カーテンの種類と選び方解説!おすすめのポイントは?

カーテンの種類や選び方がバラエティー豊富でおしゃれだと注目を集めています。カーテンの種類や選び方には、どんなおすすめのポイントがあるのでしょうか。今回は、カーテンの種類や選び方を、おすすめのポイントも合わせてご紹介したいと思います。

カーテンの種類と選び方解説!おすすめのポイントは?のイメージ

目次

  1. カーテンの種類と選び方をご紹介
  2. カーテンにはたくさんの種類がある
  3. カーテンの種類:レース
  4. カーテンの種類:ドレープ
  5. カーテンの種類:ダブルカーテン
  6. カーテンの種類:ロールスクリーン
  7. カーテンの種類:ブラインド
  8. カーテンの種類:縦型ブラインド
  9. カーテンの種類:プリーツスクリーン
  10. カーテンの種類:プレーンシェード
  11. カーテンの種類:シャープシェード
  12. カーテンの種類:バルーンシェード
  13. カーテンの種類:シングルシェード
  14. カーテンの種類:ダブルシェード
  15. カーテンの種類:コード式シェード
  16. カーテンの種類:ドラム式シェード
  17. カーテンの選び方:光の量
  18. カーテンの選び方:内外からの視線
  19. カーテンの選び方:紫外線カット
  20. カーテンの選び方:暑さ寒さ対策
  21. カーテンの選び方:防音性
  22. カーテンの選び方:インテリア性
  23. カーテンの選び方:操作性
  24. カーテンの選び方:お手入れ
  25. カーテンの選び方:カーテンレール
  26. カーテンの種類いろいろ、お部屋に合うカーテンを!

カーテンの種類と選び方をご紹介

みなさんはカーテンの種類や選び方で迷ったことってありませんか。カーテンはお部屋のインテリアを決める大事な存在で、生活に色々な役割を果たしてくれます。カーテン一つでリラックスできるお部屋にもなれば、全体にバランスが悪くてデメリットにもなってしまうこともあります。カーテンと一言で言っても、たくさんの種類や名前もあります。せっかくカーテンをつけるなら、種類や選び方をしっかり理解したいですよね。

カーテンの種類や選び方には、色々なメリットやデメリットがあって、ランナーなどの機械や部品も必要です。では、カーテンの種類や選び方には、どんなおすすめのポイントやデメリットがあるのでしょうか。そこで今回は、カーテンの種類や選び方について、おすすめのポイントやデメリットを詳しくご紹介したいと思います。これからカーテンを選びたいと思っている方は、メリットやデメリットなど、ぜひ参考にして下さいね。

カーテンにはたくさんの種類がある

カーテンと呼ばれていても、その種類や名前はとてもたくさんあります。カーテンを含めて窓の周りを装飾することが、インテリア業界ではウィンドウトリートメントと呼ばれています。窓の周りにつけるカーテンの種類やデメリットを知っていることで、よりおしゃれなインテリアに近づけることができます。カーテンの選び方について知る前に、カーテンの種類や名前からご紹介していきたいと思います。

カーテンの種類:レース

カーテンの種類や名前で人気が高いのは、レースカーテンです。レースカーテンは見た目にかわいらしくて、爽やかで涼しいイメージを演出することができます。レースカーテンはお部屋から外が見えますが、外からは見えにくいというメリットがあって便利です。レースカーテンは色あせしにくくて、耐久性もあり、手入れがしやすいのも大きなメリットとなっています。

レースカーテンでおすすめなのは、外からも家の中が見えにくい厚さのカーテン生地です。レースカーテンには薄い生地から外から家の中が見えにくい厚い生地まであります。レースカーテンのデザインはもちろん、光の入り具合や外からの見え具合も意識して選ぶのがポイントです。レースカーテンならキッチンやリビングなどお部屋のあらゆる場所を、おしゃれでかわいい雰囲気にできますね。

カーテンの種類:ドレープ

カーテンの種類や名前で憶えておきたいのは、ドレープです。ドレープは、生地が厚手のカーテンのことです。ドレープには、ヒダやスタイルによって色々な種類や名前があるので、お部屋のインテリアに合わせたコーディネートにするのがポイントです。ドレープカーテンは、断熱性や遮光性、防音性に優れているというメリットがあります。リビングや寝室など用途に合わせて、ランナーなどの部品を選ぶのがポイントです。

カーテンの種類:ダブルカーテン

お部屋のインテリアで使うカーテンの王道と言えば、ダブルカーテンです。ダブルカーテンとは、厚手のドレープと光を通す薄手のレースを組み合わせる方法のことです。一般的にカーテンと聞くと、このダブルカーテンを想像する方が多いことでしょう。ダブルカーテンを選ぶ際には、カラーリングを上手にコーディネートするのがポイントです。家具に合わせることで、お部屋全体に馴染みやすくなります。

カーテンの種類:ロールスクリーン

巻き上げるスタイルのカーテンを使いたいなら、ロールスクリーンがおすすめの種類です。ロールスクリーンカーテンは、上部で巻き上げるスタイルなので、開口部がすっきりと見えるのがメリットです。窓の周りはもちろんのこと、ロールスクリーンなら間仕切りとしても活用でき、ランナーなどのレールが必要ありません。ロールスクリーンを部屋の間仕切りとすれば、日中は開放して、夜は部屋として使うことができます。

ロールスクリーンは巻き上げた時に外から見えて、見た目にスッキリ見えないというデメリットもあります。そんな時には、巻き上げてもロールスクリーンが見えないようにすれば、見た目にスッキリして見えます。ロールスクリーンカーテンを活用すれば、洗面脱衣室とバスルーム、トイレなどを区分したい時にも活用できます。ロールスクリーンカーテンなら、幅広い用途で活用できます。

カーテンの種類:ブラインド

カーテンの種類や名前で人気が高いのは、ブラインドカーテンです。ブラインドカーテンは、スラットと呼ばれる羽根が何枚も組み合わされてできたカーテンです。一般的には、樹脂の材質を使ったブラインドが多く、ベネシャンブラインドと呼ばれています。オフィスやユニットバスで使われることが多くあります。光が入る角度を調整できるメリットがありますが、安っぽく見えるデメリットもあります。

ブラインドカーテンをお部屋に使うと、インテリアがオフィスのような雰囲気になるのを避けるのがポイントです。ブラインドはスラットの材質によっても見た目や質感が変わってくる特徴があります。天然木を使ったウッドブラインドなら、インテリアに重厚感を出したい時やアジアンテイストにしたい時におすすめです。アルミ材質のブラインドカーテンなら、モダンでシャープなイメージのお部屋になります。

■参考記事:カーテンとブラインド、どちらを使うのがいい?

カーテンとブラインド徹底比較!どっちを使うのがいい?

カーテンの種類:縦型ブラインド

一般的にブラインドカーテンと言えば、横にスラットが並んでいるスタイルを想像する方が多いことでしょう。そこでおすすめなのが、スラットを垂直に立て方法に並べた縦型ブラインドカーテンです。縦型にブラインドカーテンを使うことで、大きな窓にぴったりで高級感のあるインテリアになります。光の調整がしやすく、窓の上部まで巻き上げる必要がないというメリットがあります。

縦型ブラインドは垂直方向のスラットがスマートで、お部屋のインテリアがおしゃれに見せることができます。縦型のブラインドの場合はスラットが薄くて密封していないので、断熱効果や遮音効果が高くないというデメリットもあります。大きな窓のある部屋や光の調整を上手にしたいリビングでは、縦型ブラインドが活躍してくれます。

カーテンの種類:プリーツスクリーン

カーテンの種類や名前で注目されているのが、プリーツスクリーンです。プリーツスクリーンの断面をハチの巣状にすることで、ハニカムスクリーンとして断熱性を高める使い方もあります。プリーツスクリーンは、和室でも洋室でもどちらでもおしゃれに見えるデザインが人気となっています。とても爽やかでナチュラルな雰囲気なので、ほっと落ち着く空間が作れます。

プリーツスクリーンの素材はたくさんあって、和紙や不織布を使ったカーテンアあります。カラーリングはもちろん、素材の質感も楽しめるのでインテリアにぴったりです。プリーツスクリーンは以前の家屋にはありませんでしたが、最近10年で日本でも多く取り入れられるようになってきました。

カーテンの種類:プレーンシェード

カーテンの種類でおすすめしたいのが、シェードカーテンです。シェードカーテンとは、カーテン生地を水平にたたみながら、上下に昇降させて使う方法のことです。シェードカーテンには色々な種類や名前がありますが、最も基本的なスタイルとなるのがプレーンシェードです。シェードカーテンは、ローマンカーテンと呼ばれることもあります。

ロールスクリーンと同様に上部に巻き上げる方法なので、一般的なカーテンよりもお部屋をスッキリ見せられるメリットがあります。プレーンシェードはカーテン生地の重なりが、自然でナチュラルに見えるメリットがあります。一方で、上下に巻き上げる手間があるので、頻繁に上げ下げしたい方にはちょっと面倒というデメリットもあります。

カーテンの種類:シャープシェード

シェードカーテンの種類や名前で人気があるのは、シャープシェードです。シャープシェードは、生地の裏側に水平なバーが縫い込まれているタイプのカーテンです。バーが縫い込まれていることで、シャープでスマートなひだを作ることができます。薄いカーテン生地の場合はバーが透けてしまうデメリットもありますが、逆にバーを魅せるインテリアにすることでメリットに変えることができます。

シャープシェードを使うことで、お部屋の見た目がスッキリするというメリットがあります。シェードカーテンの最大のメリットを活かしたスタイルで、左右にカーテン生地を寄せないのが魅力です。一般的に縦長の小窓がおすすめで、窓の周りをスッキリさせることができます。また、窓の前後左右に置かれている家具があっても、邪魔することなくお部屋を広く使えるというメリットもあります。

カーテンの種類:バルーンシェード

カーテンの種類や名前で話題となっているのが、バルーンシェードです。バルーンシェードカーテンは、布生地を上げる時にバルーンのような丸みを帯びているスタイルです。窓の周辺にバルーンシェードカーテンを付けると、ゆったりとエレガントなイメージになります。カーテンの生地によっても丸みの印象が変わってきます。一番のおすすめはレースなどの薄くて柔らかい生地で作るバルーンシェードです。

バルーンシェードという名前のカーテンにも、ピーコックスタイル、ムーススタイルなどがあります。お部屋のインテリアに合わせて丸みの種類を変えてみるのもおしゃれです。シェードカーテンの全体にひだを付けたいなら、オーストラリアンスタイルという種類もあります。

カーテンの種類:シングルシェード

カーテン生地を上げ下げする機械や仕組みによっても、種類や名前は区分されています。シングルシェードカーテンは、1台の機械や仕組みで1枚のカーテン生地を上げ下げするスタイルです。1台につき1枚なのでシンプルに使えて操作が分かりやすいのがメリットです。一方で、2枚のカーテンを上げ下げするには2台の機械や仕組みが必要になるというデメリットもあります。

■参考記事:風水でカーテンを選ぶなら?

風水でのカーテンの選び方!リビングや寝室の運気をアップさせよう!

カーテンの種類:ダブルシェード

ダブルシェードは、シングルシェードと同様にカーテン生地を上げ下げする機械や仕組みの区分のことです。ダブルシェードは、1台の機械や仕組みで2枚以上のカーテン生地を上げ下げができるスタイルです。1台につき2枚以上のカーテン生地を上げ下げできるので、お部屋の機械をスッキリまとめられるメリットがあります。一方で、人や年齢によっては操作が複雑に感じるデメリットもあります。

カーテンの種類:コード式シェード

シェードカーテンの種類や名前でご紹介したいのが、コード式シェードカーテンです。シェードカーテンには、カーテン生地を上げ下げするスタイルによって種類や名前が分けられています。コード式シェードは、コードを引くことで直接カーテン生地が上がる種類のカーテンです。コード式シェードカーテンは、小窓の上げ下げにはメリットになりますが、大きな窓には力が弱くてデメリットになります。

カーテンの種類:ドラム式シェード

シェードカーテンの種類や名前でご紹介したいのが、ドラム式シェードカーテンです。シェードカーテンには、カーテン生地を上げ下げするスタイルによって種類や名前が分けられています。ドラム式シェードは、チェーンを引くとギアを経由してカーテン生地を上げ下げする種類のカーテンです。ドラム式シェードカーテンは、大きな窓でも軽い力でカーテンが上げられるというメリットがあります。

カーテンの選び方:光の量

カーテンの選び方で大切なポイントは、光の量の調節です。カーテンを付ける本来の目的は、光の調節にありますから、必ずチェックするようにしましょう。光の量は住んでいる部屋の立地にもよりますし、方角によっても大きく変わってきます。光を取り入れて明るく過ごしたいのか、できるだけ光を遮りたいのかによっても必要は変わってきます。

カーテンの中にも光を調節しやすい種類と、光を調節しにくいタイプがあります。光の調節によって部屋の明るさも変わってきますから、カーテンの選び方は大切になります。昼間に睡眠をとることが多い方は、ドレープカーテンで光の量を抑えることができます。逆に、明るく過ごしたい方なら、レースのカーテンを付けることで光を入れることができます。

カーテンの選び方:内外からの視線

カーテンの選び方で必ずチェックしたいのが、部屋の内外からの見え方です。カーテンを付ける主な目的の一つは、目隠しや視線を遮ることです。せっかくカーテンを付けたのに、外から生活が丸見えになってしまっては残念です。また、レースカーテンで外を見たいのに、生地が厚すぎると毎回カーテンを開けないと外の様子が分からないこともあります。

視線をカットしたいなら、レースカーテンの厚さをしっかりチェックすることで心地よいカーテンを選べます。ブラインドカーテンを使うことでも、角度を調整することで視線を遮ることができます。完全に家の中が見えないようにしたいなら、ドレープカーテンや生地の厚いタイプを選ぶのがおすすめです。

カーテンの選び方:紫外線カット

カーテンの選び方でおすすめしたいポイントは、紫外線カットができるかどうかです。紫外線対策が施してあるカーテンを選ぶことで、光を取り入れながらもUVカットすることができます。肌を焼きたくないからカーテンを閉めてしまっては、外からの風や光を取り入れることはできません。紫外線カットのカーテンを選ぶことで、光や風を取り入れながら明るいお部屋で過ごすことができます。

カーテンの選び方:暑さ寒さ対策

カーテンの選び方で大切なポイントは、暑さや寒さの温度対策です。カーテンの種類を選ぶことで、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる環境を作り出すことができます。カーテンの種類の選び方で夏の直射日光の量を調整することができます。また、風の入り方もカーテン生地の種類によって変わってきます。冬なら断熱性能のある生地を選ぶことで、外から来る寒さを遮ってお部屋を暖かくすることができます。

カーテンの選び方:防音性

カーテン生地の種類の選び方で、防音性能も大きく変わってきます。外からの騒音を防ぎたい方や、家の中から漏れる音を減らしたい方など、目的に応じてカーテンを選ぶことができます。生地の厚いカーテンを選べば防音性能を高めることができます。最近では、防音性能を高めた専用のカーテンもありますから、騒音に悩んでいる方や大音量で音楽や映画を見たい方にはおすすめです。

カーテンの選び方:インテリア性

カーテンの選び方で大切なポイントは、インテリア性を考慮することです。カーテンの種類によって、お部屋の印象やインテリア性は大きく変わってきます。インテリアにあったカーテンの生地やカラーを選ぶことで、よりデザイン性のあるコーディネートを楽しめます。まずは、お部屋の大きさや壁の色にあったカーテンを選びましょう。ホワイトな壁とダーク系では、雰囲気も大きく変わってきます。

お部屋に置いている家具とカーテンのコーディネートも重要な要素になってきます。アンティーク系の家具が多いのか、一人暮らしでシンプルな家具が多いのかによってカーテンを選ぶと良いでしょう。また、お部屋が和室か洋室かによってもカーテンの種類は変わってきます。和風のお部屋ならシンプルでナチュラルなカーテンが似合いますし、洋室のお部屋ならカーテンの形なども工夫できます。

カーテンの選び方:操作性

カーテンの操作性も選び方で大切なポイントになります。カーテンは毎日使うものですから、使いやすい操作性や機能性に優れた種類がおすすめです。毎日カーテンを開け閉めしたり、上げ下げするのに、操作がしにくいと気持ちよく過ごせませんよね。カーテンを上げ下げしやすい種類を選ぶことで、毎日心地よく過ごすことができます。デザインだけではなく、機能性や操作性も重要視しましょう。

カーテンの選び方:お手入れ

お手入れのしやすさもカーテンの種類や選び方で大切なポイントになります。カーテンは窓の近くで毎日使うものですから、日光にあたって日焼けしたり、外気による汚れが付いたりします。キッチン周りの窓で使う場合には、油汚れも付いてしまいます。お手入れのしやすいカーテンの種類を選んでおくことで、お手入れが簡単で長い期間にわたって使いやすくなります。

カーテン生地を選ぶ場合には、ドライクリーニングなど洗濯が可能なタイプを選ぶのがおすすめです。カーテン生地によっては自宅の洗濯機で洗えるタイプがありますから、経済的でお手入れしやすくなります。カーテン生地の素材によっては、洗濯で縮んでしまったり、汚れが目立ちやすいこともあります。洗濯しやすいカーテンを選べば、生地がヨレヨレになったり、汚れるのを防ぐことができます。

■参考記事:自宅でカーテンを洗濯・カビ取りする方法は?

カーテンの洗濯方法!カビや汚れを落とそう!【自宅でできる】

カーテンの選び方:カーテンレール

カーテンレールやランナーの選び方や種類もとても大切なポイントです。カーテンレールやランナーと一言で言っても、たくさんの種類があります。カーテンレールやランナーがなければカーテンを付けられませんし、カーテンレールやランナーの種類によってインテリアの雰囲気も大きく変わってきます。スッキリしたお部屋を目指すなら、シンプルで機能的なカーテンレールやランナーがおすすめです。アンディーク調のお部屋ならアイアン調のやランナーがおすすめです。

カーテンレールやランナーを選ぶ時には、機能性に優れたタイプを選びましょう。ランナーのデザインや価格は理想的でも、毎日の操作が使いにくいとデメリットになってしまいます。窓やお部屋のインテリアに似合ったカーテンレールやランナーを選ぶのも大切なポイントです。カーテンレールやランナーはエレガント系やダンディ系があるので、男性と女性の部屋でも使い分けられます。装飾を施したハイブリット型のスタイルのランナーにも人気があります。

カーテンの種類いろいろ、お部屋に合うカーテンを!

今回は、カーテンの種類や選び方について、ご紹介してきました。カーテンと一言で言っても色々な選び方やランナーの種類があって楽しかったですね。カーテンにはそれぞれメリットやデメリットがありますから、お部屋の必要に合わせて選ぶようにしましょう。今回ご紹介したカーテンの種類やランナーの選び方を参考にして、素敵なインテリアを楽しんでくださいね。きっとおしゃれなお部屋を実現できますよ。

カーテンについてもっと情報を知りたいアナタに!

カーテンの色の選び方!インテリアをおしゃれにする7つのコツ!
白いカーテンで部屋をおしゃれに!遮光もばっちりできちゃう!
カーテンレールの種類と特徴を解説!選び方は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ