コントロールカラーの選び方・塗り方解説!メイクで肌の悩みは解決!

コントロールカラーは肌の悩みをカバーしてくれる優れものですね。ここではそんなコントロールカラーの選び方や塗り方の解説をしていきます。肌の悩みに対してどんなコントロールカラーを使用すれば良いのかも紹介していくので、是非参考にしてみてください!

コントロールカラーの選び方・塗り方解説!メイクで肌の悩みは解決!のイメージ

目次

  1. ファンデーション前のコントロールカラーで肌を整える
  2. そもそもコントロールカラーって?
  3. コントロールカラーの役割①肌の悩みを自然にカバー
  4. コントロールカラーの役割②ファンデーションの発色がよくなる
  5. コントロールカラーの役割の紹介③化粧崩れの防止
  6. 肌の悩み別コントロールカラーの選び方①肌にムラがある
  7. 肌の悩み別コントロールカラーの選び方②クマ
  8. 肌の悩み別コントロールカラーの選び③たるみ
  9. 肌の悩み別コントロールカラーの選び方④血色が悪い
  10. 肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑤透明感が欲しい
  11. 肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑥肌が茶色い
  12. 肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑦赤ら顔やニキビ跡
  13. 肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑧黄色いくすみ
  14. 肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑨ツヤ感
  15. コントロールカラーはメイク時にどの順番で入れるの?
  16. コントロールカラーの塗り方は?【全体編】
  17. コントロールカラーの塗り方は?【部分編】
  18. コントロールカラーと下地の違い
  19. コントロールカラーのおすすめ品
  20. コントロールカラーのプチプラ品の紹介
  21. コントロールカラーをメイクに取り入れましょう!

ファンデーション前のコントロールカラーで肌を整える

女性にとって毎日自分を輝かせてくれるための魔法のアイテムであるお化粧。

そのお化粧にも、様々なメイク道具がありますがその中でもコントロールカラーはその日の肌の不調もすぐに整えてくれる最高のメイクアイテムですよね。

ここでは、そんなメイクアイテムなコントロールカラーにスポットをあてた内容となっています。

コントロールカラーの選び方や塗り方や順番、またコントロールカラーと下地はどう違うのかをみていきます。

きちんと、お肌の悩みにあったコントロールカラーを紹介していくので、少しでも肌の悩みに役立てる記事になるよう目指して紹介していきますね。

まずは、コントロールカラーの定義からみていきましょう!

そもそもコントロールカラーって?

そもそもコントロールカラーってなんなのでしょうか?

まずはコントロールカラーの定義から見ていきましょう。

コントロールカラーとは

コントロールカラーとは、赤みや青みなど、肌にあるさまざまな色の悩みに対して、正反対の色を重ねる事でその色が原因によっておこる悩みを消すようにカバーすることのできるメイクアイテムのことです。

色でおこる肌の悩みをメイク道具であるコントロールカラーでカバーしていくんですね。

もちろん、メイク道具ですから根本的な解決ではないので、根本から見直したい方はスキンケアが何よりも重要になってきます。

コントロールカラーというのは、色が原因で起こる肌の悩みをそのメイク道具の持つ色味でカバーのできるアイテムをさしているんですね。

かなり見た目に違いがでるみたいですので、次はコントロールカラーの役割についてみていきましょう。

コントロールカラーの役割①肌の悩みを自然にカバー

まず最初に紹介する役割は、肌の悩みを自然にカバーしてくれるという点。

コントロールカラーは広範囲の肌の悩みを自然にカバーしてくれます。

コントロールカラーと煮た役割を持つメイク道具のコンシーラーも肌の悩みを解決してくれるメイクアイテムですが、コントロールカラーの方が全体的なカバー力があるのでおすすめです。

部分的にカバーをしたいだけの場合は、コントロールカラーではなくコンシーラーでも良いかもしれません。

また、コントロールカラーはコンシーラーよりナチュラルに肌の悩みを隠してくれます。

これもコントロールカラーを使用するメリットの一つですね。

続いてのコントロールカラーの役割はこちら。

コントロールカラーの役割②ファンデーションの発色がよくなる

続いての役割は、ファンデーションの発色が良くなるという点です。

肌の色を整えてくれるので、コントロールカラーを塗った後にのせるファンデーションの発色が良くなってくれます。

ですので、顔色を明るく見せてくれる効果もあるんですね。

ファンデーションの発色が明るくなるのはとても嬉しいですよね。

もちろん、色の選び方や塗り方によってもメイクの仕上がりは変わってくるので、その選び方や塗り方は後半でお伝えしますね。

コントロールカラーの役割の紹介③化粧崩れの防止

続いては化粧崩れを防止してくれるという点です。

コントロールカラーがファンデーションの持つ肌をカバーするという効果を発揮してくれるので、その上に塗るファンデーションは薄付きでよくなります。

その為化粧崩れがしにくくなるんですね。

というのも化粧崩れは、ファンデーションを厚塗りすることで起こりやすくなるみたいなんですよ。

コントロールカラーを塗ると肌に負担もかかるように思うかもしれませんが、上手な塗り方を押えればメイク全体が軽く綺麗に見えるようにもなるみたいです。

選び方だけではなく塗り方も肝心なんですね。

ではさっそく、肌の悩み別にコントロールカラーの選び方を紹介していきます!

肌の悩み別コントロールカラーの選び方①肌にムラがある

まず、肌にムラがある方に適しているコントロールカラーの紹介です。

イエロー

イエローは肌の色を均一に整えてくれます。

また、乾燥ぐすみもカバーしてくれ、健康的な肌にみせてくれます。

ひとまず、今日は肌の調子なんかおかしいけど、なんで肌の調子が良くないのかその原因がわからないという方はイエローを塗っておけば良いみたいです。

肌の悩み別コントロールカラーの選び方②クマ

まず、クマを気にしている時に適しているコントロールカラーの紹介です。

オレンジ


クマにはオレンジのコントロールカラーを。

若々しい印象をもたらしてくれます。

続いてはたるみです。

肌の悩み別コントロールカラーの選び③たるみ

たるみを気にしている方に適しているコントロールカラーはオレンジ。

クマと同じ色ですね。

オレンジ


たるみって中々その日のマッサージでは解消されませんので、そんな時はオレンジのコントロールカラーを使用すると良いみたいです。

肌の悩み別コントロールカラーの選び方④血色が悪い

続いては血色が悪いとお悩みの方に適しているコントロールカラー。

ピンク



肌の血行が悪い時にはピンクを使うと良いみたいです。

暗い印象の肌を明るく見せてくれます。

程よい赤みがそのような効果を発揮するんですね。

肌の色が基から白い方や青白い方にはこのピンクのコントロールカラーを使うと、肌の色を明るくしてくれる効果があるみたいです。

ですが、黄身が強すぎる大人の女性の肌にこのピンク系をのせると、肌がくすんだり老けて見えたりしてしまうとのこと。

これは注意しておきたいところですよね。

肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑤透明感が欲しい

続いては透明感が欲しい時に最適なコントロールカラー。


透明感が欲しい時はパープルが良いようです。


肌全体に透明感を出してくれます。

青みと赤みがバランス良く混じったパープルだからこそ実現できる技ですよね。

また、地黒の方や黄身が強い方にもおすすめのコントロールカラーとのこと。

イエローモンキーと言われるだけある私達日本人の黄色さをカバーしてくれて、白い肌へと導いてくれるんですって。

一度は試してみたい色ですよね。


◆関連記事:青もおすすめ!

コントロールカラーはブルーがおすすめ!肌の透明感がアップ!

肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑥肌が茶色い


肌が茶色いときはオレンジが良いようです。

オレンジ


茶色いくすみは顔が暗く見えてしまうので、部分的にオレンジのコントロールカラーを塗ってあげるとバランス良い顔にしあがりますね。

オレンジは、クマやたるみにも効くコントロールカラーみたいですので、かなり万能と言えますよね。

肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑦赤ら顔やニキビ跡


続いては赤ら顔やニキビ後に効果的なコントロールカラーを。

グリーン

こちらに効果的なコントロールカラーはグリーン。


グリーンがにきび跡を消すとは意外ですが、赤みにお困りの方は是非グリーンのコントロールカラーを使用してみてください。

肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑧黄色いくすみ


黄色いくすみにはブルーのコントロールカラーを。

ブルー


ちなみに、色白の方がブルーのコントロールカラーを使用してしまうと血行が悪く見えてしまうとのこと。

青白い時の肌にはブルーのコントロールカラーは禁物ですね。

肌の悩み別コントロールカラーの選び方⑨ツヤ感

続いては肌にツヤ感を出したい方におすすめのコントロールカラーの色のお話です。

少し、コントロールカラーの中では珍しい色かもしれません。

シルバー

ツヤ感が欲しい時はシルバーのコントロールカラーが良いようです。

きらっとツヤのある肌に仕上がりますよ。

コントロールカラーって複数使っていいの?

コントロールカラーって複数使いしていいの?

そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

答えはYES。

ただし2色までが良いようです。

使い方の例として、クマ部分にはオレンジ、赤みのあるニキビ跡の部分にはブルー、などのように使うと良いでしょう。

ただ、色は重ねてしまうと色の特性が消えてしまうので、2重使うのであれば1色は全体に、もう1色は部分使いにのようにして使用すると良いかと思います。

選び方の参考に是非してみてください!

こちらの情報を、その日の肌の悩みの解決するためのコントロールカラーの選び方の参考にしてくださいね。

コントロールカラーはメイク時にどの順番で入れるの?

コントロールカラーの選び方のお話が終わったので、次はコントロールカラーはメイクをする時にどの順番で塗れば良いかのお話です。

コントロールカラーはメイク時にどの順番で塗るのが良いのでしょうか。

今度はそちらの話をしていきますね。

コントロールカラーはファンデーションやコンシーラーを塗る前に肌に塗って行きます。

ですので、基礎化粧→日焼け止め→コントロールカラー→コンシーラー→ファンデーションのような順番になるかと思います。

もちろん、この日焼け止めの順番部分が美容液になる方もいらっしゃると思うので、そこは各自の肌に合わせた順番で良いかと思います。

いつもコントロールカラーを使わない方であれば、基礎化粧→日焼け止め→下地→コンシーラー(以下略)の順番になると思います。

この順番と先ほどの順番を比較すると化粧下地を塗る時と同じ段階の時に塗るので、いつも化粧下地を使っている方は「コントロールカラーは化粧下地と同じ順番の時に塗る」と覚えておくと良いようです。

こう聞くと、化粧下地とコントロールカラーは一緒に塗っていいのか気になる方もいらっしゃると思います。

コントロールカラーは化粧下地に似たようなポジションに属しますので、コントロールカラーを塗る場合は化粧下地は必要ないみたいです。

ですが部分的にコントロールカラーを使う場合は、部分的にコントロールカラーを使わない全体的な部分に化粧下地を塗る必要がでてくるかと思うのでその場合は、

基礎化粧品→日焼け止め→化粧下地→部分的にコントロールカラー→コンシーラー→ファンデーションのような順番になります。

ちなみにコントロールカラーと化粧下地って一緒なんじゃ…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんと役割は違うのでその違いは後ほど紹介していきますね。



ここでは、そんなコントロールカラーを塗る順番のお話でした。

さて、塗る順番がわかったところで、続いてはコントロールカラーの塗り方についてのお話です。

コントロールカラーの塗り方は?【全体編】


まずは全体用のコントロールカラーの塗り方

全体用のコントロールカラーの場合は、化粧下地の役割も兼ね備えています。

ですので、化粧下地と同じような塗り方になります。

塗り方は丁寧に行ってください。

また、スポンジで塗る塗り方と掌で塗る塗り方がありますので、自分に似合う塗り方で行ってくださいね。

①まずコントロールカラーを手の甲にだします。

手の甲にコントロールカラーを出します。

パール一粒程度の量が基準です。

多すぎると化粧崩れやムラになる原因となりますので、必ずまず最初はパール一粒程度に押えておいてください。

調整するのであれば、その基準量を塗り終わった後から少しずつ足していくようにしていってくださいね。

②指でなじませます。

体温のある掌に馴染ませることで、厚塗りを防止してくれる効果を発揮してくれます。

コントロールカラーが滑らかに肌に馴染んでくれるので、ムラなく塗れますね。

指先で目のキワや鼻の筋、小鼻の付け根までしっかりと塗り広げていきましょう。

③頬、鼻、おでこ、あごに置く

続いては、頬、鼻、おでこ、顎の4カ所に置きます。

頬の部分に1番量が多いようにバランス良く配置すると良いですね。

おでこには塗りすぎないようにしておいて、頬を1番に次に顎と鼻、おでこの順番で量を少なく置いていってください。

④指で中心から外側へ伸ばしていく

続いては指で、中心から外側へ伸ばしていきます。

ムラのないようにしっかりと伸ばしていくのがポイント。

均等になるように綺麗に伸ばしていってくださいね。

ここでスポンジは使いません。

⑤掌、もしくはスポンジで馴染ませる

ここで、掌とスポンジの出番です。

ここで、使わずに掌で伸ばして行くと、ナチュラルに仕上がるように思います。

スポンジを使う方はその分少しだけ使用する量も増えてくるかもしれませんのえで、鏡で様子を見ながら伸ばしていったり、量を調整してくださいね。

⑥フェイスライン(外側へと追いやった最終部分)を馴染ませる

続いてはフェイスラインを整えます。

外側へと追いやったクリーム部分が乱れがちですので、しっかりと整えてあげましょう。

スポンジで馴染ませたり、指先や掌で馴染ませて、浮かないようにしてあげてくださいね。

⑦コンシーラーやファンデーションの行程へ

⑥が終わったらコンシーラーやファンデーションの行程に移ります。

コンシーラーもコントロールカラーとして認識されている方も多いと思いますので、コントロールカラーの容量で⑥までの行程に組み込むのも良いかもしれませんね。

ここでは全体的にコントロールカラーを塗る方法をお伝えしたので、次は部分的にコントロールからを塗る方法をお伝えしていきます。

コントロールカラーの塗り方は?【部分編】

続いてはコントロールカラーの部分的な塗り方です。

塗り方はこちらも基本的に丁寧に塗って行きましょう。

コントロールカラーを部分的に塗る場合は、化粧下地を先に塗ることが前提になってきます。

化粧下地で肌を一旦整えてから、気になる茶クマの部分にはオレンジを乗せたり、青クマの部分にはイエローやピンクのコントロールカラーを乗せるとよいように思います。

一度、自分の顔と鏡で試してテンプレ化してしまうと良いですよね。

コントロールカラーと下地の違い

あれ、下地とコントロールカラーってどう違うんだろう?

そう思う方も多いと思います。

ここでは、下地とコントロールカラーの違いのお話です。

化粧下地とは

化粧下地はファンデーションを塗る前の肌を均一に整えてくれ、さらに肌のトラブルをカバーする役割を持っています。

コントロールカラーとは

コントロールカラーとは、肌色の補正をする役割をします。

化粧下地のように、肌を均一に整えてくれたり、肌のトラブルをカバーするという役割ももちろんありますが、違う部分をあげるとするなら1番初めに説明した肌色の補正をするという点です。

ですので、下地を全体に塗って、気になる部分だけにコントロールカラーをのせるという使い方もできますよね。

下地を今までメイクの行程の中に取り入れてきた人は、そのような使い方から始めると、コントロールカラーの効果をより実感しやすいのではないでしょうか。

ちなみにCCクリームは?

ちなみにCCクリームはどのような物になるでしょうか。

コントロールカラーはCCクリームと呼ばれることもあるようですが、メイクブランドによっては下地のような効果のみのクリームのものもありますので、しっかりと商品パッケージを確認する必要がありますね。

コントロールカラーのおすすめ品

ここでは、コントロールカラーのおすすめ品について紹介していきます。

そのコントロールカラーの特色や、容量と値段、販売している色についてお伝えしていきますね。

RMK

まずはRMKという商品から。

半透明のジェルタイプのコントロールカラーとのこと。

色はグリーンとシルバーとパーブルとコーラルの4色が販売されているようです。

10gで2000円の値段です。

ランコム

続いてはランコムです。

この商品は日本人の女性の肌色に合わせて開発されたとのこと。

透明感が欲しいなら「ラヴァンデゥ」、ナチュラルヘルシー肌を求めるなら「ジョーヌ」、その他ローズやコライユの計4色があります。

値段は40mlで5800円。

流石ブランド品だけあってそれなりのお値段しますね。

オンリーミネラル

続いてはオンリーミネラル。

オンリーミネラルは厳選されたミネラル素材だけでできているので、肌が弱い方にも安心です。

天然素材で仕上がっているメイク用品なのに、ナチュラルなカバー力もあり上品な肌へと導いてくれます。

透明感が欲しい方にはクリアナチュラル、赤みや色ムラが気になる方にはナチュラルが適しているでしょう。

お値段は25gで2800円。



3商品紹介し終えたところで、続いてはプチプラ品のコントロールカラーを紹介します。

コントロールカラーのプチプラ品の紹介

ここではコントロールカラーのプチプラ商品についての紹介をしていきます。

プチプラだから色々試せて安心ですね。

メディア

まず紹介するプチプラなコントロールカラーはメディア。

プチプラメイク品としてかなり有名なメディアからもコントロールカラーが発売されています。

プチプラだけど質も良くて、かなりコスパの良いメイクブランドではないでしょうか。

くすみカバーの効果があると口コミでは評判が良いようです。

色はグリーンとオレンジの2色発売とのこと。

30gで750円です。

インテグレート

インテグレートはあまりプチプラの部類に入るメイク用品ではありませんが、コントロールカラーに関してはプチプラの扱いといっても良いくらいに値段と質のコスパが良いんですよ。

グリーンとピンクとナチュラルの3色が発売されてあります。

肌にしっとりとなじんで、日中の肌の乾燥を防いでくれますよ。

お値段は25gで800円。

これはプチプラメイク品としてカウントして良さそうな値段ですよね。

無印良品

続いては無印良品です。

プチプラという認識よりもかなり良い品質で私達に商品を提供してくれるブランドのように思いますが、値段が入手しやすい設定でしたのでプチプラとしてカウント致しました。

保湿成分配合の要素が目立つコントロールカラー。

顔色を良く見せてくれるピンク、色ムラをカバーするイエロー、黄色のくすみをカバーしてくれるブルーの3色が発売されています。

お値段は30mlで880円。

プチプラとして安定の価格ですね。

プチプラ品でもコスパの良い物を購入すれば、どんな肌にも対応できるコントロールカラーを多く入手できますよね。

まだコントロールカラーを使ったことが無いという方には是非、プチプラ品のコントロールカラーでその効果を体感していただけたらなと思います。

コントロールカラーをメイクに取り入れましょう!

プチプラなコントロールカラーの紹介が終わったところで、この記事ももう終了です。

少しでもこの記事が、コントロールカラーの選び方や塗り方の参考になることを祈ってアウトロへ移りたいと思います。

コントロールカラーの塗り方や順番には気をつけてメイクを行ってくださいね。

せっかくのコントロールカラーも雑な塗り方では効果が半減してしまいますし、順番を間違えるとメイクが浮いてしまいますから。

それでは!

もっと化粧について知りたい方はこちら

化粧下地おすすめ11選!カバー力抜群で大人気!
化粧下地ランキング!20代におすすめの13選を紹介します!
BBクリームの正しい使い方・塗り方!下地なしでもいい?順番は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ