コンビニイヤホンの値段や音質は?おすすめのイヤホンはどれ?

普段、イヤホンで通学や通勤中に音楽や動画を楽しむ人にとってイヤホンはかかせません。しかし、イヤホンは往々にしてふいに壊れます。一時しのぎでも構わないからコンビニでイヤホンを探したくなるでしょう。でも、どうせ買うなら用途に合ったコンビニイヤホンを選びたいですね。

コンビニイヤホンの値段や音質は?おすすめのイヤホンはどれ?のイメージ

目次

  1. コンビニでイヤホンは売ってる?
  2. コンビニイヤホンの選び方
  3. ライフスタイルに合わせたコンビニイヤホンにする
  4. コンビニイヤホンの音質は?
  5. コンビニ家電の特長
  6. コンビニイヤホンのマイク機能は?
  7. イヤホンとスマホケースの相性
  8. コンビニイヤホンのインピーダンスに注意!?
  9. コンビニイヤホンを長持ちさせるには?
  10. コンビニイヤホンの値段はいくら?
  11. コンビニイヤホンのおすすめは?
  12. セブンイレブンのおすすめコンビニイヤホン
  13. ファミマのおすすめコンビニイヤホン
  14. ローソンのおすすめコンビニイヤホン
  15. コンビニイヤホンまとめ

コンビニでイヤホンは売ってる?

スマホを買ったら、セットでついてくるマイク付きイヤホン。
わざわざ買うなんてという人もいるでしょう。でも、イヤホンが壊れるのは突然です。学校帰りにコンビニへイヤホンを買いに言った経験がある音楽女子もいるのではないでしょうか?
もちろんコンビニにもイヤホンは売っています。
頻繁に購入する人は少ないでしょうが、音楽を楽しんでいる電車やバスの中でイヤホンが壊れたら、コンビニへ行ってみるのもアリです。
しかし、本当にイヤホンが壊れているのでしょうか。念の為、友達のスマホを借りて、イヤホンが壊れているのか自分のスマホが壊れているのか確認しておきましょう!
無駄な買い物はできるだけ減らすに限ります。

コンビニイヤホンの選び方

思い出してみましょう。
あなたがイヤホンを使っているときに何を聴いているか?
気になる連続ドラマの続きでしょうか、それとも昨日、ダウンロードした音楽でしょうか。はたまたマイク付きイヤホンでビジネストークを繰り広げているときでしょうか。
一番イヤホンを使っているときのことを思い出せば、自分に合ったイヤホンがどれかはすぐに分かります。

映画やドラマの音をイヤホンで聴く場合

一般的にドラマでは役者の声をイヤホンで聴くことになります。
海外ドラマで字幕を楽しむ場合は別ですが、外国語に興味のある女子なら現地の言葉で聞いてみたいと考えるでしょう。
人の声をイヤホンで聞くのであれば、音質にこだわったイヤホンを買う必要はありません。お気に入りのメーカーやデザインで選んでもいいでしょう。
イヤホンはスマホより目立ちます。
デザイン重視でかわいいコンビニイヤホンを選ぶのもいいですね。

音楽を聴く場合

イヤホンで音楽を聴く場合は音質を重視する女子が多いでしょう。
質の悪いイヤホンと品質の良いイヤホンとでは雲泥の差です。
しかし、実は音楽を聴く場合でも音楽のジャンルによって、音質の重視するポイントも変わってくるのです。

POPやロック、パンク好きな女子の場合

POPやロック音楽といったジャンルが好きな場合は、平均的なイヤホンを選びます。
選ぶポイントはHz(ヘルツ)です。
人間の耳で聞こえる音域は「20Hz - 20,000Hz」と言われています。POPミュージックを聴く場合は、50Hzから20,000Hzの音域をカバーしているコンビニイヤホンで足ります。
もっとも、たいていのイヤホンであれば、下は50Hz以上あります。高音域はそれほど違いがありません。アコースティックギターなどの弦楽器の音が好きな女子はできるだけ高音域を重視したイヤホンを選ぶといいでしょう。
高音域の範囲が狭いと弦楽器の場合、音がくもって聞こえることがあります。

クラシック音楽好きな女子の場合

イヤホンのHzの低音域の影響を受けやすいジャンルがクラシックです。
特に低音域。
コントラバスやチェロのような低音がメインの曲になると低音域が5Hzから10Hzまでカバーしているイヤホンでないと耳に心地よく響きません。
もっとも音にこだわる女子なら、家電量販店に行っているでしょうが、一時しのぎで買う場合の参考になるでしょう。

■参考記事:100均のイヤホンは使える?

100均のイヤホンのおすすめは?ダイソーイヤホンの音質が神!
ダイソーの216円イヤホンがイコライザの調整で3万円の音質に!

ライフスタイルに合わせたコンビニイヤホンにする

イヤホンを使うときのライフスタイルは多種多様です。
通学や通勤で満員電車に乗る機会の多い女子は、音漏れ防止として遮音性の高い”カナル型”が合っています。

一方で、ジョギングで使うことが多い女子は防水性の高い”スポーツモデルのイヤホン”にしたり、ビジネスでよく電話をかけるという営業系の女子なら、車の移動中でも通話可能な片耳タイプの”Bluetoothイヤホン”がいいでしょう。

コンビニイヤホンの音質は?

ヘルツの音域については紹介しましたが、そもそも音源(スマホにダウンロードした曲の質)が低いとどんなにいいイヤホンを使っても意味がありません。
音源が悪いとイヤホンを交換したところで、目に見えるような変化はないでしょう。
しかし、スマホを購入したときに付属しているイヤホンは最低限の機能を保証した程度のイヤホンです。コンビニイヤホンとは言え、性能のいいイヤホンに変えれば音質も上がります。
きっとイヤホンを聴き比べたことのない女子は半信半疑でしょう。
付属のイヤホンで充分なのは映画やドラマの音声ぐらいです。通学や通勤で音楽しか聞かないという女子は、試しにコンビニイヤホンを買ってみましょう。

特にほぼ毎日イヤホンを使っているのであれば、その効果は高いです。
なぜなら、使う頻度が多いからです。
毎日使っているものほど、違うものに変えるとちょっとしたことでも世界が変わったような気分になります。
今までイヤホンの音質を気にしていなかった女子も春は新しいイヤホンでデビューするのもいいかもしれませんね。

コンビニ家電の特長

家電量販店でイヤホンを買いに行ったことのある女子ならわかるでしょうが、イヤホンがびっしりと陳列されています。音質の良さそうな高級イヤホンから女子向けのかわいいイヤホンまでとまるでスマホケースのようです。
イヤホンだけでこんなにも種類があるのかと驚いたことでしょう。
もちろんの自分のスマホに接続して、イヤホンの視聴をすることができますが、単純な性格の女子でも多少迷います。

しかしながら、コンビニはよく売れて性能のいいイヤホンにしぼって入荷、陳列しているので、あまり迷わずにいいイヤホンを気軽に買うことができます。
種類が多いのもときには弊害となるのです。
価格帯の違うイヤホンが2つぐらい陳列されている程度なら、ほとんど迷う人もいないでしょう。その上、洗練された商品が並んでいるわけですから、ヘルツやインピーダンス値などを細かく見なくても上等のイヤホンが手に入るのです。

つまり、コンビニ家電は量販店より少し値段は高いですが、質のいいイヤホンを迷わずあっさり手に入れられるという利点があります。
こうした手軽さもコンビニ家電が受け入れられる理由でしょう。

コンビニイヤホンのマイク機能は?

ドライバーがよく立ち寄るコンビニでは運転しながら、通話ができるようにマイク機能のついた通話対応ハンズフリーイヤホンが売られています。
マイク付きイヤホンは、セブンイレブンで購入できます。値段は1,000円前後で、典型的なマイク付きのコンビニイヤホンです。
スマホに取り付けるタイプのイヤホンは、iPhoneをカーナビとして使っている人にもいいですね。

スマホにマイクやボタンは対応してる?

マイク付きイヤホンを買うときにチェックしておきたいのがスマホにマイクやボタンが対応しているかどうかです。
大切に使っていれば、イヤホンは長く使えます。後悔する前にチェックしておきましょう。

ボタン付きイヤホンのプラグは、二種類あります。「OMTP」か「CTIA」です。
大まかに言うとプラグの極性配列が違います。「CTIA」がアップル社のiPhone用、「OMTP」がアンドロイドスマホ用です。
アンドロイドスマホは、汎用性が高いため機種によってはOMTPのイヤホンでも対応していない可能性もあります。
対応していないイヤホンを使うと、「片方の音しか聞こえない」、「マイクやボタンが反応しない」といったトラブルが起きます。せっかく買ったのにイヤホンの片側からしか音がでないようでは、楽しさも半減ですね。

イヤホンとスマホケースの相性

スマホケースは一大産業とも言える市場で、多くのスマホユーザーがスマホケースを楽しんでいます。
中には100均でアクリルのスマホケースを購入して、自作してしまう人もいるほどです。

イヤホンを買うときに気を付けたいポイントは、スマホケースのイヤホン接続部分です。スマホケースの形状によって「ストレートプラグ」か、「L字型プラグ」か選ぶといいでしょう。
特殊なスマホケースだとイヤホン自体が接続できないこともあります。お気に入りのスマホケースに合ったコンビニイヤホンを買うといいでしょう。

また、イヤホン自体が接続できない場合は、コンビニイヤホンではなく、家電量販店でbluetooth機能のついた無線型イヤホンを選ぶ方法もあります。
しかし、bluetooth機能のイヤホンはあまり充電が持ちません。毎日の充電が面倒だと感じる女子はスマホケースを妥協するといいでしょう。

■参考記事:イヤホンを洗濯してしまった!復活させられる?

イヤホンを洗濯した時の対処法5つ!乾燥させれば復活する?

コンビニイヤホンのインピーダンスに注意!?

インピーダンスとは抵抗値のことです。記号はΩ(オーム)です。理科の授業で見た記憶のある女子もいるかもしれませんね。
一般的にインピーダンスが高いと音量がとりにくくなります。つまり、スマホ本体の音量を上げる必要が出てきます。

スマホで使うイヤホンであれば、”32Ω”にするといいでしょう。スマホ用ではないイヤホンでは高いインピーダンスのイヤホンもあります。
あまり神経質になることもありませんが、コンビニイヤホンを買うときにちょっと知っておくだけで、有利になりますよ。

ギリシャの思想家・アリストテレスは言いました。
「知は力なり」と。

コンビニイヤホンを長持ちさせるには?

イヤホンを買った後の話になりますが、スマホにイヤホンを巻き付けないようにするとイヤホンが長持ちします。つまり、余計な買い物をしなくて済みます。
ちょっとした工夫でコンビニイヤホンが長持ちするのであれば、実行しない理由はありません。コンビニイヤホンと言えども、iPhoneに付属のイヤホンよりは性能はいいのですから。

なお、イヤホンをスマホに巻き付けていると断線の原因になります。イヤホンが断線すれば、音は伝わりません。
イヤホンの断線の原因の80パーセントは、スマホへのイヤホンの巻き付けです。気を付けましょう。
対策としては、イヤホンを使用しないときは専用のコードホルダーか、別のケースに入れて保管することです。

コンビニイヤホンの値段はいくら?

コンビニ家電のイヤホンも顧客の満足度が上がるように品質が保証されたコンビニイヤホンを取り扱っています。
一般的な値段は1,000円から2,000円です。
値段が少し高いなと感じる女子もいるかもしれませんね。

しかし、本格的なイヤホンになると値段も1万円を超えるイヤホンもあります。イヤホン市場全体で見たら、値段が3,000円以下のイヤホンはかなりお買い得と言っていいでしょう。
また、購入するタイミングによっては、好きな色のイヤホンがない場合もあるので、なかったら近くの別ブランドのコンビニへ行ってみるのもいいでしょう。

コンビニイヤホンのおすすめは?

日本を代表するコンビニはセブンイレブン、ファミマ、ローソンです。
北海道エリアではセイコーマートが主流です。

コンビニブランドによっても置いてある家電イヤホンが少し違うので、気に入ったコンビニイヤホンがない場合やマイク付きのイヤホンがライフスタイルに合うという女子は、違うブランドのコンビニへ探しに行くといいでしょう。

セブンイレブンのおすすめコンビニイヤホン

セブンイレブン家電は人気のイヤホンにしぼった商品の陳列方法をとっています。迷う心配もないので、優柔不断な人にはおすすめです。
セブンイレブンでおすすめのイヤホンは、「ステレオミニヘッドホン HA-FX711B」です。
色はホワイト・ピンク・ブラックの三種類です。気分で好きな色を買うといいでしょう。

重低音重視タイプのイヤホンで、迫力のある音が出ます。一方で、クリアな音質という面では劣ります。

ファミマのおすすめコンビニイヤホン

ファミマのイヤホンは使いやすさ重視です。
「STEERO EARPHONES HANDS FREE」がおすすめで、値段も1,000円代です。

クリアな音だけでなく、重低音もしっかりと出るローソンの家電イヤホン。値段の割に品質が良く、使いやすいイヤホンです。
また、イヤーピースも四種類あり、耳の大きさに合わせて、カスタマイズできるというユーザビリティの高いコンビニイヤホンです。

ローソンのおすすめコンビニイヤホン

ローソンの家電コーナーにあるコンビニイヤホンは、1000円を切るイヤホンから2,000円の大台に達するステレオイヤホンも売られています。
おすすめのイヤホンは「ComfortFit Panasonic RP-HJE120」で、ファミマでも販売している商品です。ファミマで見つからないときは、ローソンに行くのも手です。
値段は1,000円以下で、イヤーピースはXS、S、Mの三種類です。

イヤーピースをLサイズにするとドラムのアタック音がダイナミックに聞こえるイヤホン。女子向けのイヤホンで手軽にイヤホンを変えたいコンビニ女子におすすめです。
音質は、高音までスッキリ聞こえ、値段にマッチした性能で使いやすいと評判です。

コンビニイヤホンまとめ

一時しのぎで、コンビニイヤホンを買いに行きそうですが、1,000 - 2,000円の価格帯が多く、そこそこの音質が出て、用途に合わせたマイク付きのイヤホンもあります。せっかくイヤホンを買うなら、自分のスマホに合ったコンビニイヤホンを選びたいですね。
コンビニ家電はコンビニのブランドごとにイヤホンのラインナップも違います。タイミングが悪いと売り切れている可能性もあります。頻繁に買うアイテムではありませんが、使う頻度が高いのがイヤホンです。人は大きな買い物をすると注目されますが、それは一時の満足感しか生みません。
しかし、自分が毎日使うイヤホンを変えるとちょっとしたことなのに世界が変わったような気分になります。それだけ毎日使うものを変えるというのは画期的なことなのです。

反対に毎日使うイヤホンであるならば、選択に失敗したときの後悔も大きくなります。「安物買いの銭失い」とならないよう少し考えてからイヤホンを買うといいでしょう。
慌てて行動したときほど失敗するものです。たかがイヤホンとは言え、お金を出して買うのです。後悔のない買い物をしたいですね。

コンビニの商品についてもっと情報を知りたいアナタに!

コンビニのチョコおすすめランキング!本当に美味しいチョコレートは?
コンビニおにぎりカロリー一覧!【ファミマ・ローソン・セブン】
コンビニコーヒー徹底比較!1番のおすすめはどれ?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ