カーテンフックはAフックとBフックがある!どっちを選べばいい?

カーテンのアジャスターフックにはAフックとBフックの2種類のアジャスターフックがあります。AフックとBフックのアジャスターフックは100均でも雑貨として販売されていますが、今回はカーテンのアジャスターフックの特徴や付け方についてご説明したいと思います。

カーテンフックはAフックとBフックがある!どっちを選べばいい?のイメージ

目次

  1. カーテンフックの種類は?
  2. カーテンフックAの特徴は?
  3. カーテンフックBの特徴は?
  4. カーテンレールからカーテンフックを選ぶ方法は?
  5. カーテンレール①機能2重吊り・正面取り付けタイプ
  6. カーテンレール②機能2重吊り・天井取り付けタイプ
  7. カーテンレール③装飾レールタイプ
  8. カーテンのアジャスターフックはどこで販売されている?
  9. カーテンのアジャスターフックの付け方は?
  10. カーテン生地の長さとカーテンフックの関係は?
  11. カーテンフックのまとめ

カーテンフックの種類は?

カーテンのアジャスターフックには、AフックとBフックという2種類のアジャスターフックがあります。
カーテンのアジャスターフックのAフックはカーテンレールを見せるタイプのアジャスターフックで、Bフックはカーテンレールを隠すタイプのアジャスターフックです。

アジャスターフックには調節機能があるため、アジャスターフックでかけるカーテンの場合は高さを3~4cm程度調節することができます。
ただしアジャスターフックとカーテンレールの組み合わせによっては、カーテンをかけたときの見た目が不格好になったり、レールがぶつかって動かなくなる場合もあります。
そこで今回はカーテンのアジャスターフックのAフックとBフックのそれぞれの特徴や選び方についてご説明したいと思います。

カーテンフックAの特徴は?

Aフックはカーテンレール下の位置に取り付けるレールを見せる種類のアジャスターフックです。
Aフックのカーテンのアジャスターフックはカーテンの位置が上がり、高さを短くすることができるアジャスターフックです。
Aフックは全てのカーテンレールの種類に対応しているため、使いやすいアジャスターフックです。
Aフックのアジャスターフックは、カーテンを開けたときにカーテンのヒダがまとまりやすい特徴があります。

カーテンフックBの特徴は?

Bフックはカーテンレール正面の位置に取り付けるレールを隠す種類のアジャスターフックです。
Bフックのカーテンのアジャスターフックはカーテンの位置が下がり、高さを長くすることができるアジャスターフックです。
カーテンレールの正面の位置にカーテンを着けることで、光漏れしにくいメリットがあります。

ただしBフックのアジャスターフックは、カーテンを開いたときにカーテンのヒダがまとまりにくい特徴があります。
またBフックのアジャスターフックは、天井付きカーテンレールや装飾カーテンレールではカーテンを開閉しにくくなる場合があります。
Bフックは既製品のドレープカーテンに使われていることが多いアジャスターフックです。

カーテンレールからカーテンフックを選ぶ方法は?

カーテンのアジャスターフックのAフックとBフックについての特徴をご説明しましたが、アジャスターフックの選び方の基準になるのはカーテンレールです。
カーテンレールには一般的には「機能2重吊りレール」、「装飾レール」などがあります。
カーテンレールを取り付けるのが壁であれば正面付け、天井や出窓、窓枠の内側の上部に取り付けるのであれば「天井付け」のカーテンレールとなります。

カーテンレール①機能2重吊り・正面取り付けタイプ

一般家庭で一番多い種類のカーテンレールです。
正面取り付けタイプのドレープカーテンはカーテンレールを隠すのが一般的のためBフックがおすすめです。
ただしレースカーテンの場合は、Bフックを取り付けるとカーテンレールの金具の位置に当たってしまうのでAフックがおすすめです。

ドレープカーテンにBフック、レースカーテンにAフックを取り付ければ、カーテンレール全体をカーテンの生地で隠すことができ、窓枠上部からの光漏れを軽減することが可能です。

カーテンレール②機能2重吊り・天井取り付けタイプ

天井取り付けタイプのカーテンレールの場合はドレープカーテンもレースカーテンもAフックがおすすめです。
天井取り付けタイプのカーテンレールでBフックにするとカーテンが天井に当たって不格好になったり、カーテンが開閉しにくくなります。

カーテンレール③装飾レールタイプ

装飾レールタイプのカーテンレールでは、ドレープカーテンは装飾レールを見せるためにAフックにするのがおすすめです。
レースカーテンの場合は金属レールを隠すようにBフックにすると、見た目がきれいになります。
またレースカーテンをAフックにするとレースカーテンが開閉しづらかったり、レースカーテンが擦れて破れる場合があるので、Bフックがおすすめです。

■参考記事:突っ張り棒でカーテンを楽々おしゃれに!

突っ張り棒カーテンで部屋をおしゃれにするアイデア35選!

カーテンのアジャスターフックはどこで販売されている?

ほとんどのカーテンはカーテンを購入したときと同時にアジャースターフックも付属していますが、オーダーメイドでカーテンを購入したり、使用しているアジャスターフックが壊れる場合もあります。
カーテンフックはホームセンターや100均ショップなどの生活用品店や雑貨店で取り扱われています。

100均ショップダイソー、生活雑貨としてセリア、キャンドゥでは8~10本入りのカーテンのアジャスターフックが販売されています。
ダイソー100均のアジャスターフックは中国製、セリア、キャンドゥのアジャスターフックは日本製と表記されています。
ダイソー100均ではアジャスターフックだけでなく、カーテンレールやランナー部分のパーツも販売されています。

ダイソー100均のアジャスターフックはカーテンレールを隠す種類のBフックのアジャスターフックとなっています。
セリアのアジャスターフックはカーテンレールが見えるAフックの種類に使えるアジャスターフックとなっています。
またセリアのアジャスターフックは、フックをスライドさせることで高さを調節することができるため、カーテン丈の上下調整をすることができます。
キャンドゥのアジャスターフックは最大4cmのカーテン丈の上下調整ができます。

またセリアやキャンドゥなどの100均ショップでは「カーテンクリップ」というカーテンレールに吊り下げるタイプのカーテンクリップが雑貨として販売されています。
カーテンクリップはカーテンや布をクリップで挟むだけで簡単に吊り下げることができ、見た目もおしゃれなデザインのものが多いので100均ショップでも人気の雑貨商品となっています。

■参考記事:100均のカーテン、使い勝手はどう?

100均のカーテンのサイズや種類は?ダイソー・セリアのおすすめ紹介!

カーテンのアジャスターフックの付け方は?

カーテンを洗濯するときや何かの拍子にアジャスターフックが外れてしまったときに、アジャスターフックの付け方が分からなくなる方もいらっしゃるかと思います。
カーテンのアジャスターフックの付け方は、カーテンの表側のヒダを寄せてある部分を探します。
ヒダの部分の裏面に隙間がありますが、そこにカーテンフックを差し込めばアジャスターフックの付け方の完成です。

またアジャスターフックだけでなくカーテンレールのランナーが壊れる場合もありますが、ランナーの取り付け方が分からない方は多いです。
ランナーの付け方は、まずカーテンレールのキャップをドライバーで外します。装飾レールの場合はキャップがねじ込み式の種類のものが多いため、手でキャップを回して外します。
破損したランナーを交換する場合は不要なランナーを取り外し、新しいランナーをキャップを外した部分から入れます。
最後に外したキャップをドライバーで付ければランナー交換の完成です。

カーテン生地の長さとカーテンフックの関係は?

アジャスターフックはAフックからBフック、BフックからAフックに位置を変更できますが、位置を変えるとカーテンレールにかけてみると高さが変ってきてしまうので、カーテンをオーダーメイドする場合は長さを測るときに注意が必要となります。
カーテンレールのランナーの下端からカーテン下端までの長さを「カン下寸法」、カーテン生地全体の高さを「総丈」といいます。

カーテンをオーダーメイドする際は、「カン下寸法」を測った上でオーダーメイドを注文します。
カーテンの総丈で注文すると、AフックでもBフックでもカン下寸法は同じになりますが、アジャスターフックの種類によってカーテンの総丈が変わってしまうからです。
AフックをBフックに変えるとカーテンの長さが短くなり、BフックをAフックに変えるとカーテンが長くなってしまいます。
そのためカーテンのサイズを算出する場合はカーテンレールを基準にし、カーテンレールのランナーの穴からのサイズをカーテンのサイズとして測ります。

例えばアジャスターフックの高さがカーテン下端から200cmのAフックとアジャスターフックが197cmのBフックがあるとします。
Aフックの部分からカーテンの生地が1cm立ち上がっている場合はカン下寸法+1cmがカーテンの総丈となりますが、Bフックの場合はカーテンレールを隠すために更に3~4cm立ち上がって作られているため、カン下寸法+3~4cmがカーテンの総丈となります。

つまりカン下寸法が200㎝の場合はAフックではカーテンの総丈が201㎝、Bフックでは総丈203~204㎝となります。
よって、アジャスターフックの高さが200cmのAフックとアジャスターフックが197cmのBフックのカーテンの総丈は同じ長さになります。

カーテンフックのまとめ

カーテンフックの種類や付け方、カーテンの寸法の測り方についてご説明しました。
アジャスターフックは100均でも生活雑貨として手軽に購入することができるため、アジャスターフックが破損した場合は100均で購入するのがおすすめです。

アジャスターの見た目をおしゃれなものにしたい場合はセリアやキャンドゥの100均のカーテンクリップも雑貨として販売されているので、そちらもおすすめの生活雑貨です。
また100均によってアジャスタークリップの機能も若干異なっているため、購入する際はアジャスタークリップを付けるカーテンレールやカーテンの寸法も考慮に入れて購入するのがおすすめです。

雑貨・インテリアについてもっと情報を知りたいアナタに!

おしゃれな突っ張り棒があるらしい?徹底紹介します!
100均ダイソー雑貨でインテリアをおしゃれに!【DIY】
アイロン台の代用品7選!ダンボール・机・ベッドも代わりになる?
オタク部屋実例まとめ!意外とおしゃれ?【痛部屋】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ