スカルプネイルのやり方は?簡単にセルフでできるの?

ネイルアートで長さを出すにはスカルプネイルが最も向いていますが、自分でやるのは難しいと思ってはいませんか?スカルプネイルはコツさえ掴めば、実は自分でも簡単に出来るんです!そこで今回はスカルプネイルのやり方を詳しくご説明したいと思います。

スカルプネイルのやり方は?簡単にセルフでできるの?のイメージ

目次

  1. スカルプネイルとは?
  2. スカルプネイルのメリットは?
  3. スカルプネイルとネイルチップの違いは?
  4. スカルプネイルとジェルネイルの違いは?
  5. スカルプネイルの値段は?
  6. スカルプネイルに必要なアイテムは?
  7. スカルプネイルをする前に準備することは?
  8. スカルプネイルのやり方は?
  9. スカルプネイルをオフする方法は?
  10. スカルプネイルの持ちはどれくらい?
  11. スカルプネイルの持ちを良くする方法①刺激を与えない
  12. スカルプネイルの持ちを良くする方法②保湿する
  13. スカルプネイルの持ちを良くする方法③爪先を使わない
  14. スカルプネイルの持ちを良くする方法④ビニール手袋を使う
  15. スカルプネイルのまとめ

スカルプネイルとは?

スカルプネイルとは、アクリルリキッドとアクリルパウダーというアクリル溶剤を混ぜて溶かし、自分の爪の形に合わせて一本ずつ作るネイルアートのことです。
スカルプネイルの形を自分で作るのは難しそうと思いがちですが、実は簡単にセルフネイルで出来てしまいます。

スカルプネイルのメリットは?

スカルプネイルの強みは、ネイルアートの中で最も強度があるということです。
そのためスカルプネイルは自分の爪が短くてもロングネイルを楽しむことが出来るメリットがあります。
また、強度があるので他のネイルデザインに比べて、立体的なデザインを表現することが出来ます。

またスカルプネイルを施術する前にはサンディングと言って、爪ヤスリで爪の表面に傷をつけて溝を作り、そこに専用のアクリル溶剤を爪に塗って硬化させるので、より高い密着性を持つようになり、接着の強度が上がっています。

アクリル溶剤を使用したスカルプネイルをオフするときは、アセトンという専用剤が必要になります。
ハードジェルタイプのスカルプネイルの場合は、ジェルで硬化した部分をやすりなどで削り落とします。

セルフネイルでハードジェルタイプのスカルプネイルをするときは、慎重に作業しないとサンディングをやり過ぎて爪がペラペラになってしまう危険性もありますが、スカルプネイルを正しく行えば爪の保護も出来、自分の爪の長さでは表現出来ない美しいネイルデザインやオリジナルの立体的なデコレーションも表現出来るので、ネイルデザインには欠かせない技術になっています。

スカルプネイルとネイルチップの違いは?

スカルプネイルは簡単に取ることが出来ないネイルチップのような物ですが、ネイルチップとは大きな違いがあります。
ネイルチップは自分の爪の形に合わせてネイルサロンでチップを作ってもらうことも出来ますが、一般的にプラスチックなどで作られているものがほとんどです。
ネイルチップはクリアな物から、色やデコレーションが施された物まで様々なデザインのネイルチップが販売されています。

スカルプネイルやジェルネイルは硬化すると強度があるので、ファッションだけでなく、爪の保護や矯正、医療目的で使用される場合もあります。
また、ネイルチップは接着剤や両面テープで爪に貼り付けますが、スカルプネイルは爪に化学変化で接着しているので、簡単に剥がれることがありません。

ただしネイルチップは爪へのダメージは少ないですが、剥がれやすいというデメリットがあります。
ネイルチップを接着剤で貼り、剥がれにくくする方法もありますが、爪やネイルチップへのそれなりのダメージもあり、ネイルチップも繰り返し使うことが出来なくなります。

ネイルチップは両面テープで爪に貼りつけるだけなので、同じ物を何度も使うことが出来、1日だけ付けて楽しむなど、仕事の都合で毎日ネイルアートをすることが出来ない人におすすめのネイルアートです。

スカルプネイルとジェルネイルの違いは?

スカルプネイルは、アクリルパウダーとアクリルリキットを混ぜて作るネイルアートです。
スカルプネイルは自然に硬化しますが、すぐに固まってしまう性質があるので、作業には手際の良さが必要になります。
スカルプネイルは3Dアートなど立体的なデザインも簡単に作ることが出来、強度があるので、ロングネイルも可能になっています。

ジェルネイルは、合成樹脂をUVライトで硬化させて作るネイルアートです。
ジェルネイルにはロングネイルも可能な硬度のあるジェルネイルもありますが、ほとんどのジェルネイルは、自分の爪の長さに合わせて作ります。

スカルプネイルの値段は?

ネイルサロンでスカルプネイルをしてもらう場合、デザインが複雑になるほど値段が高くなっていくのが一般的です。
ネイルサロンでスカルプネイルしてもらう時の値段の相場は大体1万円と言われています。
シンプルなデザインのスカルプネイルであれば5千円程の値段で出来るので、一般的なデザインのスカルプネイルであれば1万円程の値段で満足度のあるスカルプネイルをしてもらえるようです。
もちろんデコパーツをたくさん乗せれば、それだけ値段もかさんでいきます。

また、ネイルサロンによってはフットネイルになると、もっと安い値段でスカルプネイルが出来ます。
フットネイルの場合、大体5千円程の値段相場でデコパーツ込みのスカルプネイルも可能です。
フットネイルは爪のサイズがどうしても小さくなるので、出来るネイルデザインも限られています。
そのためハンドネイルよりも安い値段で施術してもらうことが出来ます。

スカルプネイルに必要なアイテムは?

自分でスカルプネイルをするときに必要なキットをご説明します。

スカルプネイルに必要なキット①ファイル
ファイルは、自分の爪の長さや表面、スカルプの長さを整えるために使います。
150G~180Gものがおすすめです。

スカルプネイルに必要なキット②エメリーボード
エメリーボードは、爪の細部を整えるために使います。
持ちやすいサイズが使いやすいです。

スカルプネイルに必要なキット③スポンジバッファー
バッファーはサンディングに使うキットです。
スポンジが入っているバッフアーの方がカーブに合わせてしっかりとサンディングすることが出来ます。

スカルプネイルに必要なキット④シャイナー
シャイナーは、スカルプネイルの仕上げ磨きに使います。
シャイな―はスカルプネイル以外にも爪のケアにも使えるキットです。

スカルプネイルに必要なキット⑤セラミックプッシャー
セラミックプッシャーは甘皮の処理に使います。
甘皮の処理をしっかり行うことで、スカルプネイルの持ちが良くなります。

スカルプネイルに必要なキット⑥プレプライマー
プレプライマーは手指の消毒に使います。
グリーンネイルの予防や手指の油分を取り除くために使います。

スカルプネイルに必要なキット⑦ネイルフォーム
ネイルフォームはは自分の爪に装着して、ネイルの長さを出すときの土台として使います。
シールタイプのもの、繰り返し使えるタイプのものがあります。

スカルプネイルに必要なキット⑧ピンチ棒
ピンチ棒は、スカルプネイルの長さを出してカーブを作るときに使います。
ピンチ棒を使うことで、自分の爪に合わせてカーブを作ることが出来ます。

スカルプネイルに必要なキット⑨筆
スカルプネイル専用の平筆を購入しましょう。

スカルプネイルに必要なキット⑩プライマー
プライマーは、自分の爪とスカルプネイルの密着性を高めるために使います。

スカルプネイルに必要なキット⑪アクリルパウダー
アクリルパウダーはスカルプネイルの元になります。
アクリルパウダーは、アクリルリキッドと混ぜて使います。

スカルプネイルに必要なキット⑫アクリルリキッド
アクリルリキッドは、アクリルパウダーと混ぜて使います。
刺激臭があるので、換気をしながら扱うようにしましょう。

スカルプネイルに必要なキット⑬ダッペンディッシュ
ダッペンディッシュはアクリルリキッドを入れるために使います。
アクリルリキッドは揮発性の液体なので、フタのあるダッペンディッシュを選びましょう。

スカルプネイルに必要なキット⑭ダストブラシ
ダストブラシはファイルをかけたときの粉を払うときに使います。

スカルプネイルに必要なキット⑮キッチンペーパー
アクリルリキットがテーブルなどに垂れると素材が剥げることがあるので、下に敷くためにキッチンペーパーを用意しておきます。

スカルプネイルに必要なキット⑯ネイルハサミ
ネイルハサミはフォームの切り取りに使います。
ネイル用のハサミでなくても良いですが、小さいハサミが使いやすいです。

スカルプネイルに必要なキット⑰ハーフチップ
ハーフチップはスカルプネイルの長さを出すために装着します。
ハーフチップを使えば、より簡単にスカルプネイルの長さを出すことが出来ます。
ハーフチップには先の尖ったタイプや白い色のハーフチップもあるので、好みに合わせて使い分けるのがおすすめです。

スカルプネイルに必要なキット⑱チップカッター
チップカッターはチップの長さを調節するときに使います。
爪切りでも代用できますが、きれいなデザインを作るならチップカッターがおすすめです。

スカルプネイルに必要なキット⑲ネイルグルー
ネイルグルーは、ハーフチップを装着するときに使うキットです。

■参考記事:初心者でも安心、100均でできるネイルは?

100均ネイルは優秀!ダイソー・セリアのおすすめアイテム紹介!
キャンドゥのネイルスタンプが優秀!やり方は?【100均】

スカルプネイルをする前に準備することは?

スカルプネイルをする前にしっかりと爪の下処理をすることで、スカルプネイルの持ちが良くなります。
そこで、スカルプネイルをする前の準備についてご説明します。

①まずはしっかり手を洗って清潔にしましょう。
手に雑菌が付いたままだとグリーンネイルという爪にカビが生える病気の原因になります。

②エメリーボードで爪を短く整えていきます。
やすりがけをするときは、爪に対して45度の角度でやすりを当てます。
やすりがけをするときにやすりを左右に往復させると二枚爪の原因になるので、一方方向にやすりをかけましょう。
このやすりがけをプレパレーションと言い、プレパレーションをしっかり丁寧に行うことによって、スカルプネイルの持ちが良くなります。

③バッファーを使って爪の表面を削るサンディグをします。
バッファーはスポンジバッファーというスポンジを挟んだやわらかい物が使いやすくおすすめです。
全体的に爪に傷を付けるイメージで丁寧にやすりがけをしましょう。
爪の表面に凹凸を作ることで、アクリルキットと爪の密着性を高め、剥がれにくく持ちの良いスカルプネイルを作ることが出来ます。

④キューティクルリムーバーがあれば、爪の根本にリムーバーを塗ってお湯に手を付け、甘皮をふやかします。
この工程を行うことで、甘皮が柔らかくなるので処理が簡単になります。
セラミックプッシャーを使って自分の爪に付いている古い角質を押し上げます。
甘皮カッターがあれば、爪の根本にある半透明の部分をきれいに取り除くイメージでカットしましょう。

⑤プレプライマーで手指を消毒します。
ネイル用の消毒液を使うのが望ましいですが、市販の消毒液でも代用できます。
消毒液を使うときはコットンや綿棒を使うと、繊維が残りやすいのでキッチンペーパーがお勧めです。
消毒をしっかり行わないと、爪にカビが生えるグリーンネイルの原因になったり、油分が付着しているとスカルプネイルが取れやすくなるので、丁寧に行います。

スカルプネイルのやり方は?

スカルプネイルをする前の準備を終えたら、いよいよスカルプネイルの施術に入ります。

スカルプネイルのやり方①
フォームを付けます。
台紙からフォームをはがし、残ったシールを裏側に張り付けて補強します。
爪のスマイルラインに合うようにフォームをカットしたら、フォームを爪のサイドまで入れます。
サイドを止めたら、フォームの先が外れないようにホッチキスなどで固定します。

スカルプネイルのやり方②
アクリルリキッドをダッペンディッシュに入れてアクリルボールを作る準備をしましょう。
筆にアクリルリキッドを浸して、筆の先端にアクリルパウダー付け、2~3mmの大きさのアクリルボールを作ります。
アクリルボールをフォームと自分の爪の先端に置き、自分のしたい長さより少し長めに広げていきます。
多少の歪みは後でやすりがけをすることで修正出来ます。

スカルプネイルのやり方③
もう一度アクリルボールを作り、次は爪の根本にアクリルボールを付けて爪の先端に向かって押し広げます。
②で爪の先端に付けたアクリルと境目が出来ると折れやすくなるので、丁寧に境目を消すように塗りましょう。
また、指にアクリルが付着するとそこからスカルプネイルが折れる原因になるので、慎重に筆を動かすようにしましょう。
アクリルが完全に固まったらフォームとピンチを取り外します。

スカルプネイルのやり方④
ファイルでスカルプネイルの長さやサイドを整えます。
表面やサイドに凸凹や歪みがないか確認しながら丁寧に形を整えていきます。
形を整えたら、バッファーを使って表面を滑らかにし、シャイナーで磨けばスカルプネイルの完成です。

スカルプネイルにデコレーションを施す場合はこの後に行いましょう。
アクリルを上手く使えば、3Dアートなども作ることが出来ます。

スカルプネイルをオフする方法は?

スカルプネイルを安全にオフしたいのであればネイルサロンに行って落としてもらうことをおすすめしますが、自分でネイルオフのやり方を覚えれば値段の節約にもなり、好きなタイミングでネイルをオフすることが出来るようになります。
スカルプネイルをオフするために必要なものはドラッグストアや100円ショップなどで安い値段で購入することが出来ます。

【スカルプネイルのオフに必要な物】
・コットン
・アセトンかアセトンが含まれたリムーバー
・サランラップかアルミホイル
・ウッドスティック
・爪やすり
・アクリルニッパー
・キューティクルオイル

スカルプネイルオフのやり方①
リムーバーの浸透を良くするために、スカルプネイルの表面を爪やすりで軽く削り、傷を付けます。
長さのあるスカルプネイルの場合は、あらかじめアクリルニッパーでスカルプネイルを短くしておきます。

スカルプネイルオフのやり方②
指に1本ずつしっかり巻ける大きさにサランラップやアルミホイルをカットします。

スカルプネイルオフのやり方③
コットンを爪全体が隠れるくらいの大きさにカットし、コットン全体にたっぷりとアセトンを染み込ませます。

スカルプネイルオフのやり方④
カットしたサランラップまたはアルミホイルの上に指を置き、爪の上にリムーバーを染み込ませたコットンを乗せ、コットンがずれないように指をしっかり包みます。
そのまま5〜15分ほど同じ状態で待ち、時間が経ったら外して、スカルプが溶けて柔らかくなっているか確認します。
スカルプネイルが柔らかくなっていない場合は巻き直して、もう数分放置しましょう。

スカルプネイルオフのやり方⑤
スカルプネイルが柔らかくなったら、ウッドスティックでスカルプネイルを優しく擦り落とします。

スカルプネイルオフのやり方⑥
自分の爪に細かいスカルプが残るくらいまでウッドスティックで擦り落としたら、爪やすりを使って爪の表面を整えます。
強くこすりすぎると自分の爪が削られ過ぎてしまうので、慎重に、丁寧にオフしていきましょう。

スカルプネイルオフのやり方⑦
スカルプネイルをオフしたら、自分の爪にキューティクルオイルを塗り、指全体にマッサージするように馴染ませます。
これでスカルプネイルのオフの完了です。

スカルプネイルの持ちはどれくらい?

スカルプネイルはネイルアートの中でも持ちが良いのが特徴です。
ネイルポリッシュの場合は大体1週間持つものですが、スカルプネイルは大体3週間以上は持つと言われます。
スカルプネイルの光沢が落ちてきた場合は、トップコートを塗ると良いです。

スカルプネイルの持ちを良くする方法①刺激を与えない

スカルプネイルを付けてから48時間は、スカルプネイルが完全に硬化していない状態なので、なるべく刺激を与えないように気を付けましょう。
特に、ドライヤーなどの熱を当てないようにしてください。

スカルプネイルの持ちを良くする方法②保湿する

スカルプネイルの持ちを良くするために、爪の周りの部分にネイル専用のキューティクルオイルを塗り、保湿を行うようにしましょう。
爪の周りが乾燥していると、そこからスカルプネイルが浮いてくる場合があります。

スカルプネイルの持ちを良くする方法③爪先を使わない

スカルプネイルの持ちをよくするには、なるべく手を使う作業を控え、些細な動作でも爪先を使わないように気を使いましょう。
指の腹を使うようにすることで、スカルプネイルへの負担を減らすことが出来ます。

スカルプネイルの持ちを良くする方法④ビニール手袋を使う

洗濯や皿洗いなどの水仕事をするときには、ビニール手袋やゴム手袋を使いましょう。
手袋を使うことで水だけでなく、洗剤に含まれている薬剤とスカルプネイルが化学変化を起こして、スカルプネイルにダメージを与えることを防ぐことが出来ます。

スカルプネイルのまとめ

スカルプネイルはネイルサロンで施術してもらうというイメージが強いですが、実は自分でも簡単にスカルプネイルすることが出来ます。
自分でスカルプネイルをすればサロンで施術するよりも安い値段でネイルアートを楽しむことが出来るので、ぜひ自分でおしゃれなネイルデザインを楽しんでください!

もっとネイルアートについて知りたいアナタへ!

クリアネイルのデザインまとめ!透明感が可愛くて大人気!
リキュールネイルの塗り方・やり方!キャンドゥが可愛くて人気!
ワインレッドのネイルデザイン25選!ボルドーカラーでセクシーに!
ピンクのグラデーションネイル35選!デザインとやり方を解説!
新着一覧
最近公開されたまとめ