ガスコンロの掃除方法!焦げつきや油汚れも重曹できれいに?

油汚れがヒドいガスコンロの掃除をするのは、ちょっと憂鬱。簡単に掃除ができたらいいのに、と思っているあなたのために、今回はガスコンロの簡単な掃除方法をまとめてみました。重曹やセスキ炭酸ソーダを使って簡単にさっとキレイなガスコンロにして、たのしく料理をしましょう!

ガスコンロの掃除方法!焦げつきや油汚れも重曹できれいに?のイメージ

目次

  1. ガスコンロの掃除は何故大変?
  2. ガスコンロの掃除◎汚れの原因は?
  3. ガスコンロの掃除◎汚れが頑固なのは「油分」
  4. ガスコンロの掃除◎効果的な洗剤・グッズは?
  5. ガスコンロの掃除◎パーツ別掃除方法
  6. ガスコンロの掃除◎バーナー
  7. ガスコンロの掃除◎五徳
  8. ガスコンロの掃除◎グリル庫内
  9. ガスコンロの掃除◎グリル皿・網
  10. ガスコンロの掃除◎天板
  11. ガスコンロの掃除◎前面パネル
  12. ガスコンロの掃除◎排気カバー
  13. ガスコンロの掃除◎壁や換気扇
  14. ガスコンロの掃除◎掃除のタイミング
  15. ガスコンロの掃除◎重曹選びのポイント
  16. ガスコンロの掃除◎重曹が余った時の活用法
  17. ガスコンロの掃除◎掃除は冬よりも夏がおすすめ
  18. ガスコンロの掃除◎裏ワザを使った掃除方法
  19. ガスコンロの掃除◎普段から気をつけたいこと
  20. ガスコンロの掃除方法!まとめ

ガスコンロの掃除は何故大変?

毎日のように料理をしている人であれば、ガスコンロやガスコンロ周りの汚れって気になりますよね。
掃除をしても掃除をしても、料理のたびに汚れてしまって、たまにさぼってしまう、ということもあると思います。
1回程度のおさぼりであれば問題ありませんが、気になる汚れが溜まってしまうと後から後悔することに。

汚れが溜まって頑固な汚れになってしまうと、キッチン家電のガスコンロの掃除が大変になってしまいます。
できれば細かく掃除をしたいところですが、もしも汚れができてしまったら、ガスコンロの汚れを効率的に落として少しでも簡単に掃除ができるといいですよね。
今回はガスコンロの掃除方法について、少しでも効率的に簡単に汚れを落とす方法をまとめていきます。

ガスコンロの掃除◎汚れの原因は?

キッチン家電のガスコンロの汚れの原因は何だと思いますか?
油汚れや、フライパンや鍋から落ちてしまった食材での汚れでしょうか。
実はガスコンロの汚れは「複合汚れ」なのです。
油汚れだけでも、食材だけの汚れでもありません。
だからこそガスコンロの汚れを落とすのが大変なのですね。

ガスコンロの汚れは主に、調理中に飛び散った油汚れ、食材や調味料などの食品の汚れ、とっても落としにくいと言われている焦げつきがあります。
これらがまとまって、キッチン家電のガスコンロの汚れになっています。
そのため汚れがヒドイ部分には、一つの洗剤や掃除方法では、するっとキレイに取り除くことができない場合があります。
そんな理由から、「この汚れは掃除をしても落ちない」と諦めてしまうガスコンロの汚れが出てきてしまうのです。

ガスコンロの掃除◎汚れが頑固なのは「油分」

ガスコンロやガスコンロの周りの汚れは複合汚れになりますが、汚れの大半を占めるのは油汚れになります。
この油汚れの厄介なところは、長い時間空気に触れる事で酸化してしまう、という点です。
酸化した油汚れは、べたべたとする樹脂化をしてキッチン家電のガスコンロにこびりついていきます。

しかもべたべたとした油分は、空気中のホコリや食品汚れまで取りこんでコーティングしてしまいます。
コーティングして樹脂化した汚れは、とても頑固で、落ちにくい汚れに変わっていってしまうのです。
だから油汚れは厄介なガスコンロやガスコンロ周りの汚れになってしまうのです。

ガスコンロの掃除◎効果的な洗剤・グッズは?

先ほども書いたように、ガスコンロやガスコンロの周りの汚れを厄介なものにしてしまう原因は油汚れです。
油汚れを効果的に落とすには、油汚れを分解する「アルカリ性の洗剤」を使うことがおすすめです。
アルカリ性の洗剤のなかでも界面活性剤を含まない洗剤は、油汚れを強力に落とす効果が期待できます。

界面活性剤を含まない洗剤には、「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」があります。
食器を洗う時に使う洗剤は、中性洗剤と呼ばれます。
この中性洗剤でも、キッチン家電のガスコンロの油汚れを落とすことができますが、ガスコンロの油汚れは食器につく油汚れの何倍もの強烈な油汚れなので、ちょっと手間をかける必要があります。

中性洗剤を使ってガスコンロを掃除する場合は、ガスコンロの汚れにキッチンペーパーをはりつけます。
キッチンペーパーの上から中性洗剤をスプレーします。
キッチンペーパーに中性洗剤が十分に浸みたら、ラップをかぶせて、キッチンペーパーに浸みこませた中性洗剤が汚れに密着させるようにします。
ラップの上からドライヤーで熱を加えて、汚れを浮かせます。
ガスコンロの汚れがキッチンペーパーについてきたら、そのまま拭き取り、水洗いをしてガスコンロの掃除が終了です。

セスキ炭酸ソーダとは

重曹は有名ですが、セスキ炭酸ソーダはまだあまり知られていない洗剤ですね。
このセスキ炭酸ソーダは、重曹と同じアルカリ洗剤になります。
重曹よりも強めのアルカリ性の性質があるので、重曹よりも油汚れの掃除には適しています。
セスキ炭酸ソーダは重曹と同じ無機質で、有機物の界面活性剤よりも環境への負担が少ない、エコな洗剤になっています。
セスキ炭酸ソーダには、汚れだけではなくニオイも中和する効果があります。
アルカリ性のセスキ炭酸ソーダは、酸性の汚れやニオイをとる効果があるのです。
酸性の汚れやニオイとは、キッチンやコンロの汚れ、食品の腐敗臭や汗のニオイなどです。

ガスコンロの掃除◎パーツ別掃除方法

キッチン家電のガスコンロにはイロイロな調理が機能的にできるように、バーナーやグリル、温度センサーなどのさまざまなパーツからできています。
調理には機能的で便利なガスコンロも、掃除をしようとすると、ちょっと面倒ですね。
パーツごとに掃除の仕方も変わってくるので、できる限り分解をして掃除をするようにしましょう。

ここからは分解したパーツごとの掃除方法と、キレイに簡単に掃除をするポイント、注意点などをまとめていきたいと思います。
最初は時間がかかると思いますが、ゆっくりと覚えていってくださいね。

ガスコンロの掃除◎バーナー

まずキッチン家電のガスコンロのバーナーの掃除の仕方からまとめていきましょう。
バーナーとは、直接火が出てくる部分のことです。
直接火がでるところなので、しっかりとガスを切ってから掃除をすることをおすすめします。
火の出る部分が破損しないように、丁寧に掃除ができるといいですね。

ガスコンロのバーナー部分は、中性洗剤と柔らかいクロスを使って掃除をしていきます。
取り外したバーナーが目詰まりをしている場合は、歯ブラシなどを使って取り除きます。
目詰まりが無くなったら、中性洗剤を含ませたクロスで、キッチン家電のガスコンロのバーナーの汚れを拭き取っていきます。
最近のバーナーには温度センサーが付いているものが多いです。
温度センサーは力を入れすぎて破損してしまわないように、注意をしながら温度センサーも拭いていきます。
温度センサーは水で濡らしすぎないように、良く絞ったクロスをつかうのがおすすめです。
もしも温度センサーや安全装置に汚れがこびりついている場合は、優しく歯ブラシなどで擦りとっておきましょう。

温度センサーとは

温度センサーとは、ガスコンロについている安全機能のことです。
ガスコンロについている温度センサーとは、バーナーの真ん中についている柱のような形になっています。
お鍋などを温度センサーにのせると、温度センサーが引っ込みます。
温度センサーが付いていることで、こんろ消し忘れ消火機能や、お鍋が高温になりすぎた時には、温度センサーが反応して火を消してくれるという機能もあります。
温度センサーには、繊細な機能がたくさんついています。
ガスコンロの掃除をするときは、温度センサーが破損しないように、温度センサーに気をつけて掃除をするようにしましょう。

ガスコンロの掃除◎五徳

ガスコンロの五徳は、キッチン家電のガスコンロの中でも一番汚れが手ごわい部分です。
五徳とは、バーナーの上についている金属で、多くが丸くて内側に向かって角のようなものが3本や4本ついているものです。
五徳の上にお鍋やフライパンを置いています。
五徳の汚れの大半が、油汚れになります。
五徳は油汚れに強い重曹や、セスキ炭酸ソーダを使って汚れを落としていきます。

重曹を使う場合は、水100mlに対して、重曹を小さじ1杯いれた水溶液を使います。
五徳の掃除にはスプレーボトルなどにいれて使うと使いやすいですね。
五徳には重曹洗剤を吹きかけながら汚れを落としていきます。
もしも五徳に汚れがヒドクこびりついている場合は、重曹水につけ置きをしておくかセスキ炭酸ソーダを使うのがポイントです。
さらに五徳に焦げつきと油汚れが混ざっているような、厄介な汚れの場合は、ぬるま湯の重曹水などに2時間から3時間かけてつけて、汚れを浮かす必要があるかもしれません。

ガスコンロの掃除◎グリル庫内

キッチン家電のガスコンロのグリルの中も、魚を焼いたときなどに飛び散った油が、食材の残りと混ざって、さらに焦げつきになった汚れとして溜まっていることの多い場所です。
まずはグリル皿や網を抜き取って、すっきりとさせてから掃除をすると簡単です。

ガスコンロのグリル内から、グリル皿や網をとったら、汚れや焦げつきがあるところを中心に重曹水やセスキ炭酸ソーダをふきかけます。
無理にこすらずに、汚れが浮いてきたらスポンジでこすって落とすようにしましょう。
キッチン家電のガスコンロのグリルの中も、汚れや焦げつきがヒドイ場合には、重曹水やセスキ炭酸ソーダをたっぷりとしみ込ませたキッチンペーパーをグリルの中に貼り付けて汚れを浮かせるのが簡単に掃除ができるポイントです。

ガスコンロの掃除◎グリル皿・網

キッチン家電のガスコンロのグリルの中から抜き取ったグリル皿や網にも、油汚れや焦げつきが多い部分になっています。
グリル皿と前面パネルがくっついているものが多いと思いますが、分解ができるタイプのものであれば、分解をして掃除をしていきましょう。

重曹水やセスキ炭酸ソーダを吹きかけて汚れを落としていきますが、汚れや焦げつきがヒドイ時には、重曹を液体ではなくペースト状にしてクレンザーのように使うのもポイントです。
重曹やセスキ炭酸ソーダでつけ置きをしておいて、汚れが浮いてきたところで洗い落とすのも簡単でおすすめです。

ガスコンロの掃除◎天板

ガスコンロの天板も、もちろん掃除をしていく必要があります。
天板とは、バーナーの周りの部分の面積の広い部分ですね。
五徳をどけた状態で掃除をしていくと、簡単に掃除ができると思います。
この天板の汚れは、油汚れと食品の汚れの複合汚れになっている場合が多いようです。
できれば毎回のお料理のあとに、周りの天板だけはさっと拭き取っておくと、お掃除が簡単になるようです。

天板は主に、3種類の素材でできていると言われています。
主流なのが、ガラストップの天板です。
掃除のしやすい素材の天板なので、しつこい汚れでなければ、中性洗剤でも掃除をすることが可能です。
フッ素コートトップ・アルミトップの素材の天板は、油をはじいてくれる素材になっているので、このタイプの天板も掃除のしやすい天板です。
このタイプの天板も中性洗剤で掃除をすることが可能です。
ホーロートップ・ステンレストップの天板は、耐久性に優れていますが、汚れを落とすのは一番大変かもしれません。
重曹やセスキ炭酸ソーダを使って掃除をしていくと簡単です。
ガラストップタイプやホーロートップ・ステンレストップタイプの天板も、汚れや焦げつきがヒドイ場合には重曹やセスキ炭酸ソーダをつかって掃除をします。

ガスコンロの掃除◎前面パネル

キッチン家電のガスコンロの前面パネルも、油汚れや食品汚れが付きやすい場所です。
ガスをつけるボタンの部分などは、皮脂汚れもついていることがあります。
毎回の料理の際に、さっと拭いておけると、しっかりと掃除をする時にも簡単に掃除をすることができます。

キッチン家電のガスコンロの前面パネルも、あまりにも汚れや焦げつきがヒドイ場合は、重曹やセスキ炭酸ソーダをつかって汚れを浮かせてクロスで拭き取りましょう。
水洗いができないので、ちょっと気持ちが悪いですね。
簡単に掃除はできますが、しっかりと拭き取るようにしてください。

■参考記事:キッチンのシンク下・コンロ下の収納、一工夫でスッキリ!

キッチンのシンク下収納術!簡単アイデア45選解説!【便利】
キッチンのシンク下・コンロ下収納術!引き出しを活用しよう!

ガスコンロの掃除◎排気カバー

しっかり掃除をするときには、キッチン家電のガスコンロの換気カバーの掃除もしてしまいたいですね。
換気カバーの掃除をする時には、ガスコンロが冷えている状態で、ガスの元栓を閉じてから掃除を始めるといいでしょう。
換気カバーは中性洗剤で洗います。
中性洗剤は、食器用の洗剤でも構いません。
しっかりと水洗いをしたら、しっかりと水分がなくなるように乾かします。

もっとしっかりと掃除をしたい場合は、割りばしの先にウェットティッシュを巻いて輪ゴムで留めた、お手入れ棒を用意しておくといいでしょう。
お手入れ棒を使って、排気口など汚れが気になる部分を掃除していきます。
排気口もしっかりと乾かしてから、排気カバーを戻していきます。

ガスコンロの掃除◎壁や換気扇

ガスコンロを掃除していたら、周りの換気扇や壁の汚れも気になってしまう。
よくある事ですよね。
お料理をしていると、周りの換気扇はもちろん、ガスコンロの周りの壁も汚れてしまうものなのです。
そんな壁や換気扇周りの汚れも、重曹やセスキ炭酸ソーダを使って落としていくことができます。

周りを重曹水やセスキ炭酸ソーダをスプレーしながら拭いていきます。
換気扇は、油汚れがしつこい、厄介な油汚れに変わってしまっている場合があります。
重曹やセスキ炭酸ソーダを使って、つけ置きをして周りを掃除をすることがポイントです。
換気扇を分解するのはちょっと大変かもしれません。
外しているときに、椅子などから落ちてしまわないように注意をしてください。

ガスコンロの掃除◎掃除のタイミング

ガスコンロやガスコンロ周りの掃除のタイミングはどれくらいなのでしょうか。
キッチン家電のガスコンロの汚れを落とすベストタイミングは、汚れが付いたときすぐに、ガスコンロがまだ温かいうちに落としてしまう、という掃除の仕方がおすすめです。
なかなかできない、という現実もありますけどね。
しかしこまめな掃除を心掛けることは、ガスコンロの掃除の手間が減るのも確かです。
本当に楽になるかどうか、少し実践してみてくださいね。

しっかりとガスコンロを掃除する頻度は、グリルやグリル皿・網は料理毎に、天板や前面パネルは毎回夕食後(1日1回)、バーナー部分や五徳、換気カバーや周りの壁の掃除は1週間に1回というのが目安になっています。
油汚れや焦げつきがヒドイときには、その都度掃除をしておくといいでしょう。

ガスコンロの掃除◎重曹選びのポイント

重曹を使うとガスコンロの掃除が楽だと伝えてきましたが、重曹にも種類があるので、ガスコンロの掃除にぴったりの重曹を選んで購入することが大切になります。
重曹には、医薬品と食品添加物、雑品の3種類があります。
この中でキッチン家電のガスコンロの重曹に適しているのは、雑品の重曹です。
お掃除用ですからね。
食品添加物の重曹でも構いませんが、ちょっと高めになっています。
口に入っても安全なものがいい、という場合は、食品添加物のものを選んでもいいでしょう。

重曹をガスコンロの掃除に使うときには、粉のままクレンジング剤のようにして使う使い方と、水を少しまぜてペースト状、歯磨き粉のような状態で使う方法と、重曹水として使う方法があります。
さらに五徳のような、汚れがヒドイものを掃除する時にはぬるま湯につけ置きする、という方法もあります。

ガスコンロの掃除◎重曹が余った時の活用法

重曹を使ってガスコンロを掃除した後、余ってしまった重曹はどうしたらいいのか、ご紹介させていただきます。
もちろんまたガスコンロの掃除に使っても構いませんが、他にも使い道がたくさんあるのです。
掃除に使うのであれば、お鍋の焦げつきをとりたいときにもおすすめです。
ガスコンロの汚れや焦げつきが取れるのですから、当然お鍋の汚れや焦げつきも簡単にとることができます。
また窓の掃除にも、重曹はおすすめです。
重曹水を使って窓ふきをしてみてください。

重曹は掃除道具として以外にも、ニオイとりにも効果があります。
セスキ炭酸ソーダも同じようにニオイをとる効果がありましたね。
例えば冷蔵庫や下駄箱、生ごみや排水溝のニオイとりにも使うことができます。
重曹水をつかって、カーペットのニオイとりをすることもできるようです。

ガスコンロの掃除◎掃除は冬よりも夏がおすすめ

ガスコンロをしっかりと掃除をするのは、年末の大掃除の時期という人も多いと思います。
しかしガスコンロをしっかり掃除をするのにおすすめの時期は、夏場なのです。
寒いと油汚れが固まってしまって、汚れが落としにくいのですが、夏場は暑いので、冬よりも油汚れを簡単に落としやすいのです。

ぬるま湯をつかわなくても、自然に温度が高くなっているので、ガスコンロを掃除するときには寒い時期よりも温かい時期に掃除をするのがおすすめです。
ガスコンロの周りの壁などの掃除も、温かいときにすると簡単に汚れがとれそうです。
掃除をする時間も、朝や夜よりは日中の温かい時間にするのが良さそうですね。

ガスコンロの掃除◎裏ワザを使った掃除方法

ガスコンロはこまめに掃除をしたほうが、汚れや焦げつきが落としやすいのですが、そんなこと知らなかった、もう何年も掃除なんてしていない、なんていう人もいるかもしれませんね。
もうどうにもならないガスコンロの汚れをどうしたらいいのか、途方にくれているあなたのために、ちょっとした裏技をご紹介します。
ただし、やり方によっては天板などに傷がつくことがあります。
嫌だなと思った場合は、こまめに重曹やセスキ炭酸ソーダを使って少しずつ汚れを落としていきましょう。

ガスコンロ本体

ガスコンロ本体に、とてつもない汚れや焦げつきがある場合は、「油汚れ用マジックリン」を使います。
ガスコンロ本体の汚れに油汚れ用マジックリンを吹きかけてスポンジや、ステンレススポンジをつかってこすります。
バーナーや天板のしつこい油汚れには、マイナスドライバーでスポンジを抑えながら、削り取るように掃除をしていきます。

五徳やグリルの網

バケツにお湯と食器用洗剤か重曹、セスキ炭酸ソーダを入れて、1時間から2時間つけ置きします。
あまりにも五徳や網がひどい汚れの場合は、お鍋に食器用洗剤と五徳や網をいれて30分煮詰めるのもおすすめです。
つけ置きをしたら、金ブラシでごしごしと擦っていきます。

ガスコンロの掃除◎普段から気をつけたいこと

ガスコンロの掃除は本当に大切ですね。
できるだけガスコンロの掃除はしたくない、という人の気持ちがとてもよくわかります。
そんなあなたのために、普段からできるガスコンロの掃除が簡単になる、ちょっとしたポイントをまとめていきます。

料理をするときにはフタをする

本当ににちょっとしたことですが、油が飛ばないように、食材が飛び出さないように、こまめにフタを使うことが大切です。
フタをするだけでも、油汚れがぐっと少なくなります。

換気扇をつける

換気扇をつけると、ニオイや煙、蒸気を吸い取ってくれます。
油汚れに余計な汚れがつくことも防いでくれています。
どんな料理をする時でも、換気扇をつけることも大切なのです。

汚れは汚したときに拭く

ガスコンロを使い終わったら、汚れを拭くことが一番大切です。
明日掃除をするからいいか、とほうっておけば、それだけ汚れがしつこいものに変わってしまいます。
洗剤を使ってまで拭く必要はありません。
汚れているな、と気づいたら水拭きでいいので拭き取っておきましょう。
このひと手間で、ガスコンロの掃除が簡単になりますよ。

■参考記事:部屋の片付けのやる気を出すには?

部屋の片付けのやる気を出す方法11選!

ガスコンロの掃除方法!まとめ

今回はガスコンロの掃除方法についてまとめてみました。
ガスコンロのそれぞれのパーツに、汚れが溜まりやすい部分があるので、掃除のやり方もパーツごとでかわってきます。
それぞれのパーツにあわせた掃除をすることで、簡単にキレイに汚れを落とすことができるのですね。

重曹やセスキ炭酸ソーダ、時には市販されている専用の洗剤を使って、ガスコンロの汚れをすっきりと落としていきましょう。
ガスコンロとガスコンロ周りもキレイに掃除をしておくと、さらに料理が楽しくなりそうですね。

掃除についてもっと知りたいあなたに!

掃除で開運するコツ!掃除すべきスポット7選【風水】
玄関の掃除の仕方!ピカピカににするコツ9つ!
コストコ洗剤おすすめ5選!使いやすくて超便利!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ