むしゃくしゃする時の対処法13選|ストレスを解消しよう!

現代はストレス社会、仕事やプライベートでイライラしている人がたくさんいます。ストレスがたまってむしゃくしゃすると体は悲鳴を上げて体調を崩すこともありますから上手にストレス解消したいもの。そこでむしゃくしゃする時の対処法と有効なストレス解消法を紹介します。

むしゃくしゃする時の対処法13選|ストレスを解消しよう!のイメージ

目次

  1. 【むしゃくしゃする!】むしゃくしゃするときの対処法
  2. 【むしゃくしゃする!】むしゃくしゃするのはストレスのせい
  3. 【むしゃくしゃする!】ストレスを感じやすい性格
  4. 【むしゃくしゃする!】ストレスはこまめに解消すべし
  5. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法①まずは深呼吸
  6. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法②大きな声を出す
  7. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法③散歩
  8. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法④運動
  9. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑤音楽
  10. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑥体を甘やかす
  11. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑦衝動買い!
  12. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑧口角をあげる
  13. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑨破る・壊す
  14. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑩喋る
  15. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑪寝る
  16. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑫趣味
  17. 【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑬カラオケ
  18. ストレスは悪者じゃない?溜め込む人の特徴
  19. ストレスを解消しないと無理が来る!
  20. ストレスをためない為の行動は?
  21. 【むしゃくしゃする!】ストレスをためない為に①禁煙
  22. 【むしゃくしゃする!】ストレスをためない為に②脱カフェイン
  23. 【むしゃくしゃする!】ストレスをためない為に③睡眠をとる
  24. 【むしゃくしゃする!】ストレスをためない暮らしを心がける

【むしゃくしゃする!】むしゃくしゃするときの対処法

「あー!イライラする!」現代社会に生きていれば、誰でも一度や二度はこんなセリフを吐いたことがあるはず。日々の暮らしの中、ストレスの原因は様々ですが、イライラを引き起こすストレスはほとんどが仕事関係・人間関係、そして金銭問題ではないでしょうか?

適度なストレスは体に必要ですが、問題はイライラがたまっているとき。ストレスを感じたときにきちんと対処せず、どんどんストレスをためていくと、イライラどころかついには体にも不調をきたしてしまいます。

暮らしの中でたまっていくストレス、対処法をしっかり身に着けて不必要にイライラすることのない暮らしを目指しましょ。ストレスの上手な解消法と、ストレスをためない対処法を紹介します。

アロマティックハーブの安らかな香りでストレス解消♪【アユーラメディテーションバスα】

【むしゃくしゃする!】むしゃくしゃするのはストレスのせい

何だかむしゃくしゃするのは、体が過度なストレスを感じているせい。無性に人や物に当たりたくなったり、他人のちょっとした言動にイライラしたりするときがありますよね。

ストレスがたまっていない時なら受け流せるようなことでも、まるで世界全体が自分に喧嘩を売っているような気分にさえなってしまいます。

ストレスがたまっている時はまさに負のサイクル。自分で自分の感情のコントロールが効かないばかりか、何もかもがうまくいかなくなります。

むしゃくしゃしてしまうときの対処法をご紹介するので、ぜひ実践してみて下さいね。

【むしゃくしゃする!】ストレスを感じやすい性格

ストレスは実は数種類あって、病気やアレルギーなんかもストレス。緊張やプレッシャーもストレス。環境汚染や、タバコ(好きな人も)なんかも実はストレスです。暮らしの中で私たちはストレスに囲まれて生活しているのです。

ストレスとは体が緊張状態にあること。厳密には「嫌な事があった=ストレス」ではないのです。

体が緊張状態にあって、心拍数が上がる、汗をかく、不安状態になるなどなどストレスを感じたときには体に何らかの変化が起こります。

普通、ストレスを感じても、例えば場面が変わる、状況が変わることでストレス状態は解消され普通の精神状態に戻るのですが、問題は緊張状態がずっと続いている状態にいる場合。

ストレスへの耐性は人によって違いがあり、同じ状況下でもストレスをあまり感じない人だっています。真面目で神経質な人は少しの失敗を恐れる、きちんとしようという自分へのプレッシャーが高いため、常に自分をストレスのある状態におく傾向が。

ずっと体が緊張状態なら疲れないわけがありません。きちんと体を緊張状態からほぐしてあげないと、イライラは募る一方です。

【むしゃくしゃする!】ストレスはこまめに解消すべし

ストレスがたまるのは性格にもよるのですが、ストレスをためやすい人は特にこまめにストレスを解消する必要があります。暮らしの中でストレスを感じないように対処法をとる必要がありますが、今現在むしゃくしゃするのなら「ストレスがかなり溜まっている状態」ですよね?

まずはストレスを解消して体を楽にしてあげましょう。いくつかストレス解消法を紹介するので、いろいろ試して自分に合った方法を見つけてくださいね。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法①まずは深呼吸

ストレスがかかってイライラしている時、まずは深呼吸を。むしゃくしゃすると、近くにある物を壁に投げつけたくなったり、人に八つ当たりしたり...つい余計な一言を言ってしまったり。

ストレスがかかっている時は、無意識に呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると十分に脳に酸素が行きわたりません。しかも血管が収縮して頭痛まで...

むしゃくしゃするならまず深呼吸。深い呼吸をすると固まっている筋肉が解放され、血流がよくなります。それだけで気持ちが落ち着いてきます。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法②大きな声を出す

むしゃくしゃする時は大声を。思いっきり大声を出したことありますか?現代社会、人の目も気になっちゃうから普通に暮らしていると、そんなに大きな声で喋ることもないのではないですか?

ストレスがたまっているなら大声を出すか叫ぶこと。とにかく大声を出して胸の中でモヤモヤしているものを声と一緒に吐き出しちゃいましょう。

大声で叫ぶことは、「モヤモヤを吐き出す」という比喩的な効果だけではなく、化学的に根拠のある解消法。大声を思いっきりだすと、横隔膜が振動し、さらには腹筋も鍛えられ、血流がよくなります。するとストレスホルモンのバランスが整えられ、頭はすっきり。さっきまでむしゃくしゃしていた気分もすーっと落ち着きます。

突然大声で叫ばれると、周りの人が怖がるので家の布団の中で叫ぶとか、車の中で思いっきり...というのがおすすめ。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法③散歩

散歩は言わずと知れた有酸素運動。深呼吸と似ているのですが、有酸素運動をして、体を整え、代謝を上げるとストレスをためにくい体になります。散歩はストレス対処法。

外の新鮮な空気を肺一杯に吸い込み、ゆっくりと吐く。むしゃくしゃする空間から離れ、違う場所に自分を置くことで気分の切り替えになると同時に、散歩で体内に空気をしっかり取り込めば、血流がよくなります。

歩いているうちに、だんだんと落ち着いてくるので、時間がある人は日頃から散歩を日課として取り入れておくとストレスをためにくい体に変化していきます。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法④運動

むしゃくしゃするなら運動が一番。ストレスがかかる状況は、体がこわばって緊張している状態になってしまいます。これは、実は防衛本能なのです。

ストレスがかかる状態にいながら、ストレスを感じずにのんびりとしている人は「危機管理能力」がない!ストレスがかかっている時は、体が緊張、心拍数が上がり、呼吸が浅くなります。これは、ストレスに対して身構えている、次にどう動こうか本能的に準備をしている状態です。

日頃からスポーツをしている人は、ストレスに対しての耐久力が高い事が分かっています。運動をしてストレス対処法を身に着けましょう。

■関連記事:家の中でできる簡単ストレッチでリフレッシュ!

テレワーク・おこもりの運動不足解消!自宅でできる簡単ストレッチで体も心もリフレッシュ!

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑤音楽

むしゃくしゃするなら音楽を聴いてみたり歌ってみたりするのもいいですね。大声で叫ぶことと原理は同じです。大好きな音楽を大音量でかけて大声で歌う!ストレスがたまったらこれに限ります。

好きな音楽は心の癒しでもあります、また歌う事は酸素を体に取り込むことにもつながるので一石二鳥。特にイライラしている時は自分の心を代弁してくれる「ハードロック」や「メタル」「パンク」「ラップ」など激しめの曲がピッタリ。自分のイライラを代弁してくれているようで何だかスッキリするはずです。

また泣ける曲を流して歌いながら号泣という手もおすすめです。思いっきり泣いて自分を解放してあげることもストレス対処法です。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑥体を甘やかす

ストレスを感じたら我慢をせず、自分の欲求に素直になるのも一つの手。例えばダイエット中でケーキを我慢している人なら、その日はケーキを我慢しない!体を甘やかすことでストレスを感じにくくなります。

ダイエットを無理に続けているとこれまたストレスが体にかかって代謝が悪くなり、結果痩せにくい体になってしまいます。実はこうやって時々体を甘やかす方が代謝が上がるので、「絶対に食べちゃいけない!」とストレスをかける必要はありません。

また、甘いものは脳の栄養源。考えすぎや、仕事のし過ぎは、脳も疲れてしまいますから、甘い食べ物で脳に十分なエネルギーを補給してあげるのもイライラの対処法です。

でも、甘いものは食べすぎると今度は逆にイライラや不安を助長させてしまいます。それは一気に急上昇した血糖値が、ある程度時間がたつと今度は急激に下降するから。この上昇したときの血糖値と下がったときの血糖値の差が大きければ大きいほど、体は疲れやすくなりますから気をつけて。

野菜より低いGI値26で糖の吸収ゆるやか◎天然甘味料でカロリーオフ&カカオ70%【スリムGOチョコ】

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑦衝動買い!

衝動買いは特に女性に効くストレス解消法です。イライラしている時に、前から欲しかったけど我慢していたものなんかを思い切りよく衝動買いすることで、イライラが治まってしまいます。

これはストレスがかかってむしゃくしゃする心理状態から、衝動買いするということで、種類は違うけれども自分の願望をある意味かなえられて心が充実感を覚えるので代替で欲求を満足させるのですね。

ただし、いつもいつもストレスがたまっては衝動買いをしていると、大変なことになります。衝動買いも中毒性があり、一度はまると衝動買い地獄から抜け出せなくなってしまいます。良いストレス解消法ではありますが、ある程度ルールは決めてからお買い物に行きましょう。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑧口角をあげる

疲れている時、イライラしている時は何をやってもうまくいかないものです。イライラするからうまくいかない。うまくいかないから、むしゃくしゃするというまさに負のループです。

では、むしゃくしゃする時に、口角を上げて見ましょう。口角が上がる時は、楽しい時、笑っている時です。
脳もそのように、認識しています。むしゃくしゃする時でも口角が上がっていれば脳は楽しい時間だと勘違いして指令を送ってくれるので、イライラが治ります。騙されたと思って試してみてください。

口角を上げるだけなので簡単。笑顔を、無理に作る必要はありません。口角を上げるだけでOKなのです。

イライラしている時の対処法で、外に出て気分転換や、甘いものを食べる事も良い方法ですが仕事中、デスクを離れられないこともあるでしょう。すぐに気持ちを切り替えたい時は深呼吸して口角をあげる。それだけで気分がガラリと変わります。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑨破る・壊す

むしゃくしゃする時に物にあたる行為はあまり自慢できることではありません。でも、本当にイライラしている時、ものにあたりたくなることはありますよね。

実際、解決法にはなりませんがその一瞬はスッキリするのです。ただ、物を壊す行為は褒められたものではないし、周りの人を嫌な気分にさせたり、萎縮させてしまう恐れがあります。

ではストレスがたまった時の為に、欠けたお皿や、ヒビノ入ったグラスを取っておいてそれをビニールの中や新聞紙の上で割るという方法があります。

これなら誰にも迷惑をかけないし、気分はスッキリ。後片付けも簡単です。普通そんな事をしたら、破片を拾い集めながら更に自己嫌悪に陥るものですが、この方法なら確信犯なので、スッキリするだけ。

日々の暮らしの中でたまっていくストレスを簡単にスッキリさせるユニークな対処法です。リサイクルの紙をビリビリに破くのもアリ。紙の場合、ついでに言いたいこと、たまっている胸の内を紙に書いてからビリビリに破くという方法もオススメです。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑩喋る

とにかく喋る!これは特に女性の得意技ですね。信頼できる友達や家族に話を聞いてもらう、愚痴を言う。ストレスは溜め込むことが1番いけません。

最初はブツブツ文句を言っていても、話しているうちに気分も頭もスッキリ。すると、冷静に、客観的に考えられるようになります。自分の悪いところもみえてきたり、話をすることでより良く状況把握ができると違う見方ができる事があります。

人と話をする事は一旦自分の中の毒を吐き出して冷静になれますからむしゃくしゃする時にはただ、話を誰かに聞いてもらいましょう。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑪寝る

とにかく寝る!むしゃくしゃしている時は何をしてもうまくいきません。強いストレスがかかっている時は、考える機能も弱っていい解決策も浮かんできません。

ふて寝という言葉がありますが、拗ねて寝てしまったとしても、寝て起きるとスッキリするし、冷静になれますよね。また、睡眠が足りなければ些細なことでもイライラしてしまうのは当たり前。むしゃくしゃする時は早々に諦めて寝てしまいましょう。

不眠気味でも休息モードに速攻切り替えで眠りに入りやすくなる眠りのミスト【SWITCH me】

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑫趣味

ストレスの原因が頭から離れず、ずっと考えてしまうことで余計にむしゃくしゃしてしまいます。一旦ストレスの原因から離れ、趣味に気持ちを傾けることでむしゃくしゃする気持ちが自然と薄れていきます。

趣味がないという人は、何か自分のためになる勉強を始めてみたり、普段はしないようなことにチャレンジしてみましょう。特に晴れている日に外に出ることはおすすめです。

【むしゃくしゃする!】ストレス解消法⑬カラオケ

カラオケに行くことは、趣味や音楽を聴くことと似ていますが、マイクを使って人目を気にせず好きなようにストレスを発散できます。

ひとりカラオケの利用者も増えてきています。一人で行けば、大声をだして自分の好きな曲を歌い、友達と行けばワイワイと盛り上がりむしゃくしゃする気持ちを忘れられるでしょう。

ストレスは悪者じゃない?溜め込む人の特徴

ストレスの対処法について書いてきましたが。実はストレスは絶対悪ではありません。人間、全くストレスのない状態でいることは不可能、1人ひとりみんな同じようにストレスを受けながら日々暮らしています。

ストレスに押しつぶされそうになる人と、ストレスを全く意に介しさない人がいるのは、「ストレスが体に悪い」と思っているからなんだそう。アメリカの研究では、グループに分けて観察研究を行ったそうです。結果は「ストレスが体に悪い」と思っているグループの人達の死亡率が高かったのです。

同じようにストレスがかかっていても、ストレスが無害だと思っている人たちのグループには死亡率に何の変化もなかったのです。

つまり、ストレスが体に悪いという思い込みで自分を苦しめているということ。実際ストレスは人間に良い影響も与えてくれます。

例えば、大きな舞台でスピーチを頼まれた。舞台に上がる前は緊張してかなりのストレスがかかってしまう。でも、この緊張感がなければスピーチを成功させることはできないのです。ストレスがかかることによって、より力を発揮することができる。

そしてやり遂げた後により大きな達成感を味わう事ができるので、ストレス悪役説はそろそろこの辺でサヨウナラしましょう。

ストレスを解消しないと無理が来る!

本来ストレスは悪者ではなく、防衛本能といえるべきものです。でも、何の対処法もせずにどんどんストレスをためていくと、そのうち体に不調をきたします。ストレスに弱い人は、特にイライラをためこまない、そして気にしすぎないよう心がけましょう。

ストレスに対して何の対策もせずにただ苦しんでいるだけの状態が続くと、ついには体に不調が出はじめます。ストレスが原因でなる体の不調は

・過呼吸
・下痢
・胃痛
・頭痛
・メニエール病など

ストレスは感じたときにその場で対処することが一番です。家に帰って眠りにつくまで、その日のうちに解消!ストレスを感じやすい人は、くよくよ悩んでしまうネガティブな考え方をする人に多いので、体に不調をきたす前に、暮らしの中でストレスに対処していきましょう。

ストレスをためない為の行動は?

ストレスはそれ自体悪いものではありません。でもみんな何らかのストレスを感じながら日々生活をしています。

ストレスは結局その人の受け取り方。ポジティブなのか、ネガティブなのか、その人の性格によるところも大きいでしょう。

大切な事は、ストレスを感じたときにどうしているか?です。ストレスを感じてイライラしたり文句をぶつぶつ。これではストレス対処法どころか、悪化させているだけです。

ストレスを感じたらストレス解消をすぐにしましょう。また、ストレスをためないように暮らしの中で気をつけるだけでも全く結果は変わってきます。ストレスをどうするのかは結局気持ちの持ちようです。

ストレスがたまりやすいと思う人はストレスがたまりやすい暮らしをしているのかもしれないので、ストレスがたまりにくくする暮らしの工夫を紹介しましょう。

【むしゃくしゃする!】ストレスをためない為に①禁煙

ストレスがたまるとタバコを吸いたくなるかもしれませんが、喫煙は体への大きなストレスです。吸う習慣がついている人はタバコがストレス発散しれませんが、そもそもタバコを吸うことで血流が悪くなり、ストレスを感じやすい体にしてしまいます。

タバコを止めるときはもちろんかなりのストレスがかかります。本当にやめることができれば、時間がたつにつれて短気なところが改善され、ストレスを感じにくい体に変わっていきます。

【むしゃくしゃする!】ストレスをためない為に②脱カフェイン

カフェインの入った飲み物はやめる必要はありませんが、一日にカフェインを含有しているドリンクを飲む場合は少なめに減らしましょう。

カフェインは脳の血管を収縮させる働きがあります。脳の血管が収縮すると、脳に酸素が十分行きわたらなくなり思考能力が落ち、疲れやすくなったり、記憶力が低下させてしまいます。

よりストレスがより溜まりやすい状態になるので多すぎるカフェイン摂取はやめましょう。

■関連記事:カフェインは逆効果!?集中力を上げる7つの方法!

在宅勤務はさぼりがち?残業がなくなる7つの仕事術!【集中力UP】

【むしゃくしゃする!】ストレスをためない為に③睡眠をとる

日々の暮らしの中で、ストレスを感じにくい体に改善していくに「上質な眠り」は必須条件です。ストレスと眠りは密接な関係にあり。ストレスを感じると眠りが浅くなり、寝つきも悪くなります。眠れないと余計ストレスがたまり、悪循環が続いて行きます。

体に「眠りの時間」を何度も覚えさせるといつしかそのパターンが身について、だんだんとちゃんと眠れるようになります。しっかり眠れると、ストレスにも強くなります。負のサイクルを見返してやりましょう。

■関連記事:睡眠について詳しく知りたい方はこちらもチェック!

分割睡眠とは?危険?健康に効果がある?
よく夢を見る理由・原因とは?睡眠との関係は?

【むしゃくしゃする!】ストレスをためない暮らしを心がける

ストレスをためて何の対処法も講じなければ体は当然悲鳴を上げてしまいます。しかし、ストレスを感じることは決して悪い事ではありません。

悪い事は、ストレスを感じて気にしてしまう自分の気持ち。気にしすぎることがストレスを悪化させているのです。

むしゃくしゃするなら対処法をしっかりとって、気持ちの切り替えをっしましょう。ストレスと上手に付き合っていける方法が分かれば、ストレスを感じたところで、コントロールができないようにむしゃくしゃすることはなくなるはず。

自分に合うストレス解消法を見つけて、ため込まず、その場その場で対処することがストレスとうまく付き合うコツです。

もっとストレスに関連する記事について知りたいあなたへ!

泣きたいのに泣けない心理とは?病気かも?涙でストレスを解消しよう
口寂しい時の対処法7選!口寂しい原因はストレス?
言葉が出てこないのは病気かも!ストレスが原因?予防するには?
家族が嫌いな人の心理!ストレスを解消するには?なぜ嫌いなの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ