お腹を空かせる方法9選!短時間で簡単にできるものから運動まで!

お腹を空かせる方法9選!短時間で簡単にできるものから運動まで!

食べ放題に行くのに、なぜかあまりお腹が空かない…せっかく食べ放題に行くなら、元を取りたい思いがあるはず。こんな時、お腹を空かせる方法があったらいいですよね。この記事では、短時間で簡単にできるものから運動まで、暮らしの中でできる、お腹を空かせる方法をお話します。

記事の目次

  1. 1.食べ放題の日にはぜひ知りたい!お腹を空かせる方法はある?
  2. 2.暮らしでお腹を空かせる方法1【運動する】
  3. 3.暮らしでお腹を空かせる方法2【寝る】
  4. 4.暮らしでお腹を空かせる方法3【便通をよくする】
  5. 5.暮らしでお腹を空かせる方法4【食べる順番を考える】
  6. 6.暮らしでお腹を空かせる方法5【頭を使う】
  7. 7.暮らしでお腹を空かせる方法6【お風呂に入る】
  8. 8.暮らしでお腹を空かせる方法7【会話をする】
  9. 9.暮らしでお腹を空かせる方法8【消化にいい食べ物を摂る】
  10. 10.暮らしでお腹を空かせる方法9【消化を促進する薬を飲む】
  11. 11.短時間で簡単にお腹を空かせる方法1【ツボ陽谿(ようけい)】
  12. 12.短時間で簡単にお腹を空かせる方法2【ツボ中脘(ちゅうかん)】
  13. 13.短時間で簡単にお腹を空かせる方法3【ツボ合谷(ごうこく)】
  14. 14.短時間で簡単にお腹を空かせる方法4【ツボ内関(ないかん)】
  15. 15.短時間で簡単にお腹を空かせる方法5【おなかをそらす&ひねる】
  16. 16.短時間で簡単にお腹を空かせる方法6【辛いものを食べる】
  17. 17.お腹を空かせる方法を知って、おいしく食べましょう!

食べ放題の日にはぜひ知りたい!お腹を空かせる方法はある?

今日は食べ放題!でも、なぜかお腹が空かない…そんな切ない経験は多くの人があると思います。そんな時、お腹を空かせる方法があったら便利ですよね。

そもそも、私たちはなぜ満腹や空腹を感じるのでしょうか?

それは、血液中の血糖値の量がカギを握っています。血糖値が上がると満腹中枢が満たされ、お腹いっぱいになったと感じます。逆に血糖値が下がるとお腹が空いてきます。

運動したり何かしらの活動をしたりすると血糖値が下がるので、お腹を空かせるにはエネルギーを消費するのが一番です。

でも、それは時間も労力もかかりますよね。実は、短時間でもっと簡単にお腹を空かせる方法があるんです。

今回、暮らしでお腹を空かせる方法と、短時間で簡単に消化促進させ、お腹を空かせる方法をお話します。その方法を知れば、食べ放題もへっちゃらになるかもしれませんよ。

暮らしでお腹を空かせる方法1【運動する】

お腹を空かせる方法1つ目は、運動することです。

ヨガや筋トレなどのゆっくりめの無酸素運動もいいですが、できるだけ短時間でお腹を空かせるなら、ジョギングやボクササイズなど、全身を使うような有酸素運動がおすすめです。

活発に体を動かすことで血液量が増えて、消化機能が高まります。ジョギングなら、30分で200kcalほどの消費カロリーが見込めます。

「暮らしの中で運動する時間を作るのは大変…」というなら、家事をするのもひとつの手です。

何気に家事は全身を使うので、食事前に30分から1時間かけて掃除や洗濯をすると、お茶椀1杯分(100kcalほど)のカロリーを消費することができます。

また、お風呂や温泉で汗をかくことも、運動と同じ効果を得られます。汗をかいて水分を摂るを繰り返していると、知らぬ間にエネルギーを消費し、短時間でお腹が空いてくるでしょう。


◆関連記事:AB型にぴったりの運動はこちら

AB型に最適のダイエット!体質にあった痩せる食べ物・運動はこれ! | Lovely[ラブリー]のイメージ
AB型に最適のダイエット!体質にあった痩せる食べ物・運動はこれ! | Lovely[ラブリー]
ダイエットは女性の皆さんにとっては永遠のテーマかもしれません。けれど、血液型によって最適なダイエット方法があるなんてご存知でしたか?A型、B型、O型、AB型それぞれに適した対策があるのです。そこで、今回はAB型の皆さんのダイエット方法を紹介したいと思います。

暮らしでお腹を空かせる方法2【寝る】

お腹を空かせる方法2つ目は、寝ることです。

寝ている間は、私たちが考える以上にエネルギーを消費しています。食べ放題でひたすら食べて疲れて寝たら、翌朝なぜかお腹が空いていた、という経験のある人もいるでしょう。

寝ている間は胃腸がお休みモードに入りますが、この時間こそがまさに、消化が促進される元を作り出します。体の右側を下にすると、なおその効果を感じられます。

また、普段からしっかり寝ることは、日中に交感神経の働きを促進させ、リラックス時に副交感神経に切り替わるといった、自律神経のバランスを整える効果があります。

自律神経のバランスがとれていると、胃腸の働きもよくなり、日々の暮らしで空腹感を得やすくなります。生活リズムも整いやすくなるので、適切な時間にお腹が空くようになります。

暮らしでお腹を空かせる方法3【便通をよくする】

お腹を空かせる方法3つ目は、便通をよくすることです。

人の体は食べ物を取り入れ、排出をすることで成り立っています。ちゃんと排出してこそ、また新しい食べ物を取り入れることができるのです。

極端な話、食べ放題でいくら詰め込んでも、すぐに出してしまえば無限に食べられます。でも、多くの人の消化機能は、それほど力強く働くものではありません。

その日の体調もあるとは思いますが、普段から消化機能を健全に働かせるには、食物繊維を中心に、豆類、炭水化物、糖質などをバランスよく摂ることが大切です。

また、睡眠をしっかりとること、適度に運動をすることも大切です。便秘薬に頼るのもいいですが、飲まないと排出できないというのは問題です。いろいろ試しても便秘が改善されないなら、流行りの便秘サプリメントに頼ってみるのも手段の一つです。

次のページ

暮らしでお腹を空かせる方法4【食べる順番を考える】

関連記事

人気の記事