コンビニにポストがあるのはどこ?集荷時間や大きさも解説!

コンビニのそばにポストはよくありますが、コンビニによっては中にポストを設置しているコンビニがあります。ちょっとコンビニ!のついでにポストに投函できたら便利ですよね!この記事では、暮らしの中で便利に利用できるコンビニポストの集荷時間などについてお伝えします。

コンビニにポストがあるのはどこ?集荷時間や大きさも解説!のイメージ

目次

  1. ポストがあるコンビニがあるって本当?!
  2. ポストがあるコンビニはどこのコンビニ?!
  3. 【ポストがあるコンビニ1】セブンイレブンは?
  4. 【ポストがあるコンビニ2】ファミマは?
  5. 【ポストがあるコンビニ3】ローソンは?
  6. 【ポストがあるコンビニ4】ミニストップは?!
  7. 【ポストがあるコンビニ5】セイコーマートは?!
  8. コンビニのポスト 投函できる大きさは?!
  9. 【コンビニポストの大きさ1】年賀状などのハガキは?
  10. 【コンビニポストの大きさ2】定形外は?
  11. 【コンビニポストの大きさ3】レターパックは?!
  12. 【コンビニポストの大きさ4】TSUTAYA返却は?!
  13. コンビニポストで速達は出せる?!
  14. コンビニのポストの集荷時間は?!
  15. 通常のポストの集荷時間は?!
  16. コンビニポストを利用したい!切手は何が売っている?
  17. コンビニポストを利用したい!買えるハガキの種類は?!
  18. コンビニポストを利用したい!レターセットは買える?!
  19. コンビニポストを利用するときの注意点
  20. 【コンビニポストの注意点1】消印は翌日になる可能性も
  21. 【コンビニポストの注意点2】郵便局よりも集荷は遅れることも
  22. 【コンビニポストの注意点3】定形外の重さは測ってもらえない
  23. 【コンビニポストの注意点4】店員さんに預けられない
  24. コンビニポストを賢く使っていきましょう!

ポストがあるコンビニがあるって本当?!

セブンイレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップ…

コンビニは今や私たちの暮らしに欠かすことが出来ないお店になりましたよね。

さすがに普段の暮らしで使う食料品や日用品はコンビニで買い続けていたら割高になってしまいますが、一人暮らしの人やお仕事などで忙しい人にとっては、ちょうど使いやすいよう惣菜などがいろいろとあります。

また、ちょっとした飲み物やスーパーなどが閉店した後でも、急に必要になったものを買いに行けるのは、やはり暮らしの中でのコンビニのありがたさです。


そんな便利なコンビニの中に、郵便ポストを設置しているコンビニがあると言われています。

セブンイレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップとコンビニも沢山ある中で、郵便ポストを設置しているコンビというのはどのコンビニになるのでしょうか。

通常のポストとの集荷時間の違いなどについても見ていきたいと思います。

ポストがあるコンビニはどこのコンビニ?!

コンビニの外にポストが設置してあるのはよく見かけますが、コンビニの中にポストがあるのはあまり見かけませんよね。

コンビニにはセブンイレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップなどと全国的にチェーン展開している大規模なコンビニでもいくつもありますが、その中でお店の中にポストを設置しているコンビニは限られています。

お店の中にポストを設置しているコンビニはいったいどこのコンビニなのか、セブンイレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップそれぞれについてここから見ていきたいと思います。

【ポストがあるコンビニ1】セブンイレブンは?

まずセブンイレブンについてみていきましょう。

セブンイレブンではポストを設置しているのでしょうか。

セブンイレブンのお店では、セブンイレブンのお店の外にポストを設置しているお店はいくつかあります。

しかし、残念ながらセブンイレブンではお店の中ではポストを設置していないようです。

他のコンビニと比べても、店舗数が最も多い都道府県が最も多いのがセブンイレブンなので、最も身近にあるコンビニがセブンイレブンだという人も多いことでしょう。

暮らしに身近なセブンイレブンに行く機会が多かったり、セブンイレブンの商品のファンだという人もたくさんいるでしょうが、セブンイレブンでは店舗の中ではポストを設置していません。

お店の外にポストを設置しているセブンイレブンもありますが、全ての店舗ではないので、ちょっと残念ですね。


【ポストがあるコンビニ2】ファミマは?

次にファミマについて見ていきましょう。

ファミマではポストを店内に設置しているのでしょうか。

ファミマでもお店の外にポストを設置している場合もありますが、残念ながらファミマではお店の中にはポストを設置していないようです。

とはいえ、ファミマでは以前はポストを設置していたような…

と思って調べてみたら、確かにファミマでは以前は店内にポストを設置していました。

以前はファミマでゆうパックを扱ってもらう見返りに、ポストが店内にあるのは便利だということで、郵便局が置かせてもらっていたようですが、ファミマでゆうパックの取り扱いを辞めたことから、ポストも撤収されてしまったようです。

ファミマなどのコンビニでは切手を必ず売っているので、投函したい封筒やはがきを用意して、切手を買ってその場のポストへポンっ!と投函!

というのが暮らしの中でも便利だったのに…、という声がファミマの店員からも上がったそうですが、ファミマからのポストの撤収は上の本部が決めた大人の事情ということで、仕方がなかったようですね!

【ポストがあるコンビニ3】ローソンは?

今度はローソンについてみていきましょう。

ローソンでは店内にポストを設置しているのでしょうか?!

ローソンとローソン100では全ての店舗の店内でポストを設置しています。

ローソンの店舗の数もかなり沢山ありますよね。

コンビニから切手を買いながらポストへ投函したい時には、ファミマやセブンイレブンではなくて、ローソンへ行けば大丈夫です。

ポストがあればゆうパックも出せるのかと思ったのですが、ローソンやローソン100の一部の店舗ではゆうパックの取り扱いは無いようです。

ローソンでゆうパックを出したいときには、お近くのローソンやローソン100でゆうパックの取り扱いがあるのかどうか確認してから行きましょう。

そういえば、ファミマからポストが消えたのと入れ違いになるように、ローソンにポストが出現したような気も…

ファミマからローソンへ、その辺はやはり大人の事情が何かあったのでしょうね…


◆関連記事:コンビニなのにこんなこともできちゃう!

コンビニで速達で郵便を送ろう!料金は?土日でも大丈夫?
コンビニから着払いで発送する方法!手順を徹底解説!

【ポストがあるコンビニ4】ミニストップは?!

お店の中でソフトクリームが食べられるのがうれしいミニストップ!

ちょっとした暮らしの買い物のついでにソフトクリームやパフェを食べていく!って言う人も多いものですが、このミニストップでもお店の中にポストを設置しています。

郵送するべきものを、切手を買いながら投函してしまったら、その後はパフェやソフトクリームで一息つくのもいいかもしれませんね!

【ポストがあるコンビニ5】セイコーマートは?!

他の地域ではセブンイレブン、ファミマ、ローソンがコンビニの一大勢力ですが、北の大地、北海道のコンビニといえばセイコーマートの勢力が最も大きいものです。

このセイコーマートの中にはポストが設置されているのでしょうか?!

セイコーマートではポストは設置されています。

全てのお店にポストが設置されているので、北海道にお住いの人は、ぜひセイコーマートのポストを利用してみてはいかがでしょうか?!

もちろん、北海道以外の地域のセイコーマートでもポストが設置されているのでご利用ください!

コンビニのポスト 投函できる大きさは?!

どこのコンビニにポストが設置されているのか分かったところで、次にコンビニのポストで投函できる郵便物の大きさはどのくらいの大きさのものなのか、というのが気になりますよね。

ローソンでも、ミニストップでも、セイコーマートでも、コンビニのポストで投函できるものの大きさは決まっています。

基本的にポストの投函口から入るものであれば投函することが出来ます。

コンビニポストの投函口の大きさは横幅24cm×厚さ3.4cmとなっているので、この大きさに入るものであれば投函できます。

横幅も厚みも、この大きさを超えてしまうと投函できませんので注意しましょう。

それでは具体的にどんなものがコンビニのポストから投函できるのか見ていきましょう。

【コンビニポストの大きさ1】年賀状などのハガキは?

コンビニのポストに投函できる大きさですが、まずはハガキはどうでしょうか。

今では手紙のやり取りにハガキを使う、という人も少なくなってきましたが、年末になると年賀状書くという人も沢山います。

また、公的なお知らせや申請書を目隠しシールを貼ったハガキで出さなくてはならない、という事も良くありますよね。

もちろん、ハガキの62円切手で投函できる通常サイズは154㎜×107㎜なのでコンビニのポストに投函できます。

またハガキには通常の62円切手で投函できるもののほかに、600㎜×300㎜までの大判サイズもありますが、こちらももちろんコンビニのポストで投函出来ます。

ただし、大判ハガキの場合は62円切手では投函できないので注意が必要です。

日本郵政のホームページなどで切手の料金が確認できるので、必要な料金の切手を貼って出すようにしましょう。

【コンビニポストの大きさ2】定形外は?

最近ではネットショップで小物などを販売している人が、定形外郵便を利用して発送することも多くなりましたが、定形外郵便はコンビニのポストから投函することができるのでしょうか。

定形外郵便でも、コンビニに設置してあるポストの投函口に入る大きさであれば基本的に投函することが出来ます。

ただし、郵便物には重量制限があります。

大きさだけではなくて重量によっても切手代が変わってくるのと、4kgをオーバーすると郵便としては扱ってくれなくなり、ゆうパックの扱いになってしまうので注意しましょう。

定型外郵便で郵送の料金がわからない場合には、コンビニのポストへ投函するよりも、重量や大きさを測ってくれる郵便局の窓口へ持っていったほうが安心ですね。


【コンビニポストの大きさ3】レターパックは?!

最近では、レターパックを利用する人も多くなってきましたね。

レターパックというのは、郵便局が販売している袋の中に4kg以内のものであれば、何を入れても一律の料金で届けてくれるというものです。

レターパックはコンビニのポストから投函することができるのでしょうか。

レターパックの大きさは、ポストから投函できる大きさで作られているので、コンビニのポストからでも投函することが出来ます。

また袋も郵便ポストが設置してあるローソン、ミニストップ、セイコーマートだけではなくて、セブンイレブンの一部店舗でも購入することができるので便利ですね!

【コンビニポストの大きさ4】TSUTAYA返却は?!

TSUTAYAで借りたCDやDVDを郵送で返却できるサービスを利用している人もいることでしょうが、TSUTAYAの郵便返却をコンビニのポストから投函することはできるのでしょうか。

TSUTAYAの郵便返却もコンビニのポストから投函することができるので、CDを聴き終ったり、DVDを見終わった後、ちょっと飲み物やおやつを買いに、ローソンやミニストップへ行ったついでに、投函して返却してしまうのも便利でいいですよね!

ただし、TSUTAYAの郵便返却は、1つの袋につき重さは1kgまで、暑さは3.5cmまでとなっているので、厚さと重量を超えないように気を付けることが大切になります。

その点だけ注意して利用しましょう!

コンビニポストで速達は出せる?!

急ぎの書類や手紙を出したいときに便利なのが速達ですが、速達はコンビニのポストから投函することができるのでしょうか。

速達もコンビニのポストから投函することが出来ます。

ただし、速達でもコンビニなどのポストに投函してしまうと、そのポストの集荷時間がやってくるまでは集荷されません。

1日の集荷の回数が少ないコンビニポストだと、速達で出したつもりでも、自分が考えていたよりも相手に届くのが遅くなってしまうことがあります。

速達を投函する場合には、次の集荷時間がいつになるのか確認してから投函するようにしましょう。

場合によっては郵便局の窓口へ直接出した方が早く配達してもらえるので、本当に急ぎの場合にはコンビニなどのポストへ投函するのはあまりおすすめしません。

また、通常の郵便料金に加えて速達料金も必要になりますので、切手の料金にも注意をしましょう。

コンビニのポストの集荷時間は?!

気になるのがコンビニポストの集荷時間です。

コンビニポストに投函するのと、通常の街中にあるポストに投函するのと、集荷時間に違いはあるのでしょうか。

集荷時間というのは、コンビニポストでも通常の街中のポストでも必ずポストに記載があります。

速達や消印の日付等、集荷時間を気にしなければならない郵便物を投函する時には、ポストに記載されている集荷時間を必ず確認するようにしましょう。

コンビニポストの集荷時間は、店舗や地域によって変わってきますが、通常は1日2回ほどの集荷時間があるようです。

都市部で利用する人の人数が多いコンビニだと、1日3回というところもあるようですね。

コンビニによっては、近くの街中のポストよりも集荷回数が多いというお店もあるようなので、一度確認して比べてみるのもいいかもしれません。

通常のポストの集荷時間は?!

コンビニのポストの集荷時間は1日に2回あることが多いようですが、通常の街中のポストの集荷時間というのはどうなっているのでしょうか。

ポストの集荷時間の一日の回数というのは、その地域に住んでいる住民の人数によって1日1回から3回まで幅があるようです。

郊外の人口が少ない地域のポストは1日1回、人口が多い地域のポストは1日に3回になります。

コンビニのポストと、街中のポストと両方利用できるという人は、集荷時間の違いというのも確認しておくといいかもしれませんね。

コンビニポストを利用したい!切手は何が売っている?

コンビニにポストがあることで、一番便利な点は、暮らしの中でその場で切手を購入してすぐに投函することができるということですね。

ところで、コンビニでは必ず切手を販売しているものですが、郵便局のように全ての種類の切手を販売しているわけではありません。

暮らしの中でよく使う定型サイズのハガキの62円や封筒82円の他にも、速達などでもっと高額な切手が必要になる場合もありますが、コンビニではどの種類の切手を購入することができるのでしょうか?!

通常、コンビニで販売している切手の種類は、2円、10円、50円、62円、82円、92円、100円、120円、140円、280円などとなります。

ただし、扱っているはずの切手でも、お店の方で在庫切れしてしまっていることもあるので、注意しましょう。

コンビニポストを利用したい!買えるハガキの種類は?!

コンビニではハガキを購入することも出来ますが、ハガキにも往復ハガキなどの種類がありますよね。

コンビニで購入することができるハガキの種類はどのようなものがあるのでしょうか。

コンビニでは62円の官製ハガキのみを扱っています。

往復ハガキは特にコンビニでは購入することが出来ないようなので、注意が必要です。

また、年末に年賀ハガキではない官製ハガキが欲しいと思ってコンビニへ行っても、年賀ハガキしか売っていないこともよくあります。

コンビニで官製ハガキが欲しい場合には、年末は避けた方が無難かもしれませんね。

コンビニポストを利用したい!レターセットは買える?!

コンビニポストに投函する時には、投函するべき手紙やハガキを用意しなければいけませんよね。

手紙を出したいと思ったときに、便箋や封筒を切らしていたら、コンビニでレターセットを購入することはできるのでしょうか。

コンビニには、角形3号、4号の封筒と、シンプルな便箋はほとんどのお店で売っています。

しかし、可愛いものやこだわりのデザインのレターセットなどは、コンビニでは購入することができません。

100均や文房具店、雑貨屋さんにはいろいろとかわいいレターセットがあるので、こだわりのデザインのレターセットでお手紙を書きたいときには、あらかじめそういったお店で用意しておくようにしましょう。

コンビニポストを利用するときの注意点

街中のポストというのは無人なので、ただ投函するだけですが、コンビニのポストはレジの前に設置されていることが多いので、ついつい郵便局と同じような感覚で、郵便局と同じようなサービスを受けられるのではないかと勘違いして利用してしまう人もいるようですね。

しかし、コンビニのポストは街中のポストと基本的に同じものなので、コンビニの定員さんに郵便局の窓口のスタッフのような郵便に関するサービスを期待することはできません。

コンビニのポストを利用するときに注意しなければならないことは、具体的にどのようなことがあるのかここから見ていましょう。

【コンビニポストの注意点1】消印は翌日になる可能性も

暮らしの中でコンビニポストを利用するときの注意点には、集荷時間によっては消印が翌日になってしまうこともある、ということです。

これはコンビニポストだけではなく、街中のポストでも同じことになります。

プレゼント企画なので応募の締め切りが消印有効の場合もありますよね。

そんな時には、消印はポストから集荷されて郵便局で消印を押された日付になります。

その日の集荷が全て終わったあとで投函してしまったら、消印は翌日になってしまうので注意が必要です。

【コンビニポストの注意点2】郵便局よりも集荷は遅れることも

郵便局へ集荷される時間というのはとても気になるところですよね。

街中のポストでも同じことですが、コンビニポストに投函した場合には、集荷時間は1日に2回から3回と決まっているので、郵便局の窓口へ直接出した場合に比べると、どうしても集荷される時間に遅れが生じてしまいます。

どうしても急ぎだったり、当日の消印を押してほしい、という場合には、郵便局の窓口へ直接持っていく方が無難な場合もあります。

【コンビニポストの注意点3】定形外の重さは測ってもらえない

コンビニには店員さんがいて、宅配便のサイズはいつもは買ってもらえるので、定形外でいくらの切手を貼ったらいいのかわからない時には、郵便のサイズも測ってもらえるのではないかと期待して行く人もいるようですね。

残念ながらコンビニのレジでは郵便物の大きさや重さを測って切手の値段を決めることはできません。

いくらの切手を貼ったらいいのかわからない時には、郵便局の窓口で測ってもらうしかないので郵便局へ直接行きましょう。

【コンビニポストの注意点4】店員さんに預けられない

定形外郵便がポストの投函口に入らなかった時に、集荷に来る郵便局員の人に直接渡してもらうために、コンビニの店員さんに郵便物を預けることはできないので注意しましょう。

コンビニのポストというのは、街中の無人のポストと郵便局での扱い方というのは全く同じです。

街中の無人のポストに郵便物が入らなかった場合に、集荷の人が持っていってくれることを期待してポストの下や上に郵便物を置いてくる人はいませんよね。

コンビニのポストも全く同じです。コンビニの店員さんには郵便物を直接預かるという業務はありません。

ポストに入らない時には、直接郵便局へ持っていくようにしましょう。

コンビニポストを賢く使っていきましょう!

毎日の私達の暮らしの中で欠かすことができない便利なコンビニ。

そして、手紙やお知らせ、公的な書類など、こちらも暮らしの中で何かと利用することも多い郵便ポスト。

この暮らしに欠かせない2つのものを結び付けてしまった、というアイデアは素晴らしいものですよね。

できることならば、暮らしの中で頻繁に通うという人も多い、セブンイレブンやファミマでもお店の中に設置して欲しいものですが、なかなか難しいところがあるようですね。

ローソンやミニストップ、セイコーマートがお近くにある人は、ぜひコンビニポストを上手に暮らしの中に取り入れて、活用してみてはいかがでしょうか?!

もっと便利にコンビニを利用したい方へ

ゆうパックのコンビニ受け取りの方法は?できないコンビニもある?
コンビニでレターパックを購入できる?買えるコンビニはどこ?
コンビニで買える切手の種類や値段は?【徹底調査】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ