ファンデーションの色の選び方!自分に合う色はどう見つける?

みなさんはファンデーションの色の選び方をご存知ですか? 普段からファンデーションの色の選び方が分からず、自分のなりたい理想の肌の色で決めていませんか? 実はそれは、間違いなんです。 今回は正しい選び方をご紹介していきたいと思います。

ファンデーションの色の選び方!自分に合う色はどう見つける?のイメージ

目次

  1. 【ファンデーションの色の選び方】初めに
  2. 【ファンデーションの色の選び方】選び方①輪郭
  3. 【ファンデーションの色の選び方】選び方②注意点
  4. 【ファンデーションの色の選び方】選び方③診断
  5. 【ファンデーションの色の選び方】選び方④美容部員
  6. 【ファンデーションの色の選び方】選び方⑤合わせる
  7. 【ファンデーションの色の選び方】色白
  8. 【ファンデーションの色の選び方】黄みが強い
  9. 【ファンデーションの色の選び方】中間色
  10. 【ファンデーションの色の選び方】色黒
  11. 【ファンデーションの色の選び方】RMK
  12. 【ファンデーションの色の選び方】ディオール
  13. 【ファンデーションの色の選び方】マキアージュ
  14. 【ファンデーションの色の選び方】セフィーヌ
  15. 【ファンデーションの色の選び方】最後に

【ファンデーションの色の選び方】初めに

みなさんは普段のメイクでどんなファンデーションを使っていますか?
また、ファンデーションをどういう選び方をしていますか?
意外とファンデーションの色の選び方って、難しかったりしませんか?
合う色なのか合わない色なのか、判断するのは難しいです。
自分の肌の色よりも明るい、合わない色を選んでしまうと、白浮きの原因になります。
また、逆に自分の肌の色よりも濃い合わない色を選んでしまうと、顔の全体的色も濃く見えてしまいます。
なので、ファンデーションの色の選び方は重要になってきます。
どれだけ口コミなどで評価がよかったとしても、自分に合うファンデーションの色なのか、自分に合わないファンデーションの色なのかを見極めることが大事です。



【ファンデーションの色の選び方】選び方①輪郭

フェイスラインの色で決める

すこし前までは、首の色でファンデーションの色を選ぶという選び方がありました。
しかし、いまはフェイスラインの色を合わせてファンデーションの色を選ぶ選び方が増えてきています。
なぜ、いまはファンデーションをフェイスラインの色に合わせるようになったかというと、実は首の色と顔の肌の色が全く一緒という人はほとんどいません。
なので、フェイスラインの色で合わせるようになりました。
フェイスラインは、首と顔の肌の色の境目になっていますので、中間の色になります。
よって、顔の肌の色や首の肌の色で合わせるよりも、中間のフェイスラインの色でファンデーションを選ぶ選び方の方が、自分に合う色を見つけやすいと思います。

【ファンデーションの色の選び方】選び方②注意点

さきほどご説明したフェイスラインの色でファンデーションの色を選ぶという選び方ですが、注意点があります。
普段メイクをするときに、暗い照明の下でメイクをすると色をどれだけ乗せているのか分かりにくかったりしませんか?
それは、ファンデーションの色を選ぶときも同じです。
なので、できるだけファンデーションなどのメイク道具の色を確認するときは、明るい照明の下で確認するようにしてください。

特にファンデーションは、顔全体の印象を決めるメイクでもあります。
なので、他のメイク道具の色を選ぶときも注意が必要なのですが、特にファンデーションを選ぶときには周囲の明るさにも注意が必要です。


◆関連記事:乾燥肌の人におすすめのファンデーションはこちら

乾燥肌ファンデーションおすすめ人気ランキング15選!【保湿】

【ファンデーションの色の選び方】選び方③診断

ファンデーションの自分に合う色の選び方の一つに、「肌の色診断」というものがあります。
日本人は黄色人種ですが、その中でもいろいろな系統の肌の色があります。

例えば、肌に赤みがあったり肌がピンクがかっているいる人には、ピンク系のファンデーションがおすすめです。
肌がピンク色というのは血色がよく見えたり、ふんわりとして可愛らしく見えるのでそれを隠さないようにすると肌の色を生かしたメイクをすることができます。

次に、肌が黄みがかっている人には、ベージュ系のファンデーションがおすすめです。
ベージュ系には基本的に明るいものから、少し暗めの色のファンデーションが取り揃えられているはずです。
なので、自分の肌にあった明るさを選ぶことが大切です。

最後に中間色です。
ピンク系でもベージュ系でもない場合は、オークル系のファンデーションがおすすめです。
オークル系のファンデーションは基本的に、暗い色が多いです。
なので、ファンデーションの色を選ぶときは注意して選ぶようにしましょう。

【ファンデーションの色の選び方】選び方④美容部員

最近では、ドラッグストアにも美容部員さんがいるところが多くなってきています。
なので、もし美容部員の方がいる場合は一度相談してみましょう。
自分でファンデーションの色を選ぼうとすると、どうしてもなりたい肌の色を選んでしまいます。
たとえば、色白に憧れている人は自分の肌の色よりも、すこし白い色のファンデーションを選んでしまいがちです。
自分の肌よりも明るかったり白い色のファンデーションを肌に塗ってしまうと、綺麗にメイクをしたとしても違和感が生まれてしまいます。

自分に合うファンデーションを選ぶ自信がなかったり、どのファンデーションが合うのか分からないときには、美容部員んの方に相談してみましょう。


◆関連記事:お気に入りのファンデが割れた!そんなときは…

割れたファンデーションを復活させる方法!簡単な裏技特別公開!

【ファンデーションの色の選び方】選び方⑤合わせる

ファンデーションの色は合うか合わないかをしっかりと見ることが大切です。
なので、しっかりと肌になじませてから色が合うのか合わないのかを見極めましょう。
ちゃんと肌になじませずに色を確認してしまったら、せっかく合う色なのに合わない色だと判断してしまうこともあります。

【ファンデーションの色の選び方】色白

もともとの肌の色が白い場合に、ピンク系のファンデーションは合わない色になります。
なぜかというと、色白の人がピンク系のファンデーションをつけると、時間が経つにつれてファンデーションの色がだんたんと浮いているよに見えてきてしまい、合わない色になります。
なので、薄い色のベージュを選ぶことによって、肌になじんで1日中色浮きを防ぐことができます。

【ファンデーションの色の選び方】黄みが強い

もともとの肌の色の黄みが強い人がいます。
そのような、肌の黄みが強い色の人は、顔色が悪く見えてしまう場合があります。
なので、ピンク系のファンデーションがおすすめです。
ピンク系のファンデーションは、健康的な血色を作り出すことができるので、オークル系のファンデーションよりも、ピンク系やベージュ系のファンデーションの方が良いでしょう。
顔色を明るく見せることができます。

【ファンデーションの色の選び方】中間色

もともとの肌の色が中間色の場合は、ナチュラルな色のファンデーションで大丈夫です。
しかし、ナチュラルカラーのファンデーションでも時間が経つにつれて、皮脂が分泌してくるとその皮脂などとファンデーションが混ざってしまい、メイクをした直後よりもすこし暗い印象になってしまいます。
なので、メイク直しをするときには、ベージュ系やピンク系といった明るい色のファンデーションでメイク直しをするのがおすすめです。

【ファンデーションの色の選び方】色黒

もともとの肌の色がすこし黒い場合には、比較的暗い色のオークル系のファンデーションがおすすめです。
しかし、黒いからと言ってオークル系のファンデーションだけでは、時間が経つと共になんだかくすんだような色になってしまいます。
なので、オークル系だけでなくピンク系などのファンデーションを合わせて使うといいでしょう。
くすんだように見えてしまうと、老けて見えたりしますので良いことなしです!

【ファンデーションの色の選び方】RMK

RMKのファンデーションは、みなさんのなかで使っている方も多いと思います。
RMKのファンデーションには、「リクイドファンデーション」「UVリクイドファンデーション」「クリーミーファンデーション」「ジェルクリーミーファンデーション」「エアリーパウダーファンデーション」「UVパウダーファンデーション」の6種類のファンデーションが展開されています。


RMKのリクイドファンデーションは、9色のカラー展開です。
RMKのイエロー系のファンデーションが6色で、RMKのピンク系のファンデーションが3色になっています。
リクイドタイプのファンデーションは、付け心地がとても軽やかなので、つけていることを忘れてしまいそうな使い心地です。
また、保湿効果のあるシルクエッセンスとシアバターが配合されているので、みずみずしく使うことができます。
自然なツヤを与えてくれることで、しっとりとしたなめらかな肌を保つことができます。

RMKのリクイドファンデーションには、UVの機能に特化しているファンデーションがあります。
それがこのUVリクイドファンデーションです。
RMKはリクイドファンデーションよりも、UVリクイドファンデーションの方がUVに対する効果が高いです。
「SPF50+ PA+++」とかなり高い数値ですね。
RMKのカラー展開は、7色とすこしさきほどよりは少ないです。
紫外線の強い夏にはRMKのUVファンデーションがおすすめです。

【ファンデーションの色の選び方】ディオール

ディオールは、ファンデーションの商品展開が多くて有名です。
ディオールのファンデーションには、リキッドファンデーションが7種類、クッションが3種類、コンパクトファンデーションが3種類、リフィルが6種類展開されています。
ほかの化粧品会社の商品と比べて、ディオールの商品数は多いのがよくわかります。
ディオールのファンデーションは、1日中などの長時間化粧崩れをしません。
また、ディオールのファンデーションは付け心地が軽いので薄付きのメイクが好きな方にはディオールがおすすめです。
また、ディオールのファンデーションで、「ディオールスキンヌードエアーフルイド」というファンデーションがあります。
この「ディオールスキンヌードエアーフルイド」は、なんとスポイトタイプのファンデーションです。
なので、かなりウォータリーで空気のように肌になめらかになじんでくれます。

【ファンデーションの色の選び方】マキアージュ

マキアージュのファンデーションは、パッケージが上品なかわいさで有名です。
マキアージュのファンデーションは、パウダーが4種類とリキッドが4種類あります。
マキアージュの「ドラマティックパウダリーUV」というファンデーションは@cosmeのランキングに入るほど人気です。
このマキアージュのファンデーションは、新感覚のムースをパウダー状にしたファンデーションで、肌なじみがとても良いです。
なんと驚異の10時間も化粧もちをするようです。
肌には溶け込むようにフィットするのでしっかりとカバーしながら、素肌から美しいと思わせることもできます。

また、マキアージュのドラマティックシリーズはリキッドファンデーションもあります。
マキアージュのリキッドファンデーションはなんと13時間も長持ちするそうです。
またマキアージュのファンデーションは、スフレリキッドなのでムラなく均一にとろけるように馴染んでくれます。
マキアージュは長時間化粧が崩れないのが特徴なので、化粧崩れで悩んでいる人はマキアージュのファンデーションがおすすめです。

【ファンデーションの色の選び方】セフィーヌ

セフィーヌは他の化粧品会社よりも、商品展開がかなり少ないです。
セフィーヌは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの2種類の商品展開です。
セフィーヌのリキッドファンデーションには、美容液が70%ほど配合されていて肌を潤しながらメイクをすることができます。
また、セフィーヌのファンデーションは時間が経っても崩れにくく、メイク直しをする回数を減らすことができ、なおかつメイクを落とす時に毛穴にファンデーションを残さないのがセフィーヌのリキッドファンデーションの特徴です。

セフィーヌのパウダーファンデーションは、プロも認めたファンデーションです。
セフィーヌは、モデルや女優さんにも使われているプロ用のメイクアップ道具です。
なので、セフィーヌのファンデーションは至近距離でも美しい肌を保つことができます。
セフィーヌのファンデーションは、シルクパウダーですのでふんわりとしたシルク肌を作り出すことができます。

【ファンデーションの色の選び方】最後に

どうでしたでしょうか。
ファンデーションの色は
自分に合う色なのか、合わない色なのかを見極めることが大事です。
その合うか合わないかを自分で判断できない場合は、美容部員さんなどに合うか合わないかをアドバイスしてもらうといいでしょう。
今回は、「RMK」「ディオール」「マキアージュ」「セフィーヌ」のファンデーションをご紹介しました。
また、ファンデーションにはリキッドファンデーションやパウダーファンデーションなどの種類があります。
たとえば、皮脂の分泌の多い人はそれを隠そうとして、パウダーファンデーションを選びがちです。
しかし、パウダーファンデーションは時間が経つにつれて皮脂と混ざってしまいます。
そうするとファンデーションがヨレたりして、メイク崩れにつながてしまいます。

今回ご紹介した「RMK」「ディオール」「マキアージュ」「セフィーヌ」は、リキッドファンデーションもパウダーファンデーションどちらの商品もあります。
なので、自分のお好きな商品を選ぶことができます。
商品によって、特化している部分が違います。
たとえば、「UV」や「化粧もちがいい」や「毛穴が隠れる」などの特徴を持ったファンデーションがあります。
自分の悩みに合わせて選ぶと良いでしょう。
また、ファンデーションには「手で塗る」「スポンジで塗る」「ブラシで塗る」などの塗り方もいくつかあります。
ファンデーションもそうですが、メイクは道具や道具の使い方でも仕上がりがかなり変わってきます。
特にベースメイクでおすすめなのは、スポンジで塗るのがおすすめです。
スポンジなら、肌になじみやすく長時間崩れにくいです。
なので、化粧もちを良くしたい場合や化粧直しがあまり好きでない場合は、スポンジで塗るのがいいでしょう。

もっとファンデーションについて知りたいアナタはこちら

40代におすすめのファンデーション人気ランキング13選!
カバー力抜群ファンデーションおすすめプチプラランキング13選!
パウダーファンデーションプチプラおすすめ11選!【大人気】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ