ガスコンロの設置・取り付けは自分でできる?方法を解説!

ガスコンロの設置や取り付けは、自分でもできるのでしょうか? ガスコンロは危険を伴うものだからこそ、ガスコンロの設置や取り付けは、業者に頼むべきなのでしょうか? 自分で取り付ける方法や、業者に頼む時の方法などについてまとめてみました。

ガスコンロの設置・取り付けは自分でできる?方法を解説!のイメージ

目次

  1. ガスコンロの設置・取り付けの方法
  2. ガスコンロの設置・取り付けの方法(1)ガスコンロの種類
  3. ガスコンロの設置・取り付けの方法(2)ガスコンロの仕組み
  4. ガスコンロの設置・取り付けの方法(3)家電売り場でガスコンロを選ぶコツ
  5. ガスコンロの設置・取り付けの方法(4)自分で設置できる?
  6. ガスコンロの設置・取り付けの方法(5)必要なものは?
  7. ガスコンロの設置・取り付けの方法(6)ガスホースはどこで買える?
  8. ガスコンロの設置・取り付けの方法(7)自分で取り付ける時の注意点
  9. ガスコンロの設置・取り付けの方法(8)業者に頼む
  10. ガスコンロの設置・取り付けの方法(9)業者はどこに連絡すればいいの?
  11. ガスコンロの設置・取り付けの方法(10)取り付け費用は?
  12. ガスコンロの処分方法は?
  13. ガスコンロの処分方法(1)リサイクルショップに売りに行く
  14. ガスコンロの処分方法(2)購入した家電販売店で引き取り
  15. ガスコンロの設置・取り付けの方法 まとめ

ガスコンロの設置・取り付けの方法

ガスコンロを新しく買い換えた時や、引越しなどで新しくガスコンロを設置するときに、自分でガスコンロの取り付けができるのか、心配に感じることはありませんか?

業者にたのんだら、費用はどのくらいかかるのだろうかなど、自分でガスコンロを設置するときや、業者に頼んでガスコンロを設置するの時にする必要なことをまとめましたので、見ていきましょう。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(1)ガスコンロの種類

ガスコンロには、大きく分け、二種類のタイプがあります。

取り付けが自分でできないタイプもありますので、まず今自分の家のガスコンロはどちらのタイプなのかを知ることが大事です。

どちらかのガスコンロかによって購入場所にも変化が出てきますので、まずは自分の家にもともとついているガスコンロを知りましょう。

(1)置き型タイプのもの

テーブルタイプとも呼ばれる置き型タイプのガスコンロは、家電販売店に行くとよく見かけることができます。

自分で取り付け・設置ができるものであることから、リサイクルショプなどでも置いていますし、家電販売店でも購入するとそのまま購入時に渡されることが多いです。

このタイプのガスコンロでしたら、自分でも設置・取り付けが可能になります。

(2)埋め込みのビルトインタイプ

もう一つのガスコンロは、ビルトインタイプのガスコンロになります。

もともとキッチンに埋め込み式で作られているビルトインタイプのものは、自分で設置・取り付けすることはできません。

ビルトインタイプのものは、壊れてしまうと自分では直せないため、業者に頼まなくてはならず、故障箇所などによっては費用もかなりかかることがあります。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(2)ガスコンロの仕組み

次に見ていきたいのは、ガスコンロのそもそもの原理です。

仕組みがわかっていれば、自分で取り付けをする際に失敗を防げることもありますので、知っておくと便利です。

ガスコンロは、ガス専用のチューブがくっついていますので、その原理にあった説明をしていきたいと思います。

ガスコンロのガスは酸素との混合物

ガスは、元栓をひねるとガスホースのチューブを通りガスコンロまできます。

ガスコンロの小さな噴射口から、ガスを少しずつ噴射します。

その時に発生する、圧力差を利用し酸素を取り込み、混合気を作ります。

この混合気をバーナー部分から出し、ガスコンロに取り付けている電池の電気によって火を起こし着火させます。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(3)家電売り場でガスコンロを選ぶコツ

次は、自分で家電売り場に行き、ガスコンロを選ぶときのコツについて見ていきましょう。

そもそも家電販売店では、ガスコンロの取り扱いがあるのでしょうか?

家電販売店でもガスコンロの取り扱いは、もちろんあります。

しかし、自分で設置・取り付けをしないといけないことがほとんどです。
自分でできない人は業者に頼まなくてはいけないため、費用がかかってしまいます。

シンク側に強い火が来るように設置

まずは、自分の家のキッチンを思い出してください。
壁とシンクなどの間に、ガスコンロが来るパターンがほとんどですよね。

壁側には火力が弱い方、シンク側に、強い火力が来るガスコンロを選ぶことで、火災などの事故を予防できます。

家電販売店で気に入ったものがあれば、店員さんに強い火力が左なのか右なのかを伝え、ガスコンロを選びましょう。

大体の機種が右と左の両方の作りを作っていますので、在庫がない場合などは、取り寄せることで解決します。

火力の強い方が「右だから」「左だから」と言って、ガスコンロ自体の費用に変わりはありませんので、自分の家にあったものを購入しましょう。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(4)自分で設置できる?

家電販売店でガスコンロを購入してきた際に、自分で取り付けや設置ができるかと聞かれたら、できます。

しかし、例外があったり、機械に自信のない人は、費用はかかってしまうかもしれませんが、業者に頼むことをお勧めします。

家電販売店にあるものだけで取り付けはできますし「一回やってしまえば、こんなものか」と、思ってしまうかもしれませんね。

ビルトインは設置不可能

先ほどもも述べたように、ビルトインタイプのガスコンロは、自分での設置・取り付けが不可能です。

家電販売店でも、ビルトインタイプのガスコンロはあまり販売はしていません。
取り扱いの種類や在庫の数は、圧倒的に置き型タイプのものの方が多いです。

ビルトインタイプの場合は、費用のことも考え、まずは管理会社であったり、家を購入した業者などに電話をすることをお勧めします。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(5)必要なものは?

次に見ていくのは、家電販売店で置き型タイプのガスコンロを購入し、自分で取り付けを行うときに必要なものになります。

必要な道具や必要なものは意外と少なく、ほとんどの人が自分でできてしまうことが多いため、家電販売店でも設置や取り付けのサービスをしていないお店が多いです。

では、自分で家電販売店で購入してきたガスコンロを取り付ける際に必要なものについて、見ていきましょう。

(1)ガスホース

まずは、ガスホースについて見ていきたいと思います。

ガスの元栓の先は、蛇口のようになっていて、ガスホースを取り付けられるようになっています。

ここにガスホースを取り付け、専用のベルトなどで固定します。

ガスホースには、短めのものと長いタイプのものがあり、元栓の蛇口の向きとガスコンロのホース取り付け位置によって、選び方が変わります。

費用はさほど高くないため、長いのを購入し、カッターなどで切り落としてしまう方法もあります。

プロパンガスか都市ガスかによって、必要となるガスホースが変わりますので、間違えないように気をつけましょう。

(2)ガスコンロに入れる電池

次に見ていくのは乾電池です。

普段あまり見かけることが少ない、単一などの太い電池が必要になります。

ガスコンロは、この電池によって火を起こしますので、なくてはならないものになります。

家電販売店でも、ガスホースと一緒にガスコンロのコーナーに置いてあることがあります。

また、新品でガスコンロを購入した際には、ガスコンロに付属品としてついてくるパターンもあります。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(6)ガスホースはどこで買える?

続いて見ていきたいのは、ガスホースや乾電池の取り扱いがあったり、販売している場所です。

乾電池も、単一などの大きいものは今では、あまり見かけないものになっているので、一緒に見ていきましょう。

どちらもネットを使えば、簡単に見つけ購入できます。
費用もかからないと思いますが、緊急で必要になった時のためなどに、覚えておくといいでしょう。

(1)家電売り場で一緒に買う

ガスホースは、家電販売店のガスコンロ売り場には、品切れで無い場合を除き、ほぼ取り扱いがあります。

それくらい自分で取り付けをしている人も多く、必要なものなのだと感じますが、業者に頼んだ際にも、ガスホースや乾電池などは、自分であらかじめ用意しておかなくてはいけないもののため、ガスコンロ売り場には取り扱いがあるんです。

乾電池は、もちろん乾電池のコーナーにもありますが、ガスコンロのコーナーでしたら、大きさを間違えることなく購入できるので、オススメです。

(2)ホームセンター

ガスコンロの設置に必要なガスホースや乾電池は、ホームセンターでも取り扱いがあります。

ホームセンターでも、ガスコンロ自体を取り扱うお店も多くなっています。

ホームセンターに行くと、ガスホースの長さや種類などに、色々と選択肢ができるほどに、数多くの種類が販売されていたりします。

自分だけの力でガスホースを決められない時には、お店の人に聞くのが一番です。

費用も家電販売店より、少し安いホームセンターが多いです。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(7)自分で取り付ける時の注意点

続いて、自分でガスコンロの設置・取り付けを行う際の、注意点について見ていきましょう。

費用も最低限のものにしかかからないのでオススメではありますが、一歩間違えれば大事故の元ともなるガスコンロです。

自分でガスコンロを取り付けることに慣れていたとしても、ガスコンロの取り付けには、細心の注意力を持つことが大事です。

では、自分で取り付ける際の注意点について、見ていきましょう。

(1)ガスホースはしっかりと専用ベルトで止める

ガスホースを購入すると、一緒にガスホースを止めるように、専用のベルトが同梱されています。

間違って抜けてしまったり、ぶつかった拍子にガスホースが抜けないためにも、ベルトはしっかりと止めておくことが大切です。

力に自信のない女性などは、ガスホースの取り付けの際には、身の回りにいる男の人や、業者に頼むことも視野に入れておきましょう。

(2)ガスホースは折れ曲がっていないか

次に見ていきたいガスコンロの取り付けの注意点は、ガスホースの折れ曲がりです。

ガスホースを長くつけてしまい、折れ曲がってしまっていると、そこでガスが止まってしまい、事故につながる危険性があります。

ガスホースは、適度な長さに切り、余分に長い部分のガスホースは、ゆるくUの字になるように、完璧に折り曲げないことが大事です。

次のガスコンロのためにガスホースを長くしておくことや、次の引越しのことを考えて、ガスホースを切らずに長いままにしておくのは、危険につながることもあるので、気をつけておきたいところです。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(8)業者に頼む

自分で取り付けることに自信がない人は、業者に頼むことをオススメします。

ガスコンロを購入した家電販売店などによっては、取り付け工事をしてくれる家電販売店もありますが、料金が別途かかる場合もあります。

家電販売店では必ず取り付けをしてくれる。というわけではありませんので、注意してください。

機械に自信のない人は業者に設置を依頼する

ガスコンロは、取り付けを間違えたり、うまく取り付けられていないと、大事故につながりかねません。

ガスホースが曲がっていたり、ガスホースを止めるベルトでガスホースを潰していた。
などの失敗は、自分で取り付けをした時に、起こりやすい失敗とも言えます。

ガスコンロの取り付けを見たことがない人や、説明を聞いてピンとこない人には、費用がかかっても業者に頼むことをオススメします。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(9)業者はどこに連絡すればいいの?

業者と言われても、どこに連絡したらいいのかわからない。
そう感じる人も多いのではないでしょうか?

ガスコンロを購入した家電販売店で取り付けをしてくれる場合には、業者への連絡は必要ありませんが、家電販売店で取り付け工事をしていない場合や、自分でできると思い、購入してきたものの、やはり自分には無理だと感じた際には、業者への連絡が必要となります。

(1)自分の家のガス会社

まずは、自分の家のガスを管理している、ガス会社への連絡をオススメします。

ガス会社によっては、都合できてくれるので、取り付け費用が無料でかからないこともあります。

逆に、取り付けにくる出張費を取るガス会社もあります。

ガス会社によって、かかる費用は変わってきますので、まずは自分の家のガスの管理をしているガス会社へ連絡をしましょう。

(2)暮らしのサポートのような業者

ネットを検索していると、暮らしに必要なことを、サポートしてくてる業者が多く見つかります。

個人でやっている会社であったり、大きなチェーン店であることもあります。

業者によって、値段は、ピンキリといった感じで、大きな差が出ることがありますので、値段の見比べが大事になってきます。

その際に、業者の口コミなどを一緒に見ておくと安心につながります。

ガスコンロの設置・取り付けの方法(10)取り付け費用は?

次に見ていきたいのは、ガスコンロの設置・取り付けを、業者に頼んだ時にかかる費用についてです。

いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

暮らしサポートなどの業者では、安いところでも、三千円や四千円の費用がかかる場合があります。

また値段の高い業者ですと、一万円近くの費用がかかるため、業者に関しては、まちまちと言えるでしょう。

ガスを引く時であれば無料なことがほとんど

新たに引越しをしてガスを引くときには、ガスコンロを持参していかなくては、立会いができないことがほとんどです。

その際に、一緒にガスコンロの設置・取り付けを頼むこともできる場合が多く、その際には費用がかからないことがほとんどです。

引越しをするためにガスコンロを買ったけれど、自分で取り付けをしたことがない。という人は、ガス会社の人に頼むといいでしょう。

ガスコンロの処分方法は?

次に見ていきたいのは、使わなくなってしまったガスコンロの処分方法です。

ガスコンロは、何ゴミとして取り扱われるのでしょうか?

ガスコンロの処分方法について、いくつかに分けて見ていきましょう。

何ゴミとして扱われるの?

ガスコンロは、粗大ゴミの扱いになります。

自分の住んでいる地域に合わせた粗大ゴミとして、出す必要があります。

自分の住んでいる地域の、粗大ゴミ回収センターに電話をするか、ネットで申し込みをして、有料で引き取りに来てもらいます。

粗大ゴミ回収センターに、ガスコンロの回収を頼んだ際の大体の費用は、500円程度とされています。

ガスコンロの処分方法(1)リサイクルショップに売りに行く

ガスコンロの処分には、リサイクルショップへ持っていくという処分方法もあります。

リサイクル品ですので、大きな額にはならないかもしれませんが、料金を出して引き取りに来てもらうのが嫌な人にはオススメです。

型番が古かったり、状態によっては、リサイクルショップでは引き取ってくれないこともありますので、その際には、粗大ゴミ回収センターに料金を支払い、引き取ってもらいましょう。

ガスコンロの処分方法(2)購入した家電販売店で引き取り

次に見ていくのは、ガスコンロを購入した家電販売店での、引き取りです。

次のガスコンロを購入する際などに、古いガスコンロを引き取ってくれるパターンがほとんどですが、その場合ですと、他店の家電販売店で購入したガスコンロでも引き取ってもらえる可能性が高いです。

料金が発生する場合もありますので、一度聞いてみてからの決断をオススメします。

実施している家電販売店と、していない家電販売店がある

ガスコンロの取り付けをしている家電販売店と、していない家電販売店があるのと同様に、引き取りをしている家電販売店と、していない家電販売店があります。

実際には、行ってみてお店の人に聞かないとわからないですが、ホームセンターなどよりは、家電販売店の方が引き取りをしてくれる可能性は高いと言えます。

ガスコンロの設置・取り付けの方法 まとめ

いかがでしたか?

「自分にもできそう」と感じた人も、業者を頼むことに決めた人も、どちらにせよ、家電販売店でのガスコンロ選びから、自分の家に合ったガスコンロが必要なことがわかりましたね。

火災などの事故を防ぐには、ガスコンロの火力の位置に気を付けたり、費用はかかっても、思い切って業者を頼むことが必要なんですね。

もっと暮らしに必要な情報について知りたいあなたへ!

ガスコンロの掃除方法!焦げつきや油汚れも重曹できれいに?
ダイソーLED電球は使える?300円と400円の2種類あるの?
イヤホンジャックの掃除方法!綿棒・爪楊枝・ボンドで掃除できる?
ヘアアイロンで火事になることはある?つけっぱなしだとまずい?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ