生きる気力がない・湧かない時に気力を取り戻す8つの方法を公開

誰でも生きる気力を失うときってありますよね。「やる気が出ない」とか、「何もしたくない」という気持ちになるときもあるでしょう。しかし、そこから這い上がってくることはとても大切です。今回は、生きる気力を取り戻す方法について紹介いたします。

生きる気力がない・湧かない時に気力を取り戻す8つの方法を公開のイメージ

目次

  1. 生きる気力がない・わかないとなると仕事にも支障が
  2. 生きる気力を失う理由とは?
  3. 生きる気力を取り戻す方法①外に出る
  4. 生きる気力を取り戻す方法②人と話す
  5. 生きる気力を取り戻す方法③楽しみを作る
  6. 生きる気力を取り戻す方法④好きなことをする
  7. 生きる気力を取り戻す方法⑤旅行に行く
  8. 生きる気力を取り戻す方法⑥しっかり寝る
  9. 生きる気力を取り戻す方法⑦あえて何もしない
  10. 生きる気力を取り戻す方法⑧目標を決めてみる
  11. 生きる気力を取り戻す方法【まとめ】

生きる気力がない・わかないとなると仕事にも支障が

ある日突然、生きる気力を失うことがあるかもしれません。あるいは、生きる気力が湧かないこともあるでしょう。

生きる気力を失うと、仕事にもやる気がなくなるため、「いつも怒られてしまう」とか、「仕事でミスをする」、「仕事中に人に迷惑をかけてしまう」という事態に陥ってしまいます。

そうなると、自分だけの責任ではなくなってしまうので、生きる気力を早く取り戻して、充実した仕事をしていく必要があります。

人が仕事をしなくても生きていけるのであれば、「仕事なんかどうでもいい!」と投げ出すこともできますが、仕事をしないと収入もないので余計にストレスが溜まってしまうのではないでしょうか。

一刻も早くいい仕事ができるようになるためにも、失うこともある生きる気力は早めに取り戻したいですね!

生きる気力を失う理由とは?

生きる気力がわかないときは、なぜ生きる気力がわかないのかを考える必要があります。

なんの理由もなしに、「生きる気力がわかない」なんて気持ちになることはないため、どうして生きる気力を失うことになったのか考えてみてください。

例えば、
「大切な人を失った」
「誰かに裏切られた」
「失恋した」
「仕事で失敗ばかりしている」
「疲れやストレスが溜まっている」
など、生きる気力を失う理由は沢山あります。

生きる気力を失う理由として、生きがいがない人や何も行動していない人もいるかもしれません。逆に好きなことや、やりたいことができていない人も理由の一つです。

他にもマイナスの理由として、やりたくないことばかりやっている、我慢や無理をしているなどの忍耐が限界になっているケースもあります。

自分らしく生きていられない、自分のペースで生活できないなどの、自分自身を解放できないことによる活力の減退もあります。

人の数だけ、生きる気力を失う理由もあるとは思いますが、生きる気力が全然わかないのも困ったものですよね。

生きる気力を取り戻すためのオススメの方法をここでは紹介しますので、取り入れてみてください。

生きる気力を取り戻す方法①外に出る

生きる気力を取り戻すためには、いつまでも家の中に閉じこもっていてはいけません。

積極的に外出して、外の世界をたくさん知ってください。ただ歩いているだけでも、不思議と元気になれたり、誰かに会いたくなったりする場合もありますよ!

なぜだか外出することで、たくさんのパワーをもらうことができ、自然と「頑張ろう!」という気持ちも沸いてくるものです。

また、外出することで働いている人の姿を見たり、子供を連れている人の姿を見ることで、「皆頑張ってるな」と刺激を受けることもできるのです。

ずっと家に引きこもっていると、自分だけの世界になってしますので、ネガティブなことばかり考えてしまうでしょう。

気分転換のつもりで、外に出てみてください。

日光を浴びるだけでも人間はポジティブな思考になれると言われているので、試してみる価値はあるでしょう。

生きる気力を取り戻す方法②人と話す

生きる気力を失ったときは、人に関わりたくないと思うかもしれませんが、人とコミュニケーションを取るだけで、自分が悩んでいたことが小さなことに感じてくることもあります。

また、人と話すということは、相手のエネルギーを受け取ることにもなりますし、自分の中でモヤモヤしていたものを吐き出すこともできます。

そのため、なぜだかスッキリした気分になれるのです。

悩みが特に解決しなかったとしても、人と話すことで、「もうどうでもいいや!」と思えてきたり、「明日から頑張ってみよう!」とポジティブな気持ちを取り戻すこともできます。

ですから生きる気力がわかないと思ったら、友達でも家族でも恋人でもいいのでコミュニケーションを取るようにしてみてくださいね。

生きる気力を取り戻す方法③楽しみを作る

自分で楽しみを作ることで、生きる気力がないと思っていても、ワクワクした気持ちを取り戻すことができるでしょう。

例えば、新しいお洋服や新しいメイク道具などを揃えるだけでも、次の日が来るのが待ち遠しくなるものです。

また髪の毛を切りに行ったり、ネイルをしに行ったりして気分転換するのもいいでしょう。または友達と会う約束をしたり、BBQなどの予定を立てたりするのもいいでしょう。

先の楽しみがあるというだけで、そこに向けて頑張ろうと思えるので、生きる気力も自然と湧いてきますよ!

スケジュール帳に予定を書き込んで眺めているだけでもワクワクしてくるものです。

生きる気力を取り戻す方法④好きなことをする

自分で楽しみを作っても、なかなか生きる気力を取り戻せないということは、かなりのストレスを抱えている恐れがあるため、自分の好きなことに没頭してみてはいかがでしょうか?

仕事があると趣味もなかなかすることはできませんが、1日の中で○時~○時までは好きなことをすると決めてみてください。

すると、その時間を目指してやるべきことを終わらせたりなど生きる気力をもって生活することができるので、自分の人生の糧になるでしょう。

自分の好きなことはなんでも良く、ピアノが趣味の人はピアノでもいいですし、フラワーアレンジメントが好きな人は、作品作りに没頭してもいいでしょう。

趣味に夢中になれる時間は、楽しい時間になるはずですので是非やってみてくださいね!


■参考記事:新たに始めるのにオススメの趣味は?コチラも参照!

趣味探しをしている人におすすめの趣味19選!

生きる気力を取り戻す方法⑤旅行に行く

なにもかもを投げ捨てたいほど生きる気力を失ったときは、休みを利用して旅行に行きましょう。

いつも同じ環境にいては、自分の思考というものがなかなか変わってくれません。

旅行に行って、知らない土地に行くことで、色んな刺激を受けるので、「帰ったらまた頑張ろう!」という気持ちになれるのです。

また、旅行に行って現地の人と話しをすると、普段出会わない人と出会うことになるので、なにか新しい発見があるかもしれません。

行ったことないところに行ってみたり、お気に入りの場所に行くことで、気分もリフレッシュして、前向きな気持ちを取り戻すことができるでしょう。

そうなると、生きる気力も出てきますよ!

生きる気力を取り戻す方法⑥しっかり寝る

睡眠がとれていないだけで生きる気力がなくなることがあるって知っていますか?

睡眠不足が続くと、体の疲れが取れないだけでなく常にイライラしてしまうので、精神的にも追い詰められてしまいます。

そのため、眠れていないということは肉体的にも精神的にも、とっても悪いことなのです。

「なんにもしたくないな」とか「もう嫌だな」と思ったときには、思い切って寝てみましょう。

ぐっすり寝ることができたら、起きた時に大概のことがどうでもよくなっているものです。

頭の中もスッキリさせることができるので、自分のことを冷静になって考えるためにも、睡眠はとっても大切なのです。

■参考記事:分割睡眠は良い?悪い?コチラも参照!

分割睡眠とは?危険?健康に効果がある?

生きる気力を取り戻す方法⑦あえて何もしない

生きる気力を取り戻すために、色んなことをやってみたけど、何をやっても効果がなかった人は、あえて何もしないということを選んでみましょう。

なにもせずに1日ずっとぼーっとしていてもいいですし、ベッドの上でゴロゴロしていてもいいでしょう。

そしてお腹が空いたら何か食べて、またぼーっとしていたらいいのです。あえて何もしないことで、自分を一度リセットさせてください。

とても不思議なことなのですが、何もしない時間を過ごしていると、何もしないことで何かしたくなってきます。

あれだけもう何もしたくないと思っていたはずなのに、いざ何もしないとなると、「何かやってみたいな。」という気分になって、インターネットなどで興味の持てそうなことを探し始めるかもしれません。

もしくは、お散歩でもしようかなと思って、外出するかもしれません。

そうなれたら、生きる気力も少しずつ取り戻すことができます。そのため、究極に生きる気力がないと感じたときは、あえて何もしないというのも1つの手なのです。

生きる気力を取り戻す方法⑧目標を決めてみる

目標を立てるといっても大きなものでなくてもいいのです。小さい目標から立ててみましょう。

例えば、「明日は6時に起きる」や「今の作業を30分だけ集中する」などの目標でいいのです。

目標が大きすぎと、うまくいかないこともあります。どんなに小さくとも目標をToDoリストやメモに書いて消化していくだけでも、達成感が得られて気力が戻るきっかけになるので試してみてください。

生きる気力を取り戻す方法【まとめ】

生きる気力を取り戻す方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

生きる気力がない・わかないときは、

(1)外出すること
(2)人と話をすること
(3)楽しみを作ること
(4)好きなことをすること
(5)旅行に行くこと
(6)しっかりねること
(7)あえて何もしないこと
(8)目標を決めてみる

などをすることで、生きる気力を取り戻すことができるのではないでしょうか。

いつもポジティブな人はいないため、生きる気力がないとか、わかないことって誰でも経験があることなので、なにも特別なことではありません。

「自分だけがおかしいのかな?」とか、「皆頑張ってるのに、どうして自分はできないんだろう」と、ネガティブになってしまうこともあるでしょうが、人間誰でも落ちるときは落ちるので、考えすぎないようにしましょう。
 
しかし、いつまでも生きる気力がわかないとなると、仕事にも影響が出てしまうので、自分でコントロールできるようになるといいですね!

もっとやる気の出し方について知りたいアナタへ!

人生なんとかなるもの!気楽な精神で生きる方法35選!
励ます言葉9選!【仕事・病気】落ち込んだ時にNGの言葉は?
毎日がつまらない人へ!憂鬱な人生を楽しく変える方法9選!
何がしたいかわからない人へ!人生で悩んだ時のヒント9つ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ