断捨離したい人必見!断捨離を始めるためにすべきこと解説!

一時期断捨離という言葉が流行りました。物を捨てる、物を持たないことで運気が上がる、気持ちがすっきりすると話題になりました。しかし、断捨離したいけれど方法がわからないという方もいます。そこで今回は断捨離したい人のためにその方法について解説をしたいと思います。

断捨離したい人必見!断捨離を始めるためにすべきこと解説!のイメージ

目次

  1. 【断捨離したい】断捨離はどうすればいいのか
  2. 【断捨離したい】なぜ溜めてしまうのか?
  3. 【断捨離したい】不安だから
  4. 【断捨離したい】自分に自信がない
  5. 【断捨離したい】何もかも捨てればいいわけではない
  6. 【断捨離したい】いつか着るは着ない
  7. 【断捨離したい】無意識に避ける服
  8. 【断捨離したい】もらったけれど好きではない
  9. 【断捨離したい】紙袋とスーパーの袋
  10. 【断捨離したい】雑誌、本
  11. 【断捨離したい】手紙、葉書
  12. 【断捨離したい】会うとストレスを感じる人
  13. 【断捨離したい】断捨離のためにすべき方法5選
  14. 【断捨離したい】方法①少しずつ行う
  15. 【断捨離したい】方法②迷ったら捨てる
  16. 【断捨離したい】方法③バーゲン品は買わない
  17. 【断捨離したい】方法④皆んなに好かれようとしない
  18. 【断捨離したい】方法⑤誘われても断り続ける
  19. 【断捨離したい】運気が上がる?
  20. 【断捨離したい】自ら運気を上げられる
  21. 【断捨離したい】暮らしの中で習慣にしよう

【断捨離したい】断捨離はどうすればいいのか

人が暮らしていくためには物が必要です。家の中を見渡してみると物で溢れていることに気がつきます。

物は便利で人間の暮らしを豊かにしてくれますが、増えすぎると厄介なものになります。
使わないなら捨てればいいのですが、捨てることができないのです。

「断捨離したい!」「断捨離したいけど、具体的に何をすればいいの!?」と思いながらも
捨てれないため、どんどん物が増えていき、部屋のキャパを超えてしまうこともあります。


そこで、この「断捨離」とは一体どういうことなのか、断捨離したい人はどうすればいいのか、断捨離したいけどできない人の心理、断捨離したい人がすべき方法について解説をしたいと思います。

■参考記事:断捨離で得られる効果って?コチラも参照!

断捨離で得られる効果13選!こんなに凄い効果が?

【断捨離したい】なぜ溜めてしまうのか?

まず、なぜ人は物を溜めてしまうのか不思議ですよね。暮らしには困っていないはずなのに、それ以上の物を買い込んでしまうのです。そしてそれを捨てることができない。買うのをやめることができない。

一体どうしてなのでしょうか。その心理を説明します。

【断捨離したい】不安だから

人の暮らしは必ずしも安定していません。予期せぬことが起こり、日々の暮らしに変化が起こってしまうことはあります。

それでも何とかして生きてこれたのが人ですが、予想しないことが起こるかもしれないという不安の心理が働いてしまうのは仕方がありません。そして、人は物を溜め込むようになります。

「これがあれば安心」「もっと必要かも・・」と自分の周りに物を置いてそれを捨てることができないのです。物があることで心理状態が安定するのです。

このようなことから、性格上マイナス思考になりがちな人、将来のことを心配しがちな人は物を溜め込む傾向があります。

本当は断捨離したいと思っていても、どうしても溜めてしまうのです。

■参考記事:物欲がない人もいる…!その心理とは?コチラも参照

欲しいものがない人の特徴13選!物欲がない心理とは?

【断捨離したい】自分に自信がない

自分に自信が持てない人は物を捨てることができないことが多いです。そして、暮らしに不要なものをたくさん購入する傾向があります。

ではその心理はどうなっているのでしょうか。

それは自分自身をよく見せたいという心理が知らず知らずに現れてくるため、物を所有することで自分を高めていることが考えられます。

すると暮らしに必要がない高価な絵画を買ってみたり、アクセサリー類、洋服、またはコレクション系の物を集めてしまうのです。

物をたくさん持つことで自分にも価値があると思いたいという心理状態になっていると言えます。

このような方達も物が増えると断捨離したいと思うのですが、やはりできないのが現状です。

【断捨離したい】何もかも捨てればいいわけではない

それでは、早速「断捨離」という言葉の意味を考えてみたいと思います。
これは断捨離したいと考えている人は知っておくといいと思います。

「断」は断つなのでやめること、すなわち買わないこと、「捨」は捨てる、「離」は離れるなので物への執着から離れるという意味です。

よって、とりあえず物を捨てればいいという意味ではなく、執着はせず、本当に必要なものだけを購入して不要なものは手放すということです。

それでは具体的に断捨離したい人がすべき方法を紹介したいと思います。

【断捨離したい】いつか着るは着ない

断捨離したい人はまずクローゼットを見てみましょう。断捨離したい人の中で洋服を断捨離したいという方も多いのではないでしょうか。

クローゼットの中は洋服が溢れていて、自分でもどこに何があるのかわからなくなっているケースも少なくありません。

この洋服ですが、着ないのに捨てることができないという方はいませんか?

「いつか着るかもしれない」「痩せたら着るだろう」と思って延々とクローゼットのスペースを陣取っている洋服達。

結論から言うと、「いつか着るだろう」と思っている洋服に袖を通すことは二度とありません。

「いつか」っていつなのでしょうか。具体的な時も不明で、現在その服を必要としていないのなら将来もその服を使うことはないのです。

服を捨てることができないために「いつか着るから」という正当な理由を言っているだけなのです。「いつか着る」と思った時点でその服はもう手放すべきなのです。

【断捨離したい】無意識に避ける服

着るものをクローゼットの中から取り出す時に、無意識に避ける服はありませんか?

パッと目に入った服だけれども、それを避けて違うものを探そうとする行為です。

この時に着ることを避けた服はもう手放すべきものの1つです。

避けるということは「もうその服は着たくない」という心理が働いています。

もし、次にクローゼットの中でこのような避ける服に出会ったら自分が避ける理由を考えてみて下さい。

何か欠点がありますか?それとも何となく好きじゃないですか?もしかしたら明確な理由が見つからないかもしれませんが、そうだとしても避ける服はこれから先も避け続けます。

保管しておいてもクローゼットのスペースをとるだけなので思い切って処分しましょう。

【断捨離したい】もらったけれど好きではない

次に、人からもらったもので捨てられずに置いてあるものはありませんか?

これは洋服だけに限らず、物でも構いません。

あなたはなぜそれを捨てることができないのでしょうか?

その理由は人からもらったからではないですか?

本当は断捨離したいのに、人からのもらい物は捨てることができないという方も少なくありません。

自分の好みではないけれど、捨てると悪い気がするので捨てきれずにずっと保管し続けてしまうのです。

しかし、好きではないものを暮らしの中に置き続けたり、目にしたりするのは運気的にもよくありません。

それを見るたびに「いらないなぁ」と感じてしまいます。マイナスの心理はマイナスの運気を呼び寄せてしまいます。

人からの頂き物でも、好みでなければ勇気を持って捨てましょう。

断捨離したいけど気持ち的にゴミ袋に入れて捨てることができない、気が引ける場合は、誰かにあげたり、リサイクル業者に買い取ってもらったり、フリマアプリやオークションを使って手放すのもおすすめです。

【断捨離したい】紙袋とスーパーの袋

買い物をした時にくれる紙袋やスーパーの袋はどこの家にもあると思います。

紙袋は何か物を持って出かける時に使えたり、スーパーの袋はゴミ袋にもなりますよね。

ただ、この袋類は家の中でどんどん増えてしまう傾向があります。

それは「何かに使える」「ゴミ袋として必要だから」という理由で保管しておこうとするからです。しかし、運気的にはどうもよくないようなのでその理由を紹介します。

石油からつくられるスーパーのレジ袋は、強い「火」の気を発します。特にキッチンに置いている場合は、金運を燃やしてしまうため、収入や家計運ダウンのもとに。また、湿気を吸収する紙製の袋や包装紙は、古くなると陰の気がつきやすくなります。

レジ袋はよくゴミ入れに使うのでキッチンに置いてませんか?使う必要がある分なら問題ないかもしれませんが、どう見ても使い切れないような袋は処分した方がよさそうです。

運気を下げないようにするためにも保管しておく場合は棚や引き出しなどに入れるようにして隠す収納をするといいでしょう。

【断捨離したい】雑誌、本

断捨離したい人にとって雑誌や本も捨てることができないものの一つです。

その理由は愛着がある、また読み返すかもしれない、捨てるのが面倒だからという理由があげられます。

けれど、雑誌や本も処分をしないと部屋が本だらけになってしまうこともあります。
そこでその処分方法を説明したいと思います。

1つ目の方法はファイリングです。この方法は雑誌を捨てる時に役に立ちます。

自分の必要なページやお気に入りのページを切り取りファイリングして保管しておくのです。
それなら、必要なものを残して不要なものを処分できるので本棚が効率的に使えます。

2つ目はハードカバーや文庫本などですが、これは1年間の間に読み返さなかったら捨てるべきです。

それでも捨てれない時の方法は、その本の題と内容、感想をノートに少しまとめて書いておくとよいでしょう。そうすれば読んだ記録も残るし、そのノートを見ればどんな内容だったか思い出すこともできるし便利です。

■参考記事:本を断捨離するには?コチラも参照!

本を断捨離しよう!不要な本を捨てるコツは?

【断捨離したい】手紙、葉書

物の中でも捨てる方法がわからない、処分できないというのが手紙や葉書です。

友達、恋人、先輩、家族・・など自分との関わりがあった人から受け取った手紙や葉書を読んだ後すぐにあっさり捨てることができる人は少ないのではないですよね。

それは手紙や葉書が捨てれないのは書いた人の気持ちが込もっており、それを読み手が感じ取れるからです。

さらに、思い出が詰まった手紙や葉書も簡単に捨てることは難しいです。

しかし、このような手紙や葉書をそのまま保管していることも人の運気を下げることがあります。

過去の手紙は過去の人間関係のものです。その当時の手紙や葉書を保管しておくということは過去に縛られているのと同じことではないでしょうか。

過去を引きずることは新しい出会いを自ら遮断している可能性が高いです。

そこで、そのような手紙や葉書類も断捨離することが大事です。どうしても捨てることができないというものに関してはきちんと保管用の箱に入れて大事にするようにします。

それ以外の、例えば数年前の年賀状や学生時代の手紙などは捨ててみましょう。

ただ、手紙や葉書などには個人情報が含まれているので断捨離したいと思った時はシュレッダーを利用したり個人情報がわからないように住所を塗りつぶしたりして処分することが必要です。

【断捨離したい】会うとストレスを感じる人

これまでは物を手放すことについて説明をしてきましたが、断捨離したいのは物だけではありません。

実は人も断捨離をすることができます。「人を捨てるなんて、そんなことできない!」と言われるかもしれませんが、自分の人間関係を見直すことはとても重要です。

まず、自分の友人関係、会社関係などで会うとストレスを感じる人、誘われるのが嫌だと思う人を思い浮かべて下さい。

その方達は残念ながらあなたの人生の中に必要でない人であり、心の中では断捨離したいと思っているのです。

自分の好きではない人と無理に付き合う必要はありません。人の悩みの大部分は人間関係が原因です。それが原因で自分の心理状態が悪くなり心だけでなく体にも不調を起こしていることもあるのです。

そこで、人間関係の断捨離を行います。自分は誰と付き合っていきたいのか、自分にとって嫌だと思う人は誰なのか、その人と付き合わなくなったと仮定すれば自分の気持ちはどう変化するのかを考えてみましょう。

そして、少しずつ連絡を取らないように自分から離れていくと断捨離が成功です。

【断捨離したい】断捨離のためにすべき方法5選

断捨離したいと思って、家にある不要なもの、そして自分の人間関係。簡単に捨てることができれば悩みません。
多くの方はそれができないので困っています。

では、ここからは具体的に断捨離したい人はどうすればいいのかその方法を5選紹介したいと思います。

【断捨離したい】方法①少しずつ行う

1つ目の断捨離したい人がすべき方法は少しずつ整理をすることです。

断捨離したいと決意すると、「さ!捨てるぞ!」「もう買わないぞ!」持っているものを全部捨てたり、全く買い物をしなくなったりする方もいます。

また、片付けようとして一気に終わらせようとする方もいますが、これはダメな方法です。

断捨離はただ、片付けて終わりということではありません。断捨離は長い人生の中で物や人と上手に付き合っていくための方法であるため暮らしの中に断捨離ということが自然に溶けこまなければなりません。

よって、「今日は断捨離をしたい」というよりは断捨離に慣れるという感じで暮らしの中で少しずつ行うことがポイントです。

例えば、「今日はクローゼットの中のこの部分だけ」「今日はキッチンの棚の部分だけ」というように日々できる場所を決めます。そしてその場所が終わったらその日はそれ以上片付けをしないようにします。

このようにして徐々に行っていくことで本当に必要なものなのかどうかをしっかり考えることができて片付けが上手くいくのです。

【断捨離したい】方法②迷ったら捨てる

物を手放す時に、必要なのか不要なのか、決断をしなければなりません。

この決断がうまくいかない、自分でもいるのかいらないのかわからない時がありませんか?

そのような際は「とりあえず、置いておこう」と思って保管するかもしれませんが、これが間違いなんです。

断捨離したい人にとって、迷ったものに関しては持たないことがポイントです。

迷うということはその物が絶対必要ということではないのです。そのようなものはこれから先、使う確率は極めて低いため手元に置いておく必要はありません。

迷ったら捨てる。これを覚えておけば効率良く片付けをすることができます。

【断捨離したい】方法③バーゲン品は買わない

バーゲンは楽しいですよね。自分の欲しかった服が半額になったり、いつもは高くて買えないブランドの服が手頃な値段で売られていると、つい立ち寄って何かないか探してしまいませんか?

特に欲しくはなくても「え!こんなに安いの!?」「これなら何かに使えるかも!」と思ってその場の雰囲気にも流されて購入してしまいます。

人は得をしたいという心理があるため、バーゲンで大量に洋服や靴などを買ってしまうのです。

けれども、そのようなバーゲンで買ったものはどれくらい使っているでしょうか?
意外と使っていなかったり、安かったからいいやという気持ちになって雑に扱ったりしていないでしょうか。

ちなみにバーゲンとは本当の価格が2万円で売られていたものが1万円になっている場合もありますが、バーゲン用として作られた商品も多く混ぜられて販売されていることもあります。

その場合、何も得をしているわけではなく、ただバーゲン用の商品を買わされていることになります。人間の得をしたいという心理を上手く商売にしていますよね。

安く買ったもの、特に欲しかったものではない商品はゴミになりやすい傾向があります。

するとクローゼットや部屋の中はもので溢れがちになり結局捨てる羽目になるのです。

これは得をしているようで、結局はお金を無駄に使っていることになります。
バーゲンは断捨離の敵です。できるだけバーゲンで買い漁らないで本当に欲しいものを買うようにすることが大切です。

【断捨離したい】方法④皆んなに好かれようとしない

次は人間関係を断捨離したい人向けにその方法について考えてみます。

人間も断捨離したいけど断捨離はできない、難しいと考えられますよね。それは人には嫌われたくない、好かれていたいという心理があるからです。

けれど、それではいつまで経っても人間関係の断捨離はできないのです。

人間関係を断捨離したいのなら、大切なのは人に好かれようとしないことです。

人は皆、性格が違うため誰からも好かれるなんてありえないのです。

例えば、仲良し友達5人グループとしていつも遊んでいる女性達がいるとしましょう。

一見、皆んな仲良しそうですが、AさんとBさんはよく意見が対立することがある、CさんはAさんと2人だけであまり話をしないなど、グループ内でも色々事情はあるのです。

仲良しグループとしてまとまったいても、それなりに問題はあるのが普通です。

それでも人から好かれようとして自分を必死で押し殺していい子を演じようと努力する方もいます。しかし、それでは心が疲れてしまうのは時間の問題です。

自分と気が合わない、何となく好きになれないと思ったら無理をして付き合う必要はないのです。

自分とは合わないと思ったら、そのグループを離れても何の問題もありません。
誰に何を言われようと気にしないことが重要です。

最初は勇気がいるかもしれませんが、慣れてくれば気分がスッキリしてそれまで悩んでいたこともバカらしく思えてきます。

【断捨離したい】方法⑤誘われても断り続ける

自分があまり好きではない人からやたらと誘われることはありませんか?

断るのも悪いからとりあえず会ってもやっぱり疲れて「行くんじゃなかった・・」と感じることもありますよね。

しかし、一度誘いを受けてしまうとこれからも誘われる可能性は高くなります。
そうなると後々面倒になるので、自分が行きたくないなら断ることが大事です。

断る理由は特に明確に相手に伝える必要はありません。

「ちょっと先約があって」とか「やることがあって」というようにぼかした感じで答える方がよいです。なぜなら「友達と会う」「家族の用事がある」とか言うと言い訳ネタが尽きてしまうからです。

そのような受け答えを続けていくことで相手も誘うのを諦めてくれます。

「誘ってもどうせ断わられるだろうな」と思うと誘うのを諦めるのが人間の心理です。

人付き合いを断捨離したい場合は、このように答えることでわずわらしい人間関係が減っていくので是非試してみて下さい。

【断捨離したい】運気が上がる?

さて、人はなぜ断捨離したいと思い、それに魅了されているのでしょうか?

それは運気が上がるからです。運気なんて目に見えないものなので信じない方もいるかもしれませんが、感じるものはあると思います。

「気」というのはいい気もあれば悪い気もあります。よい気が部屋の中に入ってくるためには部屋を綺麗にしておく必要があります。いい気は汚れたり散らかった部屋には入ってこようとしません。

逆に悪い気は散らかって整理整頓ができていない部屋を好みます。そして物が溢れた部屋で留まって居座ってしまうのです。

また、たとえ悪い気が綺麗な部屋に入ったとしても居心地が悪いためさっと出て行ってくれるのです。

そんな目に見えない気が部屋に留まることで部屋の住人の運気はどんどん下がります。

最近ついてない、悪いことが起こる、体調が良くないという方は部屋が汚い、物でいっぱいという方も少なくありません。

運気を下げないためにも断捨離したいという気持ちとその行動は暮らしの中で必要なのです。

【断捨離したい】自ら運気を上げられる

暮らしの中に断捨離を取り入れることに成功した人は自ら運気を上げることができています。

運気は自分で呼び寄せることもできます。

断捨離したいと思い、それができるようになれば確実に部屋の物は減ります。人間関係のストレスも軽減されます。そして何かを買う時も、それが必要なのか必要でないのか、よく考えて判断できるようになります。

すると不要な物を買うことが減るため無駄使いも減ります。

お金を大切に使えるようになることでストレスは減り心理状態もよくなります。日々の暮らしにおいて後悔をしたり、ネガティブな気持ちになったりすることがなくなってきます。

そうすることでいい運気が自ずとあなたの方にやってきて、それを掴まえることができるのです。心理状態が前向きになっているといい運気を逃しません。

それとは反対にネガティブな気持ちを持っていると悪い運気を掴まえがちになります。

自分の力で良い運気を掴むためにも断捨離は効果的なのです。

【断捨離したい】暮らしの中で習慣にしよう

以上が断捨離したい時にすべき行動です。

断捨離は物を捨てるだけではなく、不要なものは買わない、執着しないということが大事です。また、物だけではなく人間関係の断捨離をすることでより暮らしが豊かになることは確実です。

物が捨てれない方達の心理は複雑かもしれませんが、それでも自分の暮らしに断捨離という行動を取り入れることでもっとシンプルでストレスフリーにな暮らしをすることができます。


明日の暮らしから断捨離ライフを始めてみてはいかがでしょうか。

断捨離についてもっと情報を知りたいアナタに!

ミニマリストの断捨離術!持たない暮らしの方法まとめ!【スッキリ】
断捨離の実践方法とその効果まとめ!これで気分スッキリ!
断捨離のコツ・簡単なやり方まとめ!これでシンプルに生活できる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ