コンビニで収入印紙は買える?種類や購入場所を調査!

コンビニで収入印紙は買える?種類や購入場所を調査!

コンビニで購入できる収入印紙の種類や、お得な購入方法を詳しくご紹介します。今まで、何の疑問も無く郵便局で収入印紙を購入していた人も、このページを見ればコンビニ一筋になるかも!?ポイント還元のコツや、収入印紙の種類の雑学も解説します。

記事の目次

  1. 1.仕事で収入印紙が必要!コンビニで買える?
  2. 2.【基礎知識】コンビニで購入できる収入印紙の種類とは?
  3. 3.コンビニで購入できる収入印紙の種類は、200円だけ!?
  4. 4.大手コンビニで収入印紙を買うときの注意点
  5. 5.4000円の収入印紙について
  6. 6.業務委託契約書に、4000円の収入印紙が必要!
  7. 7.4000円の収入印紙は、1枚で購入するのがマナー
  8. 8.4000円の収入印紙は、コンビニでは買えない!?
  9. 9.収入印紙をコンビニで買えない場合は、ゆうゆう窓口へ
  10. 10.【裏技】収入印紙をコンビニでオトクに買う!
  11. 11.ミニストップは、JMB WAONで収入印紙がオトク!
  12. 12.ファミリーマートは、ファミマTカードで収入印紙がオトク!
  13. 13.4000円の収入印紙を、クレジットカードで買ってみよう
  14. 14.コンビニ以外で収入印紙を買える場所は?
  15. 15.通信販売で収入印紙を買うときの注意点
  16. 16.まとめ:コンビニで収入印紙を買うとオトク!

4000円の収入印紙について

先ほども解説したとおり、通常よく使われるのは200円の収入印紙です。しかし、まれに4000円の収入印紙が必要なときがあります。
それは「業務委託契約書」の印紙税です。

「業務委託」とは、企業と対等の立場で仕事の依頼を受けて働く方法を指します。自営業の人にとっては馴染み深い言葉かもしれません。


どのような仕事内容を、どのように進めていくか・・・企業と細かい契約を結ぶときに必要なのが、業務委託契約書です。

業務委託契約書の内容によっては、在宅で仕事ができたり、勤務地や勤務時間が自由になったりと、自分のペースで仕事をできるようになります。
企業に使われる立場ではなく、企業と対等に渡り合って独立したい人に向いている働き方、といえるかもしれません。

業務委託契約書に、4000円の収入印紙が必要!

業務委託の仕事を請け負う場合は、申告書等の作成もすべて自分で行わなくてはいけません。

例として、継続的に3ヶ月以上の契約期間があるような請負の文書は、金額の記載が無い場合、収入印紙4000円分が必要になります。契約期間が3ヶ月以内で、仕事の更新に関する記載が無い場合は、収入印紙は必要ありません。


もし、必要な書類に4000円の収入印紙の貼付をし忘れた場合、「過怠税」を徴収されます。自己申告しなかった場合は、4000円×3(納付し忘れの印紙税+本来の印紙税×2倍)の印紙税額を納めなければいけません。その額、実に12,000円!8000円のロスにつながるので、厳密な注意が必要です。

業務委託契約書に、コンビニの200円収入印紙は使えない

「業務委託契約書に貼付する収入印紙の額面」は、契約期間や金額の差異によって異なります。その結果、間違った印紙額で提出されるパターンも多いようです。
よく有るのは、コンビニでも買える200円の収入印紙を貼付しているケース。また、本来の額よりも多い印紙額を貼付しているケースも多く見られます。

万一間違った貼り方をすると、印紙税法に違反することになります。自由な仕事の方法を実現できる業務委託ですが、申告書作成の知識はきちんと把握しておきましょう。

4000円の収入印紙は、1枚で購入するのがマナー

たとえば、あなたが4000円の収入印紙が必要だとします。この場合、1000円の収入印紙を4枚でも、4000円の収入印紙1枚でも、効力は同じです。
つまり、4000円の収入印紙の在庫が無かった場合、1000円の収入印紙×4で代用できるということです。しかし、これは仕事のマナーとして考えれば「間違い」と言わざるを得ません。

仕事の契約書に収入印紙を貼付する場合は、金額と同様に「見栄え」も大切なのです。何枚も収入印紙を貼り付けるより、1枚の収入印紙を貼るほうが好印象です。
仕事先の失礼に当たらないためにも、収入印紙は必要額面を1種類、1枚貼付することを基本と考えましょう。

4000円の収入印紙は、コンビニでは買えない!?

「仕事で4000円の収入印紙が必要なのに、郵便局に行けない!」
そんなケースもあるかもしれません。緊急のとき、4000円の収入印紙をコンビニで購入することはできるのでしょうか?

実は、4000円の収入印紙は高額収入印紙と呼ばれ、セブンイレブンやローソンなどの大手コンビニでも購入は難しいのが現状です。
まれに、4000円以上の収入印紙が購入できるコンビニもありますが、それは非常に特殊なケースです。たとえば、その店舗の収入印紙の販売実績が非常に高く、4000円以上の印紙のニーズがあると認められれば、高額収入印紙を取り扱えるようになります。しかし、それも店舗ごとに決められるものなので、私たちが把握するのは難しいのです。

収入印紙をコンビニで買えない場合は、ゆうゆう窓口へ

もし、平日の5時以降や、土日祝日に緊急で高額の収入印紙が欲しいという場合は、郵便局の支店窓口まで行く必要があります。「ゆうゆう窓口」と呼ばれる場所がそれです。
ゆうゆう窓口は、土日祝日や夜間に郵便サービスを行っている場所です。郵便物の引渡しはもちろん、収入印紙や切手の販売も行っています。
ゆうゆう窓口なら、昼間の時間帯は仕事で忙しい人もサービスを受けることができ、大変便利です。



ゆうゆう窓口の場所は全国に点在しています。ホームページから簡単に調べられますので、最寄の場所を確認していきましょう。

ただしこの窓口でも、場所によっては4000円以上の高額な収入印紙の取り扱いが無い場合があります。やはり、あらかじめ確認の電話をしておいたほうが良いでしょう。

次のページ

【裏技】収入印紙をコンビニでオトクに買う!

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely