ガスコンロ交換方法!自分で交換する際の7つのポイントを解説!

ガスコンロが壊れてしまい、交換したいと思っている人も多いでしょう。ガスコンロにも寿命があるため、いつか壊れます。その時には交換しなければならないのですが、ガスコンロの交換は自分でできるものなのでしょうか。そこで今回は、ガスコンロの交換について紹介していきます。

ガスコンロ交換方法!自分で交換する際の7つのポイントを解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】ガスコンロの扱いがわからない
  2. ガスコンロの交換方法を知ろう
  3. 【ガスコンロの交換方法①】ビルトインはNG
  4. 【ガスコンロの交換方法②】費用について
  5. 【ガスコンロの交換方法③】壊れる時期
  6. 【ガスコンロの交換方法④】修理と交換
  7. 【ガスコンロの交換方法⑤】本当に故障?
  8. 【ガスコンロの交換方法⑥】交換方法
  9. 【ガスコンロの交換方法⑦】ガス漏れに注意
  10. 【まとめ】ガスコンロの交換自体は簡単

【はじめに】ガスコンロの扱いがわからない

家には様々な家電があります。その家電が壊れたら、当然のように買い換えるでしょう。どの家電においても大差はありませんし、迷うこともなく、新しい家電を買おうという判断になります。

しかしたくさんある家電の中で、一つだけ異彩を放つものがあります。それはガスコンロです。ガスコンロも立派な家電の一つなのですが、利用者はガスコンロを家電として認識していないようなところがあります。家電として毎日使っているのですが、多くの人はあまりガスコンロのことに詳しくないのです。

そのような状態で、突然、ガスコンロが壊れてしまった場合、多くの人があたふたしてしまうものです。そもそも交換しなければならないという発想にすら至らない人も多いです。

ガスコンロが壊れたら、当然、交換しなければなりません。ガスコンロは自分で交換できるのですが、それすら知らない人もいるものです。ガスコンロは自分で交換することができるため、ここでしっかりガスコンロの交換方法を学んでおきましょう。

■参考記事:ガスコンロの設置・取り付けを自分でするには?

ガスコンロの設置・取り付けは自分でできる?方法を解説!

ガスコンロの交換方法を知ろう

ガスコンロを自分で交換できるということを知らない人も多いですが、ガスコンロは自分で交換できるものです。そこでここからは、ガスコンロの交換方法について紹介していきたいと思います。

ガスコンロを自分で交換する方法を知っておけば、いざ壊れたとき、誰にも頼らず簡単に自分で交換できるようになるでしょう。いちいち業者などを呼ばなくても良いため、かなり楽になります。

ガスコンロは自分で交換できるとはいえ、やはりガスを扱う家電ですので、注意しておかなければならないこともあります。もしもこのようなことを守らず、ガスコンロを自分で交換してしまうと、大事故をまねいてしまうかもしれません。そのためガスコンロを自分で交換したいという人は、しっかりとした知識を持っておく必要があります。

ではさっそく、ガスコンロを自分で交換する方法を紹介していきましょう。あわせて注意点も紹介していくため、しっかり読んでおいてください。

【ガスコンロの交換方法①】ビルトインはNG

ガスコンロの交換方法を紹介していきたいところですが、その前にビルトインについて知っておきましょう。ビルトインとは、システムキッチンに搭載されているガスコンロで、キッチンとガスコンロが一体化しているようなもののことを言います。

ビルトインのガスコンロの場合、自分で交換するということはできません。ビルトインのガスコンロはかなり特殊な形状となっているため、交換を行うのであれば、それ相応の資格が必要となります。法律的に素人が交換することはできないのです。

ビルトインのガスコンロの交換には資格が必要ということは、それだけビルトインのガスコンロの交換は危険ということです。素人がビルトインのガスコンロを交換し、着火した瞬間、大爆発をおこすということもあり得ます。

そのためビルトインのガスコンロを使用している人は、自分で交換せず、業者に依頼するようにしましょう。交換費用がかかってしまいまが、それが一番安全です。

【ガスコンロの交換方法②】費用について

ガスコンロを交換する上では、費用のことについても考えておきたいものです。

基本的にはガスコンロを交換する費用は自分で行うのであれば、ガスコンロ本体の費用のみとなります。本体の費用は安いものだと一万円前後となりますので、費用を安く抑えようと思えば、かなり安くすることができるのです。

ビルトインの場合、工事費用がかかってしまうことになるのですが、それほど工事費用は気にしなくても良いです。というのも、家電量販店などで購入すれば、工事費用は無料にしてくれることが多いからです。

ただ、ビルトインはビルトインガスコンロの本体がかなり高額です。十万円は覚悟しておかないといけないため、少なくてもそのくらいの値段は見積もっておきましょう。

【ガスコンロの交換方法③】壊れる時期

ガスコンロを交換するということは、ガスコンロが壊れたということです。しかしガスコンロが壊れて交換したことがあるという人は少ないでしょう。ガスコンロはあまり壊れないものだからです。

ガスコンロが壊れる時期は、大体、10年くらい経った時期だといわれています。このくらいの時期になると、ある程度、丁寧に扱っていても、ガスコンロが壊れてしまうことがあるため、注意しておきましょう。

逆にいえば、雑なあつかいをしていたり、手入れをしていないと、もっと早い時期に壊れてしまうということです。早い時期に壊れてしまうということは、それだけ手入れをしていないということになるため、早く壊れたら、少し反省しましょう。ガスコンロはそう簡単に壊れるものではないため、早い時期に壊れたということは、それなりの原因があるということになります。

壊れる時期が近づいてくると、ガスコンロがかなり不調になってくるものです。調子が悪い感じがよく現れるようになったら、交換の時期ということになるため、新しいガスコンロを買う準備をしておきましょう。

【ガスコンロの交換方法④】修理と交換

ガスコンロの交換を行う際には、修理をすらか交換するか、ということを選ばなければなりません。修理のほうが安く済むことも多いため、様々なことを考慮した上で、どちらの方法を行うか決めましょう。

先ほど、ガスコンロが壊れる時期について言及しましたが、ガスコンロの寿命が近い時期にガスコンロが故障したということであれば、修理をしても長く使うことはできないでしょう。すぐに別の部分が故障してしまい結局は交換することになってしまいます。そのためこのような場合は、思い切ってガスコンロを買い換え、交換した方が良いです。

逆に買ったばかりなのに故障したということであれば、修理さえすれば、まだまだ長くガスコンロを使うことができます。このような場合は修理したほうが、費用は安く済ませることができるため、修理という方法を使って対処したほうが良いです。

ガスコンロ自体がかなり高額という場合は、ある程度寿命が近くても、修理したほうが良い場合もあるため、どのような方法を使うかというのは、ケースバイケースです。よく考えて、どの方法を使うか判断しましょう。

【ガスコンロの交換方法⑤】本当に故障?

ガスコンロを交換する際には、故障したと断定してから、交換することになると思いますが、はたして本当にそれは故障でしょうか。

ガスコンロが故障していると思ったら、ただの電池切れということもありますし、ガスホースが切れているだけということもあります。また、汚れによって安全装置が作動し、ガスコンロがつかなくなるという場合もあるものです。

このようなことが原因の場合、電池やホースの交換、掃除をするだけで、ガスコンロを使用することができるようになります。

わざわざガスコンロを交換するという方法を使用するまでもないことですので、このようなことが故障の原因ではないと確認してから、ガスコンロは交換するようにしましょう。このようなことが発生する度にガスコンロを交換していたら、何度もガスコンロを交換しなければならなくなるため注意しておいてください。

【ガスコンロの交換方法⑥】交換方法

ガスコンロを交換する方法がそもそもわからないという人もいるでしょう。ここでは、ガスコンロの交換方法を紹介していきます。

ガスコンロの交換方法はそう難しいことはありません。まずはガスの元栓を締め、ガスコンロに繋がっているガスホースを抜きましょう。

そして古いガスコンロをどかし、ついでにガスコンロを置く場所をキレイに掃除してください。あまり掃除しない部分ですので、このようなときくらいしか、掃除する機会がないでしょう。せっかくですので、掃除をおすすめします。

掃除が終わったら、新しいガスコンロを設置し、ガスホースを接続してください。最後に元栓を開け、火がつくことを確認したら、ガスコンロの交換は終わりです。誰でもできることですので、普通のガスコンロを使っている人は自分で行ってみてください。

■参考記事:シンク下やコンロ下の収納術をチェック!

キッチンのシンク下・コンロ下収納術!引き出しを活用しよう!

【ガスコンロの交換方法⑦】ガス漏れに注意

ガスコンロの交換方法を紹介しましたが、最後に火をつける前にはガス漏れに注意しておく必要があります。ガスホースがしっかり、根元まで挿入されていなかったり、ガスホースが折れ曲がっていたりすると、それがガス漏れの原因になることもあるものです。

もしもそのような状態で火をつけてしまったら、その結果は言うまでもないでしょう。軽い怪我では済まなくなってしまいますので、安全面には十分注意して、ガスコンロの交換を行いましょう。

【まとめ】ガスコンロの交換自体は簡単

ガスコンロの交換について紹介してきましたが、基本的にガスコンロの交換は簡単に行えます。ただ、ガスコンロを本当に交換するべきかということや、特殊なガスコンロの交換となってくると難しくなってくるため、そこには注意して、ガスコンロの交換を行ってください。

もっとガスコンロに関する情報を知りたいアナタへ!

ガスコンロ(ガステーブル)の選び方!据置型のおすすめは?
ガスコンロの火がつかない原因は?チェックすべき5つのことまとめ!
ガスコンロの電池サイズ・交換方法・切れているサインまとめ!
ガスコンロの掃除方法!焦げつきや油汚れも重曹できれいに?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ