コンビニで収入印紙は買える?種類や購入場所を調査!

コンビニで購入できる収入印紙の種類や、お得な購入方法を詳しくご紹介します。今まで、何の疑問も無く郵便局で収入印紙を購入していた人も、このページを見ればコンビニ一筋になるかも!?ポイント還元のコツや、収入印紙の種類の雑学も解説します。

コンビニで収入印紙は買える?種類や購入場所を調査!のイメージ

目次

  1. 仕事で収入印紙が必要!コンビニで買える?
  2. 【基礎知識】コンビニで購入できる収入印紙の種類とは?
  3. コンビニで購入できる収入印紙の種類は、200円だけ!?
  4. 大手コンビニで収入印紙を買うときの注意点
  5. 4000円の収入印紙について
  6. 業務委託契約書に、4000円の収入印紙が必要!
  7. 4000円の収入印紙は、1枚で購入するのがマナー
  8. 4000円の収入印紙は、コンビニでは買えない!?
  9. 収入印紙をコンビニで買えない場合は、ゆうゆう窓口へ
  10. 【裏技】収入印紙をコンビニでオトクに買う!
  11. ミニストップは、JMB WAONで収入印紙がオトク!
  12. ファミリーマートは、ファミマTカードで収入印紙がオトク!
  13. 4000円の収入印紙を、クレジットカードで買ってみよう
  14. コンビニ以外で収入印紙を買える場所は?
  15. 通信販売で収入印紙を買うときの注意点
  16. まとめ:コンビニで収入印紙を買うとオトク!

仕事で収入印紙が必要!コンビニで買える?

高額な領収書を発行するときや、仕事の契約書を交わすときなどに使われる「収入印紙」。
仕事の特殊なケースで使われるイメージが強いですが、日常生活の中でも、高い買い物をしたときに領収書へ貼付してあることがあります。切手のようなデザインの200円の収入印紙を、見たことがある人は多いのではないでしょうか?


また、不動産の譲渡や賃貸の契約書にも、収入印紙が必要になる場合があります。1人暮らしを始めるときの契約で、初めて収入印紙を利用した、という人もいます。

収入印紙は、基本的に郵便局で購入するものです。しかし、最近はコンビニでも手軽に購入することができるようになりました。

このページでは、コンビニで購入できる収入印紙の種類や、オトクな購入方法について詳しく解説します。

【基礎知識】コンビニで購入できる収入印紙の種類とは?

収入印紙の種類は、最低額面の1円から、最高額面の10万円まで、計31種類あります。普段、収入印紙を使うことが少ない人は、一体どの額面をコンビニで購入すればいいのが分からないかもしれませんね。

例を挙げると、5万円以上の商品を買ったときの領収書には、200円の収入印紙を貼らなくてはいけない決まりがあります。この場合、領収書に貼った収入印紙には割り印が必要です。この割り印が無い限り、印紙税を払ったことにならないので注意が必要です。


また、業務委託の契約書には4000円、会社を設立するときの定款には40000円の収入印紙を貼付しなくてはいけません。

収入印紙を貼るという行為は、すなわち国に税金を納めるということです。大きな額面を取引する仕事には、収入印紙の知識が必要不可欠になります。万一、収入印紙の額面が足りないと追徴収をかけられてしまいます。
その場合、本来購入するはずだった収入印紙額よりも大きい額を請求される場合もあります。特に自営業の仕事をされている方は、収入印紙の種類に関する知識をきちんと把握する必要があります。

仕事に不可欠な収入印紙を、コンビニで買ってみよう

収入印紙が買える場所は郵便局だけではありません。最近は、最寄のコンビニでも取り扱われることが多くなりました。大手セブンイレブンはもちろん、ローソンやファミリーマートなどの有名なチェーンならほぼ心配ありません。

郵便局が閉まってしまう午後5時以降や、土日祝日でも収入印紙を買えるのは便利ですね。第二の購入場所として、コンビニもぜひ活用しましょう。

コンビニで購入できる収入印紙の種類は、200円だけ!?

ただし、ここで注意!コンビニでは、すべての種類の収入印紙が取り扱われているわけではありません。
セブンイレブンやローソンなど大手コンビニでも、日常的に取り扱っているのは200円の収入印紙のみ、というパターンが多いようです。

それもそのはず。通常、私たちが一番よく使うのは200円の収入印紙です。
先ほども解説しましたが、領収書に収入印紙の貼付が必要になるのは5万円以上の額面のときです。そして、5万円以上100万円未満ならば、印紙税は200円で統一されています。100万円以上の買い物をする人はめったにいません。


そのため、コンビニで販売している収入印紙の種類も、200円が多いのです。

万一、200円以上の高額な収入印紙が必要な場合は、あらかじめコンビニに電話で連絡をとって確認を取ったほうが無難でしょう。必要な収入印紙の種類が販売されていなかった場合は、コンビニがお取り寄せしてくれる場合もあります。

大手コンビニで収入印紙を買うときの注意点

セブンイレブンなら、全国どこでも収入印紙は購入可能……ではない!

「仕事で200円の収入印紙が必要!」
そんなとき、すぐ近くのセブンイレブンで購入できれば非常に便利ですね。
しかし、地域によっては、大手セブンイレブンでも収入印紙の取り扱いが無い店舗があることに注意しましょう。

そもそも、セブンイレブンが収入印紙を販売するのは、その店舗に収入印紙のニーズがあるい場合に限ります。たとえば、もう何年も収入印紙を購入する人が訪れないセブンイレブンに、いつまでも収入印紙を置いておく必要はないわけです。


そのため、「大手セブンイレブンなら200円収入印紙くらいあるだろう」という思い込みが通じないケースも、当然ながらあります。

やはり、購入する予定のセブンイレブンには、事前の連絡と確認が必要であることを心にとめておきましょう。

4000円の収入印紙について

先ほども解説したとおり、通常よく使われるのは200円の収入印紙です。しかし、まれに4000円の収入印紙が必要なときがあります。
それは「業務委託契約書」の印紙税です。

「業務委託」とは、企業と対等の立場で仕事の依頼を受けて働く方法を指します。自営業の人にとっては馴染み深い言葉かもしれません。


どのような仕事内容を、どのように進めていくか・・・企業と細かい契約を結ぶときに必要なのが、業務委託契約書です。

業務委託契約書の内容によっては、在宅で仕事ができたり、勤務地や勤務時間が自由になったりと、自分のペースで仕事をできるようになります。
企業に使われる立場ではなく、企業と対等に渡り合って独立したい人に向いている働き方、といえるかもしれません。

業務委託契約書に、4000円の収入印紙が必要!

業務委託の仕事を請け負う場合は、申告書等の作成もすべて自分で行わなくてはいけません。

例として、継続的に3ヶ月以上の契約期間があるような請負の文書は、金額の記載が無い場合、収入印紙4000円分が必要になります。契約期間が3ヶ月以内で、仕事の更新に関する記載が無い場合は、収入印紙は必要ありません。


もし、必要な書類に4000円の収入印紙の貼付をし忘れた場合、「過怠税」を徴収されます。自己申告しなかった場合は、4000円×3(納付し忘れの印紙税+本来の印紙税×2倍)の印紙税額を納めなければいけません。その額、実に12,000円!8000円のロスにつながるので、厳密な注意が必要です。

業務委託契約書に、コンビニの200円収入印紙は使えない

「業務委託契約書に貼付する収入印紙の額面」は、契約期間や金額の差異によって異なります。その結果、間違った印紙額で提出されるパターンも多いようです。
よく有るのは、コンビニでも買える200円の収入印紙を貼付しているケース。また、本来の額よりも多い印紙額を貼付しているケースも多く見られます。

万一間違った貼り方をすると、印紙税法に違反することになります。自由な仕事の方法を実現できる業務委託ですが、申告書作成の知識はきちんと把握しておきましょう。

4000円の収入印紙は、1枚で購入するのがマナー

たとえば、あなたが4000円の収入印紙が必要だとします。この場合、1000円の収入印紙を4枚でも、4000円の収入印紙1枚でも、効力は同じです。
つまり、4000円の収入印紙の在庫が無かった場合、1000円の収入印紙×4で代用できるということです。しかし、これは仕事のマナーとして考えれば「間違い」と言わざるを得ません。

仕事の契約書に収入印紙を貼付する場合は、金額と同様に「見栄え」も大切なのです。何枚も収入印紙を貼り付けるより、1枚の収入印紙を貼るほうが好印象です。
仕事先の失礼に当たらないためにも、収入印紙は必要額面を1種類、1枚貼付することを基本と考えましょう。

4000円の収入印紙は、コンビニでは買えない!?

「仕事で4000円の収入印紙が必要なのに、郵便局に行けない!」
そんなケースもあるかもしれません。緊急のとき、4000円の収入印紙をコンビニで購入することはできるのでしょうか?

実は、4000円の収入印紙は高額収入印紙と呼ばれ、セブンイレブンやローソンなどの大手コンビニでも購入は難しいのが現状です。
まれに、4000円以上の収入印紙が購入できるコンビニもありますが、それは非常に特殊なケースです。たとえば、その店舗の収入印紙の販売実績が非常に高く、4000円以上の印紙のニーズがあると認められれば、高額収入印紙を取り扱えるようになります。しかし、それも店舗ごとに決められるものなので、私たちが把握するのは難しいのです。

収入印紙をコンビニで買えない場合は、ゆうゆう窓口へ

もし、平日の5時以降や、土日祝日に緊急で高額の収入印紙が欲しいという場合は、郵便局の支店窓口まで行く必要があります。「ゆうゆう窓口」と呼ばれる場所がそれです。
ゆうゆう窓口は、土日祝日や夜間に郵便サービスを行っている場所です。郵便物の引渡しはもちろん、収入印紙や切手の販売も行っています。
ゆうゆう窓口なら、昼間の時間帯は仕事で忙しい人もサービスを受けることができ、大変便利です。



ゆうゆう窓口の場所は全国に点在しています。ホームページから簡単に調べられますので、最寄の場所を確認していきましょう。

ただしこの窓口でも、場所によっては4000円以上の高額な収入印紙の取り扱いが無い場合があります。やはり、あらかじめ確認の電話をしておいたほうが良いでしょう。

【裏技】収入印紙をコンビニでオトクに買う!

4000円の収入印紙を購入する場所を前もって決めておけば、お取り寄せをお願いすることができます。
そして、お取り寄せした4000円の収入印紙は、コンビニのクレジットカード経由で購入することができます。セブンイレブンでしたらnanaco。ミニストップならWAON。ファミリーマートならファミマTカードです。

とくに、コンビニでポイントを貯めている人なら、高額な収入印紙を購入すればその分ポイントが還元されます。実質安い値段で収入印紙を購入することができるのでオススメです。郵便局ではなく、コンビニで高額の収入印紙を買う人が多いのも頷けますね。

コンビニのクレジットカードなら、収入印紙もポイント還元

その中でもセブンイレブンのnanacoカードは、クレジットチャージをして印紙を買うことができる優れものです。nanacoポイントだけではなく、クレジットカードのポイントも付加されるため、仕事で収入印紙を多く買う人は、選択肢の一つとして覚えておきましょう。もしかしたら、郵便局で購入するより断然オトクになるかもしれませんよ。

ミニストップは、JMB WAONで収入印紙がオトク!

セブンイレブンのnanacoカードと同じように、ミニストップでは電子マネーのWAONで収入印紙が購入できます。
WAONにJALカードからチャージしてJALマイルが貯め、そのチャージ分から収入印紙を購入すればOK。現金で購入するよりもオトクに収入印紙が手に入ります。

ファミリーマートは、ファミマTカードで収入印紙がオトク!

ファミリーマートで使えるファミマTカードは、200円ごとに1ポイントが貯まっていきます。購入する収入印紙の種類が高額であればあるほど、貯まるポイントも増えていきます。
セブンイレブンやローソンで支払うときはチャージが必要でしたが、ファミマTカードの場合は、その場でクレジット支払いをすればいいので、手間がかかりません。

4000円の収入印紙を、クレジットカードで買ってみよう

参考までに、セブンイレブンのnanacoカードにチャージするときのポイント還元率をランキングにしました。オトクに収入印紙を買う目安となりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

(1)リクルートカードプラス(2%)
(2)リクルートカードセゾンカード(1.2%)
(3)YahooJapanカード・楽天カード(1%)
(4)セブンカード・ファミマTカード(0.5%)

コンビニ以外で収入印紙を買える場所は?

「仕事で収入印紙が今すぐ欲しい。でも郵便局も閉まってるし、コンビニも在庫切れ!」
そんな緊急事態もあるかもしれません。郵便局とコンビニ以外に、収入印紙を買うことのできる場所はないのでしょうか?

実は、収入印紙は意外と多くの場所で取り扱いがあります。以下に、購入できる場所の種類を挙げるので、参考にしてみて下さい。



(1)キオスク
(2)金券ショップ
(3)本屋
(4)市役所・区役所の売店
(5)Amazon
(6)楽天市場
(7)パスポートセンター

金券ショップでは、まとめ買いすると1~2%ほど安く買える場合が多いです。仕事でよく収入印紙を使うという人なら、コンビニよりも金券ショップを利用したほうが賢いかもしれませんね。

通信販売で収入印紙を買うときの注意点

Amazonや楽天など、通信販売の店舗でも収入印紙が買えるとは驚きです!
ただし、楽天では収入印紙のみの販売はされていません。5万円以上の領収書が必要な場合のオプションとして、200円の収入印紙を購入することができます。
また、Amazonでは「中古品」として販売されており、額面金額よりも高額の値段になっています。本当の緊急事態以外、購入するのはおすすめできません。

まとめ:コンビニで収入印紙を買うとオトク!

ここまで、コンビニで買える収入印紙の種類や、クレジットでオトクに買う方法をご紹介しました。
今まで、何の疑問も持たずに郵便局で収入印紙を購入していた人は、一度、コンビニで購入するメリットを見直すことをオススメします。特に、仕事で収入印紙を利用する機会の多い人は、できるだけオトクな購入方法で買ったほうが良いですよね。

日常生活で突然必要になることの多い収入印紙。購入場所や方法をあらかじめ把握しておけば、焦ることもありません。
仕事のノウハウとして、きちんと勉強しておきましょう!

もっと「コンビニ」に関する情報について知りたいアナタへ!

コンビニでクレジットカードは使える?サインは不要なの?
コンビニでネクタイは買える?値段は?黒・白ネクタイやピンもある?
コンビニから着払いで発送する方法!手順を徹底解説!
コンビニ店長の収入はいくら?コンビニ店長になるべきでない理由15選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ