ロータイプの食器棚のメリット・デメリットは?おすすめも紹介!

ロータイプ食器棚ってどうなのかな?と思ったことがありませんか?食器棚はインテリアの中でもかなり重要な割合をしめるものなので購入時はどんなのにしようか悩むと思います。そこで、ここではロータイプ食器棚のメリット、デメリットについて紹介したいと思います!

ロータイプの食器棚のメリット・デメリットは?おすすめも紹介!のイメージ

目次

  1. 食器棚はロータイプがいい?
  2. ロータイプ食器棚のメリット①危険が少ない
  3. ロータイプ食器棚のメリット②部屋の見栄えがいい
  4. ロータイプ食器棚のメリット③家電の蒸気の心配がない
  5. ロータイプ食器棚のメリット④インテリアがおける
  6. ロータイプ食器棚のメリット⑤机になる
  7. ロータイプ食器棚のメリット⑥奥も出しやすい
  8. ロータイプ食器棚のメリット⑦掃除が楽
  9. ロータイプ食器棚のメリット⑧移動が楽
  10. ロータイプ食器棚のデメリット①腰に負担になる
  11. ロータイプ食器棚のデメリット②収納力がない
  12. ロータイプ食器棚のデメリット③豪華さに欠ける
  13. ロータイプ食器棚のデメリット④センスを問われる
  14. ロータイプ食器棚のデメリット⑤座ったときの目線になる
  15. ロータイプ食器棚のおしゃれ家具①北欧風
  16. ロータイプ食器棚のおしゃれ家具②アンティーク
  17. ロータイプ食器棚のおしゃれ家具③引き出しタイプ
  18. ロータイプ食器棚のおしゃれ家具④引き戸タイプ
  19. ロータイプ食器棚を自分好みに使おう!

食器棚はロータイプがいい?

食器棚は、ロータイプのものとハイタイプのものがありますが、どちらがいいのでしょうか?どちらともメリットもデメリットもあると思いますが、ロータイプ食器棚を選ぶメリットやデメリットはどこにあるのでしょうか?

食器棚は、毎日使うものですし、見た目もかなり存在感があるものなので、選ぶときも慎重になりますよね。さっそくロータイプ食器棚の使い勝手について、チェックしていきましょう!

ロータイプ食器棚のメリット①危険が少ない

ロータイプ食器棚のメリットは、危険が少ないことです。例えば、地震がおきたときなんかに、食器棚から食器が落ちてきたり、食器棚自体が転倒してしまっても、ハイタイプのものよりはリスクが少ないでしょう。

ハイタイプのものは、天井近くまで食器が積み重なっていて、天井近くから落ちてくるのでとても危険です。しかし、ロータイプなら、1番高くても腰ぐらいの高さなので、全く危険がないということではありませんが、危険を軽減することはできますね!

ロータイプ食器棚のメリット②部屋の見栄えがいい

ロータイプの家具って、実は部屋を広く見せるアイテムになると言われています。1人暮らしの人なんかは、ロータイプの家具のほうがワンルームも効率よく使いこなせるといいますよね!

そのため、ロータイプの食器棚は圧迫感がなく、すっきり見えて部屋の見栄えがとってもよくなるのです。それだけでおしゃれ感がでますね!

ロータイプ食器棚のメリット③家電の蒸気の心配がない

ロータイプ食器棚は、食器棚の上にレンジや炊飯器などを設置すると思います。そのため、蒸気が出てもそのまま上にサーっと抜けていってくれるため、家具が傷んでしまうのでは?という心配が少ないのもメリットの1つです。

家具を長持ちさせるという意味では、ロータイプ食器棚のほうがいいかもしれません。

ロータイプ食器棚のメリット④インテリアがおける

ロータイプ食器棚は、インテリアをコーディネートする楽しみも増えますね!食器棚の上にも、色んな雑貨が置けたりするので、部屋をどんどんおしゃれに変えていくことができるのです。これは、ハイタイプの食器棚にはない楽しみではないでしょうか。

ロータイプ食器棚のメリット⑤机になる

ロータイプ食器棚は、机になったり、カウンターになったりするという機能性もあります。これが本当に便利なのです!

主婦には、自分の部屋というものがなく、いつもキッチンにいることが多いと思うのですが、キッチンに机代わりになる家具があると、そこに落ち着くこともできますね。

書き物があったり、急にメモを取らないといけないときなんかにも、ロータイプ食器棚が活躍するということです。

ロータイプ食器棚のメリット⑥奥も出しやすい

ロータイプ食器棚は、座って作業ができるので、奥にある食器も危険なく出すことができます。そして奥までしっかり使うことができるのも、ロータイプ食器棚のメリットですね。

ハイタイプのものですと、「上の奥は使いにくいから、何も置かないほうがいい・・・。」となるのですが、ロータイプなら、余すところなく使うことができますよ!

ロータイプ食器棚のメリット⑦掃除が楽

ロータイプ食器棚は、ハイタイプと比べると、断然掃除が楽だというメリットもあります。ハイタイプの食器棚ですと、一番上の部分は届かなくてホコリがたまりがちですが、ロータイプならサッと拭きあげることができます。

食器棚の中も、簡単に掃除をすることができるので、楽ですよ!

ロータイプ食器棚のメリット⑧移動が楽

ロータイプ食器棚は、ちょっと場所を変えたいなと思ったときにも、移動が楽にできます。中には、キャスター付きのロータイプ食器棚もあるので、好きなように模様替えをすることができるでしょう。

引越し時も、もちろん楽です。座ったまま手が届く位置においていたら、それはそれで便利ですよね!

ロータイプ食器棚のデメリット①腰に負担になる

ロータイプ食器棚は、毎回使うたびにしゃがみこむ姿勢になることが多いので、腰に負担がかかると言われています。

そして、いちいちしゃがんで食器を取るというのは、めんどくさくもありますよね。ここは、どうしてもロータイプ食器棚のデメリットになってしまいます。

ロータイプ食器棚のデメリット②収納力がない

ロータイプ食器棚は、ハイタイプの食器棚に比べると、収納は愕然と少なくなります。上に高さがない分、仕方がないのですが、食器って増えていくことが多いので、収納力が弱いというのは、ちょっと困りますよね。ただ、物を増やさないで済むという見方もできます!

■関連記事:キッチン収納術について詳しく知りたい方はこちらもチェック!

おしゃれなキッチン収納術・アイデア実例65選!
100均キッチン収納術!便利なグッズ・アイデア60選紹介!

ロータイプ食器棚のデメリット③豪華さに欠ける

ロータイプの食器棚は、やはりハイタイプのものに比べると豪華さに欠けるところがあります。そのため、ちゃんと自分で工夫しないと、「なんか寂しい・・・。」という印象を与えてしまうでしょう。存在感が薄いので、豪華さはハイタイプのほうがいいでしょう。

ロータイプ食器棚のデメリット④センスを問われる

ロータイプの食器棚は、どんな風に食器を収納するのか、そして、棚の上にはどんな雑貨を置くのかでセンスが問われます。

おしゃれが好きな人や、インテリアが好きな人にとっては、楽しめるのですが、おしゃれとか分からないという人にとっては、ただの棚になってしまう可能性も高いでしょう。

ロータイプ食器棚のデメリット⑤座ったときの目線になる

ロータイプ食器棚は、置く場所にもよりますが、座ったときにどうしても目線に入りやすくなるので、ごちゃごちゃした家と思われることもあるでしょう。

それだけに、やはり収納の仕方のセンスが問われますね。どの角度から見てもおしゃれに仕上げないといけないので、手が抜けないというデメリットもあります。

ロータイプ食器棚のおしゃれ家具①北欧風

北欧家具は、人気がとても高くて、おしゃれで可愛いですよね!木目がはっきり分かるこの北欧家具は、グリーンとの相性がいいので、より北欧感を出すことができるでしょう。

ロータイプなら、上にいろいろ置くこともできるので、北欧雑貨を置いて、北欧の世界を演出するのもいいですよね!

このロータイプの食器棚は、おしゃれな上に、収納もある程度できるところがポイントです。すりガラスなのも、北欧感を崩さなくていいですね!北欧雑貨にハマっている人は、食器棚も北欧でそろえましょう!

食器棚 ロータイプ 幅88cm 高さ82cm 収納家具 キッチン 収納
9,980円
楽天で詳細を見る

ロータイプ食器棚のおしゃれ家具②アンティーク

家具は、アンティークなものもとってもおしゃれですよね!猫足とか、ロココ調とかが好きな人なら、食器棚もアンティークで揃えたくなるでしょう。

この食器棚は、ミニサイズで、小さめの冷蔵庫ぐらいの高さですが、引き出しもついていますし、炊飯器やポットを置く部分、レンジを置く部分もあって、とても機能的です。炊飯器のところは、ドアがしめられるので来客時にも便利ですよ!

ミニ食器棚(C・ハイ) 姫系
29,160円
楽天で詳細を見る

ロータイプ食器棚のおしゃれ家具③引き出しタイプ

引き出しタイプの食器棚がいいと思っている人もいるでしょう。ロータイプの食器棚なら、引き出しタイプのほうが収納もできそうですよね!また、見た目がピシっと揃っている雰囲気になるので、スタイリッシュなおしゃれを望んでいる人におすすめです。

この食器棚は、引き出しの1番上が棚になっているので、料理中に何かを置くのもいいですし、サッとメモを取りたいときにも便利です。

また、引き出しの深さや、大きさがそれぞれ違うので、食器に合わせた収納ができるところもいいですね!引き出しタイプもおしゃれで素敵です!

キッチンカウンター 完成品 幅120cm 日本製
46,800円
楽天で詳細を見る

ロータイプ食器棚のおしゃれ家具④引き戸タイプ

引き戸タイプの食器棚は、古風な雰囲気もあって、そこがまたおしゃれですよね!引き出しはついていませんが、引き戸なので開けたら全てを見渡せるというメリットがあります。

どこに何があるのかが、一目瞭然なので、めんどくさくなくて重宝しそうですよね!引き戸タイプは、子供でも簡単に開けられるので、お手伝いをさせるときにもいいと思います!

引き戸 間仕切り 食器棚 キッチンカウンター 幅120cm 高さ85cm ロータイプ キッチン収納
41,250円
楽天で詳細を見る

ロータイプ食器棚を自分好みに使おう!

ロータイプ食器棚のメリット・デメリットなどについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ロータイプ食器棚のメリットは、

・危険が少ない
・部屋の見栄えがいい
・家電の蒸気の心配がない
・インテリアがおける
・机になる
・奥も出しやすい
・掃除が楽
・移動が楽

などです。

そして、ロータイプ食器棚のデメリットは、

・腰に負担になる
・収納力がない
・豪華さに欠ける
・センスを問われる
・座ったときの目線になる

などです。デメリットもありますが、危険が少ないというメリットは、とても大きいですね!

そして、おしゃれなロータイプ食器棚もいくつか紹介しています。北欧風や、アンティーク調のもの、引き出しタイプや引き戸タイプなど、色んなタイプのものがあるので、好みの食器棚に出会うことができそうですね!

食器棚は、インテリアの中でも、目立つ存在なので、妥協せずにいいものを選んでくださいね!

もっと家具について知りたいアナタへ!

無印良品の収納家具のおすすめとインテリア実例まとめ!
無印良品でインテリア!無印の家具・雑貨を使ったおしゃれな実例特集
コストコの家具おすすめ11選!ソファを絶対買いたい!
同棲カップルにおすすめインテリア9選!おしゃれに家具を配置しよう

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ