頑張れない自分が嫌!頑張れない時はどうする?頑張れない理由は?

なぜか頑張れない時ってありますよね。 もう嫌だなという思いが体いっぱいを占めて、もう頑張れない、どこにも行きたくないなんて思ってしまう日は多くの人が経験しているのではないでしょうか。 今回はそんな頑張れない時の理由や、対処法についてご紹介します。

頑張れない自分が嫌!頑張れない時はどうする?頑張れない理由は?のイメージ

目次

  1. 頑張れない時、理由は何?
  2. 頑張るってどういう状態?
  3. やりたいことは「頑張れない」ことが無い
  4. 【頑張れない理由】我慢しているから
  5. 頑張れない時が続くと自己嫌悪することも…
  6. 【頑張れない理由】やりたいことがわからなくなっている
  7. 心がもう限界!と訴えている
  8. 【頑張れない時】頑張っても無理なものは無理
  9. 「頑張る」ことは美徳とされている
  10. 頑張れないとどうなる?
  11. 【頑張れない人】頑張れないのは甘えではない
  12. 【頑張れない時】頑張ろうとしない
  13. 【頑張れない時】頑張れない自分を肯定する
  14. 【頑張れない時】頑張らなくても済む生き方をする
  15. 【おわりに】頑張らなくて良し!

頑張れない時、理由は何?

今日は仕事なのにもう頑張れない。明日は大切な試験なのに試験勉強を頑張れない。
もう何も頑張れない。頑張りたくない。頑張れない人である自分は甘えているんだ。でも頑張ろうとすればするほど頑張れなくなってしまう。とても辛い気持ちで毎日を過ごして、むしろ病気にでもなってしまった方が楽なのではないかとすら思ってしまう。
そんな風に、頑張れない時ってありますよね。

でも仕事や学校を、「今は頑張れない時だから」という理由で休むわけにもいかないので、非常に辛い気持ちになります。
しかし、最近はそうした辛い心を抱えたまま仕事や勉強を頑張ることで心の病気にかかる人も沢山いますし、心配にもなりますよね。
今回は、そんな頑張れない時の理由や、頑張れない時の対処法についてご紹介します。

もし、頑張れない時に辛い、甘えているだけなのではないかと思った時の参考にしてくださいね。
決して頑張れない時というのは甘えが原因ではありません。

では、まずは「頑張る」という状態がどういった心理的状況を意味しているのかについて考えていってみましょう。
そうすることで、「頑張れない人」というのがどういった心理状態なのかがわかるはずです。

頑張るってどういう状態?

「頑張れない人」は甘えているだけだなんて言いますよね。
しかしそもそも、「頑張る」というのはどういった状態のことを指しているのでしょうか。

例えば、あなたの好きな食べ物が沢山目の前にあったとします。
あなたはいくらでもそれを食べられるとしましょう。沢山沢山食べて満足した時に、「よく頑張ったね」と声をかけられたらどうでしょうか。

「いや、頑張ったつもりはないんだけど…。」そんな風に思うのではないでしょうか。
それもそうですよね。だってあなたは食べたいものを好きなだけ食べていただけ。
「頑張った!」なんて感想は持たないはずです。

それでは、あなたの嫌いな食べ物が目の前のお皿に山盛りにされていたらどうでしょうか。
あなたは、せっかく作ってもらったのだから食べなければならないと思い食べます。

無理やり口に押し込んで、辛い思いに耐えながらも鼻をつまんだり水を大量に流し込んだりして完食しました。
やっと食べきったと思った時に、「よく頑張ったね」と声をかけられたらどう思うでしょうか。
きっとその通り、自分はよく頑張ったと思うのではないでしょうか。

そう、「食べる」という行為は一緒なのに、その食事が好きなものか嫌いなものかで「頑張る」という言葉が使われるかどうかが決まりますよね。

この例からわかるように、「頑張る」という行為は「嫌なことを無理やりする状態」と言い換えることが出来るのです。
嫌いなものを辛い思いをして無理やり口に詰め込むことで、頑張ったという気持ちになるんですね。
その一方で好きなものを沢山食べている時には頑張っているなんて感じることがありません。
自分の満足の為に沢山好きなものを食べることが出来て、むしろ幸せですよね。

やりたいことは「頑張れない」ことが無い

そう。前に挙げた食事の例のように、やりたいこと、好きなことだと、頑張れないなんてことが無いんです。
好きなものを食べるという行為ではなくても、時間を忘れて没頭できる趣味などは頑張っているという気持ちにはならないですよね。
ご飯も寝るのも忘れて熱中することすらあるのに、頑張っているなんて思うことなんて全くありません。ましてや趣味をしたくなくなって、自分は頑張れない人なんだ、甘えているんだなんて自分を責めることなんてあるはずがありませんよね。

趣味は往々にして仕事のようにお金をもらうこともありませんし、ただ自分の満足の為にやっていることです。それは「頑張らない」こととして心の健康の為に必要な行為でもあります。

しかし、世の中趣味のように頑張らなくても良いような楽しいことばかりではありませんよね。
仕事だって自分の好きな時間に起きることが出来ませんし、嫌いな人とも話さなくてはならない時だってあります。

【頑張れない理由】我慢しているから

そんな時には頑張って辛い気持ちを我慢して仕事に行かなければなりません。
だってお金がないんです。家族を養わなくちゃいけないんです。親が心配するんです。
辛い気持ちを抑えて仕事や勉強を頑張る人には、そんな様々な理由があるでしょう。
そうして辛い気持ちを抑えて行くと何とか頑張ることが出来て、なんとか仕事や勉強ができてしまいます。
そうして辛い気持ちを我慢して我慢して…。

我慢してばかりいると、いつの間にか頑張れない人になってしまう時があります。
沢山の辛いことを乗り越えてきたのに、辛い仕事だって病気にも負けずに頑張ってきたのに、なぜか急に頑張れない人になってしまうのです。
もう何をする気も起きなくて、何もしたくない日が続き、仕事を休んだりミスが続いたり人に当たったり…そんな風に頑張れない自分を「甘えている」なんて責めたりもします。

頑張れない時が続くと自己嫌悪することも…

そんな風に頑張れない人になってしまうと、なんて自分はダメな人間なんだ。甘えているだけだ。といった自己嫌悪に陥りやすくなります。
仕事でミスをするたび、同僚が出世するたび、頑張れない人である自分を責めます。
まるで自分をみんなが批判しているようにまで思えてきます。
そんな風に自己嫌悪に陥っている人にとっては励ましの言葉すらトゲになって自尊心を傷つけます。

例えば、仕事や勉強などで、「頑張ってね」なんて声をかけてもらえる時がありますよね。
これは誰もが応援しているという意味で言っているのですが、自己嫌悪に陥っていると、辛いと思ってしまうことがあります。
それはすでに「頑張っている」からです。
すでに「頑張っている」のに、「頑張ってね」なんて声をかけられてしまうと、自分がまだまだ全然頑張れていないのだ、自分は頑張れない人なんだという悲しいレッテルを自分に貼って、さらに自己嫌悪に陥ってしまいます。

自分は頑張れない人なんだ、甘えているんだ、でもやる気が起きない、頑張れない、頑張らなくてはいけない、甘えているんだ、頑張らなければいけない、でも頑張れない、甘えているんだ…。
そんな風に自己嫌悪のループに入ってしまい、もう心も体もへとへとになってしまいます。

■参考記事:「頑張れ」「頑張ってね」のかわりに何と声を掛けたらいい?

頑張ってる人にかけるべき言葉!「頑張れ」と言ってはいけない!
「頑張ってね」よりも男性が言われたい言葉!これで彼を癒そう

【頑張れない理由】やりたいことがわからなくなっている

そうして頑張って頑張ってやっと休日になると気力もダウン。
自己嫌悪に陥った心を引きずって週末を迎えてももう何もする気が起きません。
頑張れない、甘えている自分がほとほと嫌になり、もう自分がすることを否定しがちになってしまうのです。

そうすると、心の健康を回復させる為にとても大切な趣味の時間や、自分のやりたいこと、好きなものを食べる時間などが取れなくなってしまいます。

はじめは何もやる気が起きないだけだったとしても、自己嫌悪が酷くなってしまうとだんだんと自分が好きなことをしてもいい人間なのか?なんて考え始めてしまいます。
するともう何もすることが出来ません。
自分が好きなこと、やりたいことすらもわからなくなってしまい、自分の心がどうすれば喜ぶのか見当もつかなくなってしまうのです。

心がもう限界!と訴えている

こうして頑張れない人になってしまった自分がとても嫌になって、もう死んだ方がいいんじゃないか…なんて思いにとらわれてしまうこともあります。
そんな思いにとらわれてしまうのは、心の病気です。うつ病などの病気がとても有名ですね。

そう、もうわかるように、「頑張れない」という状態は、心が「もう限界です!」と訴えているサインなのです。
あなたはもう十分頑張っているのだから、そろそろあなたの好きなことをして、心を休ませてあげてくださいという心のメッセージです。

頑張るということが必要な時ももちろんあります。むしろ頑張らなければならないことばかりかもしれません。
様々な理由があり、頑張っている人も沢山いることでしょう。
しかし、心が病気になってしまうほど頑張らなければならないでしょうか。

もちろん、頑張ることによって得られることもありますが、病気になってしまうほど頑張っても結果が出ないこともあります。

【頑張れない時】頑張っても無理なものは無理

運や縁などによって病気になるほど頑張ってもなかなか成果が出ない人もいれば、頑張らなくても億万長者になる人だっています。
仕事だってそうですよね。たいして頑張ってもいないような人がいきなり出世したり、上司のお気に入りというだけで優遇されたりもします。

私たちはそうした頑張らずに幸福を手に入れた人を「ずるい」と言い、嫉妬し、嫌いになります。
一方で、病気になるほど頑張っている人のことを尊敬し、素晴らしいとまで言うことがあります。例えその人が何も成果を出していなかったとしてもです。
そう、頑張ったという理由だけでその人をほめたたえます。何の成果も出していないのに。挙句の果てには病気にまでなっているのに。変ですよね。

「頑張る」ことは美徳とされている

確かに、努力できる、頑張れるということは一つの長所です。
病気になるほど頑張ることが出来るというのも、長所になるのかもしれません。
私たちはたびたび、そうした命を削って、病気になってまで頑張る人の姿に感動し、自分も頑張ろうと思うことがあります。
しかし、この考え方は、あなたを心の病気にしてしまう可能性があるんです。

というのも、頑張るということだけが無暗にフォーカスされてしまっているからです。
本当は頑張った結果が大切なのですが、頑張るという行為だけが賞賛されるようになってしまい、嫌なことでも無理やり頑張ることが素晴らしい、自分の好きなことばかりしているのは甘えだ、最低だなんていう間違った美徳が横行しているのです。

頑張れないとどうなる?

この頑張ることが美徳という考え方に取りつかれてしまうと、頑張らない=ダメなやつという間違った方式に取りつかれてしまいます。
そして嫌なことばかり頑張った結果、自分の好きなことがわからなくなり、何もする気が起きず、心の病気になってしまうんですね。

しかし、ちょっと周りを見回してみてください。頑張れなくても、頑張らなくても生きている人はいます。

【頑張れない人】頑張れないのは甘えではない

例えば、youtubeなんて見ているとまさにそうですよね。アフィリエイトもそうです。
このようにして生計を立てている人の中にはもちろん頑張っている人も沢山いますが、その人たちの多くは楽しくお金を稼いでいます。
お金が欲しいという理由でしているのではなく、自分のやりたいことをして生きていますよね。
頑張れないからと言って死ぬわけではないんです。
むしろ頑張れない自分を責めることによって自分を殺してしまうことの方が可能性は高いのです。

【頑張れない時】頑張ろうとしない

頑張れない時には、無理に頑張ろうとするのをやめましょう。一旦手を置いて休むのです。
前にも述べたように、頑張れないのは心がもう限界だと訴えていることが原因です。
「もう無理です、これ以上我慢しないでください。」と、心が信号を発しているのです。
そんな時には、まだやれる、甘えだなんて思わずに、一旦手を休めましょう。そしてぼーっとするでもいいですし、好きなこと、やりたいことが思い浮かんだならそれをしてもいいでしょう。
無理せず心を休ませてあげましょう。

【頑張れない時】頑張れない自分を肯定する

しかし、そうは言っても頑張ろうとしないということが難しいという人もいます。
もっと頑張らなくてはいけない、しかし頑張れない、自分はダメなやつなんだと自己嫌悪に陥ってしまいます。
そんな時には頑張れない自分を肯定してあげてみてください。
向上心が高く、責任感の強い人は、「こんなんじゃまだまだだめだ!」なんて、しばしば自分を痛めつけてしまいます。

そうならないように、自分を肯定してあげましょう。
理想があるのはとても良いことですが、それが叶うのはまだ先でいいのです。
今は今の自分を肯定して、認めてあげましょう。
世の中に完璧な人間なんて存在しません。
人気があると言われている有名人ですら嫌われることがあるのです。
不完全で当たり前なんです。

■参考記事:責任感が強い人の長所と短所って?コチラも参照!

責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!

【頑張れない時】頑張らなくても済む生き方をする

頑張らなくてはいけないことをしすぎていると心も体も疲弊してしまいます。
頑張れないのは心がもう無理だよと言っているから。
それなら、くるっと方向転換して自分が頑張らなくてもいいような方向へと足を運びましょう。

世間体なんて関係ありません。自分がしたいことをするのです。
夜だって遊びに出歩いていいですし、やりたくない仕事を進んでする必要もありません。
気の合わない友人と無理やりお酒を飲む必要もありません。
もう頑張るということをとことんやめて、ゆっくりしましょう。そうすればだんだんと余計なものが無くなって、自分が本当にしたかったことが明らかになってくるはずです。

■参考記事:世間体とは?気にしないで生きるにはどうしたらいい?

世間体の意味とは?気にする人の特徴と気にしない方法も教えます!

【おわりに】頑張らなくて良し!

以上「頑張れない自分が嫌!頑張れない時はどうする?頑張れない理由は?」でした。
頑張らなくて良いという結論は頑張り屋さんで真面目な方からすると否定されてしまいそうですが、一度騙されたと思ってやってみてください。
案外頑張らなくても上手くいくものです。

頑張れない時、もっと情報を知りたいアナタに!

「もう頑張れない、仕事でうつになりそう。」と思う時はどうすべき?
生きる気力がない・湧かない時に気力を取り戻す7つの方法を公開!

関連するまとめ

tm1ss0do
tm1ss0do

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ