イヤホンジャックの掃除方法!綿棒・爪楊枝・ボンドで掃除できる?

イヤホンを毎日使っていると、イヤホンジャックをどう掃除すれば良いのか気になってしまいます。汚いままにしていると、イヤホンの故障にも繋がってしまいそうです。いったい、イヤホンジャックはどのように掃除をすれば良いのでしょうか。紹介していきます。

イヤホンジャックの掃除方法!綿棒・爪楊枝・ボンドで掃除できる?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】イヤホンを使用する人は多い
  2. イヤホンジャックの掃除のメリットを知ろう
  3. 【イヤホンジャックの掃除のメリット①】音質が良くなる
  4. 【イヤホンジャックの掃除のメリット②】故障を防ぐ
  5. 【イヤホンジャックの掃除のメリット③】イヤホンが快調に
  6. 【イヤホンジャックの掃除のメリット④】家電が故障しない
  7. イヤホンジャックを掃除する方法を知ろう
  8. 【イヤホンジャックを掃除する方法①】綿棒を使う
  9. 【イヤホンジャックを掃除する方法②】爪楊枝を使う
  10. 【イヤホンジャックを掃除する方法③】ボンドを使う
  11. 【イヤホンジャックを掃除する方法④】アルコールを使う
  12. 【イヤホンジャックを掃除する方法⑤】接点復活剤
  13. 【イヤホンジャックを掃除する方法⑥】電源を抜くこと
  14. 【イヤホンジャックを掃除する方法⑦】イヤホンジャックピアス
  15. 【まとめ】イヤホンジャックの掃除は故障しやすい

【はじめに】イヤホンを使用する人は多い

イヤホンも家電の一つですので、定期的にメンテナンスしておかなければ、当然のように故障してしまうことになります。多くの家電も、使いっぱなしにしておいたら故障してしまうでしょう。イヤホンも他の家電と同じなのです。

とはいえ、他の家電をメンテナンスする人はいても、イヤホンジャックを掃除しようと思う人はあまりいません。家電の中でいえば、イヤホンは安価なほうですので、壊れてもまた買えばいいや、くらいにしか思っていないのです。

しかしイヤホン自体が壊れたのであれば買い換えれば済む話ですが、様々な家電についているイヤホンジャックが壊れてしまった場合どうでしょうか。家電についているイヤホンジャックだけを買い換えるのは難しいため、その家電のイヤホンジャックはずっと使えないということになってしまうでしょう。

こうなってしまうと、いざその家電でイヤホンを使おうと思ったとき、かなり不便です。そのため、家電についているイヤホンジャックを定期的に掃除してあげるということがかなり大切になってきます。イヤホンジャックがついている家電はたくさんあるため、しっかりと覚えておきましょう。

イヤホンジャックの掃除のメリットを知ろう

様々な家電にイヤホンジャックがついているものですが、これを掃除することにそもそもメリットがあるのでしょうか。そこでここからは、イヤホンジャックを掃除するメリットを紹介していきたいと思います。

イヤホンジャックを掃除するメリットといわれても、ほとんどの人は一つくらいしか思いつかないものでしょう。しかしイヤホンジャックを掃除するメリットはたくさんあるものです。意外と大きなメリットもあるため、しっかり勉強しておきましょう。

イヤホンジャックを掃除するメリットを知っておけば、イヤホンジャックをしっかりと清掃しようという気になるものです。そして実際に掃除をすれば、これから紹介するメリットを得られるということになるため、しっかりそのメリットを知っておくということが大切になってくるのです。

ではさっそく、イヤホンジャックを掃除するメリットを紹介していきたいと思います。

【イヤホンジャックの掃除のメリット①】音質が良くなる

イヤホンジャックを掃除するメリットとしては、音質が良くなるというメリットがあります。

イヤホンジャックをまったく掃除しないとなると、イヤホンジャックの内部にホコリや汚れが溜まっていくことになります。汚れやホコリがあると、イヤホンはしっかりと接触されず、聞こえてくる音の中にノイズが入ってしまうものです。

そして当然、このような状態になってしまえば、どれだけ性能の良いイヤホンを使ったとしても、音質は悪くなってしまいます。スマホのイヤホンジャックがこのようにして音質が悪くなってしまうと最悪でしょう。

音楽を聴く時も、動画を見るときも、イヤホンジャックを掃除していない影響が出てきてしまいます。一度このような状態になってしまうと、直らないこともあるため、定期的に掃除をしておいたほうが良いのです。

■参考記事:イヤホンはシュア掛けがベスト?

イヤホンの正しい付け方は?シュア掛けがベスト?

【イヤホンジャックの掃除のメリット②】故障を防ぐ

イヤホンジャックを掃除するメリットとしては、イヤホンジャックが故障することを防ぐことができるというメリットがあります。

イヤホンジャックを掃除せずに、ずっと使い続けていると、イヤホンジャックが完全に故障してしまうこともあります。音声が悪くなるというだけでなく、完全に聞こえなくなってしまうのです。こうなると、もうイヤホンを使うことはできなくなってしまいます。

普段はイヤホンを使わないという人でも、いざイヤホンジャックが故障するとかなり不便なものです。たまにバスや電車に乗った時、スマホのイヤホンでどうしても聞きたいラジオや動画などがある場合もあるでしょう。そのような時に、イヤホンジャックが故障していることを死ぬほど後悔することもあります。

今ではブルートゥースなどもあるため、イヤホンジャックが壊れても、イヤホンで聞くことはできないというわけでもありませんが、ブルートゥースが入っていない家電などでは無理な話です。掃除しないことで完全に故障してしまうこともあるということだけ覚えておきましょう。

【イヤホンジャックの掃除のメリット③】イヤホンが快調に

イヤホンジャックを掃除するメリットとしては、イヤホン自体が快調になるというメリットもあります。

イヤホンジャックを掃除すれば、イヤホン自体の掃除も行うようになるでしょう。イヤホンも掃除しなければ、音が聞こえにくくなったりするため、こちらのメンテナンスも大事です。

またイヤホンジャックを掃除しないことにより、イヤホンから音が聞こえづらくなってしまうと、イヤホンの接触不良を疑い、何度もコードを曲げたり、イヤホンジャックを外してみたりするものです。しかしそのような行為が、接触不良を引き起こしてしまうこともあります。

イヤホンの一番多い故障の原因は、接触不良です。掃除をしないことにより、接触不良を引き起こすこともあるため、注意しておきましょう。

【イヤホンジャックの掃除のメリット④】家電が故障しない

イヤホンジャックを掃除するメリットとしては、家電が故障しないというメリットもあります。

イヤホンジャックにホコリや汚れが溜まり、それを掃除しないとなると、イヤホンジャックが壊れるということであればまだ良いですが、それが原因で家電自体が壊れてしまうこともあります。ホコリや汚れが機器内に侵入してしまい、ショートしてしまうのです。

こうなってしまうと、イヤホンジャックだけをどうにかすれば良いという問題ではありませんし、家電にどのような症状が出てしまうかもわかりません。

そのため、家電を大切にするためにも、しっかりとした方法で、イヤホンジャックを掃除する必要があるのです。覚えておきましょう。

■参考記事:オタクの部屋は意外とおしゃれ?

オタク部屋実例まとめ!意外とおしゃれ?【痛部屋】

イヤホンジャックを掃除する方法を知ろう

イヤホンジャックを掃除するメリットを紹介してきましたが、ここからはその方法を紹介していきます。

イヤホンジャックを掃除する方法には様々な方法があります。爪楊枝や綿棒を使った方法やアルコールやボンドを使った方法など様々です。実際に掃除している人は、爪楊枝や綿棒を使って掃除しているでしょう。アルコールやボンドを使うという人はあまり聞きません。

爪楊枝や綿棒を使った方法は一見、簡単な掃除で、ボンドやアルコールを使ったほうが、しっかりと掃除しているようにも思えます。しかし爪楊枝や綿棒だからといって、しっかり掃除できないということはありません。

また、ボンドやアルコールを使うと、それにより様々なリスクが発生してしまいます。そのため、ボンドやアルコールを使用する人は、そのあたりのこともしっかり考えておかなければならないのです。ではさっそくイヤホンジャックを掃除する方法を紹介していきます。

【イヤホンジャックを掃除する方法①】綿棒を使う

イヤホンジャックを掃除する方法としては、まずは綿棒を使うという方法が挙げられます。

綿棒を使った掃除の方法は簡単です。普通に綿棒を使って、イヤホンジャックの周りなどのホコリや汚れを除去していきましょう。イヤホンジャックの周りも意外と汚れやすく、それがイヤホンを入れるときに内部に入り込むこともあるため、しっかり綿棒で掃除しておきましょう。

普通のサイズの綿棒だと、イヤホンジャックの中を掃除することはできないでしょう。このような時は、綿棒を少しほぐして、ティッシュでこよりをを作るような状態にしてください。

こうすることにより、内部も掃除できるようになります。ただ、あまり綿棒をこのようにしてからの掃除は意味がないため、イヤホンジャックの中は別の方法で掃除するようにしましょう。綿棒で掃除するのは、イヤホンジャックの外か、イヤホンを差し込む、プラグのほうが良いです。

【イヤホンジャックを掃除する方法②】爪楊枝を使う

イヤホンジャックを掃除する方法としては、爪楊枝を使うという方法もあります。

爪楊枝を直接使って、イヤホンジャックの中をイジると傷をつけてしまうため、直接、爪楊枝ではやらないようにしましょう。爪楊枝で掃除するためには、爪楊枝にティッシュを巻きつけると良いです。爪楊枝にティッシュを巻きつけることで傷もつかなくなりますし、イヤホンジャックの中にも入れられるようになります。

これで中をいじれば、キレイに掃除できるようになるでしょう。爪楊枝とティッシュだけですので、簡単に掃除できるようになります。

ただし、あまりにも力を入れ過ぎると、爪楊枝部分が露出してしまいます。その結果、イヤホンジャックの中が傷ついてしまい、壊れてしまうこともあります。力の加減には注意しておきましょう。

【イヤホンジャックを掃除する方法③】ボンドを使う

イヤホンジャックを掃除する方法としては、ボンドを使うという方法もあります。

ボンドを使った掃除の方法は、ボンドと爪楊枝をイヤホンジャックの中に入れ、ボンドが固まったら、爪楊枝を持ち手として引き抜くという掃除の方法です。ボンドに汚れがしっかりくっつくため、掃除という目的を達成することはできます。

ただ、常識的に考えれば当然の話ですが、このボンドを使った掃除はおすすめできません。ボンドを使って掃除をすると、ボンドが機器の内部に侵入してしまいます。

その結果、機械がショートしてしまい、故障の原因となってしまうのです。ボンドを使った清掃方法は昔から言われていることですが、このような故障を数々、引き起こしてきました。けっしてマネしないようにしましょう。

【イヤホンジャックを掃除する方法④】アルコールを使う

イヤホンジャックを掃除する方法としては、アルコールを使う方法もよく言われる方法です。

アルコールを綿棒や爪楊枝に巻きつけたティッシュなどにしみこませ、イヤホンジャックの中をアルコールで清掃するのです。確かにアルコールで掃除すれば、普通に掃除するよりも汚れは取れやすくなります。

しかしアルコールで掃除を行うのも、故障の原因となってしまうため、NGです。アルコールがイヤホンジャックの中から機器内に流れ込んでしまえば、ショートする原因となってしまいます。そうなれば当然、機械は使えなくなってしまうでしょう。

アルコールを使う際には、イヤホンジャックの中ではなく、外側を掃除するようにしましょう。そうすれば、故障もせず、きれいに掃除できるようになります。

【イヤホンジャックを掃除する方法⑤】接点復活剤

イヤホンジャックを掃除する方法としては、接点復活剤を使うという方法が良いです。

接点復活剤とは、このようなイヤホンジャックなどを掃除する際に使う薬剤のことです。これを使うことにより、イヤホンとイヤホンジャックの接触がよくなり、これまで接触が悪かったということであれば、ノイズもなくなり、音質も良くなります。

アルコールなどで掃除をするよりは、しっかり専用の接点復活剤を使ったほうが、より高い効果を得ることができます。そのため、掃除をする際には、接点復活剤を使うようにしましょう。

接点復活剤の掃除の仕方は、綿棒や爪楊枝にティッシュを巻きつけたものを使うと良いでしょう。ただ当然、大量に塗りすぎると、故障の原因になってしまいますので、使い方には充分注意しておきましょう。

【イヤホンジャックを掃除する方法⑥】電源を抜くこと

イヤホンジャックを掃除する際には、当然の話ですが、機器の電源は抜いておくようにしましょう。

たまにこのような基本的なことを忘れてしまう人がいますが、これをしないと大変なことになってしまいます。機器が故障してしまう可能性はもちろんですが、感電してしまう可能性もあります。そのため、必ず電源は抜いてから、イヤホンジャックの掃除を行うようにしてください。

掃除を行った後も、イヤホンジャックの中がまだ濡れているかもしれないため、数十分は電源を入れないようにしましょう。

ここですぐに電源を入れてしまうと、イヤホンジャックの中の水分が原因で故障してしまう可能性もあります。故障してから後悔しても遅いため、絶対に守るようにしましょう。

【イヤホンジャックを掃除する方法⑦】イヤホンジャックピアス

イヤホンジャックを毎回、掃除するのはかなり面倒臭いものです。そのような人には、イヤホンジャックピアスがおすすめです。

イヤホンジャックピアスとは、イヤホンジャックが汚れないために、使用していないとき、イヤホンジャックに差し込んでおくピアスのことです。様々なデザインのものがあるため、オシャレとしても使えます。

イヤホンジャックピアスを差し込んでおけば、イヤホンを使わない間、ホコリが入り込むこともないため、わざわざ掃除する必要がなくなるというメリットがあります。

掃除するのがそもそも面倒だという人には、イヤホンジャックピアスがかなりおすすめです。試してみましょう。

【まとめ】イヤホンジャックの掃除は故障しやすい

イヤホンジャックの掃除について紹介してきましたが、イヤホンジャックの掃除は慎重にやらないと、機器の故障を招いてしまいます。そのため、掃除を行う際には、故障や電源を落とすというような注意点を守ってから、掃除を行うようにしましょう。

もっとイヤホンに関する情報を知りたいアナタへ!

コンビニイヤホンの値段や音質は?おすすめのイヤホンはどれ?
100均のイヤホンのおすすめは?ダイソーイヤホンの音質が神!
ダイソーの216円イヤホンがイコライザの調整で3万円の音質に!
イヤホンを洗濯した時の対処法5つ!乾燥させれば復活する?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ