カーテンのカビの落とし方は?洗濯のコツを解説します!

おしゃれなカーテンやこだわりのカーテンも長く使っているうちに少しずつ汚れがたまり、場合によってはカビがついてしまうことってありますよね!今回はカーテンについてしまったカビを落とす方法や、カーテンを洗濯する時のコツについて解説していきます♪

カーテンのカビの落とし方は?洗濯のコツを解説します!のイメージ

目次

  1. 意外と汚れがたまる!カーテンにカビが生えてしまう原因は?
  2. カーテンにカビが生える原因①湿気
  3. カーテンにカビが生える原因②風通しの悪さ
  4. カーテンにカビが生える原因③日当たりの悪さ
  5. 今すぐ実践!簡単なカーテンのカビの落とし方4選
  6. カーテンのカビの落とし方①熱湯で洗う
  7. カーテンのカビの落とし方②重曹を使う
  8. カーテンのカビの落とし方③漂白剤を使う
  9. カーテンのカビの落とし方④クリーニングに出す
  10. 日々の暮らしの中で対策を!カーテンのカビを予防する方法5選
  11. カーテンのカビを予防する方法①窓の結露はすぐに拭き取る
  12. カーテンのカビを予防する方法②窓のサッシの水分も拭き取る
  13. カーテンのカビを予防する方法③カーテンが濡れたら乾燥させる
  14. カーテンのカビを予防する方法④部屋の掃除をまめに行う
  15. カーテンのカビを予防する方法⑤しっかり換気を行う
  16. まとめ

意外と汚れがたまる!カーテンにカビが生えてしまう原因は?

何気なくお部屋のカーテンを見た時にうっすらと黒いシミのような物がついていて、「カビだ!」とビックリしてしまった経験はありませんか?

カーテンというのは衣類とは違って毎日の暮らしの中で頻繁に洗濯をするものではありませんので、どうしても気付かないうちにほこりがたまってしまったりカビが生えてしまうことが結構あります。

それぞれの家庭事情にもよると思いますが、カーテンというのは質の良いものを揃えると非常に高価な場合もあり、頻繁に買い替えれば良いというものでもないためカビが生えてしまうと少しショックですよね。

ここではカーテンのカビの取り方をご紹介する前に、まずカーテンにカビが生えてしまう原因についてまとめてみました。大切なカーテンをいつも綺麗にしておくために、まずはカーテンのカビの原因からチェックしていくことにしましょう!

■関連記事:カーテンに関する情報についてはこちらもチェック!

カーテンの色の選び方!インテリアをおしゃれにする7つのコツ!
カーテンとブラインド徹底比較!どっちを使うのがいい?

カーテンにカビが生える原因①湿気

カーテンにカビが生える原因の1つめは、やっぱり湿気です。

カビというのは湿気が大好きです。カビの胞子は空気中を漂いながら玄関や窓から家の中に侵入します。乾燥した空気中ではその繁殖力は大幅に低下することが分かっていますが、洗面所や浴室、洗濯機の中など少しでも湿気がある場所なら夏に限らず冬でも元気に繁殖を繰り返してしまう厄介な性質を持っています。

カーテンにカビが生えてしまうのは、主に冬の温かい部屋と外気温との差で発生する窓の結露が大きな原因だと考えられます。窓の結露がカーテンに付着し、その水分を求めてカビが生えてしまうのです。

もちろん雨の日に窓を開けっ放しにしてしまいその水分がカーテンに付着してなかなか乾かないような時もカビが発生する原因になります。

二重構造のサッシやシャッターがついている窓などはある程度の結露を防止できるように設計されている家もありますが完全に結露を防ぐことはなかなか難しい問題ですね。

カーテンにカビが生える原因②風通しの悪さ

カーテンにカビが生える原因の2つめは、風通しの悪さです。

カーテンは結露などが原因で濡れてしまうとカビの胞子がくっつきやすくなってしまいますが、一度濡れてしまっても晴れた日に窓を開けてすぐに完全に乾かすことができればカビは発生しにくくなります。

ただし風通しの悪い窓につけているカーテンの場合はなかなか完全に乾かすのは難しいものですし、寒さの厳しい真冬に窓を開けっ放しにしておくというのもあまり現実的ではありません。

一度結露などで濡れてしまったカーテンは完全に乾くまでかなりの時間を要することになり、完全に乾くまでの間に再び結露に触れてしまったりしてカビが生えやすくなってしまうこともよくあります。

忙しい一人暮らしの人や、共働き世帯の家庭ではなかなか朝からしっかり換気を行うのは難しいという問題もありますね。

カーテンにカビが生える原因③日当たりの悪さ

カーテンにカビが生える原因の3つめは、日当たりの悪さです。

カーテンに一度でもカビを生やしてしまった人ならお分かりかと思いますが、カビというのは暗くてジメジメしたところが大好きです。そのため日中日当たりが良く窓越しにお日様の光がよく当たる場所というのは意外とカーテンにカビが生えてしまうことはありません。

日当たりの良い窓についているカーテンは濡れてしまっても日の光で乾燥しやすく、自然とカビの予防ができますが、北向きの窓についているカーテンはどうしてもカビが生えやすい条件を満たしてしまうことになります。

北向きの部屋に寝室やリビングなど人が集まる部屋があるという家は注意が必要ですね!

今すぐ実践!簡単なカーテンのカビの落とし方4選

何とも不快なカーテンに生えてしまうカビですが、見つけたからには放置しておくわけにはいきませんよね!次は今すぐ実践したい簡単なカーテンのカビの落とし方を4つご紹介していきたいと思います♪

カーテンのカビの取り方はどれも意外とシンプルですが、カーテンが大きければ大きいほど作業は重労働になります。カビが生えている部分が広ければそれだけ手間もかかることになります。

少しでも小さなカビを見つけた場合、カビの胞子や根がカーテンの生地の隙間に入り込んでいて今後それがどんどん大きくなってくることも予想されますので、なるべく早めの対処をした方が良いですね。

カーテンのカビの取り方を実践する前にまずはカーテンレールからカーテンを丁寧に取り外し、金具などを全て取り外しておくことも忘れてはいけません。またしっかり屋外でカーテンを乾かすことができるように天気予報もチェックしておくことをオススメします!

カーテンのカビの落とし方①熱湯で洗う

カーテンのカビの落とし方の1つめは、熱湯で洗うことです。

カーテンに生えてしまったカビの範囲がとても少ない時、またはそれほどひどい状態ではない時は、熱湯だけでカビが取れることもあります。

熱湯を使ったカビの取り方は簡単♪まず熱いお湯をバケツなどに準備し、カビが生えている部分を熱湯に浸しながらブラシで優しく擦ってカビを取っていきます。

カビが取れてくるとお湯が黒く濁ってきますので、何度かバケツのお湯を交換しながら完全にカビが無くなるまで作業を続けましょう。

最後にカーテン全体を浴槽などで洗剤をつけてもみ洗いし、綺麗にすすぎをしてしっかりはたいてから干せばホコリも取り除くことができます。熱湯を使う時はヤケドに気を付けながら作業してくださいね。

カーテンのカビの落とし方②重曹を使う

カーテンのカビの落とし方の2つめは、重曹を使うことです。

重曹は料理に使ったり掃除に使ったり暮らしの中で非常に役立つアイテムですが、カーテンのカビを取りたい時にもとても便利です。

重曹を使ったカビの取り方も簡単です♪まず浴槽や大きいたらいなどにぬるま湯を入れ、そこへ重曹を適量入れていきます。軽く手でかきまぜて重曹を溶かし、カーテンを静かに浸していきます。そのまま10分から20分程度重曹を染み込ませたら、カビがひどい部分を手でこすりながらもみ洗いします。

重曹がある程度カビの汚れを浮かせてくれるため、それほど力を入れなくてもカビがお湯に流れ出してきますので、お湯をかけながら丁寧にカビを取り除いていきましょう。最後は重曹を綺麗に洗い流し、固く水分を絞って屋外の風の当たる場所でカーテンを完全に乾かしてから取り入れます。

重曹は手肌にも優しく手荒れを起こす心配はありませんが、浮き出たカビの胞子を吸い込むと気分が悪くなってしまう恐れがありますのでマスクを着用して作業するようにしてくださいね。

カーテンのカビの落とし方③漂白剤を使う

カーテンのカビの落とし方の3つめは、漂白剤を使うことです。

熱湯や重曹を使っても落とすことができない頑固なカビ汚れは、漂白剤を使ったカビの取り方がオススメです。漂白剤は洗濯用のものを使いますが、カーテンの素材によっては色が落ちてしまってシミになってしまうこともあるため少し注意も必要です。

特に高級カーテンなどはいきなりカーテン全体に漂白剤を使ってしまうのではなく、最初は目立たないカーテンの端などで少しだけ漂白剤を使って一度試し洗いをした方が良いですね。

最近は一部分だけにピンポイントで塗布できる洗濯用漂白剤などもありますので、カビがひどい部分だけに漂白剤をつけるという方法もあります。漂白剤を使う時はカーテンの質や素材をチェックし、洗濯マークの表示をよく確認して失敗しないよう慎重に作業を進めてくださいね。

また漂白剤は手につくとヌルヌルがなかなか取れず手荒れを起こしてしまう可能性もありますので、厚手のゴム手袋を着用して肌につかないように注意しましょう。

カーテンのカビの落とし方④クリーニングに出す

カーテンのカビの落とし方の4つめは、クリーニングに出すことです。

カーテンのカビの落とし方は色々ありますが、高価なカーテンに重曹や漂白剤を使うのは少し不安だという人もいるかもしれませんね。

そのような場合はお金はかかりますがクリーニングに出してプロの手で処理してしてもらうという方法もあります。クリーニングは暮らしを豊かにする特別なサービスというものではなく、もっと気軽に使えるとても便利なサービスです。

クリーニングでカーテンのカビを落としてもらう時は、変に自分で重曹や漂白剤を使ったカビの取り方をせずカーテンレールから外してそのままお店に持って行くのが良いですね。

カーテンの素材や大きさにより費用は変わってきます。まずはお店の店頭で見積もりを出してもらうこともできますので、その見積金額を見て新しいカーテンを購入した方が良いのか、クリーニングに出した方が良いのか見当してみてはいかがでしょうか。

1人暮らしの人などは洗濯機も小さいため自宅でカーテンを洗濯するのは困難な場合もあります。毎日の暮らしの中でプロの技を大いに活用させてもらいましょう!

日々の暮らしの中で対策を!カーテンのカビを予防する方法5選

カーテンのカビの取り方や洗濯方法などをご紹介しましたが、やはりかさばるカーテンの洗濯はなかなか大変ですし、カビの取り方も色々と気を使うものです。オススメの対策としてはカーテンにカビがつかないように予防するのが一番ですよね!

最後は日々の暮らしの中でカーテンにカビがつかないように予防する方法について5選ご紹介していきたいと思います。

カーテンの洗濯方法やカビの取り方と一緒に、こちらもぜひ合わせて覚えておくと安心ですよ!一人暮らしの方も主婦の方もぜひご覧ください♪

カーテンのカビを予防する方法①窓の結露はすぐに拭き取る

カーテンのカビを予防する方法の1つめは、窓の結露はすぐに拭き取ることです。

カーテンのカビを予防するためには、まず暮らしの中でカーテンに湿気を付けないようにするのが効果的です。カーテンの一番の湿気の原因である窓の結露は、見かけたらすぐにタオルなどで拭き取るようにするのがおすすめですね。

また市販の結露防止シートなどを窓に貼るのも良いかもしれません。デザイン性の高い結露防止シートもたくさん販売されていますのでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

カーテンのカビを予防する方法②窓のサッシの水分も拭き取る

カーテンのカビを予防する方法の2つめは、窓のサッシの水分も拭き取ることです。

カーテンのカビを予防する時に窓の結露は気にする人は多いのですが、意外とサッシ部分に溜まった水分は忘れてしまうことがあります。

カーテンが下の方からカビてしまうことが多いという時は、窓の結露だけでなくサッシの部分の水分も綺麗に拭きとる習慣をつけることも大切です。カーテンのカビを予防したい人は気を付けましょう。

カーテンのカビを予防する方法③カーテンが濡れたら乾燥させる

カーテンのカビを予防する方法の3つめは、カーテンが濡れたら乾燥させることです。

これも上記でご紹介しましたが、カーテンが万が一結露などで濡れたり湿ったりした時は、なるべく早めに乾燥させるのもカビを予防する大切な方法になります。

お天気が良い日なら天日干しするのが一番ですし、お天気が悪い時なら洗濯機の乾燥機能を使っても良いですね。一人暮らしの場合など自宅の洗濯乾燥機が小さくカーテンが入らないという時は、コインランドリーなどを利用するのも良いかもしれません。

状況に応じてすぐに対処することでカーテンのカビの取り方で悩まされることもなくなりますよ!

カーテンのカビを予防する方法④部屋の掃除をまめに行う

カーテンのカビを予防する方法の4つめは、部屋の掃除をまめに行うことです。

カーテンにカビが生えてしまう時は、実は部屋中にカビの胞子が漂っている場合があります。カビの胞子はどんなに綺麗に掃除しても完全に取り除くことが不可能ですが、まめに掃除をすることでその胞子の量を大幅に削減することは可能です。

掃除をする時は高い棚や照明器具の拭き取りをして徐々に下の方を掃除していき、最後は丁寧にゆっくり時間をかけて掃除機をかけていくのがカビの胞子やほこりを減らすコツになります。

カビやほこりが部屋にたまるとカーテンにカビが生えやすくなるだけでなく、アレルギー反応を起こしてしまう危険性もありますのでまめに掃除をして対処していきたいものですね。

カーテンのカビを予防する方法⑤しっかり換気を行う

カーテンのカビを予防する方法の5つめは、しっかり換気を行うことです。

カーテンのカビを予防するためには、やはり1日1回でも窓を開けて換気をして新鮮な空気を取り込むことも大切です。空気清浄器や除湿機を使うのもカビを防ぐ効果もありますが、やはりカーテンを乾燥させるという事も考えると部屋の換気も非常に重要になります。

掃除機をかけている間だけ、または洗濯物を干している間だけでも窓を開けておくと空気の入れ替えができます。普段窓を閉め切っている人は時間がある時だけでも換気を心がけるようにしてみましょう!

まとめ

カーテンのカビの取り方やその予防法などについてご紹介しました!

日々の暮らしの中で憂鬱になってしまうカーテンのカビですが、カビが発生する原因やその予防法などをしっかり学んでおくことで快適な生活を送ることが出来るようになります。

カーテンのカビに悩まされている方は上記のまとめを参考にして、大切なカーテンをいつも綺麗な状態で保てるように対処してみてくださいね♪

もっと便利な掃除方法について知りたいあなたへ!

玄関の掃除の仕方!ピカピカににするコツ9つ!
100均収納!クローゼット・押入れを整理するアイデアまとめ!
断捨離した部屋の写真まとめ!断舎離したらシンプルでキレイに!
キャップの洗い方は?帽子が型崩れしない洗濯方法を教えます!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ