ネイルオイルの使い方は?オイルで爪を正しくケアしよう!

爪のケアにはネイルオイルでのケアがおすすめです。あまり知られていないネイルオイルの使い方をご存知でしょうか。プチプラでも購入ができるので指先をキレイにしたい人や、もっとネイルを楽しみたい人は参考にしてみてください。今回はネイルオイルの使い方をまとめます。

ネイルオイルの使い方は?オイルで爪を正しくケアしよう!のイメージ

目次

  1. ネイルオイル、使い方はバッチリ?
  2. 使い方の前に、ネイルオイルとは
  3. 使い方の前に、ネイルオイルの種類
  4. 使い方の前に、ネイルオイルの選び方◎肌なじみの良さ
  5. 使い方の前に、ネイルオイルの選び方◎使いやすさ
  6. 使い方の前に、ネイルオイルの選び方◎好きな香り
  7. ネイルしている人にネイルオイルはおすすめ
  8. ネイルオイルの使い方
  9. ネイルオイルの使い方①石鹸で手を洗う
  10. ネイルオイルの使い方②化粧水で整える
  11. ネイルオイルの使い方③ネイルオイルを塗る
  12. ネイルオイルの使い方④ネイルオイルを馴染ませる
  13. ネイルオイルの使い方⑤ハンドクリームをつける
  14. ネイルオイルの使い方◎塗り方のポイント
  15. ネイルオイルの使い方◎ネイルオイルの効果的な塗り方
  16. ネイルオイルの使い方◎ネイルオイルを使う頻度
  17. ネイルオイルの使い方◎ネイルケアが大切
  18. おすすめのプチプラネイルオイル◎ネイルネイル
  19. おすすめのプチプラネイルオイル◎ビズビズ
  20. おすすめのプチプラネイルオイル◎シュクレベリー
  21. ネイルオイルの使い方は?まとめ

ネイルオイル、使い方はバッチリ?

ネイルをする人もしない人も、爪のケアは大切ですね。
ネイルをすると、すぐに爪が割れてしまう、二枚爪になってしまう。
そんな人は地爪自体に問題があるのかもしれません。
地爪からしっかりとケアをすることで、その爪のトラブルが解消されることがあります。
ちょっとした時に見える指先は、爪がボロボロなよりは、艶やかでキレイな方が素敵ですよね。
指先からキレイな女性は、男性にも女性にもモテる女性になれます。

ネイルをする人であれば、地爪がキレイな人のほうがマニキュアのノリも良くなります。
地爪を健康に保つことで、さらにネイルを楽しむことができそうですね。
すでにネイルオイルを使っている人も、まだネイルオイルを使ったことがない人も、ぜひ爪のケアのために使ってみてください。
そうはいっても、爪のケアに関しては知らない人が多いようです。
今回は爪のケアの1つ、ネイルオイルの使い方や選び方などをまとめていきます。

■参考記事:爪を綺麗に、ケア用品の使い方もチェック!

爪を綺麗にする方法まとめ!綺麗な形でピカピカの爪に!【簡単】

使い方の前に、ネイルオイルとは

ネイルオイルとは、爪のケアをするための爪専用のオイルです。
ネイルオイルには、爪が乾かないように爪の乾燥を防いだり、爪に必要な栄養素を与えてくれる効果があります。
爪が乾かないように爪を保湿してくれるので、外からの刺激から爪を守ってくれる効果も期待できそうです。
乾燥から守ってくれるものにはハンドクリームもありますが、爪を特に保湿したいという場合は、浸透しやすいオイルのほうが効果的だと言われています。

最近ではオーガニックのネイルオイルや、香りにこだわったネイルオイルなど、敏感肌の人に優しいネイルオイルやリラックス効果も期待できるネイルオイルなども販売されています。
さらには安くて可愛いプチプラのネイルオイルもたくさん販売されています。
今回は爪のケアにかかせない、ネイルオイルの使い方についてまとめていきたいと思います。

使い方の前に、ネイルオイルの種類

まずはネイルオイルの種類をみていきましょう。
ネイルオイルには、大きく4つの種類があります。
使い方や、爪の状態で種類を変えることができるといいですね。

マニキュアタイプ

一番よく見るネイルオイルが、マニキュアタイプです。
マニキュアタイプのネイルオイルは、マニキュアと同じようなパッケージになっているので、使いやすいというメリットがあります。

マニキュアと間違えてしまうほど、可愛くおしゃれなネイルオイルが多いのも特徴です。
マニキュアの染料の部分が、ネイルオイルにかわっただけで、ネイルオイルはマニキュアと同じくハケで塗ります。
最近では、ボトルにもこだわったネイルオイルが販売されているようです。
友達へのプレゼントにも良さそうですよ。

スティックタイプ

ネイルオイルの種類の2つ目はスティックタイプのネイルオイルです。
スティックタイプとはいっても、ネイルオイルは中に入っている筆で塗ります。
そのため筆ペンタイプと呼ばれることもあるそうです。
このネイルオイルの種類は、持ち運びが便利だというのがメリットです。

ポーチにも、カバンにもすっと入れることができるスマートなタイプです。
付属されている筆で塗るので、スティックタイプのネイルオイル以外のものを持ち運ぶ必要もありません。
マニキュアタイプのように、割れてしまう心配もないので、外に持って行くのであればスティックタイプのネイルオイルがおすすめです。
爪が乾燥しやすい人は、爪が乾かないように、いつでもケアできるようにスティックタイプのネイルオイルを探してみてください。

スポイトタイプ

ネイルオイルの種類の3つ目は、スポイトタイプのネイルオイルです。
このタイプのネイルオイルも良く見かけるネイルオイルです。
一見、マニキュアタイプのネイルオイルにも似ていますが、ハケがついていないので、塗る時にはスポイトでネイルを吸い上げて、直接爪にたらし、指などで馴染ませていくものになります。

どれくらいのネイルオイルを吸い上げたらいいのかなど、最初は戸惑いますが、マッサージをしながら塗り込むことができますし、よりオイリーにすることが可能なので、時間がない時のケアにはおすすめです。
少しオイルで両手がべたっとしてしまうので、コットンやガーゼのタオルなどを用意しておくとスムーズにケアができそうです。

ロールオンタイプ

ネイルオイルの種類の4つ目は、ロールオンタイプのネイルオイルです。
リップクリームにも似ている形をしています。
フタをとると、ロールがついているので、それを爪の上でコロコロと転がすことでオイルが出てくる構造になっています。
たっぷりと出てくるわけではないので、うっかりこぼしてしまう心配がないのが特徴です。

一度にオイルがたっぷりと出ないことから、じっくりとネイルオイルのケアができるという点が魅力なのだそうです。
手がべたつきにくいので、仕事中や家事の途中にケアをしたいという人にもおすすめのネイルオイルです。

使い方の前に、ネイルオイルの選び方◎肌なじみの良さ

4種類あるネイルオイルから、どんなネイルオイルを選んだらいいのでしょうか。
悩んだ時は、3つのポイントを参考にしてみてください。
まずは肌なじみの良いものを選ぶというポイントです。
健康な爪を維持していくためには、爪によくなじむネイルオイルを選ぶことが大切です。
人のお肌に馴染みやすいと言われているのが、植物性のオイルです。
植物性のオイルであれば、あまりベタベタとしない特徴もあるので、こまめにケアをしたい人にもおすすめです。
オイルによって、さらっとしているものやドロっとしているものなど、イロイロなタイプのオイルになっています。
最終的にはなじませてしまうものですが、最初につけた感じが嫌だと思うものは長く使うことができません。
テスターがある場合は、どんなタイプのオイルなのかも確認ができるといいですね。

ネイルオイルに使われる植物性のオイルには、ホホバオイル、オリーブオイル、アーモンドオイル、アボカドオイル、アルガンオイル、ヤシオイルなどがあるそうです。
ネイルオイルの成分を見て、植物性のオイルが使われているものを選んでください。
また、保湿性の高いオイルを選ぶというのもポイントです。
植物性のオイルは、保湿性も高いと言われているので、なお良いネイルオイルですね。
爪が乾燥しやすい人は、爪が乾かないように保湿性の高いものを選んでください。

使い方の前に、ネイルオイルの選び方◎使いやすさ

爪のケアは、こまめに行うことも大切です。
そのためには、ネイルオイルの使いやすさでネイルオイルを選ぶこともポイントになってきます。
せっかく効能の良いネイルオイルがあるのに、使わないのはもったいないですよね。

仕事や学校が終わった後に家でケアをすることが多い人ならマニキュアタイプやスポイトタイプがおすすめです。
爪が乾燥しやすい人なら、爪が乾かないようにケアできる、持ち運びができるスティックタイプがいいですね。
手のべたつきが気になる人なら、ロールオンタイプが良さそうです。
しかし実際に使ってみて、持ち運びたいけどロールオンタイプのほうが使いやすい、など人によって使いやすさのポイントは違うかもしれません。
まずはプチプラのネイルオイルを使ってみて、使いやすければその種類のネイルオイルを探してみるという方法もおすすめです。

使い方の前に、ネイルオイルの選び方◎好きな香り

爪のケアをするというのは、苦手な人にとってはちょっと苦痛な時間となります。
それなりに時間がかかるものですよね。
でも好きな香りのネイルオイルを使えば、そんな手間がかかる時間も楽しめると思います。

お気に入りのネイルオイルで、違う香りのものを用意しておくと、その時の気分でケアをすることができるので、さらに爪のケアの時間を楽しむことができます。
寝る前にケアをする人であれば、寝ている間も指先から好きな香りを楽しむことができます。
せっかく爪のケアをするなら、リラックスができるようにしたいですね。

■参考記事:いい香りのハンドクリームは?手のケアでネイルも引き立つ!

いい香りのハンドクリームおすすめ人気35選!【完全版】

ネイルしている人にネイルオイルはおすすめ

ネイルオイルでのケアは、ネイルをしている人には特におすすめです。
ジェルネイルもマニキュアも、つけたりとったりすることで爪にかなりの負担をかけています。
ネイルをした爪や、爪の周りはとても乾燥しやすい状態になっています。
乾燥しすぎて白くなってしまったり、二枚爪や薄爪などのトラブルにつながることもあるのです。

ネイルオイルでケアすることで爪が乾かないように防いで、栄養を補給してあげることで、それらのトラブルを防ぐことができるようになります。
ジェルネイルやマニキュアをとった時も、まだネイルをした状態であっても、ネイルオイルでの爪のケアは大切です。
爪が乾かないように、しっかりと爪をケアしてくださいね。

ネイルオイルの使い方

それでは、ネイルオイルの使い方についてまとめていきます。
ネイルオイルには4種類のものがあります。
塗り方は変わってきますが、基本的な使い方は同じです。
じっくりと時間をかけて、爪が乾かないように爪のケアをしていきましょう。

ネイルオイルの使い方①石鹸で手を洗う

まずは基本の手洗いです。
ネイルオイルを塗る前には、手を清潔にしておきましょう。
手を洗う時は、無意識にごしごしと洗いがちですが、それほどの汚れがない時には、洗顔の時と同じで優しく泡で洗うことが望ましいと言われています。
可能であれば、ぬるめのお湯などで手洗いができていると皮膚が柔らかくなって、よりネイルオイルを浸透させやすくなります。
お風呂あがりに爪のケアをするのもおすすめです。

ネイルオイルの使い方②化粧水で整える

ネイルオイルに化粧水の成分が入っているようなものもあるようですが、より爪にネイルオイルの成分を浸透させるために、化粧水で手のコンディションを整えておくといいそうです。
使う化粧水はフェイス用でもボディ用でもいいそうです。
手の皮膚を柔らかくしておくと、さらにネイルオイルが浸透しやすくなります。

ネイルオイルの使い方③ネイルオイルを塗る

しっかりと下準備をしたら、いよいよネイルオイルを塗っていきます。
ネイルオイルの塗り方は、爪を囲うように塗っていきます。
塗り方のポイントは、マニキュアのように塗る必要はないという点です。
ネイルオイルでは、爪が乾かないように保湿をして、栄養を与えてケアすることが目的です。
ネイルオイルの塗り方は、爪と皮膚が接している部分に塗りこんでいきます。
爪と皮膚が接している部分になりますので、手の甲から見た爪だけでなく、手のひらから見た爪と皮膚が接している部分にも、忘れずにネイルオイルを塗るように、塗り方には注意をしましょう。

ネイルオイルの使い方④ネイルオイルを馴染ませる

ネイルオイルは、オイルなのでちょっとべとべとします。
このべとべと感がなくなるまで、ゆっくりと指の腹でマッサージをしながら爪になじませていきます。
ゴシゴシと擦るというよりは、軽く押すような感覚で馴染ませてください。
さらにスキンケアの時にするようなハンドプレスを加えて、オイルを馴染ませるといいと言われています。
乾燥が気になる箇所に、ネイルオイルを重ね塗りして、指で包み込むように優しく抑えていきます。
体温で温めながら馴染ませることで、より内部まで浸透して保湿の高い効果が期待できます。

ネイルオイルの使い方⑤ハンドクリームをつける

ネイルオイルを塗り方通りにしっかりと塗ることができたら、仕上げにハンドクリームを使うと良さそうです。
あなたのお肌の状態によって、ちょっとハンドクリームをつけると脂っこくなりすぎる、という場合は必ずしも必要な作業ではありません。
しっかりと爪が乾かないように保湿をしたい、爪が乾きやすいという人は、ハンドクリームで仕上げると良さそうです。

ネイルオイルの使い方◎塗り方のポイント

ネイルオイルの塗り方には、注意をしなくてはいけない点があります。
爪と皮膚が接している部分はキューティクルと呼ばれています。
このキューティクルは新しい爪を作ってくれる部分になるので、ここにしっかりとネイルオイルを塗りこまなくてはいけません。
ネイルオイルの塗り方で、マニキュアのように塗る必要はない、というのはそういうことです。

ネイルオイルを、ネイルをしている爪に塗る場合の塗り方としては、爪の裏側から浸透させるように塗る塗り方がよさそうです。
爪の裏から表にむかって、ぐるっと囲むようにネイルオイルを塗っていく塗り方の方が、より内側にネイルオイルを浸透させることができます。
爪が乾かないように防ぐ、保湿効果も高くなることが期待できます。
ネイルオイルの塗り方にも、気を使いながら塗っていきたいですね。

ネイルオイルの使い方◎ネイルオイルの効果的な塗り方

ネイルを長持ちさせるためのネイルオイルの効果的な塗り方があります。
せっかくのお気に入りのネイルの時には、できるだけ長くそのデザインを楽しみたいですよね。
ネイルオイルは、爪が乾かないように保湿したり、栄養を補給するためだけでなく、ネイルを長持ちさせる効果もあるのです。

ネイルをする前に、ネイルオイルを塗ってしまうと、爪に良いどころか逆にネイルの成分をはじいてしまいます。
ネイルをする前は、ネイルオイルでの爪のケアはしないほうが良さそうです。
ネイルオイルとネイルの塗り方が前後してしまうと、せっかくのネイルの持ちも悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

ネイルオイルの使い方◎ネイルオイルを使う頻度

ネイルオイルでの爪のケアは、どれくらいの頻度で行った方がいいのでしょうか。
ネイルオイルでの爪のケアは、爪が乾かないように保湿をしたり栄養の補給になります。
お肌のケアと同じように、できるだけ毎日行うことが望ましいと言われています。
特に乾燥のしやすい時期や、エアコンなので乾燥してしまう時には、爪が乾かないようにこまめにケアをしてあげるとキレイな指先を保つことができます。

ネイルオイルでのケアをするのは、手が清潔である時のほうがいいので、お風呂上りなどの時にスキンケアと一緒に行うことができるといいですね。
家事をする人は、水仕事の時にネイルオイルがとれてしまうかもしれないので、寝る前にネイルオイルでのケアをすると良さそうです。
ネイルオイルでの爪のケアは、1日1回以上を目安に行うことが理想的です。

ネイルオイルの使い方◎ネイルケアが大切

ネイルケアとは、爪が乾かないように保湿したり、栄養を与えたりすることで、爪をキレイに保つことにあります。
ただ健康的な爪にしても、形がバラバラだったり、長さがバラバラではキレイな指先とは言えませんよね。
せっかくネイルオイルで爪のケアをするのであれば、爪の形や長さにも気を使ってあげましょう。

ネイルケアのポイントは、形と長さ、そして甘皮が必要以上に出ていないことです。
サロンでネイルをしてもらう人であれば、甘皮はキレイに除去してもらっていると思います。
セルフネイルをする人も、甘皮のケアをしっかりとして、キレイな爪のケアをしてきましょう。
甘皮のケアをした後に、ネイルオイルで保湿のケアをすると、より乾燥を防ぐことができそうです。

おすすめのプチプラネイルオイル◎ネイルネイル

ネイルオイルをまずはプチプラで試してみたいという人におすすめなのが、ネイルネイルの「ボタニカル ネイルトリートメントオイル」です。
プチプラというだけあって、値段も安く可愛いネイルオイルです。
マニキュアタイプで塗りやすいので、ネイルオイルを初めて使う人にもぴったりです。

オイルは9種類の植物オイルを配合しているそうです。
さっと指先になじんで、保湿の効果も期待できそうですね。
香りはシトラスの爽やかな香りなのだそうです。
可愛いボトルデザインですが、シンプルでマニキュアと一緒に置いてあっても素敵です。
プチプラのネイルオイルは、ボタニカル ネイルトリートメントオイルがおすすめです。

おすすめのプチプラネイルオイル◎ビズビズ

可愛いプチプラのナイルオイル、ビズビズの「ネイル&キューティクルジェル」もおすすめのプチプラネイルオイルです。
一瞬、グロスかと思うほどの可愛さですね。
スティックタイプのネイルオイルなので、持ち運びにも便利なネイルオイルです。

pl_ercさんの投稿
15875878 1747448505574445 1947574489696960512 n

オイルは3種類の植物オイルを配合しているそうです。
しっとりと潤って、保湿の効果もばっちりですね。
香りは甘いスウィートフラワーズと、フェミニンなホワイトブーケの2種類があります。
香りによって、ピンクとホワイトのパッケージになっています。
どちらも可愛いデザインで、ポーチから覗いていても問題ありません。
ネイルオイルでのケアが楽しくなりそうなプチプラのネイルオイルです。

おすすめのプチプラネイルオイル◎シュクレベリー

プチプラのネイルオイルに、シュクレベリーの「ネイル&キューティクルジェル」もおすすめです。
ピンク色のパッケージが可愛くて、持っていてもテンションがあがります。
可愛いのですが、大人の女性にもぴったりのデザインです。
こちらもスティックタイプのネイルオイルですが、プチプラのネイルオイルなのにサロン仕様のネイル美容液としても人気のプチプラです。

オイルは4種類の植物性オイルを配合しています。
エステティシャンが開発したプチプラのネイルオイルというのは、一度使ってみたくなりますね。
香りは、ホワイトブーケと、ピンクフラワーズ、フレッシュシャンプーの3種類があるそうです。

ネイルオイルの使い方は?まとめ

今回はネイルオイルの使い方として、ネイルオイルの塗り方や選び方をまとめてみました。
プチプラにも保湿などの効果の高いネイルオイルがあるのですね。
爪のケアをすると、指先がキレイになって、ネイルを長持ちさせることにもつながります。
ネイルをしている人はもちろんですが、ネイルをしていない人もご自分に合った使い方で、指先のキレイのためにケアを始めてみませんか?
まだネイルオイルを使ったことが無い人は、まずはプチプラのネイルオイルから爪のケアを始めてみるのも良さそうです。
爪が乾かないように爪の保湿をしっかりとして、キレイな指先を保ってください。

もっと爪やネイルについて知りたいアナタはこちら

爪が割れたときの対処法!正しい応急処置の方法教えます!
ショートネイルのデザイン集!短い爪でも楽しめる!【可愛い】
オフィスネイルのデザインまとめ!シンプルで短い爪にも似合う!
ジェルネイル伸びた爪切りをしたい!正しい切り方・ケアの仕方は?
人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ