚も良い例ですから、あそこまでノーズシャドウをガッツリ入れていると判断できるのは「入れすぎ」です。ノーズシャドウは入れすぎてもプラスになるものはありませんから、本当にノーズシャドウを入れる際は入れすぎないように注意です。

ブラシがないときのノーズシャドウのやり方

メイクには何かと使い方次第で役立つブラシですが、手元にないという人もいるのではないでしょうか。もともとフルメイクまでしないナチュラルな部分のみメイクだけで過ごしている人はブラシを使う頻度もあまりないかもしれません。そんなブラシを持っていない人は無理にブラシを購入する必要はありません。ノーズシャドウは使い方次第では指のみで入れる入れ方もできるのでブラシがないからとノーズシャドウを諦めることもないでしょう。

また、ブラシでノーズシャドウを上手に入れられないという人にも指先で入れるノーズシャドウの使い方はおすすめです。使い方は両方の指(人差し指でも中指でも可)にノーズシャドウのパウダーを乗せ、眉頭から鼻の中央まで左右対称の力加減でそのまま下に真っ直ぐ入れるだけです。この使い方であればノーズシャドウが左右非対称になる心配もありませんし、同じ力加減でラインを引っ張ってこられるため、ぼかす際も簡単に綺麗な線を作ることができますよ。

上手なノーズシャドウの入れ方をしたあとは横向きで確認

上手なノーズシャドウを入れられた!と思ってもちょっと待ってください。そのまま外出しようものなら周囲の人に笑われてしまう可能性があります。鼻というパーツは自身から見た際に真っ直ぐの形で見えますよね。そのため、そんな真っ直ぐの鼻が高く細くなるようにノーズシャドウを入れていくのですが、横から見たときの鼻は正面から見たときの形と同じなわけがないですよね。

正面から見たときの鼻の筋は綺麗に通っているラインであっても、横顔として鏡で見た鼻の形は入れすぎと感じられるラインになっているかもしれません。そのため、ノーズシャドウの使い方をマスターしたからと言っても、実は横顔で見たときのラインが入れすぎで大変なことになっていたということもあるため、ノーズシャドウの使い方が熟知できたあとはしっかりと最終確認として鏡で様々な角度からも確認してきましょう。

ノーズシャドウの入れ方をマスターしてきりっと美人になろう!

ノーズシャドウの入れ方や使い方などをじっくりとご説明していきましたが、いかがでしたでしょうか。鼻は顔の中心にあるため、人と対話している際に良く見られるパーツです。そんな中心部分が美しけば他のパーツも美しく見えるものですから、基本となるノーズシャドウの入れ方ややり方をマスターして素敵な女性を目指していきましょう!

もっとメイクについて知りたい方はこちらもどうぞ!

ちぃぽぽのメイク方法は?ものまねメイクのやり方解説!
こじはるのメイク方法は?小嶋陽菜の愛用コスメも紹介!
菜々緒のメイク方法!眉毛がポイント?簡単にものまねできる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ