コンビニで目薬は売ってる?ローソン・セブン・ファミマのどこで買える?

コンビニで目薬は売ってる?ローソン・セブン・ファミマのどこで買える?

深夜ゲームをしていたり、TVを見ていた時、急に目が痛くなったり、目が疲れたりしませんか?そんな時、コンビニで目薬が買えると便利ですよね。でも、コンビニって目薬って売っているのでしょうか?今回はそんな疑問について詳しく解説させて頂きます。

記事の目次

  1. 1.コンビニで目薬は売ってるの?
  2. 2.コンビニで目薬は売ってるの?①セブンイレブンについて
  3. 3.コンビニで目薬は売ってるの?②ローソンについて
  4. 4.コンビニで目薬は売ってるの?③ファーマシーローソンン
  5. 5.コンビニで目薬は売ってるの?④ヘルスケアローソン
  6. 6.コンビニで目薬は売ってるの?⑤ファミマ
  7. 7.コンビニで目薬は売ってるの?⑥ミニストップでは?
  8. 8.コンビニで目薬は売ってるの?⑦登録販売者のいる所に限る
  9. 9.コンビニで目薬は売ってるの?⑧登録販売者とは
  10. 10.コンビニで目薬は売ってるの?⑨売ってる目薬の種類・疲れ目
  11. 11.コンビニで目薬は売ってるの?⑩目薬の種類・コンタクト用
  12. 12.コンビニで目薬は売ってるの?⑪売ってる目薬の種類・花粉症用
  13. 13.コンビニで目薬は売ってるの?⑫値段は薬局より割高?
  14. 14.コンビニで目薬は売ってるの?⑬夜間はドラッグストアで
  15. 15.コンビニで目薬は売ってるの?⑭おすすめのドラッグストア
  16. 16.コンビニで目薬は売ってるの?・まとめ

コンビニで目薬は売ってるの?

一般的にコンビニには、およそ2500種類もの商品が、販売されています。
「あっ、あれを買い忘れた」などという時には、大抵コンビニで間に合いますよね。

そんな便利な暮らしに慣れている昨今ですが、そこで疑問です。
目薬は売っているのでしょうか?

何故目薬かと申しますと、電車通勤をされている方はご存知なのでしょうけれど、
前の席の方って、大抵、スマホとにらめっこしてますよね?
そんなスマホと共の、暮らしの昨今。目薬は必須アイテムとなっています。

10代からスマホ老眼の世代が生まれていますので、この現代は、目を酷使してる暮らしとなっていますね。

夜寝る前にゲームをしないと眠れないという貴方、コンビニに目薬を買いに走れるのでしょうか?

コンビニというと、三大コンビニのローソン・セブンイレブン・ファミマ。
今回は、私達の暮らしに溶け込んだ、この三大コンビニについて、詳しく解説させて頂きます。

■参考記事:コンビニでも薬を買える?コチラも参照!

コンビニでも薬・風邪薬を買えるの?【気になる】 | Lovely[ラブリー]のイメージ
コンビニでも薬・風邪薬を買えるの?【気になる】 | Lovely[ラブリー]
「風邪薬などがコンビニで買えれば楽なのに!」そう感じた事はありませんか?昔は薬局で風邪薬を購入することは出来なかったのですが、実はいま大手のコンビニでは風邪薬を買えるようになっているのをご存知ですか?今回はコンビニで買える風邪薬についてまとめてみました♪

コンビニで目薬は売ってるの?①セブンイレブンについて

コンビニにというと、代表的なのが、セブンイレブンですね。
1973年に設立されたセブンイレブンは、今日まで、顧客のニーズに対応し、自らの変化を遂げて、創業以来業績を伸ばし続けています。

私達の暮らしを最も支えてくれている、最も店舗数の多さを誇るセブンイレブン。
そのセブンイレブンで目薬は売ってるのでしょうか。

しかしながら、そんな巨大コンビニのセブンイレブンでも、薬事法の改正があったのにもかかわらず、目薬・医薬品の販売は行っていません。

目薬・医薬品の販売を行っていないセブンイレブン。
「セブン銀行」という、銀行まで作ってしまったセブンイレブン。有力地方銀行である八十二銀行や広島銀行などと、肩を並べる銀行となった、セブンイレブンでさえです。

コンビニで目薬は売ってるの?②ローソンについて

基本的にコンビニでは、医薬品を取り扱う事は、薬事法があるので、出来ないのですが、
その薬事法の改正が2009年6月1日にありました。
私達の暮らしは、どんどん変化してゆきますね。

ファーマシーローソンとヘルスケアローソンでは、目薬などの医薬品の購入が出来ます。
薬事法改正により、コンビニでも目薬の他、医薬品の販売が出来るようになったのです。

ただし、最もリスクの高い「第一分類医薬品」は薬剤師しか販売は出来ないのですが、「第二分類医薬品」と「第三分類医薬品」の医薬品については、「登録販売者」がいる店舗に限り、売ってるのです。

「第一分類医薬品」について


「第一分類医薬品」とは、薬剤師の応対が義務化されていて、安全性上、特に注意を要する成分が含まれている医薬品。

「第二分類医薬品」について

「第二分類医薬品」とは、薬剤師又は登録販売者の応対の義務化により、まれに入院相当の健康被害が生じる可能性の成分を含む医薬品。

「第三分類医薬品」について


「第三分類医薬品」とは、薬剤師又は登録販売者の応対の義務化により、日常生活に支障はないが、身体の不調が起こる恐れのある成分を含むもの。

次のページ

コンビニで目薬は売ってるの?③ファーマシーローソンン

関連記事

人気の記事