• lovely
もし100万円があったどうする?面白くて有意義な27の使い道

もし100万円があったどうする?面白くて有意義な27の使い道

「もし自由に使えるお金が100万円あったら何をしようかな?」と妄想することはありませんか?あれこれ夢や希望を考えるだけでも楽しいですよね!今回は「もし100万円があったらこれがしたい!」という面白くて有意義な27の使い道をまとめてみました♪

4103View

記事の目次

  1. 1.100万円の価値とは?
  2. 2.もし100万円あったらどうする?有意義で面白い使い方23選!
  3. 3.100万円をさらに増やす4つの方法
  4. 4.100万円でできることを考えてみよう!

100万円の価値とは?

「今すぐ使える100万円があったら何をしよう?」と誰もが一度は子供の頃から想像したことがあるのではないでしょうか。

普段は頑張って節約している人ほど、あれこれやりたいことが頭に浮かんできて妄想が止まらなくなりそうですよね!

100万円と聞くと庶民にとってはかなりの大金で、独身の人にとっても、家庭を持っている人にとってもなかなか簡単に使える金額ではありません。

宝くじが当たったり思わぬ臨時収入が入ったりして100万円を手にすることができたらきっと最高にハッピーな気持ちになりますよね♪

①計画を立てて貯める金額

100万円ぐらいの大金になるとすぐに準備できる人は少ないのではないでしょうか。100万円ともなれば毎月少しずつ節約して計画を立てて貯める金額になります。

物の値段が高くなって昔に比べるとお金の価値は下がっていますが、それでも現代の日本でも100万円もあればいろんな夢を叶えることができますね。

コツコツ貯金して預金残高がようやく100万円を超えると、すごく達成感を感じるものです。貯金を始める人はまず目標金額を100万円と決める人も多いのではないでしょうか!

②何に使うかかなり慎重になる金額

100万円はとても大金ですが、何も考えずに散財してしまうと意外とあっという間に無くなってしまう金額でもあります。実際に100万円を手にするとなると、何に使うかかなり慎重に考えてしまいますよね。

毎日少しずつ使って無くなってしまうよりも、何か記念になることや思い出に残ることをしたいと考える人もいるでしょうし、誰かのために使いたいと考える人もいるでしょう。

思いきって一夜でパーッと使いたい!という豪快な人もいるかもしれません。

「100万円あたら何をしよう?」と家族や友人と話していると、その人の性格がはっきり表れておもしろいですよね♪

もし100万円あったらどうする?有意義で面白い使い方23選!

ここからは「もし100万円あったらどうする?」をテーマに有意義で面白い使い方をご紹介していきたいと思います!

もし今お金を節約して貯金している人なら、「100万円あればこんなことができるのか」と新しい夢や希望が広がるかもしれません♪

1億円を貯めるのは難しくても、100万円は努力次第で誰でも手にしやすい金額です。100万円の楽しい使い道についてリアルに妄想してみましょう!

①貯金する

いきなり現実的な妄想になりますが、100万円あったら使わずにそのまま全部貯金するという人は意外と多いようです。

100万円貯金があると考えると毎日の生活の中で心にゆとりができますね。お金がないという心配をしなくて済むという安心感を得るために、100万円を使わずに貯めておきたいと考える超リアル思考の人もたくさんいます。

100万円あったら貯金すると考える人はきっと堅実的な性格をしていて、節約思考が身に付いている人なのかもしれませんね。

②車を買う

100万円あったら車を買うという人もいます。最近の10代や20代の若者は車に憧れを持つ人は減ってきていると言われていますが、余裕があれば車を持ちたいなと考える人は多いみたいですね。

休日はお気に入りの車に乗って恋人や家族とドライブをするというのも優雅ですごく素敵な時間になりそうです。

100万円では高級車を買うには足りませんが、車種にこだわらないのであれば軽なら新車も買えるのではないでしょうか。

都会に住んでいると車はそこまで必要ないかもしれませんが、だからこそ贅沢品として手に入れたいアイテムとして候補に挙がっているようです!

③大学の奨学金の返済に充てる

100万円あったら大学の奨学金の返済に充てるのも良いですね。大学の奨学金を給料から少しずつ返済している人は、毎月数万円の返済は結構負担になっていると言います。

100万円で奨学金を一括返済できれば生活も少し楽になりますし、借金がなくなって気分的にもすごくスッキリしそうです。

大学の奨学金返済が負担となって結婚や妊娠を先延ばしにする人も多く、返済が滞って悩む人も多いと言いますから、こちらもかなり現実的な考え方と言えるでしょう。

④語学留学する

次のページ

⑤家族で海外旅行に行く

関連記事

人気記事

Copyright (C) Lovely