ヌメ革の手入れ方法まとめ!しっかり手入れして大切に

自然でナチュラルな見た目がクールで格好いいヌメ革製品。ヌメ革のしっとり肌に馴染む感触が好きだという人も多いと思いますが、皆さんはそのお手入れ方法はご存知でしょうか?今回は人気のヌメ革素材の製品のお手入れ方法についてまとめてみました!

ヌメ革の手入れ方法まとめ!しっかり手入れして大切にのイメージ

目次

  1. 自然な見た目や雰囲気が魅力!大人に大人気のヌメ革とは?
  2. 大切に使いたい!ヌメ革のお手入れ方法をご紹介♪
  3. ヌメ革のお手入れ方法①ブラシで汚れを落とす
  4. ヌメ革のお手入れ方法②ヌメ革用のクリームを使う
  5. ヌメ革のお手入れ方法③オイルを塗り込んでおく
  6. ヌメ革のお手入れ方法④ひどい汚れは固く絞ったタオルで拭く
  7. ヌメ革のお手入れ方法⑤傷は指で馴染ませる
  8. ヌメ革のお手入れ方法⑥定期的に日光に当てる
  9. ヌメ革の経年劣化を楽しむためには欠かせないお手入れ!
  10. ヌメ革のお手入れをして商品の美しさに磨きをかけましょう♪

自然な見た目や雰囲気が魅力!大人に大人気のヌメ革とは?

革製品が好きな人ならご存知の人も多いヌメ革。ヌメ革とは植物に含まれるタンニンだけを使ってなめして作られる革のことをいい、化学薬品を使わず自然本来の質感や見た目を楽しむことができるとてもナチュラルな素材のことです。

ヌメ革の魅力はなんといっても暮らしの中で長く使いこむうちに経年劣化でどんどんその見た目が変わっていくことで、一度使うとその魅力にハマってしまう人もたくさんいます♪

またヌメ革は牛革から作られていて非常に丈夫なのも特徴で、財布やキーケースなど使う頻度の高い小物製品にもよく使われています。落ち着いた大人の男性や女性にとてもよく似合う上品なヌメ革はかなりの高級品となる場合もあります。

自然素材のためお手入れしない場合は汚れやすく傷もつきやすい素材となりますが、ぜひ一度は使ってみたいものですよね!

大切に使いたい!ヌメ革のお手入れ方法をご紹介♪

それでは実際にヌメ革の財布などを手に入れた人のやめに、そのお手入れの方法についてご紹介していきたいと思います。

合皮の財布であればお手入れしない場合も汚れなどはそれほど気にならないかもしれませんが、ヌメ革の場合は綺麗に使うためにはとにかくお手入れがとっても重要になります。

ヌメ革のお手入れにはブラシ、クリーム、オイルなどの専用アイテムを使います。ヌメ革は1回あたりのお手入れはそんなに時間がかかるわけではありませんが、汚れた時はその都度お手入れしないといけないため頻度はかなり多くなります。

まめにお手入れしない場合は革の色合いの変化を楽しむことはできませんので、ぜひ以下のお手入れ方法をチェックしてそのやり方を覚えておきましょう!

■参考記事:無印良品のヌメ革財布がおしゃれ!

無印良品の財布を紹介!ヌメ革がおしゃれで人気?

ヌメ革のお手入れ方法①ブラシで汚れを落とす

ヌメ革のお手入れ方法の1つめは、ブラシで汚れを落とすことです。

ヌメ革の財布やキーケースなどは自然の革をそのまま使っているため、毎日の暮らしの中で表面に細かいほこりやゴミが溜まってしまうことがあります。そのため定期的に革製品専用のブラシやハケを使ってその汚れを掻き出す必要があります。

財布など暮らしの中で毎日使うものは特に汚れがたまりやすいため、2~3週間に1度程度の頻度でブラシを使うと良いかもしれませんね。

ブラシやハケを強くヌメ革にあてると傷がついてしまうこともありますので、力を入れずなるべく優しく革の隙間に沿って掻き出すようにするのがポイントです。

ヌメ革のお手入れ方法②ヌメ革用のクリームを使う

ヌメ革のお手入れ方法の2つめは、ヌメ革用のクリームを使うです。

ヌメ革というのは植物のタンニンだけを使ってなめした革のため、新品の状態では革を保護する油膜などが一切ついていない状態で販売されています。それはそれで味があって非常に魅力的なのですが、やはりそのままの状態では汚れや傷がつきやすくなってしまうため出来れば購入後はヌメ革用のクリームを使って磨いておくのがオススメです。

ヌメ革にクリームを使う時は大量のクリームを一度で塗るのではなく、ごく少量のクリームを乾いた布などに取って少しずつ撫でるように塗っていくのが綺麗に塗るコツになります。

しっかりクリームがついたヌメ革は艶が出て耐久性も上がりますので、ぜひ数か月に1度など定期的な頻度でお手入れをするようにしてみてくださいね。

ヌメ革のお手入れ方法③オイルを塗り込んでおく

ヌメ革のお手入れ方法の3つめは、オイルを塗り込んでおくことです。

ヌメ革のお手入れには専用のクリームを使うのが基本ですが、他にもオイルを使った方法もあります。自然の革にオイルを使っても良いの?と不思議に思う人もいるかもしれませんが、実は人間の手からも脂は分泌しています。

ヌメ革の美しい経年劣化にはその人間の手からつく脂も欠かすことはできず、過度になりすぎないオイルでのお手入れもヌメ革のお手入れにはとても高い効果を発揮することが分かっています。

ヌメ革のお手入れに使うオイルもクリームと同様にヌメ革専用のオイルを使うと安心です。ヌメ革専用のオイルはそんなに高いものではなく、ネット通販などでも簡単に購入することができます。お手入れ用にぜひ1つ持っておくと便利ですね。

ヌメ革にオイルを塗り込む頻度も、クリームの時と同様に数か月に1度ぐらいの頻度でも大丈夫です。ヌメ革の財布などは手入れしないのも良くありませんが、早く飴色にしたいからといってオイルを使いすぎるのも逆効果になってしまうため注意しましょう。

■参考記事:スエード靴のお手入れ方法も気になる?

スエード靴の手入れ方法!簡単にできるケアを説明します

ヌメ革のお手入れ方法④ひどい汚れは固く絞ったタオルで拭く

ヌメ革のお手入れ方法の4つめは、ひどい汚れは固く絞ったタオルで拭くことです。

ヌメ革の財布やキーケースなどの小物類は大切に使っていても日々の暮らしの中で思わぬヒドイ汚れがついてしまうこともありますよね。コーヒーのシミだったり食べ物のシミがついてしまうととてもショックですが、そんな時も慌てて水やお湯に浸けてしまうのは絶対NGです。ヌメ革は水やお湯に非常に弱く、素材が傷んでしまう原因となってしまいます。

ヌメ革のひどい汚れが気になった時は、清潔なタオルやふきんを一度濡らして固く水分を絞って優しく汚れをふき取っていくのがおすすめです。

どうしても目立った汚れが落とせない時は専門の業者に依頼してシミ抜きをしてもらうという方法もあります。高価なヌメ革を長く楽しむためにはプロの手を借りてお手入れするのも1つの方法となりますね。

ヌメ革のお手入れ方法⑤傷は指で馴染ませる

ヌメ革のお手入れ方法の5つめは、傷がついてしまった時のお手入れ方法です。

ヌメ革は丈夫で耐久性がある素材ですが、普段の暮らしの中で持ち歩いているとやはり細かい傷などがついてしまうこともよくありますよね。ひっかき傷や擦れた傷などがヌメ革に出来てしまった時は、その部分を軽く指で擦って馴染ませると傷が目立たなくなる場合があります。

あまり強く擦ってしまうとその部分だけ色が変わってしまってかえって目立ってしまう可能性もありますので、あくまでも指で擦る時は爪を立てないように指の腹で優しくなぞるのがお手入れのコツになります。

ヌメ革の財布とスマホを一緒にズボンのポケットに入れたり、またはカバンの中が乱雑になっていたりするとどうしても傷が付きやすくなってしまうため注意するようにしましょう。

ヌメ革のお手入れ方法⑥定期的に日光に当てる

ヌメ革のお手入れ方法の6つめは、定期的に日光に当てることです。

ヌメ革を綺麗に飴色に経年劣化させたい時は、普段の暮らしの中での穏やかな変化を楽しむのと同時に一定の頻度で日光に当てて日焼けさせるのも効果的です。

ヌメ革は手入れしない場合は表面にカビが生えてしまうことがありますが、定期的な頻度で日光に当てることでそれも防ぐ効果もあります。

ヌメ革を日光に当てるのはできれば買ってきてすぐ始めるとその後の革の艶や色合いに変化が生まれます。少し面倒ではありますが、ヌメ革を毎日の暮らしの中で美しく楽しみたい時には試してみても良いかもしれませんね。

ただし日光に当てると革は乾燥してしまいます。夏の強い日差しの場合は特にカラカラになるほど日に当てるのは厳禁です。最後に丁寧にクリームやオイルで手入れをすることも忘れないようにしましょう。

ヌメ革の経年劣化を楽しむためには欠かせないお手入れ!

ヌメ革は自然本来の色合いや手触りを楽しむことができる製品ですが、そのぶん非常にデリケートな一面も持ち合わせています。

しっかりお手入れをされたヌメ革と、あまりお手入れしないヌメ革を比べるとその差は一目瞭然!せっかく高級なヌメ革を持つのであれば周囲の人が思わず羨ましいと感じるような素敵な経年劣化を感じさせるヌメ革に仕上げていきたいものです。

大人の余裕を感じさせる上品なヌメ革を楽しむためには、少し手間はかかりますが日々の暮らしの中でヌメ革のお手入れを欠かさないようにしていきましょう♪

ヌメ革のお手入れをして商品の美しさに磨きをかけましょう♪

ヌメ革のお手入れ方法について詳しくご紹介しました。ヌメ革はナチュラル素材が好きな人や革本来の質感や手触り、匂いが好きな人に非常に人気がある素材ですが、美しく綺麗に保つためには意外とお手入れなどには手間がかかるようです。

お手入れしない場合はせっかくのヌメ革の魅力が半減してしまうこともありますので、ぜひ暮らしの中で暇な時間を見つけて上記でご紹介したお手入れ方法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ヌメ革の持つ本来の魅力を丁寧なお手入れで引き出していきたいものですね♪

身近な物のお手入れについてもっと情報を知りたいアナタに!

つげ櫛の手入れ方法や頻度は?椿油は絶対に必要!
マフラー・ストールの洗濯方法・洗い方!【カシミヤ・アクリル・ウール】
メイクブラシの洗い方!乾かし方や洗う頻度も解説します!
スエード靴の汚れの洗い方とお手入れ方法解説!【簡単】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ