ミニマリストの女性の部屋を公開!持ち物や服は?【おしゃれ】

ミニマリストが気になっている女性は多いんじゃないでしょうか。なかなか物を捨てられない人にとって、部屋が片付いているミニマリストのあり方は憧れでもあります。 今回はそんなミニマリストの女性が住むお部屋やインテリアを公開しちゃいます。

ミニマリストの女性の部屋を公開!持ち物や服は?【おしゃれ】のイメージ

目次

  1. ミニマリストの女性のお部屋
  2. ミニマリストな女性のお部屋と持ち物
  3. ミニマリストな女性のお部屋「洋服」
  4. ミニマリストな女性のお部屋「家族」
  5. ミニマリストな女性のお部屋「リサイクル」
  6. ミニマリストな女性のお部屋「単純化」
  7. ミニマリストな女性のお部屋「断捨離」
  8. ミニマリストな女性のお部屋「キッチン」
  9. ミニマリストな女性のお部屋「テーブルの上」
  10. ミニマリストな女性のお部屋「ミニマムリッチ」
  11. ミニマリストな女性のお部屋「タイニーハウス」
  12. ミニマリストな女性のお部屋「自分らしさ」
  13. ミニマリストな女性のお部屋「旅」
  14. ミニマリストな友人へのプレゼント
  15. まとめ

ミニマリストの女性のお部屋

ここ数年でミニマリストという言葉が世間に浸透しはじめました。皆さんも一度くらいはミニマリストというこの言葉を聞いたことがありませんか?

ミニマリストとは、部屋に置くものが少なく、自己最低限の持ち物で暮らす人のことです。

シンプルな部屋を持つシンプリストとミニマリストの部屋の違いはそこにあります。

色や家具が統一されていて、スッキリとした部屋を作るのがシンプリスト。

統一性がなくとも、自分が生きて行くのに必要最低限のものだけが置かれているのが、ミニマリストの部屋です。
私もですが、物が捨てられず部屋がどんどん埋もれていく人や、家族との生活でどんどん部屋が五茶付いたりする結婚女性とってミニマリストは憧れの存在じゃないでしょうか。

今回はそんなミニマリストな女性の部屋を保つコツやミニマリストのおしゃれについてさまざまなことを調べてきました。一人暮らしの女性や部屋をきれいにしたい女性はぜひ参考にしたいところですよね。

ミニマリストな女性のお部屋と持ち物

ミニマリストな女性の部屋を見たことがありますか?

ミニマリストじゃないにしても、女性の部屋といったらどんなイメージを浮かべるでしょうか。女性に夢見る男性のイメージは、インテリアが可愛らしいおしゃれな部屋かもしれません。服を入れるクローゼットやベッドなどの家具に囲まれた可愛らしいおしゃれなインテリア、女性というジェンダー意識が大きい部屋、ミニマリストとは言わずとも、すっきりときれいな部屋。

ですが、そんな夢のような部屋を維持できる女性は実は多くはないのです。
一人暮らしをしていると自然と気が緩み、物があふれかえった部屋で過ごす女性もしばしば。男性に見せることがないと部屋が荒れてしまう女性もいれば、仕事が忙しくて寝るだけの部屋で埃がたまってしまう女性も。

とはいえ、モノであふれてしまう部屋を持つ女性も多いのはなぜでしょうか。不要なものを捨てられないのはそのものに恋しているからではないでしょうか。
ですが、どれだけおしゃれな雑貨でも部屋に飾ることができなければ意味がありません。女性の気に入った雑貨であふれかえった部屋は整理されていなければ美しくないですよね。

そこで今回は、一度、ミニマリストな女性の部屋をのぞいてみましょう。
自分にとって本当に必要なものだけを持って生きているミニマリストな女性は何を切り捨てて部屋を維持しているのでしょうか。

ミニマリストな女性のお部屋「洋服」

たとえばミニマリストの女性は洋服をどうしているんでしょうか。

布はどうしてもかさばりますし、上下のおしゃれにこだわって服を季節ごとにしまうと持ち物は自然と多くなってしまいます。

もちろん、ミニマリストでもおしゃれを重点に置く女性は服を何着もとうと「必要最低限」と考えればいいと思います。だって自分の価値観で持ち物を手元に置くミニマリストなんですから。自分のルールで生きればいいんです。

ですが、いらない服に頭を抱えている人は本当にその服を着ているのか考えてみましょう。部屋に散乱する服、または押し込められたクローゼット。部屋が片付いていてもクローゼットが片付かない女性。

そんな女性はお気に入りの服を本当に持っていますか?

服は10着がちょうどいい。という話は最近多く聞くようになりました。とあるエッセイでおしゃれなフランス人は10着しか服を持たないという話が出たからです。

その理由は、フランス人は情熱的ですべての物事に全力で取り組む心の豊かさを持っているのです。

その心の豊かさにはたくさんの服は必要ないのです。お気に入りの服を毎日着ると心も豊かになりますよね。
ものは少なくても心が豊かなら幸せ……それこそがミニマリストの本質なのかもしれません。

豊かな暮らしには大好きな服だけでいい。素敵な女性は、本当に好きな服だけを着ているから美しいのかもしれません。美しさと部屋の広さが同時に手に入るなんて、女性にはうれしいことこの上なしではありませんか?

■参考記事:ミニマリスト女性は服をどう着回している?

ミニマリストの女性の服を学べ!少ない枚数でもおしゃれなコーデ!

ミニマリストな女性のお部屋「家族」

ミニマリストな女性にあこがれても、家族もいるし……一人暮らしはまだしないし、とあきらめている女性はいませんか?

自分の部屋ですが、自分の生き方に家族は関係ありません。一人暮らしだろうと家族と一緒に暮らしていようと、結婚していようとも。たとえば、旦那さんの部屋や子供の部屋など。家族の部屋、テリトリーには拘りを捨てましょう。

あなたが専業主婦なら台所だけを簡潔な居心地のいい場所にしてみるのもいいかもしれません。使わない調味料のビンや調理器具を思い切って手放してみると今よりも居心地のいい場所になるかもしれません。

ほかにも、炊飯器を手放してほかの料理も作れる土鍋やゼロ活力鍋を購入してみるなど。さまざまな工夫をすればミニマリストに近づくことができます。

家族は巻き込まず、リビングやキッチンなどを片づけていくと、そのうち家族が感銘を受けて家全体がきれいでナチュラルなものになるかもしれません。そう考えると家族のことを考えずに済む一人暮らしはミニマリストになるにはいい環境なのかもしれません。

■参考記事:家族のいるミニマリストの収納術とは?

ミニマリスト家族の断捨離、収納のやり方を参考にしたい!

ミニマリストな女性のお部屋「リサイクル」

部屋から物を減らすことが難しい理由の一つは「もったいない」という思いだと思います。

買ったはいいけど一度も部屋に飾らなかったインテリア。これからも部屋に飾ることはない気もするけど、でももったいなくて捨てられない。

一人暮らしを始めて理想の部屋にするために思わず買ってしまった家電用品。結局使うことなくて、場所も取ってるけど…もったいなくて捨てられない。

ミニマリストになることともったいない精神を捨てることは同義ではありません。要らないけどまだ使えるものは、リサイクルすればいいんです。

フリーマーケット、リサイクルショップ、最近はネットに出品もできますよね。自分の手から離れても誰かが使ってくれればそれはもったいなくありません。

使い込んだものにはきちんと敬意を込めてお別れをしましょう。

そうして、本当に大切なものだけを部屋に残すと生活の質が上がって行きます。ミニマリストはそうして、本当に好きなものにだけの部屋を作り幸せな生活を手に入れて行きます。

ミニマリストな女性のお部屋「単純化」


ミニマリストの女性は物を単純化することが得意です。

寝るために必要なものは?布団、冬用の布団、夏用のタオルケット、枕……などなど。

ご飯を食べるためには、お気に入りの食器、お皿、お箸、スプーン……などなど。

自分の大切でお気に入りのものひとつひとつと向き合い、選別して行きましょう。

大切なのは「好き」か「要らない」かです。

そして新しく物を買うときは、出来るだけ質のいい物を選びましょう。自分の無理のない程度で、でも自分の持つことのできる一番いいものを身の回りに置くことで生活は自然と潤います。

ミニマリストな女性のお部屋「断捨離」

「よし、それじゃあ持ち物を減らすために断捨離をはじめよう!」

思い立ってもなかなかものが減らない。そんなことがありませんか??インテリアを整理整頓しようとしても部屋は一向に広くならない。

断捨離をするにはコツがあります。

まずは一度に持ち物を減らそうとしないこと。一度に持ち物全てを片付けようとすると判断が鈍っていくので、時間ができたときに少しずつ少しずつ持ち物と向き合って行きましょう。

また、テーブルやタンスなどのインテリアは一気に減らすのも難しいですよね。断捨離には保留が大切です。服も、来年着なかったら捨てよう、など少し保留して後悔のないようにしましょう。

数年使わなかったものをまた使うことは少ないので、押入れの奥にあるものはいっそ思い切って捨てちゃいましょう。

そして、最後に。残ったものはきちんと手入れをして長く大切に使いましょう。毛玉をとる、クリームを塗る、たたむ、ブラシをかける。ひとつひとつの手間がそのものの質を保ち、それが生活の質を上げてくれます。

■参考記事:ミニマリストの断捨離術を知りたい!

ミニマリストの断捨離術!持たない暮らしの方法まとめ!【スッキリ】

ミニマリストな女性のお部屋「キッチン」

皆さんのキッチンには、どんなものがありますか?調味料、フライパン、化学調味料、などなど。

その中でも、自分の生活に合わせた整理整頓は簡単にできます。例えば私は調味料とドレッシングで冷蔵庫の中がごちゃついてしまったのでいつも使いきれないドレッシングを全部処分しました。

ドレッシングは調味料があればいつでも簡単に作れるので、そんなに必要な事もありません。また、カレーやビーフシチューも小麦粉やスパイスから簡単に作れるので、思い切ってナチュラルな作り方を目指すようになりました。

使うものはその人によって違いますよね。自分でよく見極めて、使うものと使わないものを分けてみましょう。賞味期限が切れても残っているものは、そんなに使わないのかもしれませんね。小さいものを購入してみたり、色々試行錯誤してみてください。

ミニマリストな女性のお部屋「テーブルの上」

また、ミニマリストになってもものが減らない…、部屋が結局片付かない。そんな、ものを大切にしてしまうミニマリストさんはいませんか?

また、家族との暮らしで、結局リビングが片付かないミニマリストさん。一人暮らしのようには行かなくても、リビングや部屋が一気に綺麗に見える方法があるんです。

それが、テーブルです。テーブルの上に何も乗せない。それだけで物が多くても部屋が片付いて見えるんです。

家族と暮らしている人も、一人暮らしの女性も。どんな人でも空間を綺麗にしたい時は是非活用してみてくださいね。

ミニマリストな女性のお部屋「ミニマムリッチ」

ミニマムリッチという言葉があります。

何度か話した「質の高い生活」をするミニマリストのことです。

例えば安い量産された服を何枚も着るのではなく、立体縫合された上質な服を数枚だけ着こなす。

高い服というのは、それだけの技術が使われた服ということです。ルームウェアも、古くなった服を着るのではなくてそれ専用の服を着る。

無理して高い物を買うことはありませんが、自分が持てる最高ランクのものを持つ。

お金をかけたもの、愛情を注ぐものは必ず長持ちします。

服だけではなく、カバン一つでもそうです。大切な高いカバンを手に入れたら、大切に手入れをする。無駄なものを入れて型崩れはさせない。そういったことを当たり前にできるようになるのが「質の高い生活」になるのです。

ミニマリストな女性のお部屋「タイニーハウス」

タイニーハウスとは、今海外で人気の生活スタイルです。

タイニーは小さい。ハウスは家。直訳すると小さい家となります。

その呼ばれ方の通り、タイニーハウスは小さな家です。家族……といっても、二人暮らしや、一人暮らしなどの人にオススメの家になっています。

本当に小さなタイニーハウスですが、その中には様々な知恵が詰まっています。
広い敷地に小さな家は庭も広々としていて心にゆとりが出ます。そして、小さな家を楽しむために必要なのは「メリハリ」です。

ミニマリストな女性のお部屋「自分らしさ」


ミニマリストを目指して、一人暮らしを始めて見たら部屋がどうしても落ち着かない…。そんな時は、様々な工夫をして見ましょう。

たとえば、家具の高さを全て揃えてみる。大型の家具は圧迫感がありますし、ミニマリストを目指してインテリアを少なくしようとしている時は家具の高さを揃えるとインテリアがまとまりやすくなります。

さらに、目線より少し上の位置にインテリアを配置すると部屋がさらに広く感じられますよ。


また、一人暮らしでも家族とでも、おしゃれを楽しみたい時は壁紙などを変えてみるのもいいかもしれませんね。賃貸の時は難しくても、壁の種類によってはウォールステッカーなど、最近は様々なものが取り扱っているので、自分の好きなものを探してみてください。

ミニマリストな女性のお部屋「旅」

私はこの記事を核に当たって、いろんな友人にミニマリストについて尋ねてみました。そのうちの女性の一人が、ミニマリストのことを「旅人」と呼んでいました。 ――ミニマリストは旅人である。

その考えがとてもステキだと思ったので紹介します。

旅に出る時、あなたは何を持っていきますか?旅行とは少し違います。アメニティのないところへ旅に出すのです。女性なら、化粧品や石鹸、ハンカチ……。さまざまなものが頭に浮かぶかも知れません。ですが、そのものたちの大半は「生きていく」ことに不必要なものです。

日本人はほかの国と違って小さなところまで美意識を高めますが、そんな日本人が世界で一番心が豊かでしょうか。いいえ、そんなことはありませんよね。

もちろん、きれいになることはいいことです。ですが一度、自分の体に向き合ってみるのも大切なことです。
必要最低限のもので旅に出る。もう一度考えてみてください。
あなたは何を持って行きますか。その持ち物こそが、ミニマリストになっても大切なものなんです。

必要最低限のものは生活を豊かにしてくれます。身軽な生活。簡単で大切な持ち物に囲まれた生活。

勿論、その生活こそがステキというわけじゃありません。

自分に合った暮らしがあります。そうでしょう?

ですが、ミニマリストは旅人。その言葉は、ミニマリストの本質のような気がします。ふらりと旅に出られる自由なミニマリストにあこがれませんか?

ミニマリストな友人へのプレゼント

ミニマリストについていろいろおわかりいただけましたでしょうか。

そんなミニマリストな女性が友人にいる場合、誕生日プレゼントに悩みませんか?

変に気に入らないものを挙げた場合友人は捨てるに捨てられなくて困ってしまわないかな、とか。
でも、女性の友人へ上げるプレゼント、気の抜けたものは送れませんよね。

一人暮らしの自分のためだけの空間を持つミニマリストな女性の空間を壊したくない場合は部屋のインテリアの邪魔にならないものを選びましょう。

例えば石鹸。肌に良いオーガニックの石鹸やいい香りのもの。いつかは消える石鹸ですがひとときの癒しをプレゼントとするのはとてもロマンチックではありませんか?男性から女性へ石鹸を贈るのはマナー違反ですが、女性から女性へ、友人として送る場合は特に気にする必要もありません。ミニマリストな女性でも、石鹸は邪魔にならないのでお勧めです。

他にも、例えばミニマリストな女性を見習って簡単な荷物を見極めて旅行へ行ってみたり、カフェやどこかへ行って特別な時間とおいしいものをプレゼントしてもいいかもしれません。

ミニマリストな女性にどうしても形に残るものを上げたいときは、サプライズではなく確認したほうがいいですね。

まとめ

いかがでしたか?片付けが苦手で部屋がなかなか片付かない女性にとって憧れであるミニマリスト。

一人暮らしの女性でも、おしゃれを楽しみたい女性でも。
部屋のインテリアにこだわって持ち物が減らない女性でも。

自分の中のこだわりを捨てずにミニマリストになれることがわかったでしょうか。

このミニマリストブームにのっかれば物が少ないのに快適な部屋が作れること間違いなしです。
是非ステキなミニマリストな女性になってみませんか?

ミニマリストの暮らしや収納についてもっと情報を知りたいアナタに!

ミニマリストの生活はどんな感じ?意外に合理的で快適?
ミニマリストの一人暮らし部屋はどんな感じ?インテリアを公開!
ミニマリストのクローゼットの整え方や断捨離術を真似したい!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ