カーテンレール取り付け方法!料金はどれくらいかかるの?

ここにカーテンが欲しいけどカーテンレールがない。自分で取り付けちゃおうかなと考えている人のために、今回はカーテンレールの取り付け方法について調べてみました。お部屋のインテリアを左右する大事なカーテンをつけるカーテンレールです。じっくりと考えて購入してください。

カーテンレール取り付け方法!料金はどれくらいかかるの?のイメージ

目次

  1. DIYでもカーテンレール取り付け・交換・設置はできる?
  2. カーテンレール取り付け◎費用目安は?
  3. カーテンレール取り付け◎大型ホームセンターの場合は?
  4. カーテンレールの採寸・取り付けに必要な道具類
  5. カーテンレール取り付け◎確認すること
  6. カーテンレール取り付け◎カーテンレールのタイプ
  7. カーテンレール取り付け◎カーテンレールの種類
  8. カーテンレール取り付け◎エアコンの近くのカーテンレール
  9. カーテンレール取り付け◎取付方法
  10. カーテンレール取り付け◎正面付けの取付方法
  11. カーテンレール取り付け◎天井付けの取付方法
  12. カーテンレール取り付け◎採寸方法
  13. カーテンレール取り付け◎おすすめの取り付け・長め
  14. カーテンレール取り付け◎おすすめの取り付け・高め
  15. カーテンレール取り付け方法!まとめ

DIYでもカーテンレール取り付け・交換・設置はできる?

カーテンレールが壊れてしまったり、ここの窓枠にカーテンがあったらいいのに、というときに、カーテンレールを取り付ける料金を安くするために、自分でDIYをしてカーテンレールをつける人もいるかもしれません。
そもそもカーテンレールを自分でDIYすることなんてできるのでしょうか。
カーテンレールは、インターネットやインテリアショップ、大型ホームセンターでも購入することができます。
自分でDIYをする自信のある人であれば、料金を安くしてカーテンレールの取り付けができるので挑戦してもいいかもしれませんね。

カーテンレールは、窓枠いっぱいにつけるものになります。
万が一失敗してしまうと、壁に大打撃が加わります。
位置によっては最悪、壁材ごと取れてくることもあるそうです。
しっかりとカーテンレールを固定しないと、カーテンを付けた途端にカーテンレールが取れてしまう、という惨事が起こる可能性もあります。
ちょっとでも不安だと思う人は、料金がかかってしまいますが自分でするDIYではなく、カーテンレールの業者にお願いをしたほうがいいかもしれません。

カーテンレール取り付け◎費用目安は?

カーテンレール自体は、デザインや素材によって料金が変わってきます。
もしも自分でやるDIYではなく、業者にカーテンレールの取り付けをお願いした場合は、どれくらいの料金がかかるのでしょうか。

カーテンレールの取り付けも、依頼する業者によって料金に差があるようです。
平均で1ヶ所2万円から4万円だといわれていますが、取り付けるカーテンレールの種類や、取り付ける位置、どれだけの数のカーテンレールを取り付けるのかによっても料金はかかってくるようです。
業者にカーテンレールの取り付けを依頼する場合は、最低でも3社ほど見積もりをとったほうが良さそうです。

カーテンレール取り付け◎大型ホームセンターの場合は?

カーテンレールの取り付けを自分でやるDIYや業者に頼む以外には、大型ホームセンターで取り付けをお願いすることができます。
全国チェーンでみると、ホームセンターのニトリではカーテンレールの取り付け工事をしてもらえるようです。

カーテンレールの取り付け工事をしてもらえますか? ニトリ店舗にて有料で承ります。ロールスクリーン、ブラインド等の取り付けも行っています。 ※ニトリで購入された商品に限ります。 ※デコホームを除く。 詳しくは最寄りのニトリ店舗または「お客様相談室」までお問い合わせください。

ニトリでのカーテンレールの取り付け料金の目安は、横幅が180cmのものの場合、ダブルのカーテンレールで1,524円から、シングルのカーテンレールの場合は762円からとなっています。
料金的にはとても安く済みそうですね。
ただしカーテンレールはニトリで購入したものに限り、カーテンレールの料金やカーテンの料金は別途になっています。

カーテンレールの採寸・取り付けに必要な道具類

業者に依頼すると料金がかかるし、やっぱり自分でDIYをしようかな、と考えているのであれば、カーテンレールを取り付けるためには、採寸も必要です。
採寸と取り付けに必要になってくる道具を紹介します。

まずはメジャーです。
自分でやるDIYには必需品なので持っている人も多いと思います。
そして、ドライバーにドリルかキリが必要です。
曲尺に鉛筆、脚立もあるといいでしょう。

またインターネットで1,000円ほどで購入できる「下地探し」が必要になります。
カーテンレールを取り付けるときには、下地の位置を探す必要があります。
この下地のある位置にカーテンレールの取り付けをしていかないと危険なので、どうしても必要な道具になります。
持っていない、という人はあらかじめ準備をしておくことが必要です。

カーテンレール取り付け◎確認すること

カーテンレールを自分でDIYで取り付ける場合には、カーテンレールを取り付ける位置の下地の確認が必要になります。
カーテンレールをつけたい位置に下地がないと、カーテンレールをつけたい窓枠であってもカーテンレールをつけることはできません。
和室の窓枠などを参考に、柱などの下地のある位置を確認しましょう。
「下地探し」を使用すれば、確実に下地の位置を確認することもできますが、壁を軽くたたいて音の違いで下地のある位置をみつけるという方法もあるようです。

カーテンレールを自分でDIYして取り付けようと思っている家が、新築中だったりリフォーム中の場合は、カーテンレールを取り付ける位置を早めに決めて、そこの位置に下地をつくってもらうように建築会社やハウスメーカーに相談しておくこともおすすめです。
カーテンレールを取り付けたい窓枠の壁面には、ブラケット取り付けビスが確実に打てるように、コンパネなどを大き目に入れておいてもらうと、下地の位置を気にすることなく自分でDIYしてカーテンレールを取り付けることができます。

カーテンレールを取り付ける位置の周りには、エアコンやクローゼットなど、自分でDIYして取り付けるのに邪魔になるものがないかを確認しておくことも大切です。
インテリアに合わせた、装飾レールを使いたいと思っている人は、特にカーテンレールを取り付ける位置には注意が必要です。

カーテンレール取り付け◎カーテンレールのタイプ

カーテンレールを取り付けるときには、どんなカーテンレールがあるのかも知っておくといいですね。
カーテンレールのタイプには、2つのタイプがあります。
シングルカーテンレールとダブルカーテンレールです。

通常はダブルカーテンレールを購入しますが、例えばレースのカーテンにはシンプルなカーテンレールにして、厚手のカーテンのカーテンレールは装飾のついた立派なカーテンレールにしたい、という場合は、シングルカーテンレールを2種類購入する場合もあります。
インテリアにあわせて、カーテンレールを選べるようになっているのですね。

カーテンレール取り付け◎カーテンレールの種類

カーテンレールには、タイプだけではなく種類もあります。
カーテンレールの種類は、カーテンを引き立たせるためのシンプルなデザインである「機能性カーテンレール」と、デザイン性のあるカーテンレールで人気な「装飾カーテンレール」があります。

お部屋のインテリアにあわせて、どちらの種類のカーテンレールがいいかを選ぶことができます。
またカーテンレールの種類によって、カーテンレールの取り付け方法や採寸方法が変わってくるので、カーテンを選ぶ前に、どちらのカーテンレールにするのかを考えておく必要があります。

カーテンレール取り付け◎エアコンの近くのカーテンレール

カーテンレールの種類を、お部屋のインテリアに合わせて選ぶと良いと書きましたが、カーテンレールを取り付けたい位置が、エアコンの近くやクローゼットの近くの場合は、機能性カーテンレールを選ぶことをおすすめします。

装飾カーテンレールの場合、カーテンレールの端っこについている装飾が大きい場合があり、それがエアコンに引っかかってしまったり、その装飾があることでクローゼットが開かなくなってしまうこともあるからです。
近くにエアコンやクローゼットなどのものがある場合は、シンプルなデザインのものを選ぶようにしておきましょう。

カーテンレール取り付け◎取付方法

カーテンレールを自分でDIYで取り付ける場合には、取り付ける位置の下地をしっかりと確認する必要があります。
そしてカーテンレールのブラケットをしっかりと固定します。
ブラケットが固定できたら、カーテンレールを取り付けます。

カーテンレールが水平に取り付けられるように、取り付け前にしっかりと曲尺と鉛筆で目印を付けておくとスムーズです。
そのときに、キリやドリルで下穴を開けておくと、ねじを入れやすいですね。

カーテンレール取り付け◎正面付けの取付方法

カーテンレールの取り付け方法にもイロイロな種類があります。
まずはカーテンレールを正面付けで取り付ける方法です。
アパートやマンションなどは、正面付けでカーテンレールが付いていることが多いですよね。
カーテンが付けやすいので、身長が低い人にも便利です。
また掛け時計などのインテリアを楽しみたい人にもおすすめのカーテンレールの取り付け位置になります。

正面付けの場合は、カーテンレールの取り付け位置の下地を確認したら、カーテンレールが水平になるようにねじで固定します。
ブラケットを全て取り付け終えてから、カーテンレールをブラケットにしっかりと固定していく方法です。

カーテンレール取り付け◎天井付けの取付方法

カーテンレールを取り付ける方法には、天井付けという方法もあります。
天井付けという方法は、正面付けよりもカーテンレールを天井に近い位置につけることから天井付けと呼ばれています。
天井付けでカーテンをつけるメリットは、お部屋を大きくみせることができることです。
正面付けのカーテンよりも天井付けのカーテンのほうが大きくなるので、カーテンがお部屋のインテリアになります。
カーテンもインテリアの1つとして、楽しむことができるというメリットが天井付けにはあります。

カーテンレールを天井付けで取り付ける場合は、窓枠の板が割れるのを防ぐために、窓枠の取り付ける位置に下穴をあけておきます。
開けておいた下穴に、天井付けのカーテンレールのブラケットをビスで固定していきます。
しっかりとブラケットを取り付けることができたら、カーテンレールを取り付けていきましょう。

カーテンレール取り付け◎採寸方法

自分でDIYをするにしても、業者に頼むにしても、カーテンレールの採寸方法は知っておいた方が便利です。
ここではカーテンレールの採寸方法についてまとめていきます。
カーテンレールの種類によっては、採寸方法が大きく変わる場合もあります。
購入する前に、「このカーテンレールを購入したいのだけど、どうやって採寸したらいいか」ということを聞いてからそのカーテンレールを購入するかどうか考えるのも良さそうです。

機能性カーテンレールの採寸方法

機能性カーテンレールの採寸方法は、カーテンレールを正面付けで取り付ける場合は、カーテンレールの長さを窓枠の外寸法に20cmプラスした長さのカーテンレールにしたほうが良さそうです。
カーテンレールを天井付けで取り付ける場合には、カーテンレールの長さは窓枠の内寸法から1cmマイナスにした長さにするといいでしょう。
天井付けの場合はカーテンレールの取り付けの時に、カーテンレールと窓枠の干渉を防ぐ必要があります。
窓枠内寸法からのマイナス1cmにはそんな意味が含まれています。

装飾カーテンレールの採寸方法

装飾カーテンレールを取り付ける場合は、正面付けでの取り付けが一般的で、天井付けはあまりしないようです。
あまり高い位置に装飾があっても、インテリアとしてはバランスが悪いからかもしれませんね。
そのため装飾カーテンレールを取り付け部場合は、カーテンレールの長さを窓枠の外寸法に20cmプラスした長さのカーテンレールにします。
窓枠外寸法から左右10cm程度の余裕がある長さにすると、窓やカーテンのインテリアのバランスが良くなるようです。

カーテンレール取り付け◎おすすめの取り付け・長め

カーテンレールを取り付ける時に、おしゃれに取り付けるポイントをご紹介します。
最初のポイントは、カーテンレールを窓枠よりも長めにするということです。
先ほども書きましたが、カーテンレールは窓枠から左右10cmほど長いものの方がインテリアとしてのバランスも良いのです。

長めのカーテンレールには、光洩れをカットしてくれる効果や、カーテンのすき間から外が見えたり、外から中が見えてしまうのを防いでくれる効果もあります。
カーテンを開けた時も、カーテンが窓にかからないので、窓が大きく、インテリアとしてのバランスも最適です。


◆関連記事:カーテンについてもっと知りたい方はこちら

カーテンレールの種類と特徴を解説!選び方は?
カーテンの色の選び方!インテリアをおしゃれにする7つのコツ!

カーテンレール取り付け◎おすすめの取り付け・高め

カーテンレールを取り付けるポイントの2つ目は、高めにつけることです。
できれば天井付けのカーテンレールにしたほうが、お部屋を広く見せることができますが、お部屋のインテリアから装飾カーテンレールを取り付けたいと考えている人は、正面付けの場合でも窓枠よりも10cm以上は高めの位置にカーテンレールを取り付けるのがおすすめです。

カーテンレールが高いことで、お部屋が広く見えます。
カーテンが長いと、縦のラインが協調されるので、天井が高く見える効果があるのだそうです。
また実際よりも窓が大きくみえるので、開放感もでます。
外からみても、カーテンのフックなどが見えないので、外からの見栄えもいいというのがポイントです。

カーテンレール取り付け方法!まとめ

今回はカーテンレールの取り付け方法についてまとめてみました。
お部屋のインテリアのひとつにもなる、カーテンやカーテンレールは、自分でDIYをしてつけてみようという人もいるかもしれませんね。
小さいカーテンであれば、自分でDIYをするのも良さそうですが、リビングの窓のカーテンレールは、本業の業者の人にお願いする、という選択をしてもいいかもしれません。
自分で取り付けるにしても、業者にお願いするにしても、お部屋のインテリアの中心にもなりえるカーテンレールです。
じっくりと自分の好きなものを選ぶことができるといいですね。

カーテンについてもっと情報を知りたいアナタに!

カーテンとブラインド徹底比較!どっちを使うのがいい?
突っ張り棒カーテンで部屋をおしゃれにするアイデア35選!
カーテンのカビの落とし方は?洗濯のコツを解説します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ