キッチン換気扇の掃除方法・頻度!洗剤や重曹で簡単にキレイに?

キッチンの掃除は大変ですが、特に大変なのがキッチンの換気扇の掃除ではないでしょうか。ベトベト油汚れがヒドいキッチンの換気扇は目をそむけたくなってしまいますよね。今回はキッチンの換気扇の掃除方法や掃除の頻度、簡単な掃除の仕方についてまとめていきます。

キッチン換気扇の掃除方法・頻度!洗剤や重曹で簡単にキレイに?のイメージ

目次

  1. キッチンの換気扇掃除が嫌われるのは?
  2. キッチンの換気扇掃除◎換気扇のタイプ
  3. キッチンの換気扇掃除は頑固な汚れとの戦い
  4. キッチンの換気扇、掃除しないとどうなる?
  5. キッチンの換気扇の掃除の頻度は?
  6. キッチンの換気扇掃除◎油汚れには?
  7. キッチンの換気扇掃除◎浸け置きの時間は?
  8. キッチンの換気扇掃除◎重曹で徹底的にスッキリ
  9. 重曹でキッチンの換気扇掃除①取り外せるパーツを取り外す
  10. 重曹でキッチンの換気扇掃除②熱湯で重曹水を作る
  11. 重曹でキッチンの換気扇掃除③重曹水にパーツを浸す
  12. 重曹でキッチンの換気扇掃除④パーツを乾燥させて再セット
  13. キッチンの換気扇掃除◎セスキでラクラクきれいに
  14. セスキでキッチンの換気扇掃除◎セスキ水をつくる
  15. セスキでキッチンの換気扇掃除◎セスキ水にパーツを浸す
  16. キッチンの換気扇掃除◎市販の洗剤は?
  17. キッチンの換気扇掃除◎使用済み食用油?
  18. キッチンの換気扇掃除◎小麦粉?
  19. キッチンの換気扇掃除◎プロにお願いすると?
  20. 掃除をしてピカピカなキッチンの換気扇に

キッチンの換気扇掃除が嫌われるのは?

キッチンの掃除の中でも、特に嫌われるのが換気扇の掃除です。できることなら換気扇の汚れをみなかったことにしたい、という人も多いのではないでしょうか。

そもそもなぜ暮らしに必要な換気扇の掃除が嫌われているのかご存知でしょうか。換気扇の掃除をしたことがある人なら納得の理由がそこにはあります。

まずは換気扇のパーツが多いという理由です。換気扇を掃除するときには、全てのパーツをキレイにしなくてはいけませんが、換気扇のパーツは複雑で、掃除をしようと思うと手間がかかるのです。

また換気扇が設置されているのが高い位置であることも、暮らしに必要な換気扇の掃除が嫌われる理由です。身長が低い人であれば、脚立や椅子などをわざわざ持ってこないといけないですよね。

さらに換気扇についているしつこい汚れです。こまめに掃除をしているという家庭でも、換気扇にしつこい汚れがついてしまうという家庭は多いのです。

こんな風に掃除をするのが面倒な換気扇ですが、パーツの多さや設置場所を変えることはできません。できるかぎり簡単に掃除ができるように、汚れをするっと簡単に落とせる方法を考えていきましょう。

キッチンの換気扇掃除◎換気扇のタイプ

換気扇の掃除方法を考えていく前に、換気扇のタイプについて紹介します。換気扇には大きく分けて2つのタイプがあります。プロペラタイプと言われる換気扇のタイプと、レンジフードタイプと言われる換気扇のタイプです。

プロペラタイプと言われる換気扇のタイプは、昔からある換気扇のタイプです。換気扇としては安価に取り付けができるので、多くの家庭で取り入れられています。キッチンだけではなく、会社の会議室などにもプロペラタイプの換気扇が付いている事がありますよね。

レンジフードタイプはシロッコファンとも呼ばれる換気扇のタイプで、幅の狭い羽根がたくさんついているファンが回転することで、換気をする作りになっているものです。マンションなどはこのタイプの換気扇が多くなっているようですね。

キッチンの換気扇掃除は頑固な汚れとの戦い

換気扇の汚れはこまめに掃除をしている家庭であっても、すぐにしつこい汚れがついてしまって、簡単に落とすことができなくなってしまいます。このしつこい汚れの原因はなんでしょうか。

換気扇のしつこい頑固な汚れの原因は、油です。料理をつくる時にでる、油汚れが暮らしに必要な換気扇の主な汚れの原因となっています。

油だけでも簡単には落とすことのできない厄介な汚れですが、その油にホコリが付くことによって、汚れの層が厚くなっていきます。調理中の蒸気と一緒に、油がホコリを吸着させて、暮らしに必要な換気扇の羽根にどんどんとくっついていきます。

層になって重なっていく油とホコリの汚れは、掃除をしないでほうっておくと、さらに簡単に落とすことのできない、面倒な汚れへと変化していってしまいます。

キッチンの換気扇、掃除しないとどうなる?

汚れがたまっているのはわかっているけれど、やっぱり換気扇の掃除は簡単にはできないから、と掃除をさぼっていると、キッチンが汚れていきます。

暮らしに必要な換気扇に汚れがたまっていくと、換気扇が上手に換気しなくなります。換気ができない状態では、キッチンに蒸気があふれて、お鍋やお皿の上に汚れた水滴が落ちてしまうこともあるかもしれません。

汚れがたまった換気扇は換気扇を回しにくくなるので、そのために余計な電力も使わなくてはいけません。そんな状態になっても、まだ汚れた換気扇を使っていたら、そのまま換気扇が壊れてしまうかもしれません。暮らしに必要な換気扇が壊れてしまったら、当然修理代もかかってしまいます。

余計なお金を使わないためにも、換気扇はできるかぎりこまめに掃除をするようにしましょう。

キッチンの換気扇の掃除の頻度は?

換気扇をこまめに掃除をしましょうと書きましたが、具体的には換気扇はどれくらいの頻度で掃除をするものなのでしょうか。簡単に暮らしに必要な換気扇を掃除するためには、頻度は多ければ多い方が良さそうです。

換気扇のプロペラなどをさっと拭く程度の掃除の頻度は、できれば毎調理ごとできるといいですね。油は取れないにしても、無駄なホコリは取り除いておいた方が掃除が簡単になります。

レンジフード周りを洗剤を使って掃除する頻度は、1日1回から1週間に1回程度の頻度が理想的です。しっかりと油汚れが落ちないまでも、簡単にとれるある程度の汚れの掃除ができるといいでしょう。

換気扇を分解して徹底的に掃除する頻度は、3ヶ月から6ヶ月に1回の頻度、理想の頻度は年に4回です。この時は簡単にできる掃除ではなく、分解できるパーツは全て分解して、スミズミまで汚れをキレイに取り除く掃除をします。分解する掃除の方法は簡単ではなく、時間もかかります。

換気扇の掃除をする頻度の目安は以上ですが、暮らしに必要な換気扇の掃除のポイントは、汚れたらすぐに掃除をすることです。汚れたすぐの方が、簡単に掃除ができるからです。また油汚れは気温が高いときのほうが汚れが簡単に取れやすいと言われています。気温も気にしながら掃除ができるといいですね。

■参考記事:収納を工夫すればキッチンの片付けが簡単に!

キッチンの片付け方のコツは?すっきり収納術を解説します!

キッチンの換気扇掃除◎油汚れには?

換気扇につく汚れの主な成分は油です。油汚れは酸性の汚れになるので、暮らしに必要な換気扇の掃除を簡単にしようとするときには、アルカリ性の洗剤を使って掃除をすると、頑固な汚れも簡単に掃除をすることができそうです。

キッチンの掃除になるので、できれば口に入っても安全なものを使いたい、と考えている人は多いのではないでしょうか。

口に入っても安全な洗剤と言われているのが、話題の重曹です。重曹は食品にもありますよね。まさに口に入っても問題がないと言われる洗剤です。

換気扇を含めたレンジフード周りの、毎日の頻度で掃除をしようとするときには、重曹水をつくってスプレーボトルに入れておくと使いやすくていいですよ。レンジフード周りの油汚れも、すっきりと簡単に落とすことができます。

キッチンの換気扇掃除◎浸け置きの時間は?

換気扇の掃除をしようとしたら、簡単に汚れを落とすためには浸け置きをするのが一番です。そんな浸け置きはどれくらい浸け置きをする必要があるのでしょうか。

使う洗剤や暮らしに必要な換気扇の汚れにもよりますが、浸け置きの目安の時間は1時間程度です。時間がない場合でも最低30分は浸け置きをしないと汚れが浮いてきません。

暮らしに必要な換気扇の掃除の頻度が年に1回や2回という場合は、油汚れがもっと頑固になってしまって、簡単には落ちない場合もあります。最悪3時間程度かかるかもしれないということを念頭に置いておきましょう。

キッチンの換気扇掃除◎重曹で徹底的にスッキリ

さっそく暮らしに必要な換気扇の掃除をしようと思ったあなたにおすすめの洗剤が、先ほども登場した「重曹」です。重曹は口にいれても大丈夫な天然素材であるだけでなく、排水溝にそのまま流しても環境を汚さない、エコな洗剤なのです。

水回りの仕事をしていると、強い洗剤を使うと洗剤で手があれてしまうという人がいるかもしれませんが、重曹は天然素材なのでデリケートなお肌の人でも安心して使うことができます。こんな優しい洗剤であれば、毎日お掃除をしても良いかもしれませんね。

ここからは年に4回の頻度で行いたい「分解掃除」の方法について、重曹を使った換気扇掃除の手順についてご紹介していきます。洗剤は重曹を使いますが、他の洗剤を使う場合でも手順はほとんど変わりません。一度確認してみてくださいね。

■参考記事:重曹でガスコンロも掃除!

ガスコンロの掃除方法!焦げつきや油汚れも重曹できれいに?

重曹でキッチンの換気扇掃除①取り外せるパーツを取り外す

換気扇の掃除を徹底的にするためには、暮らしに必要な換気扇のパーツで取り外せるものを全て取り外す必要があります。プロペラプタイプとレンジフードタイプでは取り外し方が少し違います。取り外したことがないという人は、取扱説明書をみながら分解していきましょう。無理に取り外そうとして、壊してしまわないように注意をしてくださいね。

換気扇を取り外す時には、事故防止のために電源は切って、コンセントが付いているタイプのものはコンセントも外しておきましょう。油汚れがすごいので、軍手やゴム手袋をはめて取り外しの作業をするといいと思います。

毎日の頻度で掃除をしていれば大丈夫だと思いますが、少し換気扇の掃除をさぼっている場合は、換気扇を外した時にゴミや汚れがコンロなどに落ちてしまうことがあります。換気扇の下には汚れてはいけないものは置かないようにしましょう。また念のため新聞紙や、いらないタオルなどを敷き詰めておくと、あとからコンロの掃除をしなくても良くなります。

重曹でキッチンの換気扇掃除②熱湯で重曹水を作る

換気扇の掃除のために、分解した後に重曹水をつくります。分解した後に重曹水をつくるのは、換気扇の油汚れを簡単に落とすために、熱湯の重曹水をつくりたいからです。それほど換気扇が汚れていない場合は、熱湯の重曹水でなくても簡単に汚れは落ちると思います。換気扇の汚れ具合で判断してくださいね。

換気扇のプロペラ部分が入るような容器に熱湯をいれて、そこに重曹を溶かして重曹水をつくります。プロペラ部分が入る容器がない場合は、段ボールに厚手のゴミ袋をかぶせた簡易バケツを使うのもおすすめです。

重曹水は、熱湯10リットルに対して重曹1カップが目安になっています。重曹水は天然成分ですが、強アルカリ性の水溶液になります。お肌を傷めてしまうこともあるので、ゴム手袋の着用は必須です。

重曹でキッチンの換気扇掃除③重曹水にパーツを浸す

熱湯の重曹水をつくることができたら、分解した暮らしに必要な換気扇のパーツを熱湯のうちに浸していきます。浸け置きの時間は汚れによっても異なります。お掃除の頻度などからも考えて、どれくらい浸しておくかは判断してください。

重曹水に換気扇のパーツを浸け置きして1晩おいておくと、換気扇のパーツをこすらなくても、簡単に汚れがつるっつると落ちてくれます。簡単に掃除を済ませたいという人は、試してみてくださいね。

夏などの暑い季節に掃除をする場合は、短い時間でも汚れが分解されてすぐに簡単に掃除ができるようになることもあります。

重曹でキッチンの換気扇掃除④パーツを乾燥させて再セット

換気扇の汚れが落ちたら、パーツを取り出して落ち切れていない汚れをこすって落としていきます。重曹水は水で洗い流す必要のないものですが、浸け置きしてある水はあまりキレイな水ではないので一度水洗いをしたほうがさっぱりします。水洗いをして、キレイに水を拭き取ってから乾燥させましょう。

換気扇のパーツをしっかりと乾燥させたら、暮らしに必要な換気扇を元通りにセットしていきます。換気扇を回したら部品が飛んできた、なんて危険なことが無いように、自信が無い人は取扱説明書をみながら換気扇のセットをしていきましょう。

重曹での換気扇の掃除方法は以上です。別の洗剤を使う場合は、重曹の部分を別の洗剤に変えた方法で掃除をしていきましょう。

キッチンの換気扇掃除◎セスキでラクラクきれいに

換気扇の掃除の方法は、重曹のほかにセスキと言われるセスキ炭酸ソーダを使う方法もあります。セスキは重曹と同じくアルカリ性の洗剤になります。

セスキと重曹だと、セスキのほうがアルカリ性が強いので、しつこく頑固な汚れが重症よりも簡単に落ちると言われています。

重曹もセスキも、今では100均でも気軽に購入できる洗剤になりましたね。重曹の場合は粉で売っているものもあるので、ペースト状にして研磨の方法で使ったりすることができますが、セスキの場合は研磨の方法で使うことはできないようです。汚れがどんなものなのかによっても、重曹とセスキを使い分けることができると良さそうです。

セスキでキッチンの換気扇掃除◎セスキ水をつくる

セスキで換気扇を掃除する方法では、まずはセスキ水をつくる必要があります。もしも暮らしに必要な換気扇の汚れが頑固でしつこいものであるなら、ぬるま湯のセスキ水にしてもいいですね。セスキ水をつくる時にも、お肌を守るためにゴム手袋を着用しておきましょう。

セスキ水は、水500ミリリットルに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を溶かして作ります。浸け置きをする必要がない場合は、スプレー容器に入れて使うと便利ですよ。

換気扇の掃除で浸け置きをする必要がない汚れの場合で、部分的にちょっとしつこい汚れがあるという場合は、キッチンペーパーを併用しましょう。キッチンペーパーにセスキ水をしみ込ませて、そのまま換気扇のパーツに貼り付けていきます。汚れが浮いてきたら、セスキ水を含ませて使ったキッチンペーパーで拭き取って完了です。簡単に掃除ができそうですね。

セスキでキッチンの換気扇掃除◎セスキ水にパーツを浸す

換気扇の掃除で浸け置きをしなくてはいけないほどのしつこい汚れがある場合は、換気扇のパーツがはいる容器にセスキ水をつくります。

しつこい汚れの時には、40度ほどのお湯でセスキ水をつくって換気扇を掃除すると良さそうです。使うセスキ炭酸水ソーダは、大さじ4杯程度で簡単に汚れが落とせると思います。

換気扇の掃除をするときに、どうせなら他のキッチン用品も一緒に浸け置きしてしまおうと考える人がいますが、あまりおすすめできません。

換気扇は油汚れがひどく、衛生的にキレイとはいえません。それを食器などと洗うというのは良くないでしょう。一緒に浸け置きするのであればせめてガスコンロの五徳くらいにしておきましょう。

キッチンの換気扇掃除◎市販の洗剤は?

重曹やセスキ炭酸ソーダ以外の、市販で売られている洗剤は換気扇の掃除には向いているでしょうか。重曹やセスキよりも高額なものもあるようですが、もちろん換気扇用に作られている洗剤は換気扇の掃除方法にはピッタリです。また毎日の頻度で行う掃除であれば、食器用洗剤を使っての掃除も効果があります。

しかし漂白成分の強いものなどは、換気扇の塗装が剥がれてしまうことがあります。換気扇の掃除用ではない洗剤を使う場合は、塗装が剥がれない洗剤を選ぶ必要があります。

基本的には油汚れの落ちる、アルカリ性の洗剤であれば市販の洗剤でも換気扇の掃除をすることはできます。汚れをより簡単に安い値段の洗剤で落としたい、というときには重曹せセスキ水を使ってみてくださいね。

キッチンの換気扇掃除◎使用済み食用油?

ここからご紹介するのは、知恵袋的な情報になっています。やり方によっては汚れがひどくなるかもしれないので、よく読んで実践するかどうかは自己判断してください。

換気扇の油汚れを落とすには、同じ油を使う、という方法です。メイクを落とす時のメイク落としも油を使っていますよね。ホワイトボードに油性マジックで書いてしまった時は、ホワイトボードのペンで落とす、というような考え方を同じ考え方になります。

まずは換気扇をパーツごとに分解していきます。そして天婦羅で使った油など、もう捨てる油を換気扇のパーツに塗りこんでいきます。この時、新聞紙などがあるとさらに掃除がしやすいようです。そのまま捨ててしまうものなので、スポンジを使う場合はもう捨ててもいいものを選んで使うようにしましょう。

換気扇の油を塗った状態で、30分ほど放置しておきます。塗った油が固まってしまわないように、温かい部屋に置いておくことがポイントです。30分たったら、新聞紙や捨ててしまうタオルなどで油を吸い取って洗い流せば簡単に汚れを落とすことができるそうです。

キッチンの換気扇掃除◎小麦粉?

知恵袋的な換気扇の掃除方法に、小麦粉を使う方法もあります。賞味期限が切れてしまった小麦粉を使った換気扇の掃除方法です。

まずは小麦粉が散らばってもいいように、ビニールシートや新聞紙を引きましょう。そこに分解した換気扇のパーツを並べて、小麦粉をたっぷりと振りかけます。汚れがヒドイところには特に念入りに小麦粉を振りかけて30分ほど放置しておきます。

30分くらいたつと、油を吸った小麦粉がぽろぽろと取れるようになります。小麦粉が付いた状態で水洗いをしてしまうと、小麦粉を洗い流すという掃除も大変になってしまうので、できるかぎり換気扇のパーツについて小麦粉を取り除いておきます。

最後にキレイに小麦粉をお湯で洗い流して、換気扇の掃除の完了となります。

キッチンの換気扇掃除◎プロにお願いすると?

ここまで自分でする、キッチンの換気扇掃除についてご紹介しましたが、やっぱりキッチンの換気扇を自分で掃除する気にはなれない、という人のために、キッチンの掃除のプロに頼んだ場合の費用についてまとめさせていただきます。

キッチンの掃除は、業者ごとはもちろん、平日や土日、年末年始などによって料金が変わってきます。家に入ってきてもらう業者になりますので、信頼のできる業者から3社ほどの見積もりをとってみてお願いするかどうかを検討するようにしましょう。

換気扇のタイプがプロペラタイプの場合の掃除の値段は、換気扇1つにつき1万円程度になっています。掃除に必要な時間は2時間弱程度で、換気扇のカバーや本体の内部まで掃除をしてくれます。

レンジフードタイプの換気扇の掃除の値段は、換気扇1つにつき1万5千円程度になっています。掃除に必要な時間は3時間程度で、換気扇のカバーや本体内部、フィルターの掃除までしてくれるようです。

掃除をしてピカピカなキッチンの換気扇に

キッチン換気扇の掃除方法や頻度についてまとめてみました。重曹での換気扇の掃除方法、セスキ水を使った掃除方法などご紹介してきましたが、ぴったりの掃除方法はあったでしょうか。

換気扇の汚れというのは、各家庭によってどれだけ汚れるかが変わってきます。毎日3食とも家で料理をする家庭であれば汚れるのは早いですし、一人暮らしでほとんど料理をしない家庭であれば、ほとんど換気扇は汚れていないかもしれません。

普段はあまり気にすることのない換気扇の汚れですが、汚れた換気扇を汚れたままにしておくと、家計にも負担をかけることになります。換気扇の掃除のポイントは、汚れは汚れた時にすぐ掃除するということです。すぐに掃除ができるように、重曹水やセスキ水をスプレーボトルに入れておいておくのも良さそうですね。

キッチンの換気扇の掃除が、簡単に手間なく終わるように、日頃から心がけておきましょう。

キッチンについてもっと情報を知りたいアナタに!

キッチンDIY実例50選!キッチンをおしゃれにするアイデア特集!
システムキッチンの収納アイデア7選!引き出しを使った収納術が便利!
キッチンの蛇口交換をする前に知っておくべきことまとめ!
キッチンの目隠しアイデア紹介!対面・オープンキッチンでも大丈夫!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ