振られてから、毎日が辛い。失恋からどうすれば立ち直れるの?

失恋はとても辛いですよね。永久に立ち直れないのではないか?と思ってしまうほど、悲しい気持ちになってしまうものです。しかし立ち直って、また歩みださないといけません。今回は悲しい失恋からの立ち直り方をご紹介させていただきます。前向きになるための参考にしていただければ幸いです。

振られてから、毎日が辛い。失恋からどうすれば立ち直れるの?のイメージ

目次

  1. 彼氏に振られた。どうしてこんなに辛いの?
  2. どうすれば失恋の辛さを軽減できる?
  3. 次の恋に進む前に、考えるべきこと!
  4. 辛すぎる恋は、いつかあなたを支えてくれる

彼氏に振られた。どうしてこんなに辛いの?

はじまる恋があれば終わる恋もあるものです。残念ながら永久に続く愛というものは数少なく、別れが訪れるカップルの方が多いのが実情です。

愛していた人に振られるのはとてもとても辛いものです。もう立ち直れないのではないかと思ってしまうほどですよね。

しかし私たちは立ち直って生きていかなければなりません。また笑顔で恋愛できるように、この失恋を糧にしてしまいましょう。今回は失恋からの立ち直り方をいくつかご紹介していきます。

辛いのは、相手のことがまだ好きだから

さて、何故失恋をすると辛いのでしょうか?それはあなたが相手のことをまだ大切に思っていて、好きだと思っているからです。振った側ならまだしも、振られた側ならばこうなるのは当然のことなのです。

彼氏や好きな人から振られるのは、人生で一番辛いものです。愛情が拒否されるわけですから、辛くないわけがありません。

相手への気持ちがなくなるように自分の考えを整理しない限りは、辛い状態が続くと思った方が良いでしょう。

振られて初めて相手の大切さがわかるときもある

付き合っているときは相手にも好かれているという意識があり、ついつい慢心してしまうものです。相手の愛情に甘え、わがままな態度や失礼な態度をとっていたせいで別れが訪れたのかもしれません。

そうなると、どうしてもっと優しく出来なかったのだろうと自分を責めてしまいますよね。

決して別れたいから慢心していたわけではありませんから、どうしたらやり直せるの?と復縁方法を考えてしまい、ついつい涙を流してしまいます。

しかしこうやって相手の大切さを再認識することは重要なことです。この恋が終わったとしても次回の恋に活かす経験として、自分の反省材料にしてしまいましょう。

今までの自分たちが否定されるのが辛い

振られて辛いのは相手のことがまだ好きだからという理由もありますが、今までの愛情や好意を否定された気持ちになってしまうことも理由となります。

逆恨みではありませんが、裏切られたという感情を持ってしまう人も少なくありません。こうなってしまうとこの恋を次に活かすどころか相手への未練や恨みが募る原因となってしまいます。

相手にいつまでも執着することとなり、自分で自分を辛い状況へ追いやってしまいます。そうならないためにも、失恋からの立ち直り方を学んでおくことが大切です。

■関連記事:名言で立ち直ろう!失恋名言集はこちら

失恋の名言30選!立ち直るのに役立つ言葉を紹介します!

どうすれば失恋の辛さを軽減できる?

どんな人でも失恋をしたら悲しいものです。落ち込みもします。しかしどうにかして失恋の辛さを軽減したいですよね。そこでここでは失恋の痛みを少しでも和らげる方法をご紹介します。

信頼できる友達・家族と過ごす時間を増やす

一人で閉じこもっていては、元恋人のことばかり考えてしまいます。そして振られた自分のことを否定してしまいがちになります。こうならないためにも、自分を肯定してくれる人と過ごしてみましょう。

例えば家族、信頼のおける友人がおすすめです。同性で気軽にガールズトークをするなど、気持ちを入れ替える工夫をすることで、失恋のことを考える時間が減ります。

そして新たな価値観を得ることができるので、前向きに立ち直るきっかけになりますよ。

彼との距離を取ること

なるべく元彼との距離を取るようにし、精神的にだけじゃなく物理的にも離れるようにしましょう。ばったり遭遇しそうな場所には近づかないようにするとか、通勤路を変えてみることをおすすめします。

付き合っていたころの彼の行動パターンは把握しているはずなので、立ち直るまでは彼の行動範囲には近づかない方が良いですね。

そして最近はSNSがとても発達していますから、携帯やパソコンで検索するだけで元彼の日常を知ることができます。

元彼の動向について気になる気持ちも分かりますが、元彼の行動を監視していればあなたが立ち直るきっかけを壊してしまうことになります。気になる気持ちはぐっと抑えて、SNSのチェックをすることはやめましょう。

家にいると、心が過去にばかり向いてしまいがち!とにかく外に出よう

家に閉じこもっていると考えるのは失恋のことばかりになってしまいます。そうならないためにも、用事がなくても出かけることをおすすめします。

外に出ればいろいろな情報が目に入ってきて、さまざまなことを考えるきっかけになります。一時でも失恋のことを考える時間を減らすことができます。

一番おすすめなのは体を動かすことです。ジムでも良いのですが、手軽にできる散歩やウォーキングをおすすめします。歩いているときも一人になるわけですが、体を動かしている分深い考え事はできない状態になります。

体を動かしている時はマイナスな感情よりもポジティブな感情が働きやすくなります。失恋したときこそアクティブに行動するようにしてみましょう!

思い切って旅に出よう

失恋といえば、旅ですよね。「傷心旅行」という言葉があるくらい、気分転換に旅はおすすめなのです。

無理に遠くへ行く必要はありません。日帰り旅行でもかまいませんし、思い切って一週間海外旅行に行くのもおすすめです。

旅は価値観を変えてくれますし、新しい刺激を受けるのにもってこいな行動です。新たな自分を見つけたり、ちょっと贅沢をして自分を癒すこともできます。積極的に旅に出かけてみると良いですよ。

髪を切ってイメチェン!女を磨くための買い物もよし

失恋したら髪を切る、という女性は結構います。思い切った行動をすることで、悩みや悲しみも一緒に捨ててしまうという心理からこのような行動をとるといわれています。

実際、自分の見た目が変わることで、心も一新できるのでイメチェンは効果大と言えます。

髪を切れなくても、今までと系統を変えるのもおすすめです。今まで落ち着いた雰囲気の服装を好んでいたのならちょっと派手目な服装にしてみるだとか、今までと路線を変えることで気持ちを前向きにすることができます。

■関連記事:失恋でうつになる人もいます。そうならないようにも心のケアが必要です。

失恋でうつの症状が出る人の7つの特徴と理由!克服するためには?

次の恋に進む前に、考えるべきこと!

失恋して立ち直りかけたのなら、次のステップへ進みましょう。しばらく恋はいいや、と思っている人でも次に恋をするときのために今までの恋を振り返ることも重要です。
ここでは前向きな失恋の反省方法をお伝えしていきます。

相手との復縁はある? ない?

自分が振られた側ならば、相手との復縁を考えてしまうのは自然なことです。ダメな部分を直したのなら、復縁できる可能性があるのでは?と思ってしまいますよね。

基本的には復縁はないと考えた方が良いでしょう。相手も悩み悩んだ末の決断だったわけですから、その決断を尊重してあげましょう。

しかし、それでもどうしても諦められないときは、時間をおいて相手に復縁をオファーするのもありです。まずは、時間をおくのが大切。その期間内に自分の悪かった部分を反省し、改善したことを分かってもらう必要があるからです。

ここで注意したいのは、しつこく迫るのはダメということ。振られたのは理由があるのですから、あなたの好感度はマイナスになっていると思った方が良いでしょう。

マイナスの好感度の人にしつこくされたら余計嫌いになってしまいますよね。自分だけでなく相手の気持ちにも気を配るようにしましょう。

どうして失恋したのだろう? 次の恋に行く前に考えよう

復縁を望む場合でも、新しい恋をする場合でも、今までの恋でどんな失敗をしたのか、なぜ振られたのかを思い返す必要があります。そうしないと同じ失敗を繰り返してしまうかもしれないからです。

思い返すのは辛いことかもしれませんが、失恋に至った理由は必ずあるはずです。そこを掴めば、同じ失恋を繰り返す可能性はぐっと減ります。復縁も望めるかもしれません。

失恋の失敗を思い返すにはあなたが冷静であることも必要です。焦らずに失恋した心が落ち着いた頃に振り返りをはじめてみましょう。

失恋した彼との相性は本当に良かった?

振られたのはあなたかもしれませんが、あなたもきっと心のどこかで相手に対して不満に感じていたこともあるのではないでしょうか?

次の恋へ進む前に、自分と相性の良い人はどんな人なのか、そして自分はどんな人と付き合いたいかを考えてみましょう。

こうやって客観的に自分の望むパートナーの姿を想像してみると、自分が次にしないといけないことや理想のパートナーと付き合うのに何が足らないかを知ることができます。

相手が自分を振った理由を思い返してみよう

あまり考えたくないことかもしれませんが、相手に振られた理由を考えてみましょう。自分ではあまり悪かったと思っていなくても、他人からしてみたらとても嫌だと感じる部分があるかもしれません。

そこはあなたの欠点ですから、直しておいた方が良いと言えます。次の恋に向けて、自分の悪い部分を見つめ直してみましょう。

自虐的にならないために、誰かに話すのもよし

自分一人で色々考えていると考えが偏ってしまいがちです。主観的にしか物事が見れませんし、一方的な方向からしか物事をとらえることができません。そこで友達に話を聞いてもらうことをおすすめします。

元彼でもないあなたでもない、第三者の目線が入ることで気が付けなかったことに気が付けるかもしれません。もしかしたら元彼が否定してきたあなたの欠点が、第三者からしてみたら欠点ではないかもしれません。

また、信頼のおける友人や家族に失恋の話をしてみると、あなた自身の心が楽になるでしょう。言葉にすることで、大なり小なり気持ちも軽くなり、前向きな気持ちになることができるかもしれません。

辛すぎる恋は、いつかあなたを支えてくれる

いかがでしたでしょうか。今回は辛い失恋からの立ち直り方をご紹介してきました。失恋が辛くない人はいません。そして失恋をしてしまったけれど、あなただけが悪いということもありません。

決して自己否定に走るのではなく、自分の悪かったところを見つめ、改善につなげていきましょう。こうすることで、次回はきっともっと素敵な恋愛ができるはずです。

最後にいくつか失恋における注意点をお伝えしておきます。

失恋したからといって、周りの人間を傷つけてはダメ!

失恋をすると、「何もかもがどうでもいい」というような考えに陥ってしまい、自暴自棄になりがちです。こうなると周囲の友達や家族に暴言を吐いてしまったり、わがままを言ってしまったりすることがあります。

事情を知っている人であれば多少は甘やかしてくれるでしょうが、こういった振る舞いはNGです。失恋をして苦しくて辛かったとしても周囲の人々に迷惑をかけないようにしましょう。恋人どころか友人も失ってしまうことになりかねません。

そして、もしも失恋が原因で友人や家族に迷惑をかけてしまったのであれば、素直に謝りましょうね。

辛すぎる失恋は周りとの関係を強固にする

失恋から立ち直るのに友人や家族に相談をした場合、深い話をすることになると思います。そうなれば自然と絆が深まります。

腹を割って話した相手とは、今後もっと良い関係を築くことができます。そういった存在は今後あなたの人生を支えてくれる大事なパーソンとなります。

助けてくれた人に感謝しつつ、大切に付き合いを継続していきましょう。そして友人や家族が悩んでいるときは、今度はあなたが助けてあげるようにしましょうね。

もっと失恋の立ち直り方について知りたいあなたはこちらもチェック

失恋して辛い・死にたいと思っている人が知るべき9つのこと
失恋から立ち直る方法まとめ!負けないで!
失恋から立ち直れない女性必見!引きずる恋から立ち直る方法7選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ